ジョブスプリング(jobspring)の評判はどうなの?【エージェントの強みや口コミから検証】
転職活動初心者転職活動初心者

「就活エージェントのジョブスプリングを利用しようか検討しているけど、利用メリットは何?他のエージェントサービスと比較して強みとは?利用者の口コミやサービスの評価・特徴から評判を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「ジョブスプリングの利用を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ
・他就活エージェントとの比較から強みを検証
・社員による口コミから自社の評判をリサーチ
・ジョブスプリングの会社概要

エージェントによる手厚いサポートNo.1の『ジョブスプリング(jobspring)』

数ある就活生向け支援サービスの中でも強みとは?
利用するにあたって、実際の利用者の評判は気になる情報です。

そこで!ジョブスプリングの実際の利用者や中で働く社員の口コミを集めて“リアルな評判と強み”を徹底リサーチしていきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「ジョブスプリングを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!」

ジョブスプリング利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ

早速ジョブスプリング利用者の口コミからリアルな評判をリサーチしていきます!

リサーチ方法は、SNS(主にTwitter)の投稿内容から口コミを把握。
良いのか、悪いのか、評判を徹底検証していきます!

【評判1】予約が取れないほどの評判の良さ

口コミだけでなく公式ホームページにも掲載されていますが「予約が取れないほどの評判の良さ」

また現在、面談希望者が多く2週間先まで満席が続いております。(早期の面談希望の方は要望欄に記載お願いします。)ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

コロナ禍のご時世で、満席になるほど人気なのはいくつかの理由があります。

その中で特に注目すべきは「紹介企業」
下図の通り、公式ホームページ上に企業が掲載されています。

・エイベックス株式会社
・株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
・住友不動産販売株式会社
・株式会社インターメスティック
・株式会社タカラレーベン
・株式会社キャリアデザインセンター
・クルーズ株式会社
・株式会社フリークアウト・ホールディングス
・フコクしんらい生命保険株式会社
・株式会社イトクロ
・日本管理センター株式会社
・京都きもの友禅株式会社
・株式会社LIFULL
・エムスリーキャリア株式会社
・株式会社MS-Japan
・レバレジーズ株式会社

上場企業・大手からベンチャーまで幅広いラインナップ!
これらの魅力的な企業を紹介してくれるとあって、多くの学生が就活エージェントを利用します。

その結果、先の2週間まで満席になるほど人気を誇っています。

一般的な就職活動は、就活情報サイトから就活生が一つ一つ企業を確認して応募します。
しかし、これでは膨大な時間と労力が必要となり、学生生活と論文執筆との兼ね合いが難しくなります。

しかし、就活エージェントのジョブスプリングを利用すれば、何千とある企業の中から就活生の希望に沿って的確に紹介してくれます。

つまり、ジョブスプリングを利用する最大のメリットは「労力の分散」
企業分析や応募など雑多で就活生がやらなくてもよい作業は就活エージェントが担当。

それ以外の選考実施や学生生活、論文執筆など就活生にしかできない事に時間を充てることが可能になります。

無料で使えるサービスは使わない手はありません。
今現在、就活に行き詰っっている方やどんな企業に応募しようか迷っている方にも使って欲しいサービスです。

【評判2】学生と企業のマッチング率が85%以上

上記YouTube動画からの情報です。
JOB COMPANYによる独占取材の評判で高い評価を得ているのが「学生と企業のマッチング率が85%以上」

ジョブスプリングの強みの一つとしても紹介されています。
マッチング率「85%以上」と高い水準をたたき出せるのには以下2つの理由が挙げられます。

【理由1】適正検査で精度の高い分析を行っている

適性検査には採用時の性格・職務適正を見極める「CUBIC(キュービック)」を採用。

より精度の高いロジック(AIマッチング)を取り入れ、過去の蓄積されたデータから傾向をみつつエージェントのノウハウも合わせて就活生に提案。

その結果、高い承諾率(マッチング率)を実現しています。

キュービックを実施するタイミングは、面談に訪れた最初の10分実施。
つまり、就活生は無料で精度の高い適性検査が受けられるということです。

適性検査を受けるだけでも有益です、なぜなら有料の検査を無料で受けられるので。
(検査結果はすぐに分かります、エージェントが解説しながら面談を実施)

【理由2】チーム体制でサポート

他社のエージェントサービスというのは「1on1」がほとんどです。
しかし、ジョブスプリングでは、学生1人に対して6名のエージェントがサポートする「チーム体制」を導入。

つまり、手厚いサポートとフォローを就活生は受けられるメリットがあります。

その結果、高い承諾率をキープ。
就活生の満足度も高い評価(エージェントによる手厚いサポートNo.1)を得ています。

オンライン面談も可能で地方出身者でも相談できる

また、他にも面談は対面だけでなくオンラインも可能となっています。

今までの利用者のほとんどが一都三県。
これが、オンライン面談導入によって、東京に就職希望の就活生でも相談対応を行っています。

今ではオンラインでの面談が主流です。
実際の選考でもオンラインを用いた面接の実施が多くなってきています。

つまり、エージェントとの面談でオンラインに慣れれば、実際の面接でも抵抗感なく受けられるメリットもあります。

【評判3】利用料無料がかえって怖い

評判の中で一つだけ気になったのが「利用料無料がかえって怖い」

「無料の裏には何かある」
無料がフロントエンドで会員登録後にアプローチする商品がバックエンド。

会員登録後に何か有料商材を売りつけられるのではないか?
人間の多くが抵抗感を示し、特に社会人経験のない就活生なら尚更抵抗感は増します。

しかし、就活エージェントをはじめとする就職支援サービスはバックエンドなどその後も何もありません。

全てのサービスを無料で利用できます。
企業紹介から応募、内定支援の自己分析や自己PR、面接練習までサポートしてくれます。

不安であれば、面談の最初に聞くのもありです。
無料で内定獲得まで支援してくれるサービスを使わない手はありません。

ジョブスプリングの特徴や強みを他就活エージェントとの比較から検証

ジョブスプリング利用者の口コミから評判をまとめてきました。

適性検査とチーム体制が強みのジョブスプリング。
定性的かつ定量的にも就活生をバックアップしてくれる頼れるエージェントサービスと言えます。

ただ、ジョブスプリング単体での口コミでは評判に偏りが出てしまいます。

そこで、ここでは他の就活エージェントとの比較からジョブスプリングの強みを徹底検証していきます!

就活支援サービス比較表

まず就活支援サービス比較表を作成します。

比較する就活支援サービスを展開する就活エージェントは「就職shop」「ウズキャリ」「Re就活エージェント」「DYM就職」の4社とします。

そして、検証する比較情報は「登録/紹介企業数」「設立/サービス開始時期」「入社後の早期離職率(定着率)」「特徴」
これらの情報からジョブスプリングの強みを検証してみたいと思います!

では、早速比較表をご覧ください。

サービス比較表 紹介企業数 設立 早期離職率 特徴
ジョブスプリング 1,000社以上 2014年4月 0.1%(99.9%) AIマッチング導入の高い承諾率
承諾率は85%以上のマッチング
就職shop 8,500社以上 2006年4月 利用者数延べ10万人突破
ウズキャリ 1,500社以上 2012年2月 5.3%(94.7%) 支援実績35,000人突破
Re就活エージェント 5,000社以上 2004年11月 年収200万円アップの実績あり
DYM就職 2,000社以上 2003年8月 就職率は驚異の96%

※2020年9月調査時点の内容

エージェントサービスの比較から特徴・メリットを検証

エージェントサービスの比較から見えてくる特徴・メリットは、「早期離職率が低く高度なマッチングを実現」

マッチング率は「85%以上」と高水準をマーク。
この理由には「精度の高い適性検査」と「他社にはないチーム体制」にあります。

その結果、入社後の早期離職率は「0.1%」と限りなくゼロに近い高い満足度を提供しています。

その他の就職支援を見ても定着率が「90%台」のサービスはあります。
しかし、ジョブスプリングほどの水準を保てるサービスは見受けられません。

つまり、就活生だけでなく企業にとっても高品質のサービスと言えます。

紹介企業数は少なくも設立年を踏まえて今後に期待

デメリットを挙げるとしたら「紹介企業数」

ジョブスプリングの紹介企業数は「1,000社以上」
特に多い就職shopだと「8,500社以上」とその差は明らかです。

とはいえ、ジョブスプリングの設立は「2014年4月」
これから事業拡大に伴ってサービスが認知されれば紹介企業数も増える事が予想されます。

現時点での事実は受け止めつつ、デメリットは他の就職支援サービスで補うのも賢明な行動です。

つまり、ジョブスプリングだけでなく他のサービスにも登録し併用するのがおすすめです。

同じく関東圏での就活に強みを持つ「就職shop」と面接対策に定評のある「ウズキャリ」の3社に登録しておくことをおすすめします。

比較検証からの結論

就活支援サービスの比較からジョブスプリングは、

・企業と就活生のマッチング率が高い(85%以上)
・チーム体制による徹底したサポートとフォロー
・その結果離職率は低く満足度の高いサービス

ジョブスプリング最大の強みは「適性検査とチーム体制」
その結果、高いマッチング率を誇り、さらに早期離職率も「0.1%」と極めて低い水準をたたき出しています。

定性的な強みだけでなく、定量的にも結果が出ているので、優れたサービスと言えます。

ジョブスプリング社員による口コミから自社の評判をリサーチ

ここからは社員による口コミから自社の評判をリサーチしていきます。

やはり、ジョブスプリングのサービスや特徴を熟知しているのは中で働く社員。
社員が生き生きと働ける職場であれば、提供するサービスの質にも直結します。

リサーチ方法は、300万件以上にのぼる口コミを掲載する『転職会議』を利用して評判を検証していきます!

【口コミ1】仕事のやりがいと企業風土

編集中。情報が分かり次第更新します。

【口コミ2】福利厚生とワークライフバランス

編集中。情報が分かり次第更新します。

【口コミ3】女性の働きやすさと職場環境

編集中。情報が分かり次第更新します。

ジョブスプリングの会社概要

最後にジョブスプリングの会社概要をまとめます。

会社名 株式会社Roots
本社所在地 東京都千代田区神田神保町2-15 第一富士ビル7階
従業員数 30名
業務内容 ・HRテック事業
・人材紹介事業
上場区分 非上場
特徴 ・高いマッチング率を実現(85%以上)
・最短2週間のスピード内定
・入社後の早期離職率0.1%
・紹介企業数1,000社以上
・チーム体制による充実のサポート
(自己分析・自己PR・志望動機の確認・ESの書き方・面接練習等)

まとめ:高いマッチング率を誇るジョブスプリング

ジョブスプリングの評判と強みを口コミからまとめてきました。

改めて、評判と強みをまとめると

【評判1】予約が取れないほどの評判の良さ
【評判2】学生と企業のマッチング率が85%以上
【評判3】利用料無料がかえって怖い
【強み1】AI導入による高いマッチング率(85%以上)
【強み2】就活生1人に対しエージェント6名のチーム体制
【強み3】最短2週間で内定獲得する対応の早さ

エージェントによる手厚いサポート№1の「ジョブスプリング」

ベンチャー企業でありながら実績は大手も超える業界優位性を誇ります。

現在就職活動に励む就活生やこれから就活に励む方にもぜひ使って欲しい満足度の高いサービスと言えます。