【JACリクルートメントの求人徹底解説】数、内容、特徴を他と比較検証
転職活動初心者転職活動初心者

「JACリクルートメントに登録して転職活動を進めようか迷っているけど、求人内容に特徴はあるの?他と比べて数は多い?少ない?基本的な情報から比較まで教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。
このブログでは、「JACリクルートメントの求人情報を調べている方」に向けて、以下の情報を記事にしていきます。

・求人基本情報
・他転職エージェントの求人情報との比較
・比較から見えるメリット&デメリット

転職エージェントに登録する時に気になるのが「求人情報」

保有する求人の数や内容、特徴はとても気になる情報です。
なぜなら、扱う求人によって進むべき転職先と叶えたい目標が決まってくるからです

ただ、求人数が多ければ多いほどいいという訳ではありません。
転職エージェントにも大衆向けの総合型や専門領域に特化した特化型など形態は様々です。

これらの求人情報を比較検証しながら当ブログ管理人も利用経験のある「JACリクルートメント」を徹底解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「JACリクルートメントに会員登録しようか迷っている方も、ぜひ参考にしてください!」

すでにJACリクルートメントを利用したいと考えている方は、以下公式ホームページから無料会員登録することができます。

JACリクルートメントの求人基本情報

まず初めにJACリクルートメントの求人基本情報について解説していきます。

解説する内容は以下の通りです。

  • 求人数
  • 求人内容
  • 求人の特徴

求人数

最初にJACリクルートメントの求人数についてまとめていきます。

転職エージェントには「公開求人」と登録後にキャリアコンサルタントから紹介される「非公開求人※」の2種類の求人があります。

公開求人数は2020年6月3日現時点で「3,288件」

前後はしますが、おおむね4,000件前後といったところです。

そして、求人の総数は非公開求人も含めて「約15,000件」常時扱われています。

JACリクルートメントの公式サイトに掲載されている通り、非公開求人も閲覧したい場合は、会員登録して面談時に適宜適切に求人が紹介されます。

実際に公開される求人を見てみたい方は、以下公式ホームページから確認する事が出来ます。

公開求人の中から探して応募するのも可能ですが、非公開求人の方が圧倒的に質の高さを感じます。
これは、当ブログ管理人自身がJACリクルートメントの面談を経験して感じた率直な感想。

その求人内容について次にまとめていきます。

※非公開求人とは、公開許可を得ていない求人(非公開求人)は、ご登録後、ご応募可能な求人のみ個別にご紹介を行っております。(一部、企業名を伏せて非公開求人の一例を掲載しておりますが、詳細などはご紹介が可能な場合にのみ個別にご案内しております)

求人内容

次にJACリクルートメントの求人内容についてまとめていきます。

JACリクルートメントの求人は、特定の分野に偏らず全業界を網羅しています。
その中でも主に扱われる求人の企業とポジションとしては、

・外資系企業
・一部上場グローバル企業
・ベンチャー企業
・ミドルマネジメントクラス
・業界スペシャリスト
・シニア、エグゼクティブクラス

求人内容を業種ごとの件数で調べてみると

サービス:121件
商社:81件
流通:87
消費財:118件
マスコミ:16件
建設・不動産:369件
金融:305件
コンサル:131件
IT・通信:224件
WEB:79件
EMC:1393件
メディカル:217件
医療:12件
その他:28件

EMCが最も多く、次いで建設・不動産、金融系が求人内容としては多い結果となりました。
これらの業種は総じて年収が高く、実際に掲載される求人の一部を見てみると

見ての通り、管理職候補や部門責任者、次期社長候補など『ハイクラス求人』に当たる求人がとにかく多い内容となっています。

求人の特徴

JACリクルートメントの求人の特徴は何が挙げられるのでしょうか?

JACリクルートメント面談時に受け取ったパンフレットに「得意分野」として以下が挙げられています。

  • 日系・外資系企業双方への転職、国内のほぼ全業界を網羅した支援体制
  • 上級管理職、中堅管理職や専門職、またはバイリンガルスペシャリスト
  • 海外での中間管理職、専門職以上の現地採用、または駐在待遇ポジション

記載の通り、求人内容は「ハイクラス求人」が非常に多く揃っています。
ハイクラスとは「年収1000万円以上」の求人を指します。

企業や職種・ポジションとしては以下が挙げられます。

・大手外資系企業
・日系グローバル企業
・事業開発
・M&A
・外資系
・上級管理職
・中堅管理職
・専門職
・バイリンガルスペシャリスト

上記以外にも扱われる求人はあります。
しかし、私個人的な感想としては、求人の「敷居は高い」印象は持ちます。

転職希望者もそれなりにレベルと経験がなければ歯が立たない戦い(転職活動)になると考察します。

ただ、何も持たずに戦いに挑む訳ではありません。
専任のキャリアコンサルタントが徹底した面接対策とサポートを講じてくれます。

この辺の面談後のフォローやサポート内容については、私がJACリクルートメントの面談を通して感じた体験談を以下記事でまとめていますので参考にしてみてください。

他転職エージェントの求人との比較検証

転職活動中の女子

「JACリクルートメントの求人基本情報は分かったけど、他の転職エージェントと比較してどうなの?数は多い?何かに特化してるの?会員登録して求人紹介を受けるメリットを教えてほしい!」

JACリクルートメントの求人情報だけ解説しても良いのか、悪いのか?の判断は出来ません。
そのため、次に他転職エージェントの求人との比較検証も行っていきます。

求人情報比較表

まず主な転職エージェントの求人情報比較表を以下にまとめましたのでご覧ください。

転職エージェント比較表 求人総数 1000万円 管理職 海外勤務 特徴
JAC 3,288件 1,172件
(35.6%)
非公開 55件
(1.7%)
ハイクラス転職特化型
リクルート 103,691件 12,103件
(11.7%)
30,375件
(29.3%)
292件
(0.1%)
転職支援実績数No.1
doda 56,482件 6,821件
(12.1%)
1,141件
(2.0%)
359件
(0.6%)
転職者満足度No.1
マイナビ 14,822件 2,201件
(14.8%)
113件
(0.8%)
72件
(0.5%)
20代に信頼されるNo.1
パソナ 27,718件 3,478件
(12.5%)
5,499件
(19.8%)
180件
(0.6%)
オリコン顧客満足度1位

※2020年6月3日調査時点の内容

※比較要素は「求人総数」「管理職」「年収1000万円以上」「海外勤務」に関する求人情報。
※「比較対象求人÷公開求人数」から割合も算出。

他と比較した時の特徴

比較表を見ながら他と比較した時の特徴について挙げていきます。

・求人数は他に比べて少ない
・しかしハイクラスに特化したエージェントはJACリクルートメントのみ
・東証一部上場企業の名実ともに社会に認められた会社
・リクルートエージェントに次いで設立&サービス開始が早い老舗企業

最も注目すべきは「求人の質」

ハイクラス求人を求めるならJACリクルートメント一択と言えます。
さらに、東証一部上場企業という名実ともに認める信用は揺るがない実績の証。

転職希望者の個人情報を扱う上で上場の有無は非常に重要です。
安心&安全に利用できる点も特徴の一つとして挙げられます。

メリット・デメリット

最後に、JACリクルートメントの求人情報から会員登録して面談を受けるメリット・デメリットをまとめていきます。

メリット


・他にはないハイクラス求人が紹介される
・特にグローバル企業、外資系企業に転職したい方におすすめ
・上場実績から個人情報の管理も安心できる

デメリット


・求人数が少ない
・ハイクラス求人は敷居が高い
・管理職未経験者には荷が重い

メリットについては本ブログでご紹介した内容をまとめています。

デメリットについてですが、実際に私が面談で紹介された求人(10件ほど)の全てが管理職級の求人でした。

平社員ではなく、役職の付いた職種を希望する求人で、今までそのような管理職の経験がない方にとっては荷が重いと感じます。

もちろん、一般的な内容の求人もあります。
ですが、JACリクルートメントの良さを感じながら転職活動を進めるならばハイクラス求人を狙うべきだと考えます。

つまり、JACリクルートメントに会員登録して活動する事をおすすめしたい方は以下の通りです。

・上昇志向が強く新しい環境で挑戦したい
・今までのスキルを活かしてより成長したい
・海外での仕事に興味がある
・上場企業の管理職に就きたい
・年収1000万円以上を狙いたい

上記の方々がJACリクルートメントの利用はマッチするかと思います。
ぜひ、無料会員登録から面談を受けてみて下さい。キャリアコンサルタントのスキルの高さを肌で実感することが出来ます。

まとめ:ハイクラス求人=JACリクルートメント

JACリクルートメントの求人情報についてまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・JACリクルートメントはハイクラスに特化した転職エージェント
・比較表から求人数は少ないものの質の高さは群を抜く
・挑戦できる環境が揃っている

上昇志向が強く、年収を上げたい野心がある方にも打ってつけの転職エージェントと言えます。

面談当日にお会いするキャリアコンサルタントの全員が基本早口です(笑)
私は圧倒される程の覇気を感じましたので、動じることなく胸を張って主張すれば得られる物は山ほどあります。

ぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか。
面談を受けるだけでも新しい知見と経験を積み重ねることが出来ます。