20代女性に人気の仕事ランキングTOP5!おすすめの転職サイトも6つ紹介
転職活動中の女子2

「20代女性に人気の仕事に転職したい!どんな仕事が今は人気?満足度の高い、注目の職種って何だろう?ランキングで教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「人気の仕事を探して転職したい20代女性の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 20代女性に人気の仕事ランキングTOP5
  2. 女性20代(前半・後半)が選ぶ仕事の特徴と傾向
  3. 20代女性の仕事選びは一人で悩むよりプロに相談が賢明
  4. 20代女性の仕事探しにおすすめの転職サイト6選

結婚・出産・子育てと様々なライフイベントを経験する女性。

本記事では20代女性に人気の仕事をランキング形式で詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「20代女性の仕事探しにおすすめの転職サイトもご紹介していきます。今まさに仕事を探している20代女性の方は、ぜひ参考にしてみてください!」

20代女性に人気の仕事ランキングTOP5

早速20代女性に人気の仕事ランキングTOP5についてまとめていきます!

人気の仕事を選定するにあたり以下条件を設定。
当ブログ管理人の主観ではなく客観的な評価に基づき選定するのが目的です)

そして総合的に判断した結果の仕事ランキングが以下の通り。
これら職種(仕事)の特徴と仕事に向いてる20代女性の方の特徴まで解説していきます!

20代女性に人気の仕事ランキングTOP5

  1. 事務職(事務・アシスタント系)
  2. Webデザイナー(Web・クリエイティブ系)
  3. ITエンジニア(IT・技術系)
  4. Webマーケター(企画・マーケティング系)
  5. 総務・秘書(管理部門系)

1位:事務職(事務・アシスタント系)

堂々の1位は事務・アシスタント系の代表職種「事務職」

未経験から事務職の就業を目指したい方は事務職専門の求人サイト『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい方におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

20代女性以外かつ全国の事務職求人を見たい方なら業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

2位:Webデザイナー(Web・クリエイティブ系)

2位はWeb・クリエイティブ系で特に人気の「Webデザイナー」

クリエイティブ職の実務経験がありWebデザイナーに興味がある方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削や関連サービスは評判が高いおすすめのサービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならオンラインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

3位:ITエンジニア(IT・技術系)

3位はIT・技術系で特にスタンダードな職種「ITエンジニア」

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

4位:Webマーケター(企画・マーケティング系)

4位は企画・マーケティング系の中で柔軟な働き方が可能な「Webマーケター」

Webマーケターに転職したい方は「ギークリー」の利用がおすすめです。

Web・IT業界に特化した転職エージェント。
常時1万件以上の求人の中から、経験豊富なキャリアアドバイザーが提案してくれます。

『ギークリー』公式ホームページはこちら!
【ギークリーの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気。
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

5位:総務・秘書(管理部門系)

そして5位が管理部門に属す「総務・秘書」

管理部門への転職を目指したい方は転職エージェント「パソナキャリア」の利用がおすすめです。

25万人の転職成功実績&オリコン顧客満足度調査で3年連続1位を獲得。
専任キャリアアドバイザーが面接対策から書類添削まで手厚くフォローしてくれます。

『パソナキャリア』公式ホームページはこちら!
【パソナキャリアの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

女性20代(前半・後半)が選ぶ仕事の特徴と傾向

ここまで20代女性に人気の仕事をランキング形式でご紹介してきました。

仕事に悩む人

「人気の仕事ランキングは分かったけど、なんでこれらの仕事が人気なの?20代女性が選ぶ仕事には特徴や傾向があるのかな?今後の仕事選びの参考にしたい!」

ここでは女性20代(前半・後半)が選ぶ仕事の特徴と傾向についても解説していきます。

【特徴1】接客系よりクリエイティブ系の仕事が人気

まず1つ目の特徴が「接客系よりクリエイティブ系の仕事が人気」

【Q.転職するとしたら、同じ職種がいいですか?違う職種がいいですか?】

上図が女性の転職事情を聞いたアンケート調査になります。

調査から以下2つの結果が得られます。

  • Webやエンジニアなどのクリエイティブ系に就く女性の4割以上が「同じ職種がいい」と回答
  • 一方、営業や販売などの接客系に就く女性の約半分が「違う職種がいい」と回答

結果の通り、接客よりクリエイティブ職を選ぶ女性が多いことが傾向としてあります。

なぜこのような傾向が見られるのか?
理由の一つに「手に職」の重要性を感じる女性が増えていることが挙げられます。

『約9割』もの女性が「手に職をつけたい」と回答。
(現在手に職がついてないと考える人の割合は6割以上)

これら手に職を意識する背景には不安定な経済市況があります。
不況のあおりに左右されない職選びや収入アップ・転職のしやすさが理由として挙がっています。

つまり、客観的に評価されやすいスキル習得に励む女性が増えていることがうかがえます。

関連記事:【未経験OK】Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント・転職サイト22選

【特徴2】在宅ワーク可能な仕事に働き方をシフト

2つ目の特徴が「在宅ワーク可能な仕事に働き方をシフト」

女性の『49.6%』が「働き方の改善」を理由に転職を選んでいます。

働き方の中でも特に意識されるのが「在宅ワーク」
在宅ワークの推進は女性の社会進出、ライフワークバランスの充実に効果があると示唆されています。
(出典:総務省「女性の就業とテレワークの可能性に関する調査研究」

実際、在宅ワークをポジティブに捉える女性は多いです。
特に20代女性の『59.7%』は「在宅勤務が普及すると女性の活躍は進むと思う」と回答。

つまり、女性の社会進出やキャリアアップの観点からも在宅ワークといった柔軟な働き方は重要。
そして、それら柔軟な働き方を取り入れる会社・業界が今回のランキング上位に入る仕事群になります。

関連記事:在宅ワークを探すのにおすすめサイト14選【主婦・大学生・ニート・未経験向け】

【特徴3】将来を見据えて長く働くための転職を重視

そして3つ目の特徴が「将来を見据えて長く働くための転職を重視」

結婚・出産・子育て・介護とライフイベントの多い女性の生涯。

そんなライフイベントを見据えた転職が重視されています。
キーワードは「長く働く」、2つの観点から合致する仕事に人気が集まっています。

・手に職をつけたい
・ワークライフバランスを重視

ワークライフバランスを意識した仕事選びが鮮明。
仕事をする上で目指しているものは20代女性は「仕事はなるべく定時で終わらせたい」
(出典:リビングくらしHOW研究所「働く女性(20代・30代独身)の実態・意識調査レポート」

そのために転職から理想の生活を手に入れたい女性が多い傾向にあります。

関連記事:事務職に向いてる人の性格12選【向いてない性格と必要な資格・スキルも解説】

20代女性の仕事選びは一人で悩むよりプロに相談が賢明

【初めて転職するにあたって不安なことは何ですか?】

20代で転職を考える女性は増える傾向にあります。
(出典:Work it!「ライフイベントにあわせた女性の働き方」

それは、将来を見据えての転職が目的です。
給料を上げて、キャリアアップを目指す女性が多い。

また仕事と家庭を両立できる制度が現職にないために転職を選ぶ女性も多いのも事実。
(出典:マイナビ「女性活躍の現状」

しかし、転職したいが自分の適職が分からない。
上記データの通り、『5割以上』の女性が転職に悩む実態があります。

つまり、20代女性の仕事選びは一人で悩むよりプロに相談が賢明だといえます。

仕事選びのための自己分析に迷ったら気軽に相談をおすすめします。
なぜなら、一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あるからです。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

20代女性の仕事探しにおすすめの転職サイト6選

ここでは20代女性の仕事探しにおすすめの転職サイト6選をご紹介していきます。

【転職サイト1】リブズキャリア

公式ホームページ:https://career.prismy.jp

【転職サイト2】リクルートエージェント

公式ホームページ:https://www.r-agent.com

リクルートエージェントの特徴・強み

  • 転職支援実績No.1の転職エージェント業界最大手
  • 非公開求人を含めた総求人数は20万件超えと業界最多クラス
  • 内定獲得まで実績豊富なアドバイザーによるフルサポート体制

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【転職サイト3】JACリクルートメント

公式ホームページ:https://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメントの特徴・強み

  • 43万人を超える転職支援実績を誇るハイクラス転職に特化したエージェント
  • 総勢約1200名のコンサルタントが在籍する東証一部上場企業が運営のサービス
  • 国内大手・外資系・海外進出企業の管理職・専門職への転職をサポート

『JACリクルートメント』公式ホームページはこちら!
【JACリクルートメントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【転職サイト4】リクナビNEXT

公式ホームページ:https://next.rikunabi.com
Webマーケ求人数:4,311件

リクナビNEXTの特徴・強み

  • 日本最大級の会員数を誇る転職サイト
  • 転職者の約8割が利用する転職決定数No.1サイト
  • 9割以上が正社員求人かつ約85%がリクナビネクスト限定求人

『リクナビNEXT』公式ホームページはこちら!
【リクナビNEXTの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【転職サイト5】ビズリーチ

公式ホームページ:https://www.bizreach.jp
Webマーケ求人数:3,729件

ビズリーチの特徴・強み

  • 1/3以上が年収1000万の求人を扱うハイクラス転職サイト
  • 8割以上スカウト経由で転職に成功
  • 登録ヘッドハンター数4600人&採用企業数15500社

『ビズリーチ』公式ホームページはこちら!
【ビズリーチの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【転職サイト6】パソナキャリア

公式ホームページ:https://www.pasonacareer.jp

パソナキャリアの特徴・強み

  • オリコン顧客満足度調査にて3年連続No.1を獲得(2019~2021年)
  • 25万人の転職成功実績から得た転職ノウハウで徹底サポート
  • 各業界の専任キャリアアドバイザーによる緻密なアドバイス

『パソナキャリア』公式ホームページはこちら!
【パソナキャリアの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

まとめ:20代女性に人気の仕事ランキングとおすすめの転職サイト

20代女性に人気の仕事ランキングとおすすめの転職サイトをまとめてきました。

改めて20代女性に人気の仕事ランキングをまとめると、

20代女性に人気の仕事ランキングTOP5

  1. 事務職(事務・アシスタント系)
  2. Webデザイナー(Web・クリエイティブ系)
  3. ITエンジニア(IT・技術系)
  4. Webマーケター(企画・マーケティング系)
  5. 総務・秘書(管理部門系)

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選