在宅ワークを探すのにおすすめサイト14選【主婦・大学生・ニート・未経験向け】
パソコンを打つ女性

「在宅ワークをしたい!そのためには仕事を探さないといけないけど、どこから探せばいい?在宅ワークの仕事を発注するおすすめのサイトはありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「在宅ワークを探している主婦・大学生・ニート・未経験の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 在宅ワークを探すのに便利なサービスサイトについて
  2. 在宅ワークを探すのにおすすめサイト14選
  3. 在宅ワークはスキル次第で月収20万円以上も可能
  4. 在宅ワークに取り組む上で気をつけるべき注意点

未経験者の実に6割以上が在宅ワークという働き方に興味を持っています。
(出典:@Press「在宅ワークの経験に関する意識調査」

そして需要の高まりに合わせてサービスも拡大。
今では多くの在宅ワークの仕事を探せるサイトが存在します。

ただ増えるのは嬉しいもののどれを使えばいいのか?
情報が増える弊害に、本当におすすめのサイトが埋もれてしまうのはありがちです。

本記事では主婦・大学生・ニート・未経験向けの在宅ワークを探すのにおすすめサイトを詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「在宅ワークのおすすめサイトを比較表を用いて分かりやすくまとめていきます。また、在宅ワークに取り組む上での注意点も解説するので、これから取り組む予定の方もぜひ参考にしてみてください。」

在宅ワークを探すのに便利なサービスサイトについて

まず初めに在宅ワークを探すのに便利なサービスサイトについてです。

ここでご紹介する在宅ワークを探せるサイトというのは、

  • クラウドソーシングサービス
  • マッチングプラットフォーム
  • シェアリングエコノミーサービス

一言でいえば、仕事の発注者と受注者を繋げるインターネットマッチングサイト。

発注者とは、個人や法人の企業。
受注者が仕事を探す在宅ワーカーのことを指します。

スキルを売り買いするプラットフォーム。
なので、一般的な仕事を探して応募する求人サイトとは違います。

具体的な在宅ワークの仕事の種類。
家でできる仕事を探している方は以下関連記事も合わせてご覧ください。

関連記事:家でできる仕事おすすめ25選【自宅にいながら稼げる副業と便利な資格も紹介】

在宅ワークを探すのにおすすめサイト14選

では早速在宅ワークを探すのにおすすめサイト14選をまとめていきます!

悩む女性

「在宅ワークで怪しくないサイトとかオススメがあったら教えていただきたいです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

在宅ワークをしたいけど怪しいサイトが多い
何を使えばいいのか?探し方も分からない!

そんな方に在宅ワークにおすすめのサイトをご紹介!

【在宅ワークにおすすめ1】クラウドワークス

「クラウドワークス」

【在宅ワークにおすすめ2】Bizseek(ビズシーク)

「Bizseek(ビズシーク)」

【在宅ワークにおすすめ3】コールシェア

「コールシェア」

【在宅ワークにおすすめ4】スマモニ

「スマモニ」

【在宅ワークにおすすめ5】WorkAny(ワークエニー)

「WorkAny(ワークエニー)」

【在宅ワークにおすすめ6】ランサーズ

「ランサーズ」

【在宅ワークにおすすめ7】ココナラ

「ココナラ」

【在宅ワークにおすすめ8】クラウディア

「クラウディア」

【在宅ワークにおすすめ9】ist(イスト)

「ist(イスト)」

【在宅ワークにおすすめ10】SKIMA(スキマ)

「SKIMA(スキマ)」

【在宅ワークにおすすめ11】サグーワークス

「サグーワークス」

【在宅ワークにおすすめ12】ママワークス

「ママワークス」

【在宅ワークにおすすめ13】ブログルポ

「ブログルポ」

【在宅ワークにおすすめ14】SHINOBIライティング

「SHINOBIライティング」

在宅ワークはスキル次第で月収20万円以上も可能【根拠資料あり】

ここまで在宅ワークを探すのにおすすめサイトを解説してきました。

様々な在宅ワークに適したおすすめをまとめています。
ただ、結局いくら稼げるのか?どうすれば大きく稼げるのか?

在宅ワークによる稼げる金額を気にする人は多いです。
結論からいえば、在宅ワークはスキル次第で月収20万円以上も可能

以下厚労省が公表する調査資料をご覧ください。
在宅ワークによる「月収20万円以上」稼いでる人の割合は『36%』

最も多い「5万円以下」の割合でも『27.7%』と差があります。
(情報が古いので直近の調査資料を確認すると概ね近似値)

ただし大きく稼ぐにはスキルが必須です。
なぜなら、在宅ワークの基本はスキルの売り買いで仕事が成立するから。

つまり、高度なスキルを持つ人にはそれ相応の仕事が集まるということです。

稼げる在宅ワークの共通点は2つ。

・需要の高い仕事
・スキルを必要とする仕事

未経験からでも始められるのがメリットの在宅ワーク。
それ以上稼げ目標を掲げるなら需要の高いスキル習得は必須。

在宅ワークで大きく稼ぎたい方はスクールの受講がおすすめです。
特におすすめはレッスン数が800を超える人気の「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミーの評判が気になる方。
他のスクールとの比較情報も確認したい方も以下関連記事も合わせてご覧ください。

関連記事:ヒューマンアカデミーの評判は悪い?【口コミと他資格取得の比較からメリットを検証】

在宅ワークに取り組む上で気をつけるべき注意点

ここでは在宅ワークに取り組む上で気をつけるべき注意点についてまとめていきます。

【注意1】最低限のPCスキルは必須

「最低限のPCスキルは必須」

『キャリカレ』無料資料請求はこちら!
【キャリカレの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【注意2】作業にはスマホではなくパソコンを必ず使う

「作業にはスマホではなくパソコンを必ず使う」

関連記事:パソコンを使う仕事がしたい!おすすめ職業15選【高収入&未経験可を厳選紹介】

【注意3】ネット環境は無線LAN(Wi-Fi)ではなく有線LANを準備する

「ネット環境は無線LAN(Wi-Fi)ではなく有線LANを準備する」

関連記事:リモートワーク希望のエンジニアにおすすめ転職サイト15選【フリーランス求人あり】

【注意4】好きより得意を活かせる仕事選びがおすすめ

「好きより得意を活かせる仕事選びがおすすめ」

関連記事:タイピングの仕事に未来はない【理由とスキルを活かした将来性ある職選びを提案】

【注意5】納期に注意しながら無理のない範囲で取り組む

「納期に注意しながら無理のない範囲で取り組む」

【注意6】仕事内容で不明点あれば必ず発注者に質問する

「仕事内容で不明点あれば必ず発注者に質問する」

【注意7】守秘義務を守りコンプライアンスを意識する

「守秘義務を守りコンプライアンスを意識する」

【注意8】サービスサイトは安全でも仕事単体には注意が必要

「サービスサイトは安全でも仕事単体には注意が必要」

まとめ:在宅ワークを探すのにおすすめサイト14選

主婦・大学生・ニート・未経験向け在宅ワークを探すのにおすすめサイトをまとめてきました。

改めて在宅ワークを探すのにおすすめサイトをまとめると、

在宅ワークを探すのにおすすめサイト

  1. クラウドワークス
  2. Bizseek(ビズシーク)
  3. コールシェア
  4. スマモニ
  5. WorkAny(ワークエニー)
  6. ランサーズ
  7. ココナラ
  8. クラウディア
  9. ist(イスト)
  10. SKIMA(スキマ)
  11. サグーワークス
  12. ママワークス
  13. ブログルポ
  14. SHINOBIライティング