たかひろのプロフィール
たかひろたかひろ

「はじめまして!」

2009年4月よりアフィリエイト活動をしているたかひろと言います。

B’zをこよなく愛する1986年生まれ。

出身は、「墓と坂とバカの多い町」で有名な長崎県出身。
有名アーティスト福山さんも長崎県出身ですが、その福山さんと小、中、高校と同じ学校へ通っていました (ちょっとした自慢です 笑

九州の国立大学を卒業した大学院生。
学生時代に得た報酬の一部(インフォトップ)は以下の通り「420万円」
他のASPからの報酬も合算すれば「500万円」はゆうに超えています。

そして、その後就職活動を経て会社に入社。
主には経理、財務、総務といった管理部門(バックオフィス)メインで業務に従事。

転職活動も経験しており、現在はIRと管理会計がメインのお仕事です。
仕事の傍ら、最近アドセンスアフィリエイトにも力を入れており、2019年8月ついに「21万円」もの収入を得ることに成功しました。

ここまでの報酬を頂くまでに多くの苦難や挫折を味わいました。
が、諦めることなく続ける事が出来たのは意外にも簡単な考えです。

私にも出来たのだからあなたにも出来ます^^

以下、簡単ですが私のプロフィールや学生から社会人までの軌跡を書いています。
お暇な時にでもお読み頂けると嬉しいです(*_ _)

Twitterでアフィリエイト、アドセンスの濃厚ノウハウを配信中!
転職情報も満載ですので、ぜひフォローしていただけるとさらに嬉しいです!
↓↓↓

【学生時代の話1】大学生4年生、人生を変える出会い

大学での学部4年間はとにかくバンド活動に明け暮れ、バンドの事しか考えていなかったので

単位も落としまくった時もあり大変な時期もありましたが、いい思い出です。

学部最後の年は、4年間お世話になったサークルから追い出される締めの年でもあり、この時が一番熱かったです。青春ですね(笑)

その当時の写真がこちら↓

そして、楽しかったサークル活動から追い出され大学院へ進学。同時に独り暮らしスタート!

生活費がヤバイ・・・;

4年間続けていた新聞配達のバイトも辞めたせいで収入がなく、授業料免除の申請は通ったものの生活費を稼がなければ

明日食う飯がねぇ!

この時からいろいろネットで稼ぐ方法はないか探していました。

大学1年生の頃から「ヤフオク」を使った服や本のせどりを行っていたのでネットからの収入はありました。
しかし、雀の涙ほどの収入で生きていくには到底無理・・・

もっと、社会人の月収並みに稼げる方法はないか・・・
と探索していたある日、本屋へ立ち寄ると妙に気になる本があり手にとって見るや否や、その本に書かれていたのが

ノーリスクで月収200万円も夢じゃない! って・・・

怪しい!
怪しすぎる!!!
人をばかにするのも程があるぜ!!って。

その怪しさ120%の本が「アフィリエイト」に関する本だったんです。
その本というのがこちら↓


ズバッとわかる ブログでアクセスを集めお金を稼ぐ
出版社: ダイアプレス

その時は、ただ立ち読みして購入せずに家へ帰りました。

しかし、その本に載っていた一人のアフィリエイターの方の記事がどうしても気になり、夜の23時に愛車のバイクで本屋までぶっ飛ばし、結局購入してしまいました^^;

【学生時代の話2】たった一人のアフィリエイターとの出会い

そして、気になるアフィリエイターさんに即効質問メールを送ったのがアフィリエイト活動の始まりでした。

会った事もない見知らぬ人とメールでやり取りをするなんて、初めての経験。
メール1通送るにも何分も時間をかけてメールの内容を読み返し、失礼のないか十分確認をして、送信ボタンをクリック!!送ってしまった・・・

メール1通送るのにこんなにも労力を使うとは^^;
と、思いながら同時にワクワクしていました。

どんな人なのか?
どんなメールが返ってくるのか?
はたまた返ってこないのでは??

パソコンの向こう側の人に興味津々です(・∀・)

そして、ものの数時間後・・・
アフィリエイト界ではその名を知らない人はいないトップアフィリエイターの方とのメールのやり取りがアフィリエイトとの出会いであり、人生を大きく変える出来事の始まりでした。

【学生時代の話3】アフィリエイトを始めた最初の結果は?

アフィリエイト活動一発目は、某有名商材であるサイトアフィリの指南書的な商材を基に1ヶ月間、サイトアフィリエイトを徹底的に行っていました。

しかし・・・
1円も稼げない・・・(笑)

やはり、そんなにネットビジネスは甘くないのか・・・
アフィリエイトで月収200万は選ばれた者にしか手にすることのできない神の領域なのかと。

それじゃあ、アフィリエイターは神様なのか?

当然そんなことはないですよね^^;
アフィリエイターも一人の人間であり、パソコンの前で仕事をしている個人事業主です。

仕事をした結果の報酬なのでなんら不思議な事ではありません。当然の結果です。

今思い返すと商材通りにやらず、我流な部分が多かったせいで成果を出せなかったんだと思います。
しかし、さすがに1ヶ月間、根詰めてやり続けたにも関わらず、報酬が全くないのだからモチベーションが下がり、一度は挫折をしました。

しかし・・・このままでは終われない!
中途半端嫌い&負けず嫌いですから^^

とにかくその商材代金だけは取り戻すため、とあるトップアフィリエイターのブログを読んでいたところ、あるアフィリエイト手法に関する記事がアップされていました。

「PPCアフィリエイト」との出会いです。

【学生時代の話4】PPCアフィリエイト

それまでPPCアフィリエイトの存在すら知らず、興味本位で読んでいたらなぜか、吸い込まれるようにその記事を時間も忘れて読みふけっていました。

そして、PPCアフィリエイトの教材をセールスレターもろくに読まずに購入していました。

結果・・・



サイトアフィリエイトを諦め、PPCアフィリエイトを初めてまさか2日後に初報酬ゲット。
その3ヶ月後には社会人の月収も超える収入を頂くことが出来るようになりました。

その後、研究が忙しくなったのもあり、しばらくはアフィリ活動休止。
それでも、稼働中の広告からポツポツ商材は売れ、生活には困らない程度の収入はありました。

PPCアフィリエイトは、様々あるアフィリエイト手法の中でも稼ぎやすく、即効性があるため、初心者の方でも物の数週間で報酬を上げることができる参入しやすいジャンルと言えます。
(しかし、現在は規約が厳しくなり個人アフィリエイターの参入はほぼ難しいです)

しかし、誰もが簡単に稼げるというわけではありません。
適切な広告運用が必要になってきます。

●商材の選定
●ランディングページ作成
●キーワードの選定
●単価の選定
●出稿後の検証と対策&修正
●損切りの見分け方 

などなど、様々な広告運用スキルが問われますが、でも一番大事なのは・・・

【学生時代の話5】一番大事なこと

諦めず続けられるかどうか だと思います。
もっと良く言えば、楽しく続けられるかどうか ですね^^

一度は挫折をしてみて分かったのですが
それは、自分が行っていることが本当に正しいのかどうかさえ分からず、常に迷子になり

続けていく自信が希薄になったこと。

ですが、PPCアフィリエイトと出会うことで世界が一気に!変わりました。

アフィリエイトというお仕事を悲観することなく、大きな可能性を秘めた素敵なお仕事なんだと思えるようになりました。
続けていく自信もつき、同時に大きく稼ぐことができる確信も得ました。

現在は、PPCアフィリエイトを軸にメルマガ・ブログアフィリエイトと気分転換にせどりを行っています。

1年間アフィリエイトというお仕事を通して得た知識や経験から何かお役に立てることがあるかもしれません。

いつでも相談メールなど頂けましたらです^^
最後まで読んで頂き有難うございました<(_ _)>

と、
ここまでが学生時代のお話。これからは新卒入社から社会人として社会の荒波に飲まれる青年時代のお話。

【会社員時代の話1】給料は安い、残業は当たり前、過酷な労働環境

私は24歳(大学院卒)である中小企業の新卒として入社しました。

初めての社会人人生ですので、胸躍りどんな仕事が与えられるのか?
非常に楽しみでなりませんでした。

新卒で入社した会社を簡単にご説明すると入社当初は上場していないITベンチャー企業になります。

もともとはグラフィックデザイン、工業デザインを大学院で専攻していたため、会社でも同種の仕事、関連業務に携わるものだと思っていました。

しかし、会社はそう甘いものではありませんでした。

最初に与えられた業務は「営業」

まったくやったこともなければ、アルバイトでも営業っぽい仕事をやったことがない私。

非常に苦痛の2年間を過ごしました。
さらに、残業は当たり前。労働環境も過酷でした。

【会社員時代の話2】一筋の光は「副業」

最初に入った会社があまりに条件が悪く、労働環境も悪ければ、給料も安い、残業もあり、しかも残業代はでない、というものでした。

もともと学生時代もアルバイトをいくつも掛け持ちする仕事が好きな人間でしたが、非常に合わないことが最初の段階で分かっていました。

そんな会社の仕事の息抜き、現実逃避できたのが「副業」でした。

その時行った副業がデザインに関する副業。
学生時代の経験が活かせて、すぐに結果がフィードバックされてお金になる。

本業の仕事以上に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

【会社員時代の話3】がむしゃらに生き抜いた20代

副業に息抜きを覚えると言えども、本業は手を抜くことはできません。

20代はとにかくがむしゃらに働きました。
1年に2度行われる全社会議にて表彰されるほどまでに私はがむしゃらに働いていました。

気づいたら月日は6年も経過していました。

最初のころは
「自分には向いていない」
「はやく辞めたい」
「早く家に帰ってゆっくりしたい」

そんなことしか考えていませんでした。
しかし、今思うとがむしゃらに働いていたからこそ「充実感」もあった気がします。

人それぞれ生き方や働き方は違いますが、十人十色、考え方に合った「会社」というのも存在します。

まだ、会社に向いていない、転職を考えている人は、きっとあなたに合った会社に出会えていないだけ、だと思います。

【会社員時代の話4】そして30代。転職に成功!年収も400万→1,200万にアップ!

そして、30代に入った頃、新卒で入った会社でやり切った感があったので、具体的な転職活動を行いました。

転職活動では、面接で新卒時代と大きく異なり、具体的な職務経歴について質問されます、これがほとんどです。

企業側も中途入社は即戦力を取りたいので、

・転職前の会社で何を行ってきたのか
・課題にぶつかった時、問題と向き合ってどう乗り越えてきたのか
・仕事上の工夫した点、これだけは負けない業務 など

具体的でその人の行動、考え方を見られる質問が多いです。

そして、2週間程度で転職活動に成功し、ITベンチャー企業から東証一部上場企業の管理部門へと転職。
年収も前職退職時の500万 → 現在1,200万へと年収アップにも成功しました。

転職に成功しても、年収までアップするケースはそれほど多くありません。
年収アップのために私はある行動をしていました。

この辺の転職ノウハウもこれからの記事にまとめていきたいと思いますので、ぜひ、楽しみによんでいただけたらと思います。

【会社員時代の話5】これから転職を考えているあなたへ

これから転職を考えているあなたへ。

転職を考える理由は非常に様々あります。

・人間関係に疲れた
・上司にパワハラ、セクハラ、あらゆるハラスメントを受けている
・環境を変えてもっと成長したい
・尊敬する上司、先輩が辞めてしまい目標がなくなった
・業界、職種を変えて新しい人生を歩みたい
・会社員ではなく、フリーランスとして生きていきたい

などなど、転職を考える理由はさまざまです。

しかし、転職を考えても実際に行動に移せている、実際転職活動を行っている人はどれくらいいるのでしょうか。

・転職をしたいけどやり方が分からない
・転職が不安
・仕事、会社を変えて新しい会社に転職するとまた人間関係を築かないといけない
・転職活動する時間もない

転職活動したいけど、さまざまな理由で先延ばし、転職を諦めている方も多いのではないでしょうか。

そんな転職をひとまず意識しているあなたへ、
転職に成功し、幸せな生活を送っている私が転職のノウハウ、やり方、コツ、

さらに、人間関係の築き方やコミュニケーションの取り方など生活していく上で役に立つノウハウまでこのブログでは、ご紹介していきたいと思います。

ぜひ、あなたの転職活動の参考にお役立ていただければ幸いです。

たかひろ


⇒ たかひろへメールする
⇒ トップページへ戻る