田舎で儲かる仕事がしたい!おすすめビジネス20選【稼げる商売は田舎起業にあり】
仕事に悩む人

「田舎で儲かる仕事がしたい!どんなビジネスがおすすめ?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「田舎で儲かる仕事・ビジネスを探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 田舎で儲かる仕事・ビジネスおすすめ20選
  2. 田舎で儲かる仕事に共通する3つの特徴
  3. 田舎で起業するならコレ!成功例からチャンスを掴む
  4. 田舎でビジネスを始めたり起業するメリット3選
  5. 田舎でビジネスを始めたり起業するデメリット3選
  6. 田舎で儲かる仕事・ビジネスに取り組むうえでの注意点

当ブログ管理人も田舎出身(長崎)。

田舎で儲かる仕事に共通する特徴とは?
田舎起業の成功例から得られる学びとは何か?

体験談とエビデンスを交えて田舎起業の情報を解説!
田舎で儲かる仕事のおすすめとビジネスに取り組むうえでの注意点もまとめていきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「田舎で儲かる仕事のメリット・デメリットについても触れていきます。今まさに田舎ビジネスを模索している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

本記事のポイント(田舎で儲かる仕事とは?)

結論からいうと、田舎で儲かる仕事の共通点は「ネット起業」

ネット起業とは、インターネットを活用したビジネス。
かつ、起業・独立開業で始めた仕事が田舎で儲かるビジネスです。

とはいえ、自分に合うビジネスは何か?仕事選びに迷う方は多いです。

仕事には必ず向き不向きがあって、向かない仕事は向かない。
向いてる仕事、つまり自身の強みを活かせる仕事に就くのが賢明だといえます。

そして仕事選びに迷ったら、プロのキャリアコーチングに相談しましょう。

一人で迷っても解は出せず、ただただ時間だけが過ぎていきます。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

田舎で儲かる仕事・ビジネスおすすめ20選

コロナをきっかけに、2014年以降初めて東京23区は転出超過に。
(出典:総務省統計局「住民基本台帳人口移動報告」

東京から転出した人はどこへ行ったのか?
答えは「田舎・地方移住」、実際地方の転入は増加しています。

さらに、約5割もの東京圏在住者が田舎暮らしに関心ありと回答。
(地方圏出身者はさらに多い6割強が関心を持っている調査結果あり)

つまり、田舎で働くことに需要があるということ。
田舎で儲かる仕事やビジネスに興味がある人は多いことがうかがえます

そこで!本記事では、田舎暮らしにおすすめの仕事を選定。
以下の方々に向けて田舎で儲かる仕事・ビジネスおすすめ20選を紹介していきます!

脱サラして田舎で起業したい人におすすめの仕事8選

脱サラして田舎で起業したい人におすすめの仕事8選を紹介していきます。

まず、おすすめの仕事を紹介するにあたり条件を設定。

おすすめの仕事を選定する条件

  • フリーランス・自営業として働ける仕事
  • 未経験でもスキル積むことでできる仕事
  • 田舎暮らしの消費支出以上を稼げる仕事
    (⇒ 総務省統計局資料の「地域別の家計」を参考)

これら条件に合致したおすすめの仕事が以下の通りです。
順番に仕事内容と田舎で儲かるビジネスのポイントをまとめていきます!

脱サラして田舎で起業したい人におすすめの仕事8選

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. ブロガー
  4. アフィリエイター
  5. フリーランスエンジニア
  6. フリーランスデザイナー
  7. フリーランスコンサル
  8. デジタルコンテンツ販売

【仕事1】Webライター

まず1つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは扱うのがおすすめです。

未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
完全在宅ワークで、ド田舎在住でも仕事に取り組めます。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】動画編集

次に2つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

そんな動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集は高収入も狙える将来性ある仕事。
スキルと経験を積むことで、田舎でも儲かる仕事の一つとして取り組めます。

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただ、スキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しい。
しっかり経験とスキルを身につければ、フリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講がおすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事3】ブロガー

3つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「ブロガー」

保有するメディアを運営し広告収入を得るビジネス。
起業に必要な初期費用はわずか、在宅で一人で起業できます。

つまり、完全一人かつ低リスクで始められるビジネスだということ。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがあり、累計報酬は1,000万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能。
田舎でも、どこにいても自由に仕事に取り組めるのがブログのメリットです。

しかし自由とはいえ、成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事4】アフィリエイター

4つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「アフィリエイター」

アフィリエイト広告をWebコンテンツに掲載しユーザー訴求。
広告のサービス・商品が成約に至れば報酬は得られる広告ビジネスです。

アフィリエイトでの成功のカギはコンテンツ作成と集客。
そのため、集客につながるマーケティングやSEOの知識も必要になります。

未経験からでも始められて、実力次第で高収入も実現可能な仕事といえます。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください

【仕事5】フリーランスエンジニア

5つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「フリーランスエンジニア」

企業や個人が発注する開発案件をエージェント経由で受注。
仕様書の通りに開発し、期日までに納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、起業資金もゼロ。
スキル次第で高収入も狙える、完全在宅ワークも可能な仕事です。

そんなフリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べでは「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、クライアントは経験者から優先的に発注する傾向にあるから。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事6】フリーランスデザイナー

6つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「フリーランスデザイナー」

企業や個人が発注するデザイン案件をエージェント経由で受注。
クライアントの要望通りにデザインし、納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、起業資金もゼロ。
完全在宅でもできる、自由に休みを選択できる仕事の一つといえます。

そんなフリーランスデザイナーの需要は年々増加傾向にあります。
なぜなら、コロナ禍で外出が減りECの市場規模が伸びているから。

結果EC事業に携わるWebデザイナーの需要も増えています。
実際、フリーランスのWebデザイナーの平均収入は「約600万~800万円」

フリーランスデザイナーの仕事探しなら「レバテッククリエイター」の利用がおすすめ。
ただし、Webデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転身は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したスクール3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える優れたスクールです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事7】フリーランスコンサル

7つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「フリーランスコンサル」

企業への助言業を行うフリーのコンサル業務。
主な仕事は、企業が抱える問題に対し課題解決を提案します。

そんなコンサル業界の需要は増加傾向にあり。
実際、市場規模も年々増加し、特にビジネスコンサルが伸びています。

フリーで活動するコンサルにとってはまさに追い風。
つまり、スキルと経験さえあれば高収入も狙える儲かる仕事だといえます。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【仕事8】デジタルコンテンツ販売

そして8つ目の田舎で起業したい人向けの仕事が「デジタルコンテンツ販売」

今は昔と違い自己実現が可能な時代です。
会社に縛られなくとも自作コンテンツをWebを通じて販売できる時代。

販売手段はSNSやメディアプラットフォームを活用します。

中でもおすすめのプラットフォームが「NOTE
当ブログ管理人も1か月間の制作&販売を通じて5万円の利益を得ることに成功しました。

コンテンツがバズれば販売に至るビジネスモデル。
インフルエンサーの手法でもある再現性の高いWebビジネスです。

関連記事:人と関わるのが怖い人に向いてる仕事10選【話したり会う必要のない職業はある】

田舎との二地域居住したい会社員におすすめの仕事6選

次に田舎との二地域居住したい会社員におすすめの仕事6選を紹介していきます。

まず、おすすめの仕事を紹介するにあたり条件を設定。

おすすめの仕事を選定する条件

  • 会社員でリモートワークしやすい仕事
    (⇒ パーソル調べから会社員で田舎暮らしでも働ける仕事)
  • 正社員の平均給与以上を稼げる仕事
    (⇒ 国税庁調べから496万円以上の仕事)
  • 汎用的なスキルが身につく仕事
    (⇒ スキルの固定化を避けて転職に有利な仕事)

これら条件に合致したおすすめの仕事が以下の通りです。
順番に仕事内容と田舎で儲かるビジネスのポイントをまとめていきます!

田舎との二地域居住したい会社員におすすめの仕事6選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. コンサルタント
  5. 研究者
  6. 経理や人事などのバックオフィス

【仕事1】ITエンジニア

まず1つ目の田舎と二地域居住したい会社員向けの仕事が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなITエンジニアもWebデザイナーと同じく実力主義の世界。
男女関係なくスキル次第で活躍できる環境が揃っているといえます。

またITエンジニアをはじめ情報通信業はリモートワークの働き方が最も普及しています。
(出典:総務省「令和元年通信利用動向調査の結果」

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』に無料で転職サポート申込
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事2】Webデザイナー

次に2つ目の田舎と二地域居住したい会社員向けの仕事が「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

Webデザイナーもエンジニアと同じく実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

クリエイティブ職に集中しデザインで食べていきたい方におすすめの仕事です。

そしてWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削や関連サービスは評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事3】Webマーケター

3つ目の田舎と二地域居住したい会社員向けの仕事が「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
Webメディアを活用しプロモーション戦略からブランディング構築まで担います。

そんなWebマーケターの主戦場であるネット広告の市場規模は年々増加。
(出典:矢野経済研究所「インターネット広告市場に関する調査を実施」

市場規模が拡大すれば、Webマーケの重要性もますます高まるということ。
つまり、Webマーケターは企業にとって重要な欠かせない戦力の一つといえます。

さらにJMRA調べで、Webマーケターの9割近くがリモートで業務を行っています。
従って、田舎との二地域居住したい会社員におすすめの仕事の一つと断言できます。

Webマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事4】コンサルタント

4つ目の田舎と二地域居住したい会社員向けの仕事が「コンサルタント」

企業は大なり小なり日夜課題と戦っています。
時に企業の人間だけでは課題の解決に近づけない場合があります。

そんな企業の抱える「イシュー」と向き合う精鋭部隊がコンサルタント。

コンサルタントの仕事の意義は企業への助言業。
そのために課題を共有し、問題を浮き彫りにしていく工程が必須になります。

そして、改善策のロードマップを作成・提言するのが至上命題です。

コンサルに興味がある、コンサルに転職したい方は『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

【仕事5】研究者

5つ目の田舎と二地域居住したい会社員向けの仕事が「研究者」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

つまり、二地域居住が可能で汎用的なスキルも身につく仕事といえます。

大学院卒の方で研究職・研究機関への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

院卒以外の方であれば転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

【仕事6】経理や人事などのバックオフィス

そして6つ目の田舎と二地域居住したい会社員向けの仕事が「経理や人事などのバックオフィス」

管理部門の中でも数字・会計のスペシャリスト。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

また経理の仕事は全産業にとって欠かせない業務。
経理スキルを身につければ、食いっぱぐれないスキルとして活かせます。

つまり、汎用性の高い専門的なスキルが身につく仕事の一つといえます。

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

田舎暮らししながら稼ぎたい女性におすすめの仕事6選

そして田舎暮らししながら稼ぎたい女性におすすめの仕事6選を紹介していきます。

まず、おすすめの仕事を紹介するにあたり条件を設定。

おすすめの仕事を選定する条件

  • 田舎で働く場所がなくても在宅でできる仕事
  • 女性特有の強みや性格特徴を活かせる仕事
    (⇒ ジェトロ資料の「女性の強み」を参考)
  • 田舎暮らしの消費支出以上を稼げる仕事
    (⇒ 総務省統計局資料の「地域別の家計」を参考)

これら条件に合致したおすすめの仕事が以下の通りです。
順番に仕事内容と田舎で儲かるビジネスのポイントをまとめていきます!

田舎暮らししながら稼ぎたい女性におすすめの仕事6選

  1. ユーチューバー
  2. 在宅コールセンター
  3. ライブ配信
  4. ハンドメイド
  5. イラストレーター
  6. オンラインアシスタント

【仕事1】ユーチューバー

まず1つ目の田舎暮らししたい女性向けの仕事が「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件をクリアすれば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ、自然の映像美や風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、完全在宅で主婦でも隙間時間に作業することが可能。
かつ女性特有の強み(感性)も活かせる女性向けの仕事ともいえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介した未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』にまずは無料で体験する
【公式ホームページ:https://shelikes.jp

【仕事2】在宅コールセンター

次に2つ目の田舎暮らししたい女性向けの仕事が「在宅コールセンター」

サービスや商品に関する電話応対がメインの仕事。
電話を受けてパソコンを使って受電内容や商品の説明など行います。

基本コールセンター業務にはマニュアルが完備されています。
未経験からでも始められるため、特別なPCスキルも専門スキルも不要です。

最近では完全在宅で完結できるコールセンターの求人も増加。
つまり、田舎で働く場所がなくても在宅でできる仕事の一つだといえます。

そのコールセンターを探すなら「リクナビネクスト」が特に人気の求人サイトです。

「コールセンター」で調べれば1500件前後の仕事を扱っています。
転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気求人サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

【仕事3】ライブ配信

3つ目の田舎暮らししたい女性向けの仕事が「ライブ配信」

ライブ配信とは、リアルタイムに映像を配信するサービス。
ライバー(配信者)とリスナー(視聴者)のプラットフォームを介して繋がれます。

ライバーがリスナーに対して映像を配信。
映像を視聴するリスナーは投げ銭などを使いライバーを応援。

この関係構築がライバーの生計を支えています。
そして、ユーチューバーとの違いはコミュニケーションの扱い方にあります。

インフルエンサーは一方向完結の画像投稿者。
それに対しライバーは、双方向でリアルタイムに繋がれる。

ライブでコミュニケーションが取れることは特徴の一つとなります。

関連記事:【スキマ副業】隙間時間で稼ぐ副業16選!主婦・サラリーマン向け小遣い稼ぎ方法

【仕事4】ハンドメイド

4つ目の田舎暮らししたい女性向けの仕事が「ハンドメイド」

手先が器用な主婦に人気のハンドメイド。
「ハンドメイド作家」という名称ができるほど始める人が急増中。

それもそのはず、ハンドメイドEC市場の加熱も勢い止まらず。
調査からも分かる通り、市場は拡大期待が増しこれから始めたい方にもおすすめです。

また月10万円以上の収入を得る人も出ています。
(出典:Amazon「ハンドメイド・マーケットプレイス」

ハンドメイドを作って実際に販売してみたい方は「ココナラ」の利用がおすすめです。

関連記事:細かい作業が好きな人に向いてる仕事12選【女性&在宅可の手先を使う仕事】

【仕事5】イラストレーター

5つ目の田舎暮らししたい女性向けの仕事が「イラストレーター」

クライアントの要望に沿ってデザインする仕事。
デザインの対象は、アイコン作成や似顔絵、ホームページのロゴなど様々。

デザインスキルを活かして好きを仕事にできる理想的な仕事といえます。

取引も今ではプラットフォームの普及によりオンライン化。
つまり、完全在宅で田舎でもスキル次第で収入を得られる仕事の一つです。

Webデザイン経験者でイラストレーターの仕事をしてみたい方は「ココナラ」の利用がおすすめです。

仕事依頼の成約実績が420万件!
知識・スキル・経験を売り買いできる日本最大級のスキルマーケット。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

特におすすめは受講者数No.1の「TechAcademy(テックアカデミー)
今なら無料で動画視聴が可能、Webデザイナーに興味がある方はこちらからご視聴ください。

【仕事6】オンラインアシスタント

そして6つ目の田舎暮らししたい女性向けの仕事が「オンラインアシスタント」

オンライン上で業務をサポートする仕事。
田舎でもネットを活用し業務を行うスタイルになります。

自宅が仕事場になるため、理想のライフワークを実現できるメリットがあります。

また仕事の進め方は複数人のチーム制。
協力して仕事をオンライン上で進めるため、短時間からのシフトも可能。

つまり、融通の利きやすい家で出来る仕事の一つだといえます。

バックスタッフ経験者は歓迎される領域です。
(ECサイト運営、HPの作成、イラスト作業も歓迎)

オンラインアシスタントの仕事探しなら「フジ子さん」の利用がおすすめです。

関連記事:オンラインでできる仕事のおすすめ14選と求人の探し方【未経験&在宅可を紹介】

田舎で儲かる仕事に共通する3つの特徴

ここまで田舎で儲かる仕事を属性ごとに解説してきました。

仕事に悩む人

「おすすめの仕事は分かったけど、田舎で儲かる共通点はあるのかな?どんな基準で仕事を選べばいいのかも教えてほしい!」

結論、「田舎だからこそ儲かる仕事」というより。
「田舎でもできる儲かる仕事」という考えを持てるかどうか。

つまり、田舎に限らずどこにいても儲かる仕事を選ぶのが重要だということ。

具体的にはどんな仕事が田舎で儲かるのか。
田舎で儲かる仕事に共通する3つの特徴についてまとめていきます。

【特徴1】インターネットを活用した仕事

まず1つ目の特徴が「インターネットを活用した仕事」

インターネットを活用した仕事=田舎で儲かる仕事、です。

なぜなら、田舎には仕事の種類が多くないから。
そのため働く選択肢も少なくなり、結果稼ぐことも難しくなります。

実際、都会と地方で賃金を比較しても10万円以上の差が生じています。
厚労省調べで、最も高いのが東京都(373.6千円)、最も低いのが青森県(240.5千円)

東京を含む首都圏で働けば、賃金も上がり稼げます。
しかし、田舎で仕事をするとなると思うように稼げません。

ネットを活用すれば、どこにいても同様の仕事が受けられます。
東京の会社から首都圏の賃金水準、高単価で仕事を請負うことも十分可能。

つまり田舎で儲かる仕事に就くには、ネットの力を借りる他方法はないということです。

関連記事:地方・田舎に仕事がないのは本当?【転職先の探し方とおすすめの働き方】

【特徴2】起業・独立開業で始めた仕事

次に2つ目の特徴が「起業・独立開業で始めた仕事」

田舎の仕事あるあるは従前の通り。
特徴として働く選択肢が極端に少ないことです。

ネットを活用すれば、選択肢の幅はグッと広がります。
しかし、どうしても田舎で仕事をしたい!という方もいるはず。

そんな方が取り組むべき儲かる仕事は「自ら業を興す」
仕事の種類が少ないなら、自ら起業し仕事を作るのも特徴の一つです。

実際、経営者は労働者より稼げることは書籍でも語られています。

とはいえ、田舎で起業し成功させるのは難しいです。
なぜなら集客に苦戦するため、箱ものビジネスに手を出すのは危険です。

儲かるためには、まず小さく始めるのが鉄則。
スモールビジネスから手掛けて成功確率を高めましょう。

関連記事:夫婦でできる仕事おすすめ16選【一緒に起業・自営業できる職種を厳選紹介】

【特徴3】リモートワークを利用しやすい仕事

そして3つ目の特徴が「リモートワークを利用しやすい仕事」

現住所と田舎の二刀流(二地域居住)で頑張りたい方。
首都圏の会社員で田舎暮らしをしたい方は、リモートワーク利用が最適解。

リモートワークを活用すれば、首都圏から地方移住も可能です。
実際、リモートワークを利用した地方での働き方が提案されています。

  • 頻繁に東京圏に通勤するパターン:東京圏・地域で、週のそれぞれ半分の日数、仕事をするパターン
  • 二地域居住パターン:月に数回程度、東京圏に通い、それ以外の日は住みたい地域で過ごすパターン。
  • 住みたい場所で仕事をするパターン:ネット環境があればどこでも仕事ができる人の働き方のパターン。

企業側にリモートワークのメリットがなければ持続可能性は低い。
しかし働き方への対応に効果があり、8割以上の企業で「継続したい」と回答。
(出典:東京都「テレワーク導入実態調査結果」

つまり、リモートワークは労使双方にとってメリットあり。
田舎で仕事したい会社員は、リモートワーク導入する企業に入るのが近道です。

関連記事:テレワークできない仕事6選と職種の特徴【リモートワークできる仕事も紹介】

田舎で起業するならコレ!成功例からチャンスを掴む

ここまで田舎で儲かる仕事の種類や特徴を解説してきました。

田舎で儲かる仕事の共通点の一つが「起業」
どんな起業アイデア、職種が成功するのか?

順番に田舎で起業するならコレ!成功例からチャンスを掴むべく深堀していきます。

【成功例1】パンと日用品の店「わざわざ」

まず3つの成功例をご紹介していきます。

1つ目にご紹介する成功例が、パンと日用品の店「わざわざ」

長野県東御市御牧原の田舎に店を構えるパン屋。
代表の平田はる香さんは、一人で開業し2009年の年商は200万円。

そこから、順調に売上を伸ばし2017年には年商1億7千万円にまで拡大。

まさに田舎起業で成功を収めた事例といえます。
成功できた要因は何なのか?上図の売上推移をみれば一目瞭然です。

それは「オンラインストアの拡充」
つまり、時代に合わせて販路を拡大・開拓したことが成功要因の一つだといえます。

実際、時代に合わせてプラットフォームを変更してきたことが成長の要因と語っています。

【成功例2】手作りのニットを作る「気仙沼ニッティング」

次に2つ目にご紹介する成功例が、手作りのニットを作る「気仙沼ニッティング」

気仙沼ニッティングは、手作りのニットを作り提供する会社。
東日本大震災をきっかけに立ち上げたベンチャー企業の一つになります。

そんな気仙沼ニッティングのこだわりは「地元生産」と「品質の高さ」

気仙沼のニットを編み、一生モノのニットを販売。
つまり、気仙沼ニッティングの成功要因は「商品のストーリー性」

ニットのストーリーに共感し多くの人を魅了。
最高級の品質にこだわり抜いた職人の技も確かで、注目を集める事業だといえます。

【成功例3】地域活性化を目指すビジネス「小麦の奴隷」

そして3つ目にご紹介する成功例が、地域活性化を目指すビジネス「小麦の奴隷」

「高級食パンブーム」、「コロナの自家需要」など。
矢野経済研究所調べでもパン市場は緩やかながら成長を維持する市場です。

そんなパンブームの中でも注目を集めるのが「小麦の奴隷」
実業家のホリエモン氏が発案の「地域活性化」を目指すビジネスです。

活況を呈するパンブームで成功を収めた要因は「看板商品」

まず見た目のインパクトでSNS等で拡散されやすい利点があるほか、カレーパン専門の大会などに出場することで話題性を高めているのも勝因だろう。

つまり、看板商品をうまくプロモーションできた点。
SNSなどの集客チャネルを活用し、インフルエンスできたのが成功要因といえます。

田舎での起業アイデアの考え方

ここまで田舎での起業に成功した事例を紹介してきました。

これら成功例には共通する点があります。
田舎での起業アイデアの考え方と合わせて解説すると。

田舎起業の成功例から学ぶ共通点

  1. IT(ネット)を駆使している点
  2. ストーリー性にこだわっている点
  3. 看板商品を複数の集客チャネルからインフルエンスしている点

上記3つが成功例から得られる知見です。
言い換えるなら、田舎起業で成功する前提条件ともいえます。

前提条件を無視して起業しても失敗する確率は高まります。

田舎で儲かる仕事に携わるなら最低限抑えておきたい点。
これから田舎でビジネスを考えている方は、アイデア出しの参考にされてみてください。

関連記事:一人で開業できる仕事おすすめ15選【独立・起業できる自営業の商売を厳選紹介】

田舎でビジネスを始めたり起業するメリット3選

三菱総合研究所の調査によると。
移住希望者ほど、社会貢献や自己成長の意欲は高いと報告されています。

つまり「田舎で働く」とは、仕事をする目的に大きな影響を与えることが分かります。

では、田舎で仕事をすることにどんなメリットがあるのか?
田舎でビジネスを始めたり起業するメリット3選をご紹介していきます!

【メリット1】固定費が安く済む

まず1つ目のメリットが「固定費が安く済む」

固定費とは家賃などの毎月一定額発生する費用のこと。
都会と比較して、田舎暮らしだと顕著に感じるメリットです。

では、実際にどれくらい違うのか?
住みたい田舎ベストランキング」で上位入賞の愛媛と東京を比較します。

全管協少額短期保険が公表する契約ベースの平均家賃によると。
東京都の家賃は「68,209円」、愛媛の家賃は「41,671円」(1部屋の場合)

その差は「26,538円」、年間で「318,456円」も安く済むことになります。
(出典:全国賃貸管理ビジネス協会「全国家賃動向(2022年3月調査)」

田舎に住めば固定費は安く抑えられます。
人気の移住先でも、首都圏に比べたら出費は少なくて済みます。

支出を減らしたい方にも、田舎で起業は大いにメリットがあるといえます。

関連記事:給料安すぎて生活できない!という人の原因は2つ【解決策は転職する事】

【メリット2】仕事に集中できる環境

次に2つ目のメリットが「仕事に集中できる環境」

「田舎・地方に住むことの最大の魅力は何か?」
この問いに国交省調べで、特にメリットを感じるのが「自然環境の豊かさ」

次いでゆとりある生活、時間的余裕、広々とした居住環境。
私生活を送るうえでの住みやすさが上位を占めていることが分かります。

つまり、仕事に集中できる環境が整っているということ。

都会の喧騒を離れ、豊かな自然の中で働く。
田舎ならではの醍醐味であり、ストレスなく仕事に取り組むことができます。

関連記事:一点集中型の人に向いてる適職10選【求人の探し方と向いてない仕事も解説】

【メリット3】支援金が手厚く低コストで起業可能

そして3つ目のメリットが「支援金が手厚く低コストで起業可能」

田舎での起業家、移住者には手厚い補助金が支援されます。
「起業支援金」と「移住支援金」が、地方創生の一環で準備されています。

手厚い支援を受けられるだけでもメリットあり。
起業だけでなく田舎暮らしに憧れがある方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】

田舎でビジネスを始めたり起業するデメリット3選

メリットもあればデメリットもあり。
田舎でビジネスを始めたり起業するデメリット3選をまとめていきます。

【デメリット1】人口が少ないのでビジネスチャンスは限られる

まず1つ目のデメリットが「人口が少ないのでビジネスチャンスは限られる」

リアルでビジネスを行う場合の話です。
ビジネスの成功に欠かせないのが、見込み客の集客方法。

ネットビジネスであれば、集客チャネルの選択肢は多い。
しかしリアルビジネスとなれば、そもそも人口が少ないので集客に苦戦します。

あげくのはてにはパイの奪い合いになりかねません。
そのため、人口が少ない田舎でリアルビジネスを展開するのはデメリットが大きいといえます。

関連記事:【初心者向け】おすすめしない副業8選!特徴と理由をタイプ別に解説

【デメリット2】交通手段に苦労しコストもかかる

次に2つ目のデメリットが「交通手段に苦労しコストもかかる」

田舎最大のデメリットかもしれません。
交通手段が少なく、利用者のニーズを満たしていない現状があります。

実際、国交省調べで公共交通に対するニーズを調査。
地方圏での交通手段に対する満足度は『23.2%』、不満度が『52.6%』

満足度より不満度のほうがはるかに高いことが明らかとなっています。

つまり、田舎で起業するなら公共交通に苦労するということ。
車も必須になるため、コストも都会よりかかることは認識しておいたほうがよさそうです。

関連記事:旅をしながら日本中を回る仕事18選【旅行好き・旅人に飛び回る職業を厳選紹介】

【デメリット3】場所によって人間関係が煩わしい

そして3つ目のデメリットが「場所によって人間関係が煩わしい」

落胆する人

「無駄に過干渉で、近所の噂が好き。勝手に庭に花を植えられてたり(親切らしい)、子供がやっと昼寝したのに庭に面した窓を勝手に開けてお裾分けを持ってこられたり(玄関のインターフォンは必要なし)。ゴミチェックされてる。都会では普通のファッションでも田舎だと目の敵にされる。休日は近所の掃除や消防、行事が多く鬱陶しい。」
引用: Yahoo!知恵袋「移住、田舎暮らし」

「田舎=近所付き合いが大変」
ネット掲示板にも同じようなコメントが多く投稿されています。

筆者の体験談からも事実としてお伝えできます。
村八分」という言葉がある通り、はみ出し者は嫌われます。

田舎で起業するならなおさらコミュニケーションは必須。
付き合いが悪いと、地元の町内会や自治会に入会拒否されるケースもあります。
(出典:農水省「田舎起業で成功するために知っておくべき大切なこと」

都会以上に人間関係は煩わしいかもしれません。
起業予定の田舎はどこで、どんなコミュニティが形成されているのか?

事前にリサーチしたうえで、起業する場所は決めるのが賢明といえそうです。

関連記事:人付き合いが苦手な人に向いてる仕事10選【したくないなら無理しないこと】

田舎で儲かる仕事・ビジネスに取り組むうえでの注意点

最後に田舎で儲かる仕事・ビジネスに取り組むうえでの注意点をまとめます。

どんな点に注意して田舎起業に取り組めばいいのか?
少しでも成功に近づくためのポイント、考え方を解説していきます。

【注意点1】IT・Webなどネットのスキルを習得しておく

まず1つ目の注意点が「IT・Webなどネットのスキルを習得しておく」

田舎で儲かる仕事の共通点は「Web系の仕事」
ITを駆使して集客し、売上につなげるビジネスが成功しやすいです。

つまり、ネットに強くなければ成功確率は低くなるということ。
田舎で起業する前にネットのWebビジネススキル習得は必須ともいえます。

今では多くのスキル習得に特化したサービスが展開されています。

中でもオンラインスクールの受講がおすすめ。
現在田舎暮らしの方でも、パソコン1台でプロのスキルを学べます。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【注意点2】成功例だけでなく失敗例からも学びを得る

次に2つ目の注意点が「成功例だけでなく失敗例からも学びを得る」

  • 「失敗なくして、成功なし」
  • 「挑戦なくして、成功なし」
  • 「To dare is to do」

諦めなければ成功には近づきます。
ただ、同じ失敗を繰り返しては成功には近づけません。

必ず失敗した時は、なぜ失敗してしまったのか?
仮説検証を行い、原因の改善に取り組まなければ進歩もありません。

つまり、成功例だけでなく失敗例からも学びはあるということ。
すべては自分次第、自責思考を持つことでゴールは見えてきます。

【注意点3】一人でも起業できるスモールビジネスから始める

3つ目の注意点が「一人でも起業できるスモールビジネスから始める」

数名で経営するような小規模なビジネスのことをスモールビジネスと呼んでいますね。個人事業主、フリーランス、ノマドワーカーなど。

なぜ、スモールビジネスの起業数が増えているのか?
そのほうが成功しやすく、身軽で機動的な運用が可能であるため。

田舎で儲かる仕事は何から始めたらいいか?
迷われている方は、まずは小規模なビジネスから始めるのがおすすめです。

関連記事:ネットでできる仕事がしたい!おすすめ15選と仕事探しに役立つ求人サイトも紹介

【注意点4】地域のコミュニティには積極的に参加し信頼関係を築く

4つ目の注意点が「地域のコミュニティには積極的に参加し信頼関係を築く」

「郷に入っては郷に従え」
この言葉の通り、田舎には田舎の習慣があります。

田舎で仕事をするには、その土地のルールに従う必要があります。

都会と違って人口が少ない田舎は人間関係を重視します。
地域の集まりやコミュニティに参加しないとビジネスは不利に進みます。

田舎の地域住民と信頼関係を築くべく、溶け込もうとする姿勢が何より大切です。

【注意点5】家族に相談しつつ計画を立ててから田舎起業を決断する

そして5つ目の注意点が「家族に相談しつつ計画を立ててから田舎起業を決断する」

家族がいるなら、起業にあたり理解・協力を得ることは重要。
実際、起業で断念する割合が経営知識より高いことが報告されています。

田舎で儲かる仕事がしたいからと地方移住を検討するなら尚更です。

つまり、田舎起業は家族の将来にもかかわる決断。
家族や周囲の協力があって始めて、実現するものだといえます。

関連記事:女性の起業におすすめ職種・自営業ランキング15選【起業したい女性必見の情報】

まとめ:田舎で儲かる仕事・ビジネスに共通するのは「ネット起業」

田舎で儲かる仕事・ビジネスのおすすめを厳選紹介してきました。

改めて、田舎で儲かる仕事をまとめると、

田舎で儲かる仕事・ビジネス20選

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. フリーランスエンジニア
  4. フリーランスデザイナー
  5. フリーランスコンサル
  6. ブロガー
  7. デジタルコンテンツ販売
  8. FXトレーダー
  9. ITエンジニア
  10. Webデザイナー
  11. Webマーケター
  12. コンサルタント
  13. 研究者
  14. 経理や人事などのバックオフィス
  15. ユーチューバー
  16. 在宅コールセンター
  17. ライブ配信
  18. ハンドメイド
  19. イラストレーター
  20. オンラインアシスタント

田舎で儲かる仕事・ビジネスに共通するのは「ネット起業」

インターネットを活用したビジネス。
かつ、起業・独立開業で始めた仕事が田舎で儲かるビジネスです。

とはいえ、自分に合うビジネスは何か?仕事選びに迷う方は多くいます。

仕事には必ず向き不向きがあって、向かない仕事は向かない。
向いてる仕事、つまり自身の強みを活かせる仕事に就くのが賢明だといえます。

そして、仕事選びに迷ったらプロに相談するのがおすすめ。

その道のプロというのが「キャリアコーチング」
一人で迷っても解は出せず、ただただ時間だけが過ぎていきます。

しかし、プロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

田舎での仕事選び、将来のキャリア形成に迷ったら。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選