【退職で後悔】前の会社・仕事に戻りたい!未練がある時の3つの解決策
落ち込む人

「会社を辞めて早数か月。今では未練が残るほど退職を後悔してる・・・前の会社に戻りたい!でも不安も募る。解決策と同じ事を繰り返さないための対処法も教えてほしい。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「退職を後悔している方」や「今辞めるか悩んでいて退職したら後悔するのか調べている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①退職で後悔し未練がある時の解決策は3つだけ
②なぜ退職して後悔するのか?原因について
③でも退職してよかったと満足する人の割合は『9割』
④もう後悔しない!満足した退職となるための対処法

「退職」は会社員にとって大きな決断。
とても勇気のいる行動で、悩まない人などいません。

ただそんな中、退職を後悔する人もいるのは事実。
なぜ退職を決意したにも拘わらず後悔してしまうのでしょうか?

そして未練や不安を取り除く解決策はないのか?模索しています。

未練が残る退職への解決策と満足のいく退職となるための対処法まで詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

当ブログ管理人も退職し転職経験があります。とても不安はありましたが、退職に後悔などありません。退職で後悔する人、そうでない人には明確な違いがあります。この違いについても解説しながら情報をまとめていきます。」

退職で後悔し未練がある時の解決策は3つだけ

早速退職で後悔し未練がある時の解決策をまとめていきます。

解決策は以下の3つだけです。
これ以上の手段は存在しません、順番に内容を解説します。

  • 【解決策1】前の会社に戻って再雇用を受ける
  • 【解決策2】転職or起業して本当にやりたい事をする
  • 【解決策3】今の仕事を続けながらやりがいを見出す

【解決策1】前の会社に戻って再雇用を受ける

まず、退職前の会社に未練があるのであれば。
前の会社に戻って再雇用を受けるのが根本的な解決策です。

あなたはご存知でしょうか?
実は、出戻り社員(一度退職して再雇用した社員のこと)の割合は『7割』を超えています

『72%』もの企業が「再雇用したことがある」と回答。

再雇用する理由の多くは、
・即戦力を求めていたから
・すでに人となりも分かって安心だから

再雇用のメリットは大いにあるから企業も積極的に取り組んでいます。

また、当ブログ管理人の前職でも出戻り制度はありました。
「おかえりなさい制度」と呼ばれ、退職後1年以内の正社員なら無条件で再雇用するという制度。

退職したはいいもののやはり前の会社の方が良かった・・・
そんな時、前職に再雇用制度があるのであれば積極的に活用しましょう。

関連記事:【出戻りの現実】出戻り社員は嫌われる?失敗のリスク高くやめたほうがいい?

【解決策2】転職or起業して本当にやりたい事をする

前の会社に戻るつもりはない、でも退職は後悔している。
そんな方は転職or起業して本当にやりたい事をするのが解決策です。

前の会社に不満があって辞めてきた。
でも、今の会社でもやりたいことができず不満だけが募る。

ポイントは「明確なビジョンがある」ということ。
そして、ビジョンを叶えるための「環境を探している人」が対象です。

そのための解決策が転職もしくは起業になります。
両者とも現状から環境を変える最良の行動です。

転職を考えたら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、自己実現を叶えられる環境が揃った企業を紹介してるからです。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(WEB面談実施中)

また起業やフリーランス転身は昔に比べ敷居が低くなっています。
それは企業の副業解禁、社内起業家支援、インキュベーションなど制度導入の高まりが背景にあります。

特に「フリーランスエンジニア」の需要はますます高まっています。
適切な支援サービスを利用することで、あなたの「やりたい」は実現されます。

エンジニア経験者であれば、まずはエージェントに相談から始めましょう。
悩み続けても行動に移さなければ、後悔も先の将来への不安も解決できません。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

エンジニア未経験の方であればプログラミングスクールを検討されるのがおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職保証付きのおすすめプログラミングスクール3選

【解決策3】今の仕事を続けながらやりがいを見出す

退職に後悔するも転職するほどではない。
まだ気持ちに曖昧な状況であるなら今の仕事を続けながらやりがいを見出すのが解決策です。

内閣府調査によると離職理由で特に多いのは「仕事関連」
「仕事関連」のなかでも特に多いのが「仕事が自分に合わなかったため」で『43.4%』

つまり、仕事のやりがいや会社の中でも存在意義が見出せていないのが最大の原因とも言えます。

やりがいが分かっていない状況で再び転職しても同じことの繰り返しです。
まずは自分自身の得意な分野や熱中できるものは何なのか?客観的に理解するのが大切になります。

関連記事:あなたは大丈夫?仕事のミスマッチで辞める人の特徴【対処法も提示】

なぜ退職したのに後悔するのか?原因について

退職で後悔し未練がある時の解決策をまとめてきました。

が、そもそもなぜ退職したのに後悔するのか?
自らの意思で退職という大きな決断をしたにも拘わらず後悔するのでしょうか。

退職で後悔する悩みはYahoo!知恵袋(ネット掲示板)に「16,000件」以上も投稿されています。

中には退職の後悔からうつ病になったという投稿もあります。

なぜ退職したのに後悔するのか?
この最大の原因は「期待と現実のギャップがあまりに大きかったため」です。

つまり、退職して新しい環境が手に入る(期待)前の会社の方が良かったor期待ほどの転職先ではなかった(現実)とのギャップが「後悔」を生じさせる原因になっています。

具体的にどのような状況で起こり得るか。
原因の詳細をまとめていきますので退職を検討中の方も参考にしてみてください。

  • 【原因1】感情に任せて勢いで辞めてしまった
  • 【原因2】前の会社と転職後の会社を比較した結果

【原因1】感情に任せて勢いで辞めてしまった

落ち込む人

「工場勤務していたのですが3ヶ月で勢いで退職してしまいました。今は営業の仕事をしているのですが退職を物凄く後悔しています。」
出典: Yahoo!知恵袋「退職 後悔」

ネット掲示板でも特に多いのが「感情に任せて勢いで辞めてしまった」

  • 希望しない仕事内容
  • 馬の合わない上司や後輩
  • 気に食わない経営方針を掲げる経営者

後先考えず一時の感情のみで退職を決断。
しかし、蓋を開けてみたら後悔だけが残る「後の祭り状態」

これらの原因を実感した経験者が、口を揃えて話すことは「もう少し頑張っておけばよかった」

退職という大イベントにおいて、勢いに任せるのは危険です。
周到な準備と覚悟がなければ、安易に退職など考えない方が吉と言えます。

関連記事:会社員に向いてない社会人は仕事どうすれば?【サラリーマンの特徴から結論は1つ】

【原因2】前の会社と転職後の会社を比較した結果

落ち込む人

正に今、前の職場に戻りたいと切実に思ってます・・・ずっと辞めたい!と思ってた職場を数ヶ月前に辞めたんだけど、就活初めていくつか内定貰って試用期間やったけど結局次の仕事がなかなか決まってない。辞めてから色んな求人見たり試用期間でお試ししてみて、いかに前の所が人間関係や労働条件(通勤含めた拘束時間や休日など)がいい方だったか実感してる。」
出典: ガールズちゃんねる

特に多い原因が「前の会社と転職後の会社を比較した結果」

  • 人間関係
  • 労働環境
  • 待遇や働き方
  • 年収や福利厚生の充実

あらゆる条件を人は比較します。
比較した結果、以前の環境がよかったと考えることが多々あります。

天秤にかけた結果、前の会社の方が良かったと後悔。

しかし、転職先をリサーチすればこれらの後悔は軽減可能です。
むしろ転職してすぐに後悔するのはリサーチ不足と言わざるを得ません

職場環境に関する後悔でも、面接時やオファー面談時に社内の雰囲気、職場の人間関係を直接確認できます。

転職前に企業の情報をいかに入手できるか。
そのための偏らない情報収集能力が問われます。

関連記事:【失敗談】30代で転職した私の挫折経験【解決法と面接の質問への回答例】

でも退職してよかったと満足する人の割合は『9割』

退職しても後悔する人がいます。
しかし退職してよかったと満足する人も当然います。

どれくらいの人が退職に満足しているのか?
ビジネス系ユーチューバーで人気のイケハヤさんが、以下Twitterでアンケート調査を実施。

その結果、
「退職して良かった」と回答した投票数は「4,805票」
「後悔している」と回答した投票数は「600票」

割合で見たら後悔してない割合が『89%』!
実に『9割』もの人が退職して良かったと回答しています。

退職して転職に成功したと感じる割合

イケハヤさんの個人的なTwitter調査だけでなく世論でも調べてみます。

マーケティングリサーチ大手のマクロミルが調査した「退職して転職に成功したと感じる割合」では、

16.4%:「成功した」
57.4%:「どちらかというと成功した」
20.0%:「どちらかというと失敗した」
6.1%:「失敗した」

「成功した」と感じる割合は実に『7割以上』を占めています。
(調査対象は20~40代の男女1,034名と幅広く調査)

つまり、退職で失敗したor不満足と感じる割合は少数意見と言えます。

しかし退職に失敗してしまう人がいる。
その最たる原因は「期待と現実のギャップ」にあります。

関連記事:仕事は好きでも会社や職場が嫌いだから辞めたい?【←正解!その理由とは】

未練を残さないコツは「ミスマッチを減らす努力をする事」

退職で後悔する人もいれば満足する人もいます。

改めてこの違いは何なのか?
その答えは「期待と現実のギャップがあまりに大きかった」ことが最大の原因です。

そして、原因究明に繋がる未練を残さないコツが「ミスマッチを減らす努力をする事」

会社情報や企業分析、面接対策、選考実施に向けた自己分析など。
あらゆる「情報」を得て「リサーチ・分析」できるかがミスマッチ軽減に繋がります。

転職前の努力が、その後の将来に大きく影響していきます。

では具体的な何をすればいいのか?
次章にミスマッチを軽減し、後悔しない退職に繋がる対処法をまとめていきます!

もう後悔しない!満足した退職となるための対処法

新卒女子

「もう後悔しない!退職で後悔しないための対処法は何があるの?」

ここからは満足した退職となるための対処法を解説していきます。

自己を見つめ直し、進むべき方向性を定めて、有効な行動を取る。
間違っても、勢いや感情に任せて退職に踏み切るのは辞めましょう。

何事も「準備」と「決断」が重要になってきます。

  • 【対処法1】自分は何がやりたいのかを自己分析する
  • 【対処法2】転職希望先の企業研究を徹底する
  • 【対処法3】希望にマッチした求人提案を受ける

【対処法1】自分は何がやりたいのかを自己分析する

まず、自分は何がやりたいのかを自己分析しましょう。

自己分析から進むべき方向性は見えてきます。
ただ自己分析の肝は客観性、つまり自身の魅力を相手にPRできるかが大事になります。

とはいえ自己分析は簡単なものではありません。
そこで自己分析に有効かつ便利な転職アプリがあります。

それが個人ユーザー44万人以上が利用する転職サービス診断アプリの「ミイダス


『ミイダス』は、あなたの経歴や今まで培ってきた経験、スキルと7万人の転職データを元にあなたの市場価値(想定年収と求人数)をデータ分析。より自分にマッチしたオファーを受け取ることができ、かつ企業からの直接オファーも届く市場価値診断アプリとなっています。

無料登録後、簡単にあなたの市場価値を確認することが出来ます。
調べることで自信になったり、今後の転職活動の有効なツールにもなるかと思います。

『ミイダス』であなたの市場価値を無料で確認したい方はコチラ!
【ミイダスの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【対処法2】転職希望先の企業研究を徹底する

次に転職希望先の企業研究を徹底しましょう。

企業研究の目的は様々ですが、一つにミスマッチの軽減が挙げられます。
ミスマッチの原因は「期待と現実のギャップ」であり、リサーチ不足によって起きているといえます。

つまり、自ら企業研究を重ねることでミスマッチの確率は下げることが可能です。

企業研究に役立つのが、情報が集約されている「企業の口コミサイト」
特におすすめは「300万件以上」の口コミが掲載されて無料で利用できる「転職会議

東証一部上場企業の『リブセンス』が運営するサービス【転職会議】
登録会員数は「700万人以上」。企業で働く社員、元社員が実際に働いて感じた口コミ「300万件以上」を掲載!掲載企業数も「400万社」を超えている豊富な情報が満載。登録料、利用料は一切かからず、無料会員登録後すぐに口コミ検索から企業の内部を知ることができます!失敗しない転職を叶えたい方におすすめの口コミサイト。求人情報も「17万件以上」を掲載し、口コミを見ながら求人も合わせて閲覧できる非常に便利なサービスになります。

【対処法3】希望にマッチした求人提案を受ける

そして希望にマッチした求人提案を受けましょう。

個人で求人を探すとなると限界があります。
転職のプロに相談し、ヒアリングから希望にマッチした求人提案を受けた方が確実かつスピーディーです。

転職のプロというのが『転職エージェント』

求人提案以外にも面接対策や書類添削など。
転職活動時にサポートを受ける事で選考突破に役立つ情報が満載です。

転職エージェントが提供するサービスは全て無料。
利用しない手はありません、私がこれまで利用してきた中で特に質の高かった3社を厳選しご紹介します。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(WEB面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:退職で後悔しないためには徹底した準備が必要

退職で後悔し未練がある時の解決策と対処法に関する情報をまとめてきました。

改めて解決策と原因に対する対処法をまとめると

【解決策1】前の会社に戻って再雇用を受ける
【解決策2】転職or起業して本当にやりたい事をする
【解決策3】今の仕事を続けながらやりがいを見出す
【原因】期待と現実のギャップがあまりに大きかった
【対処法1】自分は何がやりたいのかを自己分析する
【対処法2】転職希望先の企業研究を徹底する
【対処法3】希望にマッチした求人提案を受ける

退職で後悔するのは準備不足と言えます。

前職に未練があるなら「再雇用制度」を設ける企業もあります。
転職先企業にも魅力がなければフリーランスという道もあります。

あらゆる観点から情報を収集し、精査した上で進むべき方向性を決めましょう

情報収集にはまずは「転職エージェント」を利用しましょう。
転職のプロが転職ノウハウをもとに的確なアドバイスをしてくれます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(WEB面談実施中)