【体験談】退職代行を使ってみたら後悔した事例5選と失敗しないための注意点
落ち込む人

「退職代行使おうかな。。でも使ってみたら後悔した!なんてことは正直避けたい。実際の利用者の感想を聞いてみたい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「退職代行を使うと後悔するのか情報を集めている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 退職代行を使ってみたら後悔した事例5選
  2. 退職代行を使っても後悔しなかった事例5選
  3. 退職代行で後悔した人としなかった人の違いとは
  4. 退職代行を使って失敗しないための注意点と対策
  5. もう失敗させない!退職代行サービスおすすめ3選
  6. 【参考情報】退職代行を使っておけばよかったと後悔する事例

退職代行サービスの認知度は6割超え。

実際に利用した経験のある人の割合も約3割。
もはや一般的なサービスとして確立しつつある退職代行。

そんな、退職代行を利用しようか検討しているあなた!

使うなら後悔はしたくないですよね?
もっというと、失敗しないための方法も知りたくないですか?

本記事では、退職代行で後悔した人としなかった人の違いから失敗しない方法を解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「退職代行を使って失敗しないための注意点と対策についてもまとめていきます。今まさに退職代行サービスについて情報を集めている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

労働組合or弁護士が対応!安心のおすすめ退職代行サービス3選

退職代行を使ってみたら後悔した事例5選

まずはじめに退職代行を使ってみたら後悔した事例についてまとめていきます。

非常に多い事例から稀な事例まで。
体験談から退職代行を使ってみたら後悔した事例を5つご紹介していきます。

【後悔した事例1】サービス使って退社後に会社から損害賠償請求を受けた

落胆する人

「先日退職代行サービスで退職した後に会社から損害賠償請求を受けました。利用した代行サービスでは退職後に対応できない、と言われ放置され困っている状況です。こちらの会社では弁護士さんが付いていないので何もできないそうです。退職代行の費用を抑えてお願いした結果ですが、初めから弁護士さんが対応される代行サービスに依頼しておけば良かったと後悔しています。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

まず1つ目の後悔した事例が「サービス使って退社後に会社から損害賠償請求を受けた」

特に多い後悔が代行業者に関する事例。
他にも業者の対応が雑でその後の手続きが不安、という声が挙がっています。

落ち込む人

「上司(元)から連絡きた。動悸とまらんくてまだ既読つけられてないけど、とりあえず退職はできました!けど退職代行ってLINEで話してる感じからしてもなんか雑ーな感じで、使ったことちょっと後悔だな。。多分上司に対してもかなり強めにいったんじゃないかと思う」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

悩む女性

「退職代行で退職届出したはいいけど、いつぐらいにもろもろ書類届くんだろ…不安で夜も眠れない…後悔しいだからすーぐ後悔しちゃうの辞めたいですね…保険とかの手続きとかもしなきゃなんでしょうし…新しいところ探さなきゃだけどハロワ怖くてまだ行けてないし…ダメダメだ…もう一週間経つよ…」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

今では、多くの退職代行サービスが出回っています。
中には退職手続きできないのにできると謳って代行サービスを行う悪質業者も存在します。

つまり「なんでもいい」、「安かろう悪かろう」で選ぶのは危険だということ。

退職代行サービスの選び方は特に慎重になるべき。
どの退職代行サービスを選べばいいのか?失敗したくない方はこちらを選択してください。

関連記事:退職代行のその後がやばい?体験談からトラブル事例と転職への影響も解説

【後悔した事例2】職場の人に失礼なことをしたと自己嫌悪

落ち込む人

「私は前職、辞める際は退職代行使いました。職場環境はとても良かったのですが会社と連絡取り合うのすら嫌になり、鬱になりかけたので3万円ほどで、、、でも、よくして頂いた方々にとても失礼な事をしたなと、自分で言うべきだったと少し後悔しております」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

疲れた人

「遅かれ早かれ辞めるつもりだったから退職代行で辞めたことへの後悔は全然してないけど、仕事辞めてから輪をかけて周りに迷惑しかかけてないから罪悪感と自己嫌悪に潰される^ ^とっとと消えたい^ ^」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

疲れた女性

「先輩に「汚い子」と言われて転職1ヶ月も持たずに退職代行使って辞めたけど、最後だからこそ自分で言えば良かったと後悔してる。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

次に2つ目の事例は「職場の人に失礼なことをしたと自己嫌悪」

退職代行を使うことで起きたトラブル事例ではなく。
使った利用者本人の会社に対する心情的な後悔も中には多いようです。

退職代行サービスを使うかどうかは本人次第。
後悔しないよう、真剣に吟味し決めるのがよいでしょう。

【後悔した事例3】上司や職場もよかったのに相談せず辞めて罪悪感

落ち込む人

「前の会社、信頼できる上司とかいたのに相談しないまま退職代行で辞めちゃったからめっちゃ後悔してる」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

疲れた女性

「辞めて2週間近く経つけどやっぱり退職代行使って辞めたことちょっとは罪悪感あるんだよね、プリセプター普通に優しくていい人だったしお礼も何も言わずに急に辞めたこと少しは後悔ある…」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

3つ目の後悔した事例が「上司や職場もよかったのに相談せず辞めて罪悪感」

3つ目も2つ目と同様に本人の気持ちの問題。
職場の人間とは、良好な関係性を築けていたのに辞めてしまった後悔。

退職代行を使えば、早いサービスだと利用当日に退職完了。
驚くほどトントンと退職手続きが進みますので、悩む暇もありません。

退職のことを考えるストレスは即日消えてなくなります。
しかし、利用後の後悔が残るようであれば考え直したほうがいいかもしれません。

関連記事:【退職で後悔】前の会社・仕事に戻りたい!未練がある時の3つの解決策

【後悔した事例4】後先考えず勢いで辞めてしまったがその後に後悔

落ち込む人

「私も退職届を手渡ししたり、職場の人に「お世話になりました」とか言うやりとりがしたくなさすぎたのもあり退職代行使ってしまいましたが。勢いに任せすぎてちょっと後悔してはいますが……」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

疲れた人

「正直退職代行使ったことを後悔してますよ。怖いサービスですね。衝動的に辞めれてしまう。それで救われる人もいるかもしれないけど。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

落胆する人

「ニート辛いですよ。退職代行で辞めましたが後悔しています。辞めたいと考えるなら誰かに相談を。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

落ち込む人

「先々週くらいに、出勤直前に、退職代行業者に頼み仕事を辞めた。なぜなら、その日の仕事はまだ曖昧にしか覚えてないことを任され、失敗するのが怖くて逃げたのである。辞めた時は環境のせいにして自分を正当化してたが、今は少しだけ後悔している。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

4つ目の後悔した事例が「後先考えず勢いで辞めてしまったがその後に後悔」

一時の感情で退職代行を使うケースも多々あります。
退職代行サービスは即効性があり、当日退職も可能です。

だからこそ、誰でも簡単に辞められて救われる人も多い。

しかしその一方で、後悔する人がいるのも事実。
突発的に起きたいネガティブな感情に任せ、退職を決断するのは危険です。

退職代行を利用する前に、一度深呼吸して冷静になることも時に必要だといえます。

【後悔した事例5】業界によっては退職の仕方まで共有されていることも

忙しい人

「退職代行使うなら考え直した方が良いよ。実際、看護業界どこでどう繋がっていて情報がどのようにまわっているか分からないし、自分で伝えた方が後々の転職等で後悔しないとは思う。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

そして5つ目の後悔した事例が「業界によっては退職の仕方まで共有されていることも」

退職後の将来を考えた時の後悔です。
業界によって、自分の首を絞める結果にもなり得ます。

退職代行を使っても後悔しなかった事例5選

次に退職代行を使っても後悔しなかった事例についてまとめます。

退職代行を使うことでストレスからの解放。
まったく後悔しなかった事例を5つご紹介していきます。

【後悔しなかった事例1】自分を守るための一つの選択肢

転職活動中の女子

「明日休んで精神科に行こうと思ったけど、そうじゃなくて辞めようと決意した。退職代行さん、ありがとうございます。後悔しません。私の心が壊れる前に、さようなら」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

転職活動中の女子2

「私も医療事務をしていて、辛すぎて病んだので退職代行サービスを使って辞めました!親に相談するのが怖かったので、勝手に辞めて事後報告しました。今思えば、その時に辞めてよかったと思いますキラキラ自分を一番大事にしてあげてくださいね」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

転職活動に成功

「妻には退職代行を使うのは、人としておかしい!と言われました。でも、代行を使って機械的にしないと人情に引っ張られ、自分本位に出来ないと思ったので使いました。逃げと言えば逃げですが、自分を守るため、私は後悔する選択はしていません。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

まず1つ目の後悔しなかった事例が「自分を守るための一つの選択肢」

厚労省の資料をみると、仕事でストレスを感じている割合は『54.2%』
実に半数以上の社会人が、職業生活においてストレスを感じながら働いています。

ストレスを抱えながら仕事を続ければどうなるか?
うつや自律神経失調症などの私生活に支障をきたす恐れがあります。

また、自分から退職の意向を伝えられない人がいるのも事実。
(出典:businessinsider「若者はなぜ自分で退職できないのか」

退職代行は、まさに自分を守る手段の一つ。

退職の意向は、自ら伝え進める必要があります。
何らかの理由で難しい場合は、代行業者を頼るのも一つです。

なぜなら、そのために退職代行サービスは存在するのだから。

【後悔しなかった事例2】バックレるより退職代行使った方がマシ

気楽な人

「お金を盗む夢見たんだけど、退職代行雇ったせいだな絶対、後悔してないしバックれるより100マシでしょ」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

次に2つ目の後悔しなかった事例が「バックレるより退職代行使った方がマシ」

すでに退職を決意した人の事例です。
退職の手段で「バックレ」より「サービス」を利用したほうが後々後悔しません。

なぜなら、バックレはリスクを伴う方法だから。
特に危険なのが「懲戒解雇処分」の対象になり得るということ。

安全に、かつスムーズに退職したいなら。
退職代行サービスを利用したほうが賢明で、後悔を残さずに退職できます。

関連記事:仕事をばっくれるとその後どうなる?【安全安心に退職できる方法あり】

【後悔しなかった事例3】会社とのやり取りもストレスもなく楽

パソコンを操作する人

「退職代行のここが良かった。・最短翌日退職・面倒で煩雑な手続きなし・クレイジー上司に会わなくて良い・なんなら電話すら必要ない・1日でも早く無職になれる。みんなも使おう退職代行!」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

3つ目の後悔しなかった事例が「会社とのやり取りもストレスもなく楽」

退職代行を利用する人(男性)の退職理由をみると。

  • 1位:精神的にきつい(23.7%)
  • 2位:体調不良(精神的)(17.3%)
  • 3位:人間関係がつらい(7.7%)

男性だけでなく女性も、ネガティブな理由が上位を占めています。

退職代行を利用すれば即日退職も可能。
仕事・会社にストレスを抱える人であれば、即使いたいサービスです。

つまりストレスから解放されるなら、まったく後悔しない手段だといえます。

【後悔しなかった事例4】親身になって対応してくれて心強い

パソコンを打つ女性

「パワハラ受けてた友人に使った退職代行は弁護士さんも事務員さんも、親身になってくれてめっちゃ良かったー。友人責任感ありすぎてシフト分働くっての、辞める権利ありますと止めてくれて。でも、働くと言ったら、パワハラ一切受けないように念書取ってくれて。その後有休消化してでした」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

転職活動中の女子

「最初は同期経由でグチグチ言ってきましたが、弁護士に頼んだので弁護士に報告したら黙りました!!その後はスムーズに書類とか来ましたよ」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

4つ目の後悔しなかった事例が「親身になって対応してくれて心強い」

退職を考えている人は、基本気持ちも落ち込んでいます。
そんなネガティブな状況の中、サポートしてくれるのも退職代行の役目。

退職に関して相談することで、決意も固まり前に進む勇気をもらえます。

おすすめの退職代行を3つ厳選し紹介しています。
今すぐサービスを利用したい方は、こちらから参考にしてみてください。

【後悔しなかった事例5】転職先がよき会社で早く行動しておけばよかった

女子学生1

「転職ガチャ最高に成功しました、、看護師の世界にこんな穏やかなところがあるん?ってくらい、、退職代行使ってまで辞めてよかった。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

在宅ワーク

「私は社会人2年目ですが、既に3社目です。同じ年代では多い方です。しかし、この選択に後悔はしてません。今の会社に入社出来て良かったと思ってます。会社を辞めたいと思ってる方、ぜひ1歩勇気を踏み出してください!今は退職代行というものもあります!その勇気があなたの人生を変えますよ!」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

そして5つ目の後悔しなかった事例が「転職先がよき会社で早く行動しておけばよかった」

早く退職しておけばよかった、という後悔です。
会社に留まってもメリットないなら、即行動に移すのが賢明。

今すぐ退職代行を利用したい方は、こちらから参考にしてみてください。

退職代行で後悔した人としなかった人の違いとは

退職代行で後悔した人退職代行で後悔しなかった人
  • サービス使って退社後に会社から損害賠償請求を受けた
  • 職場の人に失礼なことをしたと自己嫌悪
  • 上司や職場もよかったのに相談せず辞めて罪悪感
  • 後先考えず勢いで辞めてしまったがその後に後悔
  • 業界によっては退職の仕方まで共有されていることも
  • 自分を守るための一つの選択肢
  • バックレるより退職代行使った方がマシ
  • 会社とのやり取りもストレスもなく楽
  • 親身になって対応してくれて心強い
  • 転職先がよき会社で早く行動しておけばよかった

ここまで退職代行を利用した方々の後悔にまつわる体験談をまとめてきました。

改めて後悔した人・しなかった人の声を上の表にまとめます。
結局のところ退職代行で後悔した人としなかった人の違いとは何なのでしょうか?

結論からいえば「退職の判断基準が一時的な感情かどうか」

その時の衝動的な退職行為はほぼ後悔します。
なぜなら、先々のことが考えられておらず計画性もないから。

冷静かつ計画的に退職すれば、後悔することはありません。
また、退職代行を利用して後悔しない人の特徴もまとめてみると、

退職代行を利用して後悔しない人の特徴

  • 退職代行のサービス内容を確認して利用する人
  • 退職した後のことまで考えてサービスを利用する人
  • 本当に今、サービスを利用すべきか客観視できる人

感情を抑えきれず、突発的に利用するのはリスクが大きいです。
一度踏みとどまって冷静さを取り戻した後に、利用するかを考えましょう。

関連記事:会社が辛くて逃げたいなら逃げてもいい【理由と大事なのは逃げ方を知ること】

退職代行を使って失敗しないための注意点と対策

落ち込む人

「退職代行を利用して後悔した人としなかった人の違いは分かったけど、実際に利用する時は何に注意すればいい?」

ここでは退職代行を使って失敗しないための注意点と対策をまとめていきます。

【注意1】非弁行為(弁護士法違反)をする退職代行は避ける

まず1つ目の注意点が「非弁行為(弁護士法違反)をする退職代行は避ける」

非弁行為(弁護士法違反)とは何か?
弁護士法72条に該当する違反行為で条文が以下の通りです。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

簡単にいえば「弁護士のみ行える行為を弁護士以外の者が行うこと」

結果、報酬を得るようなことは弁護士法で禁じられています。
今回の退職代行サービスにおいて、非弁行為に抵触する可能性が高い行為は以下の通り。

非弁行為に抵触する可能性が高い行為

  • 有休取得の交渉
  • 給与の未払いに対する請求
  • 未払いの残業代に対する請求
  • 退職金の請求
  • 各種ハラスメントに対する慰謝料請求

他にも以下のような行為を行う業者は避けましょう。

  • 家族になりすまして代行する
  • 嘘をついて代行する
  • 弁護士資格がないにもかかわらず交渉を持ちかけて代行する

【注意2】退職代行は労働組合運営か顧問弁護士付きのサービスを選ぶ

次に「退職代行は労働組合運営か顧問弁護士付きのサービスを選ぶ」

注意1では避けるべき退職代行を紹介しています。
では、結局どの退職代行サービスを選べばいいのか?

答えが、「労働組合運営」か「顧問弁護士付き」のサービス。
なぜなら、これらのサービスを選べば会社との交渉が可能だからです。

退職に関する交渉は、労働組合か弁護士でなければできません。
かつ労働組合運営と謳っても、料金の振込先が株式会社になっている場合も注意。

必ず「労働組合運営」か「顧問弁護士付き」のサービスを選ぶようにしましょう。

【注意3】退職代行が行うサービス範囲は明確かしっかり確認しておく

サービスの内容に関して「退職代行が行うサービス範囲は明確かしっかり確認しておく」

非弁行為に抵触する可能性が高い行為

  • 有休取得の交渉
  • 給与の未払いに対する請求
  • 未払いの残業代に対する請求
  • 退職金の請求
  • 各種ハラスメントに対する慰謝料請求

上記の行為は弁護士資格がなければできません。
にも拘らず、民間企業が運営する退職代行サービスが行うのは違法行為。

退職代行が提供しているサービスが何なのか?
「できること」、「できないこと」をしっかりサービスページで明示されているか。

利用者本人が今一度、サービスの内容を確認することを強くおすすめします。

労働組合or弁護士が対応!安心のおすすめ退職代行サービス3選

【注意4】代行業者を使うのが心配な人は弁護士に退職代行を依頼する

そして「代行業者を使うのが心配な人は弁護士に退職代行を依頼する」

「民間業者」「労働組合」「弁護士」
それぞれの対応できる退職代行サービスの内容をまとめると、

【退職代行サービス】対応内容比較民間業者労働組合弁護士
会社に退職意志を伝える
退職手続きのサポートを受ける
会社に退職条件を告知してもらう
退職届を代わりに作成してもらう××
会社を辞めれない時に交渉してもらう×
残業代など会社に請求交渉してもらう×
離職票を会社に請求交渉してもらう×
賠償請求など裁判に対応してもらう××

比較表の通りで弁護士ならすべてのサービスが対応可能。
退職代行を利用するのが不安なら、弁護士に依頼するのが賢明といえます。

弁護士資格を有する退職代行で特におすすめなのが「弁護士法人みやび

もう失敗させない!退職代行サービスおすすめ3選

転職活動に成功2

「退職代行を使っても後悔しない!前に進みたい!どの退職代行がおすすめですか?失敗しないサービスを教えてほしい!」

早速もう失敗させない!退職代行サービスおすすめ3選をご紹介していきます!

以下の通り、おすすめの3社を比較表でまとめています。
個別にサービスの特徴や強みも解説していますので参考にしてみてください。

退職代行
サービス比較表
サービス内容特徴特典
退職代行Jobs ・24時間365日即日対応 ・顧問弁護士指導の適正業務実施 ・顧問弁護士監修 退職届テンプレート
・業務引継書テンプレート
・転職/求人サイト一覧
・次の人生を手に入れるWebセミナー
・その他利用特典多数
弁護士法人みやび ・24時間無料相談
(LINE、メール)
・即日円満退社可能
・全国どこからでも利用可
・以下の各種請求も交渉可
→有給消化
→残業代
→退職金
→未払い給与
・頼れる弁護士がフルサポート
退職代行SARABA ・相談回数無制限
・電話回数無制限
・24時間対応
・職歴関係なし
・即日退職可能
・労働組合が運営
・累計利用者数1万人突破
・行政書士監修の退職届プレゼン
・成功率98%の有給消化サポート
・無料転職サポート付き

【おすすめ1】退職代行Jobs

まず1つ目のおすすめ退職代行サービスが「退職代行Jobs」
(公式ホームページ:https://jobs1.jp

退職代行Jobsの特徴・強み

  • 労働組合と連携し進めるため会社との交渉が可能で安心
  • 他退職代行にない現金後払いもOK(他クレカやコンビニ決済も可)
  • 大手引越業者と提携し退職後の引っ越しサポートも充実

退職代行Jobsの利用に向いてる人

  • ストレスを感じることなく24時間以内に退職したい方
  • クレカなど支払い方法に不安がある方(現金で支払いたい)
  • 顧問弁護士指導など安心できる退職代行業者に依頼したい方

【おすすめ2】弁護士法人みやび

次に2つ目のおすすめ退職代行サービスが「弁護士法人みやび」
(公式ホームページ:https://taishoku-service.com

弁護士法人みやびの特徴・強み

  • 弁護士資格を有す頼れる弁護士が丁寧にフルサポート
  • 会社に対して給与や残業代の未払いや退職金を請求可能
  • 損害賠償請求など困難なケースにも迅速に対応可能

弁護士法人みやびの利用に向いてる人

  • プロの弁護士に依頼したい方
  • 給与や残業代の未払いがあって請求したい方
  • とにかく確実かつスムーズに円満退社したい方

【おすすめ3】退職代行SARABA

そして3つ目のおすすめ退職代行サービスが「退職代行SARABA」
(公式ホームページ:https://taisyokudaikou.com

退職代行SARABAの特徴・強み

  • 休日や深夜に限らず相談当日から退職代行可能
  • 職業(正社員・バイト)関係なく料金は一律24,000円

退職代行SARABAの利用に向いてる人

  • とにかく代行費用を安く抑えたい方
  • 気軽に依頼してストレスなく退職したい方

【参考情報】退職代行を使っておけばよかったと後悔する事例

「退職代行を使わずに退職、利用しておけばよかった!」
と後になって気づき、後悔する声も少なくありません。

実際にあった退職代行を使っておけばよかったと後悔する事例についてもまとめていきます。

【後悔する事例1】退職時の会社とのやり取りが精神的につらい

落ち込む人

「退職代行使わなかった事を若干後悔。短い期間とはいえ嫌いな上とやりとりすんのしんどいから話しかけたくない。でも今回の業務上絶対聞かなきゃ分かんない事あるし…クソ最悪」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

悩む女性

「退職代行頼めば良かったって後悔したし辞めてから1ヶ月経ってもゴタゴタしてたしおかげで半年くらいは寝たきりだったしメンクリまでは親の車&付き添いで強制搬送だった。あの期間は今思い出してもかなり頭おかしくなってたな。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

忙しい人

「初めから退職代行を利用すれば良かったと、今さら後悔。まだ会社と離れられていないこの期間、鬱の根源である会社と少なからずまだやり取りをしなくてはならないのが本当に苦痛でしかない。気持ち悪いし涙が出るし恐怖心がもの凄い…。一つの根源だけでこの世から消えたくなる」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

【後悔する事例2】無駄に消耗せず辞められる賢い選択が退職代行

疲れた女性

「前職は中年女性だけの職場で日本語よりいじめが主な言語だった。うつを始め不眠、適応障害etc…枷を持ち、親切な医師のナビゲートのお陰で実質上即日退職する方策を教えてもらって何とか社会復帰ができた。退職代行は、精神消耗を抑えてくれる賢い選択肢です。利用すればよかったと後悔しています。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

落ち込む人

「私事で今さらですが、退職代行に助けを求めればよかったなーと後悔しております。直接苦手な上司とやりとりをしなくて済むだけでとても気が楽になると感じました。「用済み」な感じが電話越しにもひしひしと伝わってきましたし…」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

【後悔する事例3】バックレるくらいなら退職代行を使った方がいい

落胆する人

「音信不通でバックれたけど会社が親に連絡しやがったせいでややこしいことになったな。退職代行使えばよかったと後から後悔。そんなこと考える余裕があの頃にはなかった昔の自分に教えてあげたい」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

【後悔する事例4】会社との交渉事はプロの業者に頼んだ方が安心

疲れた人

「ぼくも退職代行通した方が不当に色々給料引かれなくて済んだのかもって思うと割と後悔してる」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

落胆する人

「あれこれ意味わからない理由をつけてくる戦法ですね。。後悔しないように絶対やめてください。自分も過去辞めようしたけど残って大失敗したヤツです。辞めて知ったのですが、退職代行を使用すれば相手とやり取りせずスムーズに退職できるようです。ご参考までに。」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

【後悔する事例5】ストレスなく辞めたいなら退職代行も検討すべき

落ち込む人

「総務の人間に伝えていたのに専務に勝手に最終勤務日決められて強制出勤させられそうになったので、ちゃんと録音するかお金かかっても退職代行使うべきだったと後悔が残る」
引用: Twitter「退職代行 後悔」

まとめ:退職代行を使ってみたら後悔した事例・しなかった事例

退職代行を使ってみたら後悔した事例・しなかった事例をまとめてきました。

改めて、退職代行で後悔した事例・しなかった事例をまとめると、

退職代行を使ってみたら後悔した事例

  1. サービス使って退社後に会社から損害賠償請求を受けた
  2. 職場の人に失礼なことをしたと自己嫌悪
  3. 上司や職場もよかったのに相談せず辞めて罪悪感
  4. 後先考えず勢いで辞めてしまったがその後に後悔
  5. 業界によっては退職の仕方まで共有されていることも

退職代行を使っても後悔しなかった事例

  1. 自分を守るための一つの選択肢
  2. バックレるより退職代行使った方がマシ
  3. 会社とのやり取りもストレスもなく楽
  4. 親身になって対応してくれて心強い
  5. 転職先がよき会社で早く行動しておけばよかった

退職代行を使って「後悔する人」と「後悔しない人」
この違いは、「退職の判断基準が一時的な感情かどうか」

その時の衝動的な退職行為はほぼ後悔します。
なぜなら、先々のことが考えられておらず計画性もないから。

なぜ退職したいのか?そのために退職代行は必要か?

今一度考えて行動することで、後悔など抱かなくなります。
退職したい人は、退職代行サービスの力を無理せず借りましょう

ストレスから解放され、今までと変わらない普通の生活を取り戻せます。

労働組合or弁護士が対応!安心のおすすめ退職代行サービス3選

仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選