【体験談】doda(デューダ)を利用してみた感想とメリット・デメリットも解説
転職活動中の女子

「CMでも見かける転職エージェントのdoda(デューダ)を利用しようか迷っているけど、正直なところ利用するメリットはあるの?実際に面談を受けての体験談や感想を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「doda(デューダ)を利用しようか迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・会社概要
・利用してみた体験談と感想
・他転職エージェントとの比較
・おすすめの利用者
・会員登録から利用までの流れ

「doda(デューダ)」といえば?
と聞かれたら私なら真っ先に思い浮かぶのが、女優深田恭子さん主演CMで話題となった「デューダ子」!

CM以外にも車両広告や日本最大級の合同企業説明会などメディア露出に力を入れ、高い知名度を誇ります。

知名度は高いけど、肝心のサービス内容はどうなのか?メリットやデメリットも知った上で転職活動に励みたいのが転職者の本音。

このブログでは、実際に利用経験のある当ブログ管理人がdodaの面談から内定獲得までの体験談で得た感想を忖度なしに赤裸々紹介していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「doda(デューダ)を利用したから話せる本音のメリット・デメリットも体験談をもとに解説していきますので、登録、面談しようか迷っている方は、参考にしてみてください。」

すでにdoda(デューダ)の利用を検討している方は、以下公式ホームページから無料会員登録することができます。

doda(デューダ)ってどんな会社?会社概要

まずdoda(デューダ)の会社概要についてまとめていきます。

会社名 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
事業内容 ・求人メディアの運営
・人材紹介サービス
・新卒採用支援
・教育研修サービス
・組織・人事コンサルティングサービス
従業員数 5,285名(2020年3月時点)
上場区分 非上場
特徴 ・日本最大級の「doda」運営
・転職者満足度 No.1
・30年の転職実績
・全国10万件以上の求人数
・うち80~90%が非公開求人
・doda転職フェアを定期開催
・年種査定サービス
人気サービス ・年収査定
・キャリアタイプ診断
・合格診断
・レジュメビルダー
・転職フェア
・Woman Career
・SPORT LIGHT
・dodaスマートフォン向けアプリ

「doda」はエージェントサービス名の一つで運営会社は「パーソルキャリア株式会社」

そして、主要株主は東証一部上場企業の「パーソルホールディングス株式会社」
大元の母体はこのパーソルホールディングスになります。

dodaの特徴で魅力的なのが、業界/業種問わず揃う圧倒的な「求人数」
全国約10万件の求人を扱える企業はそうなかなかありません。

また、日本最大級の合同企業説明会「doda転職フェア」の運営も担っています。
つまり、多彩な転職支援サービスを展開しているのがdoda最大の特徴と言えます

dodaに登録しさえすれば一人何役でも役立てる事が出来ます。
doda転職フェアに興味がある方は、以下関連記事をご覧ください。

doda(デューダ)を利用してみた体験談と感想

早速doda(デューダ)を利用してみた体験談と感想をご紹介していきます。

ここでは、doda(デューダ)での面談から感じた

  • 【体験談1】会社の雰囲気
  • 【体験談2】担当エージェントの対応
  • 【体験談3】求人の数や質、特徴

上記の体験談について、感想を交えてご紹介していきます。
doda(デューダ)を利用しようか迷っている方は、参考にしてみてください。

【体験談1】会社の雰囲気は?

まず会社の雰囲気についてです。

さすが従業員5,000人超えの大企業!
エントランスには必ず受付嬢が待機して、面談で来社した旨を伝えるとルームナンバーを教えてくれます。

ただ、ルームナンバーは教えてくれるもその部屋まで行くのは自分だけ。
リクルートエージェントなどでは、受付嬢がわざわざ部屋まで案内してくれますので、この違いはあります。
(無駄を省く、ということなのかもしれませんが、特に気にする必要はありません)

そして、面談部屋はギリ4人入れるほどの小さな部屋でした。
その中に私と担当エージェント、そして課長にあたるもう一人のエージェントの3人で面談は進められました。

【体験談2】担当エージェントの対応は?

次に担当エージェントの対応についてです。

まず、担当エージェントが2人いました。
おそらくdodaでは2人体制のカウンセリングが取られているのだと思います。

1人は若い20代女性、もう一人が30代の女性ベテランエージェント。
面談は基本若い女性エージェントと進める形で始まりました。

dodaエージェントの面談の進め方は、冒頭からサービスの説明や転職活動ノウハウについて話すのではなく「雑談」から始まります

女性エージェントが私の現職の会社を知っていて、逆質問やサービスの感想など話してくれて、終始和やかな雰囲気を保ち、圧迫感やストレスなどは一切感じませんでした。

私は10社の転職エージェントに登録して転職活動を進めていました。
その中で現職の会社に関しての質問を受けたのはdodaが初めてでした。

それだけ「話しやすい関係作りが上手い」と感じました。
コミュニケーション能力が高く、違和感なく懐に入ってくるのが早い印象です。

転職活動で初めて面談をする方の中に、どんなエージェントが登場するのか不安や心配に思う方も多いかと思います。

しかし、dodaでは特にそのような心配は不要です。

気持ちを楽に、ありのままの自分を素直にさらけ出すことができます。
さらけ出した方がコミュニケーションも円滑に取れて、その後の転職活動も進めやすくなります。

【体験談3】求人の数や質、特徴は?

気になる求人の数や質、特徴についてです。

最大の特徴は、業界/業種問わず圧倒的に求人数が多い点。
求人総数が約10万件と業界最多クラスのリクルートエージェントに次いで多い数です。

私は転職活動中、10社のエージェント登録し実際に全てのエージェントに会って求人紹介を受けました。
その中でも、dodaは特に求人の紹介数は多かったです。

実際に面談時に紹介された求人の“束”が以下図でも分かります。

ゆうに50社は超えてます。
そして、リクルートエージェントと求人の内容が被らなかったことにも驚きです。

リクルートエージェントの求人は大企業がメイン。
それに対し、dodaは大企業だけでなくあまり名の知れない中小零細企業も幅広く扱うのが特徴の一つです。

珍しい求人から私が求めていた管理部門の求人も多く、求人に関する満足度は非常に高かったです。
何かに特化した専門会社ではなく、幅広く求人を扱っているからこそ出来る芸当だと思います。

特に求人数で選びたい、幅広い求人の中から職を探したい、そんな方にもdodaはおすすめの転職エージェントかと思います。

dodaのより詳しい求人情報を確認したい方は以下関連記事もご覧ください。

doda(デューダ)を利用して感じたメリット

以下doda(デューダ)の良かった点・メリットについてツイートしました↓

  • 【メリット1】エージェントの手厚いサポート
  • 【メリット2】圧倒的な求人の量と質
  • 【メリット3】面接対策を定期的に実施

面談や内定勝ち取るまでに感じた3つのメリットを挙げていきますので参考にしてみてください。

【メリット1】エージェントの懇切丁寧な手厚いサポート

エージェントの懇切丁寧な手厚いサポートがあったからこそ内定も取れたと思っています。

何がそんなに「手厚い」と言えるのか?
私なりに感じた感想が2つあります。

求人票に書かれていない企業の内情をしっかり解説

まず面談時に求人を紹介する際、

・1社1社メリット・デメリットを包み隠さず説明
・今なぜこの会社が求人を出しているのか
・社長の人柄や特徴など会社の内情まで詳しく解説

「求人には書かれていない情報」を細かく教えてくれました。

全ての転職エージェントで同じような事が出来るかといえば出来ません。
企業に精通しているからこそ、関係性が構築出来ているからこそできる業です。

この“痒い所に手が届く”説明によって、転職後のミスマッチは減る事でしょう。

頻繁にコミュニケーションが取れる=不安を拭える

さらに、面談後も定期的に進捗の確認や相談ができるように電話がかかってきます。
中にはこの電話を「しつこい」と悪評する人もいますが、私は適切だと考えます。

電話を掛けるほどの労力を転職希望者に費やしてくれる。
dodaの担当も複数人の転職希望者を1人で見ています、付きっきりではありません。

それでも電話でコミュニケーションを取ってくれる。
つまり、転職者に寄り添って心配して、現状も踏まえて新しい転職活動を提案してくれる、という事だと考察します。

この電話や面談での懇切丁寧な手厚すぎるサポートは、他転職エージェントでは見られずdodaだけでした。

【メリット2】圧倒的な求人の数と質

dodaの特徴でもご紹介しましたが圧倒的な求人の数と質はピカイチです。

特定の業界に特化した人材紹介会社も注目を集める昨今。
ただ、扱う業界に興味がなかったら特化型サービスは使うことはないですよね。

しかし、特定の業界にも精通し、他の業界・業種の求人も扱っている人材紹介会社であれば利用するエージェントも一つで済みますよね

時間のない中、効率的に転職活動を進めることも可能です。
正直、特化型人材紹介会社に匹敵する求人の質を保有するのがdodaです。

私は、管理部門の求人を探していましたが、これでもかと思うほどdodaからは多くの求人を紹介していただきました。
実際、その中から紹介された求人に応募(大企業)、内定を勝ち取って転職しました。

関連記事:【doda(デューダ)の求人徹底解説】経験を元に数、内容、特徴を他と比較検証

【メリット3】面接対策を定期的に実施

dodaが実施する面接対策も好評です。

私は利用したことはないのですが、他doda利用者の多くでこの面接対策は「鍛えられた」と好評。

どんな内容だったか具体的にご紹介することはできませんが、面談時にも必ず面接対策は勧められます。

また、面接対策以外にも書類の添削や転職活動のアドバイスはデフォルトでしてくれます。

面接に不安要素を抱く方、アドバイス貰いながら着実に転職活動を進めたい方にもおすすめの転職エージェントになります。

doda(デューダ)のデメリット

一方でdoda(デューダ)の悪かった点・デメリットについてです。

特にデメリットに感じる点はありませんでしたが、強いて言うなら、という点を挙げていきます。

【デメリット1】スカウトメールが多い

企業から送られてくるスカウトメールはとにかく多いです。

メールのフィルター機能でフォルダー分けすれば特に気にはなりませんが、気になる人は気になるようですね。

少しでも気になるようでしたら設定を変更するか、受け取り方を工夫することで解消されるかと思います。

【デメリット2】考え方によっては電話連絡はしつこい

先ほどメリットで記載しましたが、考え方によっては電話連絡はしつこいと思われる方もいます。

面談を終えてかけてくる電話は、進捗管理や新しい求人の紹介、相談事項などコミュニケーションの一環で行われることです。

また、dodaが積極的に電話でコミュニケーションを図る理由の一つに「メールでは単なる事実の羅列になってしまうため」が挙げられます。
(実際に何度も電話してくる理由を担当に直接確認した時の回答です)

つまり、情報のやり取りだけでなく感情(パッション)まで聞きたいという事。
志望度や現状の悩み、進捗具合から新しい転職活動の提案ができないかdodaなりに探っています。

私は電話に出て特にストレスにはなりませんでしたが、気になるようでしたら事前に担当エージェントにその旨伝えておくのが良いかと思います。

doda(デューダ)と他転職エージェントとの比較

dodaの特徴やメリット・デメリットを解説してきました。
ここではdoda(デューダ)と他転職エージェントとの比較もまとめておきます。

他と比較する事でdodaの良さや荒がより際立ちます。
比較対象は「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「パソナキャリア」「JACリクルートメント」「MS-Japan」の5社。

大手から特化型エージェントまで準備し以下の表にまとめます。

転職エージェント比較表 公開求人数 求人総数 設立&サービス開始 上場区分 特徴
doda 56,390件 10万件 2007年 非上場 転職者満足度No.1
リクルートエージェント 95,359件 20万件 1977年 非上場 転職支援実績数No.1
マイナビエージェント 15,508件 10万件※1 2007年 非上場 20代に信頼されるNo.1
JACリクルートメント 4,080件 1.5万件 1988年 東証一部 ハイクラス転職に特化
パソナキャリア 27,124件 15万件※2 1976年 東証一部 オリコン顧客満足度1位
MS-Japan 4,294件 4.5万件 1990年 東証一部 管理部門特化型No.1

※2020年8月5日調査時点の内容

比較すると、公開求人数がリクルートエージェントに次いで2番目に多い規模。
さらに、求人総数で見てもパソナキャリアと同規模の求人を扱う業界屈指の老舗人材紹介サービスになります。

サービス開始30年を迎え、今まで培われた転職ノウハウは他にはないdodaの強み。
「転職者満足度No.1」が勝ち取れるのも徹底した顧客ファーストを実現するサービスの質にあると考えます

※1.約80%が非公開求人情報であるため、公開求人数から計算して10万件以上と算出。
※2.約80%が非公開求人情報であるため、公開求人数から計算して15万件以上と算出。

doda(デューダ)はこんな人におすすめしたい!

以上の体験談とメリット・デメリット、比較情報からdodaはこんな人におすすめしたいと思います!

■doda(デューダ)はこんな人におすすめ!
・幅広い業界、職種の中から職を探したい方
・メールではなく電話などの直接コミュニケーションを図りながら転職活動を進めたい方
・電話がそれほど煩わしいと感じない方
・面接は上手くないので鍛えて欲しい方

当てはまる!という方は、ぜひ転職相談に行かれてみてはいかがでしょうか。面談から内定獲得まで無料でサポートを受ける事が出来ます。

doda(デューダ)を利用する流れ

doda(デューダ)のメリット・デメリットも分かったところで
次にdoda(デューダ)を利用する流れをご紹介していきます。

①無料登録
②面談日を決める
③会社訪問&面談
④求人検索から企業に応募

上記の流れとなりますので、それぞれ分けて進め方や注意点などご紹介していきます。

無料登録

doda(デューダ)の転職エージェントを利用するには、まず「無料登録」しましょう。

無料登録画面はこちらになります。



無料の会員登録を済ませると以下の「エージェントサービスお申し込み受け付け完了のお知らせ」メールが届きます。

面談日時を決める

無料登録後、数時間から1日経つと以下の「キャリアカウンセリングに関するご案内」というメールが届いて、希望の面談日時を知らせ、面談日時を確定させましょう。

面談日時が確定したら以下の「キャリアカウンセリング予約確定のご連絡」メールが届き、日時と場所の詳細が届きますので、必ず確認しましょう。

会社訪問&面談

面談日時に遅れず「会社訪問&面談」に臨みましょう。

会社訪問場所は面談確定した時に届くメールにもアクセスマップが記載されていますので必ず確認しましょう(念のため、丸の内本社のアクセスマップを載せておきます)


〒100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
Tel:03-6213-9000

そして、いざ面談!の前に心配な方は以下事項についても確認したいことと思います。

持ち物は?

面談時の当日持ち物は「特になし」です。

ただ、事前に準備しておくものがあります。

キャリアカウンセリングに際しまして、ご登録情報の更新、及び職務経歴書の作成をお願いいたします。
担当キャリアアドバイザーはこちらの情報を参考に求人のご用意をさせていただきます。
ご準備が間に合わない場合でもご予約通り実施させていただけますが、当日をより有意義なものとするためにできる限りご協力ください。
また、担当キャリアアドバイザーと気軽に連絡・相談できるように、LINEサービス(DODAキャリアアドバイザー)のご登録をお薦めしております。ご活用をご検討ください。
職務経歴書を初めて作成する方も多いかと思いますが、dodaでは「職務経歴書作成のヒント」など転職活動上で必要な書類の作成方法、ヒントを細かく記したコンテンツが充実しています。

このコンテンツを参考に作成すれば比較的簡単に、充実した書類を作成することができますので、ぜひ参考にしてみてください。

服装は?

服装は「自由」です。スーツでなくてもOKです。

電話面談は可能?

電話面談も「可能」です。遠方の方も多いかと思いますので、電話面談も可能のようです。

ただ、通える範囲であれば必ず訪問しての面談をおすすめします。
これから新しい人生を歩む上で二人三脚で頑張る担当者になりますので、どんな人なのか?顔や人柄などは直接会わなければ分かりません。

最初の面談の時くらいは直接訪問して会うことをおすすめします。

求人検索から企業に応募

一通り、面談も終えればついに求人に応募!「求人検索から企業に応募」していきましょう!

dodaは、面談時に紹介してくれた求人の他に「求人紹介」のメールがほぼ毎日届きます。

担当エージェント以外からも求人紹介は届きますので30通~50通は余裕で届きます。

他転職エージェントも利用されている方は、しっかりメールの機能でフォルダー分けをしてすぐに確認できるようにしておきましょう。

そして、気になる求人があれば即応募!
応募しないことには書類選考、面接へとステップを踏めませんので、少しでも気になる企業、求人があれば応募することをおすすめします。

doda(デューダ)利用者の口コミ評判

最後に、私の体験談だけでなくdoda(デューダ)利用者の口コミ評判についてもご紹介していきます。

以下関連記事から良い・悪い口コミ評判を確認する事ができます。



まとめ:手厚いほどのサポートを受けられるのがdoda

doda(デューダ)を利用してみた体験談と感想について情報をまとめてきました。

改めて、メリット・デメリットをまとめると

■メリット
・エージェントの懇切丁寧な手厚いサポート
・圧倒的な求人の数と質
・面接対策を定期的に実施
■デメリット
・スカウトメールが多い
・電話連絡がしつこい
■doda(デューダ)はこんな人におすすめ!
・幅広い業界、職種の中から職を探したい方
・メールではなく電話などの直接コミュニケーションを図りながら転職活動を進めたい方
・電話がそれほど煩わしいと感じない方
・面接は上手くないので鍛えて欲しい方

doda(デューダ)に無料登録して、転職を成功させたい方はこちら!