Re就活エージェントの評判はどうなの?【第二新卒・既卒・ニート転職に強いか口コミから検証】
転職活動初心者転職活動初心者

「エージェントサービスのRe就活エージェントを利用しようか検討しているけど、第二新卒の転職に強いのかな?利用者の口コミやサービスの評価から評判を教えてほしい!」」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「Re就活エージェントの利用を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ
・他エージェントサービスとの比較から強みを検証
・社員による口コミから自社の評判をリサーチ
・Re就活エージェントの会社概要

東証一部上場の学情が運営の就職支援サービス『Re就活エージェント』

20代向けとはいえ強みは何なのか?
利用するメリットはどこにあるのか?サービスの評判は利用予定の方にとって気になる情報です。

そこで!Re就活エージェントの実際の利用者や中で働く社員の口コミを集めて“リアルな評判と強み”を徹底リサーチしていきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「Re就活エージェントを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!」

Re就活エージェント利用者の口コミからリアルな評判をリサーチ

早速Re就活エージェント利用者の口コミからリアルな評判をリサーチしていきます!

リサーチ方法は、SNS(主にTwitter)の投稿内容から口コミを把握。
良いのか、悪いのか、評判を徹底検証していきます!

【評判1】求人の内容とマッチングがイマイチ

パソコンを打つ女性

「【求人の数も質も今一つ】20代専用の転職サイトで未経験者歓迎の企業ばかりですので、キャリアチェンジを行いたい20代の人向けです。これまでの職歴は重視されませんので、ほとんどの企業で面接には進めました。一方で、求人数は大手の転職サイトに比べるとかなり少なめです。対象者が限定的ですので、この点に関しては仕方がありませんが、労働条件が良くない企業も結構あります。20代かつ未経験者ですので、給与が高くないのは已むを得ませんが、年間休日日数が120日以下といった企業もかなりあります。このサイトで紹介された企業の面接をいくつか受けた感触としては、人材を育てようという意欲が感じられる企業よりも、とにかく人手が欲しいという企業のほうが多かったです。他の転職サイトでも20代の第二新卒向けに企業を紹介していますので、このサイトだけを利用するのは考えものです。」
出典: みん評「Re就活」

口コミで特に多いのが「求人内容に関する評判」

「求人数が少ない」や「希望の職種とマッチしていない」、「求人がブラック企業」など良くない評判が並びます。

ただ、他の20代向け就職支援サービスと比較するとRe就活エージェントは優れている点があります。

サービス比較表 登録企業数 希望勤務地 利用対象者
Re就活エージェント 5,000社以上 全国から求人選択可 20代以外も利用可
就職shop 8,500社以上 首都圏・関西が主 20代未経験者が主
ウズキャリ 1,500社以上 首都圏・関西・東海のみ 18~29歳の高卒以上
第二新卒エージェントneo 2,000社以上 全国から求人選択可 20代限定
DYM就職 2,000社以上 全国から求人選択可 20代が主

※2020年9月調査時点の内容

まず、求人を掲載する登録企業数が就職shopに次いで2番目(5,000社)に多い。
つまり、扱う求人数は20代向けの中では多い部類に入ることになります。

さらに、希望勤務地は全国から選ぶことが可能です。
例えば、就職shopやウズキャリでは首都圏が主となり、全国を対象にした求人は少ないのが実情です。

従って、地方勤務を希望する20代の方には便利な就職支援サービスと言えます。

これらのサービスは、状況に応じて使い分ける事であなたの希望する求人をピンポイントで探し当てることが可能です。

【評判2】登録後は大量のスカウトメールで求人が送られてくる

求人の内容だけでなく会員登録後のメールについて「大量のスカウトメールが届いてしつこいとの声」

保有する求人数が多いと起こりがちな事象です。
他にも登録後に大量のスカウトメールが届くと酷評が付く転職サイトは存在します。

そのため、事前にフィルタリング機能を用いて希望と合致しない求人情報ははじくなどして対策が必要です。

もしくは、担当者に連絡してメールをストップしてもらう対策も講じましょう。
何も対策を講じなければスカウトメールは送り続けられます。

【評判3】担当者の対応に疑問の声あり

疲れた女性

「【運営も求人出してる企業もテキトー】スカウト機能や気になったリストなど、求人を出している企業から動いてくれるサービスがあるが、基本的に担当者がテキトーなのか、テキトーな企業しか求人を出せないのか分からないが、スカウトした翌日には募集停止をしたり、利用者が未経験とプロフィールを見ればすぐに分かるようなことですからお構いなくテキトーにスカウト送っている企業が多数掲載されています。」
出典: みん評「Re就活」

紹介される求人だけでなく「担当者の対応も不評な声が多い」

しかし、担当者も人間です。
必ず相性はあって、向き不向きは生じてしまいます。

どうしても相性が合わない場合は無理せず「担当者変更」を依頼しましょう。

利用するサービスに依頼すれば簡単に変更してくれます。

担当者のせいでこの先の人生を台無しにしては本末転倒です。
本来の就職/転職活動に集中できるように二人三脚で取り組める担当者に巡り合えるように考えていきましょう。

【評判4】転職サイトの操作性が使いにくくDLも重いなどUIは総じて悪い

他の20代向け転職サイトでは見られなかった口コミが「転職サイトの操作性が使いにくくDLも重いなどUIは総じて悪い」

先に述べた担当者の変更や求人紹介については自己の範囲内でコントロールする事が可能です。
つまり、気に食わなければすぐに変えればいいだけの話になります。

しかし、転職サイト自体に違和感がある場合。
UIやUXなど技術的な面に関しては、志望者本人にはどうすることも出来ません。

もしくは、自身のインターネット環境が悪い(回線が遅い)可能性も一理あります。

見直してみて改善されなければ利用は控えるのも吉です。
操作性でストレスを抱えて、集中出来ないような状況にもなれば時間の無駄です。

一方、同じく20代向けサービスを展開する「ウズキャリ」は評判が高いです。
転職サイトも複数社登録して利用することで、デメリットを補完し合えるため、おすすめです。

Re就活エージェントは第二新卒・既卒・ニート転職に強いのか?他エージェントサービスとの比較から検証

Re就活エージェント利用者の口コミから評判をまとめてきました。

全国の求人を扱う20代向け就職支援サービス。
求人を掲載する企業数も5,000社を超えており扱う求人にも期待されます。

ただ、Re就活エージェント単体での口コミでは評判に偏りが出てしまいます。

そこで、ここでは他のエージェントサービスとの比較からRe就活エージェントの強みを徹底検証していきます!

転職支援サービス比較表

まず転職支援サービス比較表を作成します。

比較する転職支援サービスを展開するエージェントサービスは「就職shop」「ウズキャリ」「第二新卒エージェントneo」「DYM就職」の4社とします。

そして、検証する比較情報は「登録企業数」「営業職の求人」「エンジニア職の求人」「特徴」
これらの情報からRe就活エージェントの強みを検証してみたいと思います!

では、早速比較表をご覧ください。

サービス比較表 登録企業数 営業 エンジニア 特徴
Re就活エージェント 5,000社以上 1,800件
(36.0%)
1,450件
(29.0%)
年収200万円アップの実績あり
就職shop 8,500社以上 3,570件
(42.0%)
2,550件
(30.0%)
利用者数延べ10万人突破
ウズキャリ 1,500社以上 450件
(30.0%)
740件
(49.3%)
支援実績35,000人突破
第二新卒エージェントneo 2,000社以上 -件
(-%)
-件
(-%)
支援実績22,500人突破
DYM就職 2,000社以上 680件
(34.0%)
300件
(15.0%)
就職率が驚異の96%

※2020年9月調査時点の内容

括弧内は、それぞれの求人情報を公開求人数で割った保有割合。

サービスの特徴から比較

サービス比較から見えてくる特徴は、「登録企業数が多い=求人数も多い」

Re就活エージェントの登録企業数は「5,000社以上」
リクルートグループが運営する就職shopに次いで2番目に多い規模の就職支援サービスです。

つまり、紹介される求人数に期待できます。

また、実際に紹介される職種を見ると営業が「36%」、エンジニアが「29%」
どの職種においても平均的に紹介されているのがうかがえます。

例えば、ウズキャリを見るとエンジニアが「49.3%」と特化型といえるほど偏りが見られます。
DYM就職でも営業が「34%」に対してエンジニアはわずか「15%」に留まる結果となっています。

従って、幅広い職種の中から求人を探したい20代にはマッチする就職支援サービスと言えます。

比較検証からの結論

転職支援サービスの比較からRe就活エージェントは、

・扱う求人はIT業界の営業職が最多
・35%は社会人未経験が利用
・年収アップの幅が大きい

Re就活エージェント社員による口コミから自社の評判をリサーチ

ここからは社員による口コミから自社の評判をリサーチしていきます。

やはり、Re就活エージェントのサービスや特徴を熟知しているのは中で働く社員。
社員が生き生きと働ける職場であれば、提供するサービスの質にも直結します。

リサーチ方法は、300万件以上にのぼる口コミを掲載する『転職会議』を利用して評判を検証していきます!

【口コミ1】挑戦できる環境でも職場環境には疑問視(20代前半・女性)

転職活動中の女子

「挑戦して成長できる環境。新社会人になってすぐバリバリ働きたい人には向いている。数打てば当たる精神で、毎日電話で営業してアポ取れたら出かけて交渉の繰り返し。とにかくテレアポや飛び込みから新規開拓営業なのでメンタル面は鍛えられる。ただ、業務量が多いので、毎日定時ということはほぼ無い。なので、子供がいたり、家事をする必要がある人にとっては苦しいかもしれない。あとは、職場が女性をいじったりする場面が多く、人によってはセクハラだと感じるかもしれないので、繊細な人には向いていない。」

「挑戦できる環境でも職場環境には疑問視」

【口コミ2】ワークライフバランスの徹底(20代後半・男性)

転職活動に成功2

「最近は20時までには帰るようには会社全体で奨励している。今までは残業がどれだけ少なくても月50時間は当たり前。多い人は100時間を超える事も。完全な成果主義の会社なので、それだけ仕事に打ち込む人は多いのは確かで、成果によりボーナスが大きく変わる。仕事を通してやりがいを見出せる人には向いている会社。」

「ワークライフバランスの徹底」

【口コミ3】20代特化求人の中でも尖った存在(20代後半・男性)

転職活動に成功

「20代に特化した求人媒体は業界でも尖った存在。少子化で若手人材へのニーズは引き続き高い事が予想されるので、この分野において成長性は高い。若くして役職が付くのが早い。早ければ入社してから3~4年でつく社員もいる。業績にもよるが、年次や役職が上がるにつれて、賞与の金額の上昇率が高い。」

「20代特化求人の中でも尖った存在」

Re就活エージェントの会社概要

最後にRe就活エージェントの会社概要をまとめます。

会社名 株式会社学情
本社所在地 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル15F
従業員数 300名
業務内容 【人材関連サービス】 新卒採用事業、第二新卒・中途採用事業、人材紹介・派遣事業
【広告関連サービス】 一般広告メディア取り扱い・制作、各種SPツール制作
上場区分 東証一部上場
特徴 ・会員数150万人突破
・20代会員比率No.1
・20代が選ぶ20代向け転職サイトNo.1
・転職サイトにおける20代会員比率No.1
・転職イベントにおける20代動員数No.1
・転職イベントにおける20代動員比率No.1
・20代向け求人常時8,000~10,000件掲載
・20代が選ぶ、20代のための転職サイトNo.1

まとめ:全国から求人を探したい20代はRe就活エージェントがおすすめ

Re就活エージェントの評判と強みを口コミからまとめてきました。

改めて、評判と強みをまとめると

【評判1】求人の内容とマッチングがイマイチ
【評判2】登録後は大量のスカウトメールで求人が送られてくる
【評判3】担当者の対応に疑問の声あり
【評判4】転職サイトの操作性が使いにくくDLも重いなどUIは総じて悪い
【強み1】登録企業数5,000社以上=求人数が多い
【強み2】希望勤務地は全国から求人選択可
【強み3】職種は特にIT業界の営業職が最多紹介数

評判に関しては求人と担当者の両面でイマイチな声が多いです。

しかし、利用するメリットも当然あります。
数多くの就職支援サービスがある中で、特徴や強みはそれぞれ持ち合わせています。

つまり、複数社登録して、デメリットを補いながらカスタマイズするのが賢い使い方となります。

1社に固執せず柔軟に対応することで内定獲得の率もグッと上がります。
複数社登録する際は「3社」登録するのが、数と使い勝手の面からもベストです。