第二新卒エージェントneoの評判はどうなの?【既卒やニートの転職に強いか口コミから検証】
転職活動初心者転職活動初心者

「第二新卒エージェントneoの利用を検討してるけど、第二新卒に強い転職エージェントなの?高卒やフリーター、既卒にも向くサービスを聞いたけど、利用前に評判を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「第二新卒エージェントneoの利用を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ
・他転職エージェントとの比較から強みを検証
・社員による口コミから自社の評判をリサーチ
・第二新卒エージェントneoの会社概要

20代向け転職エージェントが『第二新卒エージェントneo』

他にも20代向け転職支援サービスはある中強みは何か?
そして、特に気になる利用者の評判はどうなのか?利用予定の方にとっては気になる情報です。

そこで!第二新卒エージェントneoの実際の利用者や中で働く社員の口コミを集めて“リアルな評判と強み”を徹底リサーチしていきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「第二新卒エージェントneoを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!」

第二新卒エージェントneo利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ

早速第二新卒エージェントneo利用者の口コミからリアルな評判をリサーチしていきます!

リサーチ方法は、SNS(主にTwitter)の投稿内容から口コミを把握。
良いのか、悪いのか、評判を徹底検証していきます!

【評判1】面接対策や書類添削など懇切丁寧なサポート

特に多い評判が「面接対策や書類添削など懇切丁寧なサポート」

これほどサポートの充実さに良い評判が集まるのには理由があります。
それは、以下のようにサービス対象者ごとに面接対策から書類の書き方まで的確に情報が準備されている点。

・既卒の方向け記事
・フリーターの方向け記事
・第二新卒の方向け記事
・高卒の方向け記事
・中卒の方向け記事

転職エージェントの中には面接対策が充実していても、いざ受けてみると明らかに対象者ではない的外れな内容もあります。

しかし、第二新卒エージェントneoの場合。
対象者が明確で、準備された情報もどれも即日使える転職希望者に寄り添った内容がほとんどです。

面接対策から書類添削などのサポートの評判が高くなるのも納得感があります。

さらに、公式ホームページには「利用実績」としてリアルな評判と満足度が掲載されています。

これから利用を検討する方にはありがたい情報です。
実際に利用した方の声が見れるのは安心感が生まれます。

利用者の一つの声を見てみると、

転職活動中の女子2

「自分に合った企業を紹介してくださり、面接前の対策やサポートをていねいに、そして早くしてくださったので、1人で転職活動するよりもスムーズに進んでとてもよかったです。」

やはり、面接対策などのサポート面に関する評判が多く寄せられています。

第二新卒、既卒、フリーターなど20代で転職を考えている。
でも、不安で勇気が出せず、行動に移せない方は一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。

話を聞く、話すだけでも気分は晴れます。

【評判2】希望とマッチしない求人の紹介がある

あまりよくない評判もあります。

求人紹介で「希望に沿わない求人の紹介が見受けられる」

この求人紹介や希望する職種のマッチング率はあまりよくないようです。
転職希望者にとっては、転職先は適当に選びたくない、真剣に転職活動を行っています。

当事者の意に沿わない条件しか紹介しないのであればサービスは使わない方が良いでしょう。

しかし、中には担当者を変えてもらったら問題は解決した口コミもあります。

つまり、担当者次第ということです。
相性が合わない、よくない担当者であればすぐに変更してもらいましょう。

担当者の変更は可能です。
状況を説明して、早急に対応してもらいましょう。

【評判3】担当者の厳しくも暖かいフォロー

転職エージェントも人間です。
必ず「相性」は存在して、関係性の向き不向きはあります。

転職は人生に大きな影響を与えるライフイベント。
担当者との相性で転職活動にマイナスに働いては本末転倒です。

第二新卒エージェントneo(ネオキャリア)の担当者のおかげで転職活動に前向きになれた、との声も多く挙がっています。

評判の高い担当者も多く在籍しています。
求人の紹介や転職の方向性で食い違いがあればすぐに報告して担当者を変えてもらいましょう。

変更して問題解決できるなら早めの行動が吉です。

第二新卒エージェントneoは本当に既卒転職に強いのか?他転職エージェントとの比較から検証

第二新卒エージェントneo利用者の口コミから評判をまとめてきました。

特に評判が高いのは、第二新卒など20代に特化したサポート体制が充実。
面接対策から書類添削までサービスの質の高さに関する評判が多く見受けられました。

ただ、第二新卒エージェントneo単体での口コミでは評判に偏りが出てしまいます。
そこで、ここでは他の転職エージェントとの比較から第二新卒エージェントneoの強みを徹底検証していきます!

転職支援サービス比較表

まず転職支援サービス比較表を作成します。

比較する転職支援サービスを展開する転職エージェントは「マイナビジョブ20’s」「リクルートエージェント」「doda」「パソナキャリア」の4社とします。

そして、検証する比較情報は「公開求人数」「第二新卒向け求人」「既卒向け求人」「特徴」
これらの情報から第二新卒エージェントneoの強みを検証してみたいと思います!

では、早速比較表をご覧ください。

サービス比較表 公開求人数 第二新卒 既卒 特徴
第二新卒エージェントneo 169件 169件
(100%)
136件
(80.5%)
転職支援実績22500人突破
マイナビジョブ20’s 1,621件 849件
(52.4%)
-件
(※1)
利用者数のべ17万人突破
リクルートエージェント 96,148件 3,310件
(3.4%)
7件
(0.0%)
転職支援実績数No.1
doda 58,928件 2,782件
(4.7%)
190件
(0.3%)
転職者満足度No.1
パソナキャリア 27,257件 199件
(0.7%)
1件
(0.0%)
オリコン顧客満足度1位

※2020年9月4日調査時点の内容

括弧内は、それぞれの求人情報を公開求人数で割った保有割合。
(※1)第二新卒向け求人の中に既卒向けも交じって表示

扱う求人の特徴から比較

求人数の比較から見えてくる特徴は、扱う全ての求人が第二新卒に特化している点

第二新卒、既卒向けに特化した求人

公開求人数の全てが第二新卒向け。
保有割合が「100%」と他大手転職エージェントでは成しえない芸当です。

「第二新卒向けエージェント」と名乗るだけのことはあります。

さらに、既卒向けに至っては大手のリクルートエージェントやパソナキャリアよりも件数ともに多い結果となりました。
同じ20代特化型のマイナビジョブ20’sについても既卒向けが第二新卒向けに含まれているため、保有割合で見ても第二新卒エージェントneoの方が多いことがうかがえます。

非公開求人も考慮すれば会員登録は必須

また、公開求人数は200件以下と取り扱いに物足りなさは拭えません。
しかし、第二新卒エージェントneoにも「非公開求人」が存在します。

公式ホームページに「未経験OK求人5,000件以上」と表記されています。
第二新卒向けの求人も含まれているとしたら非公開求人の割合は「96%以上」

つまり、公開された求人のみで活動するより会員登録した方が求人の数や質ともに有利にはたらきます。

比較検証からの結論

転職支援サービスの比較から第二新卒エージェントneoは、

・第二新卒、既卒に特化した求人が多い
・イナビジョブ20’sよりも保有割合は多い
・つまり20代向けの転職に強い支援サービス

公開求人数は他より少ないのは事実。
しかし、非公開求人は5,000件以上と申し分ない数です。

そして、20代に特化した求人とサポート体制。
面接対策や書類添削などのサポートについては、SNSと実際の利用者の声から高い評判を誇っています。

つまり、20代で転職を考えている方は利用必須の転職エージェントです。

第二新卒エージェントneo社員による口コミから自社の評判をリサーチ

ここからは社員による口コミから自社の評判をリサーチしていきます。

やはり、第二新卒エージェントneoのサービスや特徴を熟知しているのは中で働く社員。
社員が生き生きと働ける職場であれば、提供するサービスの質にも直結します。

リサーチ方法は、300万件以上にのぼる口コミを掲載する『転職会議』を利用して評判を検証していきます!

【口コミ1】強いコミットメント力が求められる職場(30代前半・女性)

転職活動中の女子

「かなりストイック、成果に対して必ずコミットすることは称賛される職場環境。そして、自分自身にスキルはついたと思われる。最後の最後まで粘り強く、達成できたときは嬉しい。」

ストイックという言葉がある通り「強いコミットメント力が求められる職場」

社員の成長はサービスの質の向上にも繋がります。
顧客を第一に考えるからこそ手は抜かない、必ず転職志願者を希望する企業へ通すコミットメント力。

社員の自信は、顧客の安心へと昇華されます。
成果を求める職場環境が、転職希望者のサポート体制の充実度にも表れているといえます。

【口コミ2】若手が多く自ら進めばスキルアップが果たせる環境(20代後半・男性)

転職活動に成功2

「若手が多い。若いうちからマネジメント経験も可能。そのため、スキルアップや仕事に熱を持って取り組める方には向いている会社、仕事と言えます。ただ、平日に自分の時間は殆どありません。若いうちは買ってでも苦労したいという方や成りあがりたい方には絶好の環境が揃っています。また、新規事業を立ち上げて、メキメキと頭角を現した人はそのポジションが与えられるなど、様々な場面でチャンスが与えられ、そのチャンスを確実に活かした時に強くやりがいを感じます。」

若いうちから様々な経験が積める「若手が多く自ら進めばスキルアップが果たせる環境」

大企業や安定志向の企業では若くして多くの経験は積めません。
しかし、ベンチャーでかつ若手に裁量権を与える会社は成長できる環境が揃います。

社員の成長はサービスの発展に寄与します。
そして、サービスの発展が社員のやりがいや生きがいへと成長していきます。

「若さ」を武器にサービスの発展と持続可能性を実現しているのが第二新卒エージェントneoと言っても過言ではありません。

【口コミ3】結果を出せば出しただけ評価される制度(30代前半・男性)

転職活動に成功

「頑張れば頑張るほど貰えるものは増えていく感覚でいいと思います。昇給は年に2回あるので、2回とも昇給に結び付けられる人もおり、そういう人はすぐにでも周りに差をつけて出世していきます。また、新入社員のうちから会社の企業理念などを叩きこまれるだけでなく、新入社員として入った時の目標を振り返りながら研修を定期的に受けていくため、初心を忘れずに研修を受けられる制度設計も好感を持てます。」

人事評価や研修から「結果を出せば出しただけ評価される制度」

中にはどんなに頑張っても一律の評価を取る企業もあります。

加熱する競争社会の中で「競わない」はナンセンス。
競うからこそ人間は成長し、貪欲にスキルを求めます。

その対価となりうるのが「評価」という「昇給」

若手の成長を後押しし、会社としても発展し続ける。
第二新卒エージェントneoの仕組み作りや人を育てる制度は参考にしうる部分がありそうです。

第二新卒エージェントneoの会社概要

最後に第二新卒エージェントneoの会社概要についてまとめます。

会社名 株式会社ネオキャリア
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2階
従業員数 2,723名(2017年9月末現在)
業務内容 ・採用支援事業
・人材サービス事業
・メディア事業
・HR Techサービス事業
・広告プロモーション事業
・ソリューション事業
・その他(新規事業、業務アウトソーシング、教育事業)
上場区分 非上場
特徴 ・若年層向けの就職・転職支援サービス
・サービス対象者ごとのサポート体制
・面接対策満足度No.1
・就職転職満足度No.1
・就職転職相談しやすさNo.1
・就職成功者15,000名以上
・未経験OK求人5,000件以上
・転職支援実績22,500人突破
・1名あたりのサポート時間平均8時間
・職務経験無の就職/転職支援実績10,000人突破

転職支援実績はすでに2万人超え!
職務経験無の就職/転職支援実績に至っては1万人を突破!

さらに、「面接対策」「就職転職」「就職転職相談しやすさ」において『満足度No.1』を獲得

会員登録からサービスクオリティを肌で体感してみてください。
サービス利用料は完全無料です。

まとめ:20代の転職なら第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの評判と強みを口コミからまとめてきました。

改めて、評判と強みをまとめると

【評判1】面接対策や書類添削など懇切丁寧なサポート
【評判2】希望とマッチしない求人の紹介がある
【評判3】担当者の厳しくも暖かいフォロー
【強み1】大手より20代向け求人が多い
【強み2】第二新卒、既卒向け転職に強い
【強み3】サービス対象者ごとにサポート体制が充実