アスリートエージェントの評判は?【スポーツ業界の転職に強いか口コミから検証】
転職活動初心者転職活動初心者

「転職エージェントのアスリートエージェントを利用しようか検討しているけど、スポーツ業界の転職に強いの?利用者の口コミやサービスの評価から評判を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「アスリートエージェントの利用を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ
・他転職エージェントとの比較から強みを検証
・社員による口コミから自社の評判をリサーチ
・アスリートエージェントの会社概要

元アスリート・体育会人材の支援数No.1の『アスリートエージェント』

スポーツ業界への転職に強いのか?
元アスリートもビジネスマンに転身できるのか?特徴や利用のメリットは気になる情報です。

そこで!アスリートエージェントの実際の利用者や中で働く社員の口コミを集めて“リアルな評判と強み”を徹底リサーチしていきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「アスリートエージェントを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!」

アスリートエージェント利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ

早速アスリートエージェント利用者の口コミからリアルな評判をリサーチしていきます!

リサーチ方法は、SNS(主にTwitterや公式サイト)の投稿内容から口コミを把握。
良いのか、悪いのか、評判を徹底検証していきます!

【評判1】アスリートからビジネスアスリートへのキャリアアップが魅力

口コミで多く挙がるのが「キャリアアップに関する評判」

アスリートエージェントのスローガンは「アスリートからビジネスアスリートへ」
元アスリートがビジネスマンとして新しい人生を歩めるよう転職支援も行っています。

この言葉の裏にはアスリートが抱える悩みがあります。
それは、今までアスリートとして活躍する一方、現役を引退した「後」の人生設計に悩むケースが多いです。

実際にアスリートエージェント利用者で力士からビジネスマンに転身した方の口コミが投稿されています。

転職活動に成功2

相撲界では、引退後は、現役時代支援してくれた方達の繋がりで、飲食店や建設現場のいわゆるガテン系に就職するケースが多いです。ただ、私はどうしてもそれは避けたかった。ゼロからビジネスマンとしてのキャリアを積んで、活躍する事が、力士時代に支援してくれた方達への恩返しになると考えていたからです。ただ、そういう強い気持ちはあったのですが、何をすればいいのか全く分からなかったので、アスリートエージェントさんの存在は本当に大きかったです。「世間にどのような仕事があるのか?」「プロ競技者の経験をビジネスにどのように活かせるのか?」「一般社会人のマナー研修」「自分と同世代ビジネスマンだとどのような立ち位置にいるのか?」など。上げればキリがないのですが、約3か月間程度でしょうか?面談と研修を繰り返して頂き、今の会社に無事就職する事が出来ました。初回の面談時に、「李さん、アスリートを辞める必要はないですよ。次は、ビジネスのアスリートになりましょう。フィールドが、土俵からビジネスに変わるだけです。似たようなもんです。」と仰って頂いたのが鮮明に残っています。【株式会社白寿生科学研究所】」

アスリートの多くが悩む現役引退後の人生。
コーチに転身したり、現役時代のツテの紹介で仕事の斡旋を受けたり、バイトをしたりと。

一つ言えるのは、スポーツでは第一線で活躍してもビジネスの世界で第一線で活躍できるとは限りません。

そのためにも望むキャリアアップを目指すため「アスリートエージェント」は存在します。
この結果、「86%」ものアスリートエージェント利用者が内定獲得に成功しています

これは、他社と比較しても非常に高い確率です。
こちらの情報で他社比較を行っています)

望む条件、叶えたいキャリアアップに成功している証拠です。
あなたも、アスリートからビジネスアスリートを目指したくはありませんか?

【評判2】将来の道標を示してくれたのが担当キャリアアドバイザー

転職活動中の女子

「新卒の就職活動で、アスリートエージェントさんにお世話になりました。体育会学生専門の紹介会社は他にも何社かお世話になったのですが、「いつでも相談できる。親身に相談に乗ってくれる部活のマネージャーみたいな存在」と感じたのは、アスリートエージェントさんでした。周りの友人たちは、誰もが知っているような有名企業や上場企業に行くことに価値を感じていたのですが、私は何となく違和感を感じていて、、、「誰と働くのか?」「どんな想いを持った方達と一緒に働くのか?」が私の中での就活の軸でした。ナビ媒体のように、何万社とある企業の中から、社会人経験のない新卒学生が、自分にフィットする企業を自分一人で探す事は不可能な気がして、担当してくれたコンサルタントの白木さんには毎日のように就活相談をしていました(笑)その中で、今の就職した企業をご紹介して頂き、「この方達と一緒に働きたい!」と心から思える企業に出会えました。就職が決まった後も、入社前にアスリートエージェントさんで内定者研修を実施してくれて、「競技経験で培った思考やマインドをどのように仕事に活かせるのか」を教えて頂き、今の営業活動にとても役立っています。【株式会社セレブリックス(博報堂グループ)】」

アスリートエージェントの強みがなんと言っても「担当キャリアアドバイザーの質の高さ」

【キャリアアドバイザー】

口コミにもあるように親身になって相談に乗ってくれるのはもちろん。
相談に乗るだけでなく、しっかり転職希望者のその後の「キャリア」を見据えた転職支援を行ってくれるのがアスリートエージェントの特徴でもあり、強みでもあります。

その証拠にキャリアアドバイザーのコメントにこのような投稿があります。

経理スタッフ

「本気でプレーしてきた人こそ、【引退】という言葉が頭のどこかにあると思います。引退後の不安を気にせずプレーできる様に、セカンドキャリアが明るいものにしたいといい思いで、支援をさせていただいております。」

アスリートの「セカンドキャリア」を真剣に考えることが、アスリートエージェントのミッションであり、思いです。

この結果、支援実績はすでに1,000名以上の体育会・アスリート人材を転職支援。
さらに、アスリートエージェント利用者のうち「59%」もの転職者の年収がアップしています。

アスリートエージェントと求人掲載企業との関係性が築かれている証拠です。
(一般的には転職時年収は前職並もしくは下がるのが通例です)

キャリアアドバイザーと一緒に、セカンドキャリアを真剣に考えたい方には、ぜひ利用したい転職支援サービスです。

【評判3】価値観に合う企業・求人を10万社以上の中から紹介

転職活動に成功

アスリートエージェントさんにお願いして本当に良かったなと思う事は、「自分の価値観に合う企業をピックアップしてくれた事」です。初めての転職で不安な部分もありましたし、正直1社しか経験していないので、世の中にどのような仕事や業界があるのか分かりませんでした。担当してくれた小園さんは、今まで700社近い企業の採用相談に乗り、多くの転職支援をしてくた方だったので、単なる転職企業の紹介ではなく、これから先のキャリアを考えた上での企業選択の話をしてくれました。そのために、徹底的に価値観をヒアリングされました(笑)また、面接の際に事前に社会人競技活動の事を話してくれていたことも、転職活動がスムーズにいった要因だと思います。私は今でも社会人アメフトリーグで、競技を続けているため、どうしても土日休日が必須でした。アスリートエージェントさんは、その事を事前に企業に伝えてくれていて、面接の時には、むしろその事で「他の人が休日で休んでいる時に、競技を続けているなんて君すごいね。」と高評価をしてくれました。私の中で、社会人スポーツを続ける根底にあるのは、やはり「楽しいから」です。浅く感じるかもしれないが、他の同じ社会人競技者の方達も突き詰めていくと行き着く先は同じような気がします。その感覚と同じ価値観で働ける企業に転職できたことは本当に幸せだと思っています。【株式会社リブセンス】」

他社には真似できないアスリートエージェントの強みが「保有する求人の数と内容」

口コミでも求人に関する評判が多く見受けられます。
それもそのはず、アスリートエージェントが保有する求人案件は「10万社以上」!

人材紹介の取引実績を見てみると、

・KDDI株式会社
・株式会社リクルートホールディングス
・キヤノン株式会社
・ゼビオホールディングス株式会社
・株式会社商船三井
・CROOZ SHOPLIST 株式会社
・株式会社電通デジタル
・株式会社博報堂プロダクツ
・中央電力株式会社

東証一部上場の大企業から中小企業。
スポーツ関連企業など非常に幅広い取引実績があります。

結局、求職者の希望や条件を叶えるには幅広い求人を扱う必要があります。
しかし、アスリートエージェントは業界トップクラスのリクルートエージェントにも匹敵する求人数を保有しています。

セカンドキャリアを考えた「その瞬間」からアスリートエージェントを利用するのも良いでしょう。
先の人生への不安が、多くの求人票のおかげで、選択肢はまだまだたくさんあるのだと気づきも与えてくれます。

アスリートエージェントはスポーツ業界に強いのか?他転職エージェントとの比較から検証

アスリートエージェント利用者の口コミから評判をまとめてきました。

アスリート・体育会出身者の転職相談はアスリートエージェント。
求人掲載の取引実績は10万社以上!支援実績も1,000名以上と名実ともに優れた転職支援サービスと言えます。

ただ、アスリートエージェント単体での口コミでは評判に偏りが出てしまいます。

そこで、ここでは他の転職エージェントとの比較からアスリートエージェントの強みを徹底検証していきます!

転職支援サービス比較表

まず転職支援サービス比較表を作成します。

比較する転職支援サービスを展開する転職エージェントは「リクルートエージェント」「doda」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」「JACリクルートメント」の5社とします。

そして、検証する比較情報は「求人総数」「スポーツ業界の求人数」「内定獲得率」「年収アップ率」「特徴」

これらの情報からアスリートエージェントの強みを検証してみたいと思います!
では、早速比較表をご覧ください。

サービス比較表 求人総数 スポーツ 内定獲得 年収アップ 特徴
アスリートエージェント 約10万件 約10万件 86% 59.0% 体育会人材の支援数No.1
リクルートエージェント 約20万件 132件 4.2%※ 62.7% 転職支援実績数No.1
doda 約10万件 7,483件 -% -% 転職者満足度No.1
パソナキャリア 約13.5万件 25件 -% 67.1% オリコン顧客満足度1位
マイナビエージェント 約8.5万件 15件 -% -% 20代信頼の転職エージェントNo.1
JACリクルートメント 約1.5万件 13件 -% -% ハイクラス転職に特化

※2020年10月調査時点の内容

※「採用成功ナビ」を参考に2019年度実績(登録者数:約125万2000名/転職決定者数:約5万2000名)から算出

扱う求人の比較から特徴・メリットを検証

求人数の比較から見えてくる特徴・メリットは、「大手にも匹敵する求人数の多さ」

まず、スポーツ関連の求人数は「約10万件」
業界トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントは「約20万件」と劣っています。

しかし、その他大手とは比べ物にならないほどの優位性があります。
特に、30年以上の老舗サービスdodaと肩を並べる規模は秀でるものがあります。

求人の数と内容に関しては何ら問題ないお釣りが来るほどの満足度が得られます

さらにスポーツ関連の求人では右に出る者はいない

アスリートエージェントの真骨頂「スポーツ関連」
このスポーツ関連の求人では右に出る者はいません

求人総数ではリクルートエージェントに軍配が上がりました。
しかし、スポーツ関連の求人で見ると僅か「132件」

最も多いdodaでも「7,483件」と1万件を下回る結果となっています。

つまり、スポーツに関連する求人や業界に転職したい方には必須の転職支援サービスと言えます。

とはいえ転職エージェントは複数社利用がおすすめ

とはいえ転職エージェントは複数社利用がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントにもそれぞれ得意分野があるからです。

リクルートエージェントは膨大な求人数。
dodaは求人だけでなく転職者満足度が高いほど手厚いフォローを受けられます。

それぞれメリットもあればデメリットもあります。
上手く活用する事で、内定獲得の近道となり、よりよい転職活動ライフが送られます

比較検証からの結論

転職支援サービスの比較からアスリートエージェントは、

・スポーツ関連ではトップクラスの求人数
・5割以上の転職者が年収アップに成功
・高い内定獲得率を誇るキャリアアドバイザーの質の高さ

アスリート出身者で現役引退後のキャリアが不安な方。
先輩アスリートが敷いたレールを辿るのではなく自身で未来を切り開きたいが何をすればいいか分からない方。

セカンドキャリアをアスリートエージェントとともに考えましょう。
転職支援はプロに相談するに越した事はありません、相談もサービス利用も全て無料です。

アスリートエージェント社員による口コミから自社の評判をリサーチ

ここからは社員による口コミから自社の評判をリサーチしていきます。

やはり、アスリートエージェントのサービスや特徴を熟知しているのは中で働く社員。
社員が生き生きと働ける職場であれば、提供するサービスの質にも直結します。

リサーチ方法は、300万件以上にのぼる口コミを掲載する『転職会議』を利用して評判を検証していきます!

【口コミ1】仕事のやりがいと企業風土

編集中。情報が分かり次第更新します。

【口コミ2】福利厚生とワークライフバランス

編集中。情報が分かり次第更新します。

【口コミ3】女性の働きやすさと職場環境

編集中。情報が分かり次第更新します。

アスリートエージェントの会社概要

最後にアスリートエージェントの会社概要をまとめます。

会社名 株式会社アーシャルデザイン
本社所在地 東京都渋谷区代々木1丁目58-1 石山ビル4階
従業員数 44名
業務内容 ・体育会学生、アスリート特化型採用サービス「Athelete Agent」
・「アスリート×ITエンジニア」スキルシェアサービス「Athlete Agent-TECH」
・各種スポーツ、ヘルスケアメディア「ATHLETE LIVE」「Healthy LIVE」
・セールスプロモーション事業
・業務委託・アウトソーシング・BPO事業
上場区分 非上場
特徴 ・アスリートからビジネスアスリートへ
・元アスリート、体育会人材の支援数No.1
・保有求人は10万社以上
・内定獲得率86%
・転職者の年収59%アップ
・20~30代の就職支援を500名以上経験したプロのコンサルタント
・1,000名以上の体育会、アスリート人材を就職/転職支援してきた実績

まとめ:ビジネスアスリート転身に希望ならアスリートエージェント

アスリートエージェントの評判と強みを口コミからまとめてきました。

改めて、評判と強みをまとめると

【評判1】アスリートからビジネスアスリートへのキャリアアップが魅力
【評判2】将来の道標を示してくれたのが担当コンサルタント
【評判3】価値観に合う企業・求人を10万社以上の中から紹介
【強み1】経験豊富なプロのキャリアアドバイザー
【強み2】10万社を超える求人から求職者に合わせて紹介
【強み3】求職者と取引企業との架け橋となり年収アップにも尽力

アスリート・体育会出身者の転職はアスリートエージェント一択!

魅力的な求人から経験豊富なキャリアアドバイザー。
親身になって相談に乗ってくれて、あなたのセカンドキャリアを切り開いてくれます。

後は、あなたの行動次第。
人生の選択に、アスリートエージェントは必須のサービスです。