男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事20選【目的別・年収別にランキング】
会社説明会

「稼げる仕事、給料のいい仕事に就きたい!どんな仕事が男にはおすすめ?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「稼げる仕事を見つけて転職・就職したい男性の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 男性にとって稼げる仕事とはいくら以上?
  2. 男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事20選
  3. 男性向け給料のいい稼げる仕事の特徴とは
  4. 現職以上に男性が仕事で稼げるようになる方法
  5. 男性が稼げる仕事に就く3つのメリット
  6. 男性向け稼げる仕事に就くための具体的戦略

男なら、稼げる仕事に就きたいですよね?

でも、誰でも稼げる仕事に就けるとは限りません。
根拠にもとづく給料のいい仕事の選び方と戦略が重要です。

男性向け稼げる仕事のおすすめと就くメリットについて解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「男性向け稼げる仕事に就くための具体的戦略もまとめていきます。今まさに、稼げる仕事を探している男性の方は、ぜひ参考にしてみてください!」

男性にとって稼げる仕事とはいくら以上?

ミレニアル世代の7割が「バリバリ稼ぎたい」と回答。
若い世代に限らず、稼げないより稼げる仕事を選びたいのが本音。

多くの男性は、稼ぎたいと考えるのが多数派だといえます。

しかし、実際は給料に不満を持つ人が半数にのぼります。
(出典:リクルートワークス研究所「「成果主義」より「処遇の個別性」がジョブ型雇用の本質」

では、男性にとって稼げる仕事とはいくら以上のことを指すのか。
おすすめの仕事を解説する前に、稼げる仕事の定義を明確にしておきます。

まず正規社員の平均給料は国税庁調べで「496万円」
男性に絞った平均給料は「532万円」と全体より36万円ほど高いのが分かります。

平均以上の給料をもらえる仕事が「稼げる仕事」
つまり男性にとって稼げる仕事とは、532万円以上の仕事と定義しまとめていきます!

男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事20選

ここから早速男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事20選をまとめていきます!

本記事では以下3つのタイプに分けて解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

【正社員】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事9選

【正社員】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事9選についてです。

「正社員」「男性」「稼げる仕事」
これらに該当するおすすめの仕事を選定するにあたり条件を設定します。

おすすめの稼げる仕事を選定する条件

  • 職種別に平均給与以上を稼げる仕事
    (⇒ doda公表の平均年収ランキングを参考)
  • 汎用性・専門性・資産性の高い仕事
  • 資格・学歴不問で活躍できる仕事

条件に合致した仕事が以下の通りです。
順番に仕事内容や稼げる理由など情報をまとめていきます!

【正社員】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事9選

  1. ITエンジニア
  2. ITコンサルタント
  3. Webマーケター
  4. 経理(管理会計)
  5. 社内SE
  6. 内部監査
  7. MR(医薬情報担当者)
  8. 製造系エンジニア
  9. 研究開発

【仕事1】ITエンジニア

まず1つ目の正社員向けの仕事が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなITエンジニアは、学歴関係ない実力主義の世界。
男女関係なくスキル次第で活躍できる環境が揃う仕事になります。

つまり、男性にとって稼げる仕事の一つだといえます。

ITエンジニア転職を実現したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のエージェントサービス。
IT業界出身のコンサルタントが求職者のニーズにマッチした転職を提案します。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事2】ITコンサルタント

次に2つ目の正社員向けの仕事が「ITコンサルタント」

企業の抱える課題をIT戦略から解決する仕事。
ヒアリングから課題を抽出し適切なシステムの導入等を進めます。

そんなITコンサルタントの年収は高いのが特徴。
経産省がまとめた調査結果をみるとオファー年収は1,150万円。

平均でも900万円を超える稼げる仕事であえることが分かります。

これほど稼げる理由には、需要の高まりが挙げられます。
特に顕著なのは、企業のDX導入が加速しIT人材の争奪戦が世界中で過熱。

結果、ITコンサルタントの需要も増え給与水準は上昇。
男性で給料のいい仕事に就きたい方は、挑戦する価値は十分あるといえます。

ITコンサルタントの求人を探して転職するなら『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

【仕事3】Webマーケター

3つ目の正社員向けの仕事が「Webマーケター」

Webマーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までWebを使ったマーケ施策を担います。

そんなWebマーケはいまや企業のマーケ戦略に欠かせない施策。
Webマーケターの人材価値は上昇し、年収水準も平均より高めに設定されています。

実際、Web系職種のなかでもデザイナーやディレクターに比べると高い。
(出典:AI drops「Webマーケターとは?」

つまり、Webマーケターは男性向け給料のいい仕事の一つだといえます。

Webマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事4】経理(管理会計)

4つ目の正社員向けの仕事が「経理(管理会計)」

経理業務の多くは財務会計(仕訳や決算業務)
過去を扱う財務会計に対して、未来の数字を作るのが管理会計の役目です。

仕事内容も会社の予算策定や着地予想を担います。
経理部署の中に所属し財務会計とともに会社の数字を扱う重要な仕事。

財務会計より管理会計のほうが年収は高いこともdoda資料で報告されています。

つまり、稼げる給料のいい仕事の一つになります。

管理会計に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

管理会計をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【仕事5】社内SE

5つ目の正社員向けの仕事が「社内SE」

社内SEの仕事は自社システムに関する業務がメイン。
具体的には、カスタマーサポートや保守・運用など自社システムの管理を行います。

そんな社内SEの顧客は、社内の従業員が対象になります。
客先常駐SEと違い厳しいノルマも理不尽な顧客対応も発生しません。

また社内SEは他のエンジニア職に比べて残業時間が短いのも特徴あり。
(出典:「社内SEの残業について」

つまり社内SEは、稼げるうえにWLBが取りやすい人気の仕事といえます。

社内SEの求人を探して転職するなら「ギークリー」の利用がおすすめです。

Web・IT業界に特化した転職エージェント。
経験豊富なキャリアアドバイザーが、最適な求人を提案してくれます。

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事6】内部監査

6つ目の正社員向けの仕事が「内部監査」

事業部やサービスのワークフローを監査する仕事。
牽制することで業務の不正防止や業務効率化をうながします。

そんな内部監査は、休みが多くて給料がいい仕事として有名です。

管理部門の中でも特に給料は高く、残業時間も14.6時間と短い。
(参考:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

つまり内部監査は、稼げるだけでなくWLBも意識したい方におすすめの仕事だといえます。

内部監査の仕事に興味がある、求人紹介を受けたい方は「パソナキャリア」の利用が最もおすすめです。

25万人の転職成功実績&オリコン顧客満足度調査で3年連続1位を獲得!
専任キャリアアドバイザーが面接対策から書類添削まで手厚くフォローしてくれます。

【仕事7】MR(医薬情報担当者)

7つ目の正社員向けの仕事が「MR(医薬情報担当者)」

MR(Medical Representative)とは製薬会社に勤める営業職のこと。
医療関係者に自社の薬に関する情報を提供し売上につなげる仕事です。

そんなMRは営業職の中でも特に年収が高い仕事です。
(出典:doda「平均年収ランキング」

年収が高い理由には、医療業界の市場規模拡大および利益率の高さが挙げられます。

また医薬品は公定価格のため、値崩れすることがありません。
つまりMRは、営業職の中でも堅実に稼げる仕事に分類できる一つだといえます。

MRの仕事を探したい、転職したい方なら営業職領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

【仕事8】製造系エンジニア

8つ目の正社員向けの仕事が「製造系エンジニア」

「ものづくりエンジニア」とも呼ばれる仕事。
具体的には自動車や半導体、IoTなど製造業を主とした業界になります。

そんな製造系エンジニアの平均年収は「548万円」
(出典:パソナキャリア「製造業界のエンジニア系職種の平均年収」

大手企業ともなればさらに高待遇はよくなります。
製造業(IoT)の市場規模拡大に伴い、製造系エンジニアの需要も高まっています。

製造系エンジニアの求人を探して転職するなら「メイテックネクスト」の利用が最もおすすめです。

製造系エンジニアの転職サポート実績No.1。
求人情報は常時10,000件を超え大手企業からベンチャーまで幅広く扱う転職支援サービスです。

【仕事9】研究開発

9つ目の正社員向けの仕事が「研究開発」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

つまり研究開発は、専門スキルを活かす稼げる仕事の一つだといえます。

大学院卒の方で研究職・研究機関への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

院卒以外の方であれば転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

【フリーランス】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事8選

【フリーランス】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事8選についてです。

「フリーランス」「男性」「稼げる仕事」
これらに該当するおすすめの仕事を選定するにあたり条件を設定します。

おすすめの稼げる仕事を選定する条件

  • スキル次第で高収入(月50万超)も狙える仕事
  • 汎用性・専門性・資産性の高い仕事
  • 資格・学歴不問で活躍できる仕事

条件に合致した仕事が以下の通りです。
順番に仕事内容や稼げる理由など情報をまとめていきます!

【フリーランス】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事8選

  1. フリーランスエンジニア
  2. フリーランスコンサル
  3. アフィリエイター
  4. 結婚相談所経営
  5. 動画編集
  6. ユーチューバー
  7. Webライター
  8. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

【仕事1】フリーランスエンジニア

まず1つ目のフリーランス向けの仕事が「フリーランスエンジニア」

企業や個人が発注する開発案件をエージェント経由で受注。
仕様書の通りに開発し、期日までに納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、開業資金もゼロ。
スキル次第で高収入も狙える、完全在宅ワークも可能な仕事です。

そんなフリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べでは「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、クライアントは経験者から優先的に発注する傾向にあるから。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】フリーランスコンサル

次に2つ目のフリーランス向けの仕事が「フリーランスコンサル」

企業への助言業を行うフリーのコンサル業務。
主な仕事は、企業が抱える問題に対し課題解決を提案します。

そんなコンサル業界の需要は増加傾向にあり。
実際、市場規模も年々増加し、特にビジネスコンサルが伸びています。

フリーで活動するコンサルにとってはまさに追い風。
つまり、スキルと経験さえあれば高収入も狙える稼げる仕事だといえます。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【仕事3】アフィリエイター

3つ目のフリーランス向けの仕事が「アフィリエイター」

アフィリエイト広告をWebコンテンツに掲載しユーザー訴求。
広告のサービス・商品が成約に至れば報酬は得られる広告ビジネスです。

アフィリエイトでの成功のカギはコンテンツ作成と集客。
そのため、集客につながるマーケティングやSEOの知識も必要になります。

未経験からでも始められて、実力次第で高収入も実現可能な仕事といえます。

当ブログ管理人もアフィリエイターの一人。
10年以上のキャリアがあり、これまで累計報酬は1,000万円を超えています。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください

しかし、稼げるとはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログを1年継続する確率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるから。
(出典:総務省「ブログの実態に関する調査研究」

すなわち、アフィリエイト運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらに運営にあたってWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事4】結婚相談所経営

4つ目のフリーランス向けの仕事が「結婚相談所経営」

結婚を望む男女を成婚に導く仕事。
社会的意義は高く、直接感謝される仕事でもあります。

そんな結婚相談所の経営には加盟選びが重要。
なぜなら、スムーズな独立開業には必要不可欠だからです。

特におすすめが「日本結婚相談所連盟
おすすめの理由は以下の通り、連盟の仕組みにあります。

日本結婚相談所連盟が夫婦の独立開業におすすめな理由

  • 事務所などの初期設備投資・準備が不要だから。
  • システムや必要書類が準備されているから。
  • 全国7.4万人以上の会員基盤があり、自社会員が一人でも事業が始められるから。

(出典:日本結婚相談所連盟「独立開業・起業前のサポート」

つまり、完全未経験からでも事業を始められるということ。
結婚相談所の経営者になるため、努力次第で高収入も実現可能性は高いです。

粗利率は90%以上!在庫を持たず、利益率の高い仕事になります。

【仕事5】動画編集

5つ目のフリーランス向けの仕事が「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

そんな動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集は高収入も狙える将来性ある仕事の一つ。
動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただ、スキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しい。
しっかり経験とスキルを身につければ、フリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講がおすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事6】ユーチューバー

6つ目のフリーランス向けの仕事が「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件を満たせば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。

また、一度投稿した動画は資産として残ります。
過去にアップした動画が再生されるたびに収入も発生。

つまり、資産性の高いストック型ビジネスの典型ともいえます。

さらに近年ユーチューバー人口は増加傾向にあり。
動画広告の市場規模も拡大していることから、需要は高いことが分かります。

ですので、需要と期待値でいえばブログより将来性はあるかもしれません。

ただしユーチューバーになるには、まず動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事7】Webライター

7つ目のフリーランス向けの仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは扱うのがおすすめです。

完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
隙間時間に作業できるとあって、主婦にも人気の仕事となっています。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事8】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

8つ目のフリーランス向けの仕事が「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

配達を請け負うのがUber Eats 配達パートナー。
システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事。

そんなUber Eats 配達パートナーの報酬体系は基本料金+インセンティブ。
(具体的には報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

中には月収100万円を超える強者もいるほど。
(出典:abema times「ウーバーで最高月収100万超のリアル」

これほど稼げる最たる理由は市場の拡大。
日本だけでなく世界的にもデリバリー市場は拡大傾向にあります。

初期投資は、配達バッグと配達手段(自転車など)の準備程度。
低コストで始められて、努力次第で高収入も実現可能な仕事だといえます。

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

【業界・産業別】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事3選

【業界・産業別】男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事3選についてです。

おすすめの仕事を表にまとめると以下の通り。
それぞれ産業の特徴や仕事内容を順番にまとめていきます!

【業界・産業別】男性向け稼げる仕事3選平均年収年間休日数有給休暇取得率
電気・ガス・熱供給・水道業824万円120.9日76.8%
金融業・保険業627万円119.1日61.2%
情報通信業599万円119.8日64.0%

【数値データ引用】
厚労省「令和2年就労条件総合調査の概況」
厚労省「平成30年就労条件総合調査の概況」
国税庁「令和元年民間給与実態統計調査」

【仕事1】電気・ガス・熱供給・水道業

業界別のおすすめ仕事1つ目が「電気・ガス・熱供給・水道業(インフラ業界)」

インフラ業界の具体的な仕事・職種

  • 営業職
  • 燃料調達
  • 事業企画
  • 研究開発
  • 保守・管理

生活の基盤を支える産業「インフラ業界」
他産業比較でも分かる通り、業界トップクラスの優遇された業界です。

これほど優遇される最大の理由は競争優位性の高さにあります。

競争優位性が高いとは参入障壁が高く新規参入が少ないということ。
インフラ関連は政府系も関与し、後発では参入できない優位性があります。

電気・ガス・熱供給・水道業の仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』に今すぐ無料登録する
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事2】金融業・保険業

業界別のおすすめ仕事2つ目が「金融業・保険業」

金融業・保険業界の具体的な仕事・職種

  • 銀行員
  • 保険サービス
  • 投資信託
  • 投資アドバイザリー
  • クレカ販促活動

「資金に余裕がある人から必要な人に対してお金を融通する」
これが金融を表す意味であり、同時に金融の役割でもあります。
(出典:全国銀行協会「金融の役割とは?」

そして、人々の生活に根付く金融インフラを支えるのが「銀行」

銀行、保険会社も競争優位性が高い仕事。
金融庁等認可を受ける必要があり、後発では成功しづらい産業。

そのため給料も良くて、WLBの取れた働き方が可能になります。

金融業・保険業の仕事探しなら専門職に強い転職エージェント「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

金融、管理部門など専門職の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【仕事3】情報通信業

業界別のおすすめ仕事3つ目が「情報通信業(IT業界)」

IT業界の具体的な仕事・職種

  • エンジニア
  • プログラマー
  • データサイエンティスト
  • Webデザイナー
  • Webマーケター

DXやIoTなど産業のIT化・デジタル化は急速に普及。
また5Gや通信インフラなどネットワークも情報通信業が担います。

産業の将来性や革新性においてはIT業界が優位性あり。
実際、1人あたり労働生産性は情報通信業が最も高い産業です。
(出典:総務省統計局「経済センサスと経営指標を用いた産業間比較」

そのため、需要の高い稼げる仕事に身を置きたい方におすすめの産業といえます。

情報通信業の仕事探しならIT・Web業界に強い転職エージェント「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のエージェントサービス。
IT業界出身のコンサルタントが求職者のニーズにマッチした転職を提案します。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

情報通信業未経験者であればIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

男性向け給料のいい稼げる仕事の特徴とは

上図の通り、女性より男性のほうが稼げるのは明白です。
(給料のピークが女性は274.7万円に対して、男性は420.1万円と150万円近い差)

では、男性向け給料のいい稼げる仕事の特徴とは何か。
男性にフォーカスし、稼げる仕事の特徴をまとめていきます!

【特徴1】中小・ベンチャーではなく大企業勤務

まず1つ目の特徴が「中小・ベンチャーではなく大企業勤務」

下図の通り、企業規模によって給料も大きく異なります。
同じ職種であっても勤め先が違うだけで、受け取れる給料に違いがみられます。

例えば、男性が大企業に勤めた場合の平均は「377.1万円」
これに対して、中企業は「331.7万円」、小企業は「302.4万円」

40万円以上もの差が開いていることになります。

実際、ベンチャー勤務の4人に1人は給料に不満。
仕事内容に比べて100万円程度安いと答える割合が3割弱にのぼるデータもあります。

女性の場合、企業規模での給料の差に大きな差はみられません。
つまり、男性は勤務先の規模で給料のいい仕事も決まってくるということ。

稼げる仕事を意識するなら、大企業一択ということになります。

関連記事:昇給が5000円は低すぎ?昇給額の平均と収入をアップさせる具体的方法5選

【特徴2】年功賃金ではなくスキル重視の仕事

次に2つ目の特徴が「年功賃金ではなくスキル重視の仕事」

稼ぐために必要な市場価値というのが「スキル」
スキル重視とは、成果主義や実力主義のことを指します。

実際、スキルと年収は相関することが経産省より公表されています。

つまり、年齢や勤続年数を考慮しない仕事。
本人のスキルや能力のみをベースに査定する仕事が稼げるということです。
(出典:明治安田総合研究所「成果主義化の現状と今後」

具体的に職種を挙げるなら、営業職やエンジニア職がスキル重視の仕事に該当します。

ちなみに、個人の業績を給料に成果として反映する割合が高いのは大手。
従業員数1000人以上の大企業が、全規模の中でも3割ほど多いことが資料で公表されています。

関連記事:個人プレーで出来る仕事おすすめ16選【個人で出来る協調性がない人向けの職種】

【特徴3】資格や学歴を必要とする仕事

そして3つつ目の特徴が「資格や学歴を必要とする仕事」

以下の表をご覧ください。
政府公表の賃金構造基本統計調査から高年収順にランキング化してみると、

順位職種平均年収
1位医師1,233万円
2位航空機操縦士1,192万円
3位大学教授1,051万円
4位公認会計士・税理士1,043万円
5位弁護士1,029万円
6位大学准教授862万円
7位記者822万円
8位不動産鑑定士778万円
9位歯科医師757万円
10位大学講師708万円

上位すべての職業は国家資格または学歴が必要な仕事です。
つまり、資格や学歴があれば稼げるようになるのはランキングからも分かります。

最も分かりやすい男性向け稼げる仕事かもしれません。
給料のいい仕事に就きたいなら、国家資格取得を視野に動くのもおすすめです。

関連記事:高収入を狙える仕事がしたい!おすすめ職種15選【正社員&無資格も厳選紹介】

現職以上に男性が仕事で稼げるようになる方法

ここまで男性向け稼げる仕事のおすすめと特徴を解説してきました。

会社説明会

「給料のいい仕事のおすすめや特徴は分かったけど、結局どうすれば稼げるようになる?手っ取り早い方法を知りたい!」

現職以上に男性が仕事で稼げるようになる方法があります。

それは「転職」することです。
転職した『25.7%』の割合(4人に1人)で、1割以上の収入増加に成功しています。

仮に、前職年収が400万円だった人の場合。
1割増加なら40万円、2割増加なら80万円の収入アップになります。

実際、転職先を選んだ理由の最多は「前職より給与が上がったから」
(出典:マイナビ転職「転職先を選んだ理由&転職後の満足度」

また収入の変動が変わらない人は『27.2%』
転職で収入が増えた層と変わらない層を合わせると6割以上いることになります。

つまり、稼ぎたいなら転職するのが手っ取り早い方法だということ。
(参考:転職で年収が上がりすぎる人の特徴5選【具体的な年収アップ戦略も解説】

そして転職には、転職エージェントの利用が必須。
年収交渉を依頼し、確度高い給料アップを目指すのが賢明な行動です。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

男性が稼げる仕事に就く3つのメリット

男性が稼げる仕事に就ければ、大いにメリットを受けられます。

仕事のデメリットはほぼありません。
なぜなら、稼げたほうが私生活は豊かになるから。

具体的にどんなメリットを得られるのか。
体験談と客観的根拠を示しながら男性が稼げる仕事に就くメリットを解説していきます。

【メリット1】女性・パートナーにモテる

まず1つ目のメリットが「女性・パートナーにモテる」

女性にとって男性の経済力は非常に重要。
結婚ともなれば、稼げないより稼げる男性を選びたがるもの。

実際、理想の結婚相手に求める仕事上の肩書きで最多は「上場企業の正社員」

国税庁の民間給与実態統計調査をみても。
非上場企業より上場企業の方が、年収は高いことが報告されています。

また、結婚後についても男性には「がっつり仕事して欲しい」と回答。

つまり、結婚前後ともに稼げる男性はモテるということ。
女性にモテたいなら、稼げる仕事に就くに越したことはありません。

関連記事:大企業に入ればモテる?勝ち組?【結論モテる!でも大事なのは中身】

【メリット2】社会的信用を得やすくなる

次に2つ目のメリットが「社会的信用を得やすくなる」

「社会的信用」とは、個人に対する社会からの格付け。
経済力や肩書・地位が高ければ高いほど社会的信用も得やすくなります。

実際、年収が高いほど銀行からの融資は受けやすくなります。

【年収からみる借入額の目安表】

融資を受けやすくなれば生活も豊かになります。
なぜなら、選択肢が増えて不自由ない生活が送れるようになるから。

経済的自立にも社会的信用力は必須な要素。
つまり稼げる仕事に就くことは、社会的にも有利な立場にたてるということです。

関連記事:正社員になりたくない?リスクは把握してる?【なれない悩みにも対処法あり】

【メリット3】ライフイベントに備えられる

そして3つ目のメリットが「ライフイベントに備えられる」

結婚、子育て、マイホーム、介護、老後など。
人生100年時代といわれる昨今、様々なライフイベントが待ち構えています。

ライフイベントを迎えるにあたり、必ず必要なのが「お金」

残念ながら綺麗ごとでは済まされません。
現実問題、生涯で3億円もの支出が必要との試算もあります。

しかし、男性の生涯賃金は支出よりも少ない。
実際、生涯賃金が最も高い大学・大学院卒で2億7,000万円となっています。

【生涯賃金(60歳まで、退職金を含めない)】

ただ、同資料の企業規模別における生涯賃金をみると。
すべての学歴において、大企業(1,000人以上)の生涯賃金は高くなることが報告されています。

つまり、仕事によって収支は赤字になる可能性があるということ。
稼ぎ続けなければ、人生の収支は赤字で生活も困る自体が起こり得ます。

関連記事:80歳まで働ける仕事とは?65歳・70歳以上の高齢者でも働ける仕事12選

男性向け稼げる仕事に就くための具体的戦略

男性が稼げる仕事に就くメリットを解説してきました。

とはいえ日本の平均給料は、ここ10年ずっと横ばい。
つまり、誰でも仕事で稼げるとは限らないということです。

稼げる仕事に就くためには、具体的な戦略が必要です。

ではどうすれば給料は上がって、稼げるようになるのか。
ここでは男性向け稼げる仕事に就くための具体的戦略についてまとめていきます。

【戦略1】キャリアの一貫性を意識し転職する

まず意識すべきは「キャリアの一貫性を意識し転職する」ということ。

給料アップに大事なことは「職種は変えずに業界を変える転職」

なぜなら、中途採用の転職で求められるのは即戦力だから。
利益貢献してくれる人材を求め、高い広告費をかけて求人も出しています。

つまり大事なのは、職種に一貫性を持たせるということ。
今まで積み上げたスキルや経験を活かし、異業界へ転職することで給料はアップします。

給料アップの転職には「転職エージェント」を必ず活用しましょう。

転職活動時に企業との年収交渉を代行してくれます。
結果、転職エージェントを活用したほうが年収は上がったとの報告もあります。

給料を上げる転職を叶えたいなら、使わない手はありません。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

【戦略2】自己分析から勝てる場所を把握する

とはいえ、一貫性といわれても分からない人も多い。
そんな時は「自己分析から勝てる場所を把握する」ことがおすすめです。

なぜなら、得意は不得意なことすら凌駕する力があるから。
この考えを「長所伸展法」と呼び、勝てる場所の把握に役立つ手段が自己分析になります。

ただ、自己分析のやり方に不安を覚える方も多い。
そんな方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったら、まず気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【戦略3】異職種転職ならスキル習得に専念する

さらに異職種への転職が未経験の場合。
まず取り組むべきは、「異職種転職ならスキル習得に専念する」

スキルなくして異職種転職の実現可能性は低いです。

先にも紹介した通り、中途採用は即戦力が主流です。
経験者と未経験者が同時に応募してくれば、経験者を採用するのは当然。

未経験から異職種へ転職するなら、まずスキル習得に専念しましょう。

稼げる仕事で特におすすめなのは「ITエンジニア」
年収が高く、doda資料をみても求人倍率も群を抜いて高いのも特徴の一つです。

ITエンジニアを目指すなら、転職支援も行うプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

今では様々なスクールが存在し、中には受講料無料!
転職成功率99%と高品質なサービスが展開されています。

異職種転職を成功させたい方は、ぜひ参考にされてみてください。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

まとめ:男が稼げる給料のいい仕事に就くには選び方と戦略が重要

男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事に関する情報をまとめてきました。

改めて、男性向け稼げる仕事をまとめると、

男性向け稼げる仕事・給料のいい仕事20選

  1. ITエンジニア
  2. ITコンサルタント
  3. Webマーケター
  4. 経理(管理会計)
  5. 社内SE
  6. 内部監査
  7. MR(医薬情報担当者)
  8. 製造系エンジニア
  9. 研究開発
  10. フリーランスエンジニア
  11. フリーランスコンサル
  12. アフィリエイター
  13. 結婚相談所経営
  14. 動画編集
  15. ユーチューバー
  16. Webライター
  17. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  18. 電気・ガス・熱供給・水道業
  19. 金融業・保険業
  20. 情報通信業

仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選