ロバートウォルターズの評判はひどい?【外資系転職が強みか口コミと求人比較で検証】
転職活動初心者転職活動初心者

「転職エージェントのロバートウォルターズを利用しようか検討しているけど、本当に外資系の転職に強いの?語学力も活かしたいと考えてるけど強みは何?利用者の口コミやサービスの評価から評判を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「ロバートウォルターズの利用を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ
②他転職エージェントとの比較から強みを検証
③社員による口コミから自社の評判をリサーチ
④ロバートウォルターズの会社概要

語学力を活かした転職・グローバル人材の採用なら『ロバート・ウォルターズ』

他にも外資系転職に強みを持つ支援サービスは存在します。
そんな中でどのような強みや特徴があるのか?利用予定の方にとっては気になる情報です。

そこで!ロバートウォルターズの実際の利用者や中で働く社員の口コミを集めて“リアルな評判と強み”を徹底リサーチしていきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「ロバートウォルターズを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!」

ロバートウォルターズ利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ

早速ロバートウォルターズ利用者の口コミからリアルな評判をリサーチしていきます!

リサーチ方法は、SNS(主にTwitter)の投稿内容から口コミを把握。
良いのか、悪いのか、評判を徹底検証していきます!

【評判1】外資系コンサルタントのレベルが高い

特に口コミで多いのが「キャリアコンサルタント」
外資系転職エージェントのコンサルタントのレベルが高いと評判が上々です。

世界31カ国の主要都市にオフィスを構えるロバートウォルターズ。
転職支援を手掛ける精鋭のコンサルタントは世界各地に点在し高品質なサービスを提供し続けています。

そんなロバートウォルターズは過去に数々の受賞経歴があります。

直近2020年で有名なのは「Great Place To Work」

日本で「働きがいのある会社」に2年連続受賞。
さらに、「人材コンサルティング会社&サービス100選」には9年連続で選ばれています。

受賞される理由は簡単で、優れたサービスを提供し続けているから。
サービスの根幹を担うのは他でもないコンサルタントの存在が大きいです。

世界各地を股に掛けるハイレベルなサービスを受けたい方におすすめの転職エージェントです。

【評判2】要望通りの求人提案と語学を活かせる求人が多い

求人に関する口コミも多く「要望通りの求人提案と語学を活かせる求人が多い」

外資系・日系グローバル企業への転職に特化したロバートウォルターズ。
求人も大手の人材紹介会社を上回る数を保有しています(具体的な外資系求人情報はコチラをご覧ください)

また、もう一つの強みが「語学力を活かした転職支援」
他の外資系転職に強い2社と大手1社から語学力を活かせる求人数の比較をみてみると

求人情報比較表 公開求人 英語を活かせる外資系求人 特徴・強み
ロバートウォルターズ 1,156件 1,156件(100%) 外資・グローバル転職に特化
エンワールド 1,048件 514件(49.0%) 外資系転職に強み
ランスタッド 7,539件 432件(5.7%) 世界39ヵ国でサービス展開
リクルートエージェント 100,705件 260件(0.3%) 転職支援実績数No.1

※2020年10月31日調査時点の内容
※括弧内は、それぞれの求人情報を公開求人数で割った保有割合

比較表から一目瞭然です。
ロバートウォルターズの英語を活かせる外資系求人数は「1,156件」

同じく外資系の転職に強いエンワールドは「514件」
保有割合は5割近くに迫りますが、ロバートウォルターズの方が倍近く保有する結果となっています。

また、人材紹介大手のリクルートエージェントでも僅か「260件」
いかに語学を活かせる求人情報が貴重か(転職業界では少ないか)が分かります。

ロバートウォルターズは、英語など身に付けた語学力を活かして転職したい方にもマッチした転職エージェントです。

ただ、転職エージェントは複数社登録するのが鉄則です。
なぜなら、それぞれの強みやメリットは異なるため、使い分けするのが転職成功の秘訣ともいえるからです。

外資系の転職を目指す方であれば、同業のエンワールドと求人総数が多いリクルートエージェントの2社も併用し進めるのがおすすめです。

『エンワールド』公式ホームページはこちら!
【エンワールドの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【評判3】面談や電話は英語でやり取り

先ほど語学力を活かせる転職支援サービスとご紹介しました。
が、活かせる場面は求人だけでなく面談や電話でやり取りする時も英語が用いられます。

つまり、サービス登録時点で英語などが身についていないと厳しいともいえます。

英語を武器に世界に挑戦したい方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

【評判4】しつこいやひどいといった悪評はごく僅か

検索結果に表示されていた悪評に関する口コミですが、調べてみると

しつこいやひどいといった悪評はごく僅かです。

総じて「良い評判」の方が圧倒的多数。
特に外資系や語学力が活かせる転職を望む方にとっては優れたサービスと言えます。

ロバートウォルターズは外資系転職に強いのか?他転職エージェントとの比較から検証

ロバートウォルターズ利用者の口コミから評判をまとめてきました。

外資系・日系グローバル企業の転職に強いロバートウォルターズ。
さらに英語など語学力を活かした転職にも精通する優れたサービスです。

ただ、ロバートウォルターズ単体での口コミでは評判に偏りが出てしまいます。

そこで、ここでは他の転職エージェントとの比較からロバートウォルターズの強みを徹底検証していきます!

転職支援サービス比較表

まず転職支援サービス比較表を作成します。

比較する転職支援サービスを展開する転職エージェントは「エンワールド」「JACリクルートメント」「ランスタッド」「リクルートエージェント」の4社とします。

そして、検証する比較情報は「公開求人数」「外資系の求人数」「年収1000万円以上×外資系のハイクラス求人数」「特徴」

これらの情報からロバートウォルターズの強みを検証してみたいと思います!
では、早速比較表をご覧ください。

サービス比較表 公開求人 外資系 年収1000万 非公開求人 特徴・強み
ロバートウォルターズ 1,156件 1,156件
(100%)
451件
(39.0%)
外資・グローバル転職に特化
エンワールド 1,048件 867件
(82.7%)
827件
(78.9%)
約90% 外資系転職に強み
JACリクルートメント 4,678件 680件
(14.5%)
431件
(9.2%)
約60% ハイクラス転職に特化
ランスタッド 7,539件 631件
(8.4%)
328件
(4.4%)
約80% 世界39ヵ国でサービス展開
リクルートエージェント 100,705件 517件
(0.5%)
473件
(0.5%)
約80% 転職支援実績数No.1

※2020年10月31日調査時点の内容
※括弧内は、それぞれの求人情報を公開求人数で割った保有割合
※非公開求人は、会員登録後に紹介されるシークレット求人の事

扱う求人の比較から特徴・メリットを検証

求人数の比較から見えてくる特徴・メリットは、「外資系・日系グローバル企業への転職に特化」

ロバートウォルターズの公開求人数は「1,156件」
うち外資系の求人は『100%』と同じく外資系転職に強いエンワールドを超える保有数を誇ります。

また、世界39ヵ国でサービス展開するランスタッドでも外資系の求人数は「631件」

外資系や日系グローバル企業への転職を検討している方は、ロバートウォルターズは欠かせない転職エージェントと言えます。

ただ年収1000万円以上のハイクラス求人はエンワールドの方が上

ただ年収1000万円以上のハイクラス求人はエンワールドの方が上になります。

ロバートウォルターズの求人数は「451件」
一方、エンワールドは「827件」とハイクラス求人に強みを持つ特徴がうかがえます。

また、保有割合でも見ても『39.0%』に対しエンワールドは『78.9%』
その差は倍近くにのぼり、最も外資系のハイクラス求人を扱う転職エージェントといえます。

エンワールドは、年収1000万円以上のハイクラス転職に挑戦したい方にマッチした転職エージェントと言えます。

『エンワールド』公式ホームページはこちら!
【エンワールドの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

さらに求人総数でみればリクルートエージェントに敵うサービスはなし

さらに求人総数でみればリクルートエージェントに敵うサービスはありません。

リクルートエージェントの公開求人数は約10万件。
うち外資系に関する求人数は「1,567件」

保有割合は『1.6%』と少ないものの総数でみれば他を圧倒。
ロバートウォルターズの外資系求人数も「1,156件」とリクルートエージェントに軍配があがります。

転職エージェントは複数社登録が鉄則です。
これまでの求人情報の通り、同じサービスは存在しません。

それぞれの良さや強みを活かしながら進めるのが転職活動成功の秘訣と言えます。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

比較検証からの結論

転職支援サービスの比較からロバートウォルターズは、

・外資系、日系グローバル企業への転職に特化
・さらに語学力を活かせる転職も業界トップクラス
・しかし年収1000万円以上のハイクラス転職はエンワールドの方が上

ロバートウォルターズ社員による口コミから自社の評判をリサーチ

ここからは社員による口コミから自社の評判をリサーチしていきます。

やはり、ロバートウォルターズのサービスや特徴を熟知しているのは中で働く社員。
社員が生き生きと働ける職場であれば、提供するサービスの質にも直結します。

リサーチ方法は、300万件以上にのぼる口コミを掲載する『転職会議』を利用して評判を検証していきます!

【口コミ1】外資企業ならではのメリハリのある働きやすい職場環境(20代後半・男性)

転職活動に成功

「売上さえ上がていれば好きな時に有給休暇を申請できる点は非常に良いと思います。また、全社的な雰囲気も非常に国際的ななため、有給休暇消化率は高く、メリハリのある働き方が可能です。」

「外資企業ならではのメリハリのある働きやすい職場環境」

【口コミ2】福利厚生は手薄でも給料は外資ならではの手厚さ(20代後半・男性)

転職活動に成功2

「福利厚生は外資系企業としては非常に一般的。日系企業ほど手厚くなく、退職金もないのでこの仕事で定年まで、というのは厳しいかと感じる。しかし、給与で補われる分ほとんど気にならない。社内制度としては海外拠点への希望性の転換や社内異動も希望を出せな実現可能。」

「福利厚生は手薄でも給料は外資ならではの手厚さ」

【口コミ3】実力主義でも教育制度は充実(20代後半・女性)

転職活動中の女子

「実力主義ですので、実績がなければ、首になるまたは退職推奨されます。結果出す人しか残らないとの社風です。この辺は公平です。しかし、教育体制は充実しており、最初の3か月間はトレーニングできます。大学のようなクラスルームに勉強しております。そして、入社前にも会社に本が貰えます。」

「実力主義でも教育制度は充実」

ロバートウォルターズの会社概要

最後にロバートウォルターズの会社概要をまとめます。

会社名 ロバート・ウォルターズ・ジャパン
東京オフィス 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階
従業員数 300名超え
業務内容 ・人材紹介
・人材派遣
・人材コンサルティング業務
上場区分 非上場
特徴 ・1985年に英国ロンドンで設立
・スペシャリスト人材紹介会社
・外資系×日系グローバル企業への転職に特化
・世界31カ国の主要都市にオフィスを展開
・従業員数は世界で3,200名以上
・35年以上の歴史

まとめ:外資系および語学力を活かす転職ならロバートウォルターズ

ロバートウォルターズの評判と強みを口コミからまとめてきました。

改めて、評判と強みをまとめると

【評判1】外資系コンサルタントのレベルが高い
【評判2】要望通りの求人提案と語学を活かせる求人が多い
【評判3】面談や電話は英語でやり取り
【評判4】しつこいやひどいといった悪評はごく僅か
【強み1】外資系・語学を活かす求人に強み
【強み2】ハイレベルなキャリアコンサルタントの提案力
【強み3】35年以上の培われた転職ノウハウ