ノマドワーカーに適した職種10選と向いてる人の特徴【スキルなし未経験も厳選紹介】
仕事に悩む人

「ノマドワーカーになりたい!なるためにどんな職種を選ぶべき?ノマドワークに向いてる人の特徴もあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ノマドワーカーになるべく最適な職種を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. ノマドワーカーに適した職種10選
  2. ノマドワークに適した働き方
  3. ノマドワーカーのメリット・デメリット
  4. ノマドワーカーに向いてる人の特徴5選
  5. ノマドワーカー転身前に習得しておきたいスキル
  6. ノマドワークの職種実践時に注意すべき点
  7. ノマドワーカーに向いてない人への対処法

「ノマドワーカー」とは「一つの場所に留まらない働き方」

つまり、真に解放された人生が待っています。
そのためにも職種選びは非常に重要になってきます。

さらにノマドワークの働き方には向き不向きもあります。
向かないのに一過性の快楽のみで選んでしまえば不幸の末路が待っています。

体験談と客観的情報からノマドワーカーに適した職種と働き方に関する注意点を解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

当ブログ管理人もノマドワーカーの経験あり。ノマドワーカー転身前に習得しておきたいスキルもまとめていきます。今まさにノマドワーカーの職種を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

ノマドワーカーに適した職種10選

早速ノマドワーカーに適した職種10選をまとめていきます!

最適な職種を厳選するにあたり以下条件を設定。

職種の選定条件

  • 男女関係なく取り組める職種
    (⇒ 性差問わずスキル次第で高収入も実現可能な仕事)
  • 単身世帯の月平均支出額より多く稼げる職種
    (⇒ 総務省調べから支出15万円以上を稼ぎ生活水準を維持するため)
  • ノマドワークに適した働き方に合致した職種
    (⇒ こちらの働き方に該当する仕事がノマドワークの共通点)

これらに合致したノマドワーカーに適した職種が以下の通り。
職種の共通点は、ネットを活用した「Webビジネス」になります。

ノマドワーカーに適した職種10選

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. Webデザイナー
  4. Webマーケター
  5. フリーランスエンジニア
  6. 翻訳家
  7. ユーチューバー
  8. ブロガー
  9. SEOコンサル
  10. オンラインサロン運営

仕事の内容やおすすめのポイントなど順番に解説していきます!

【職種1】Webライター

「Webライター」

【職種2】動画編集

「動画編集」

【職種3】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【職種4】Webマーケター

「Webマーケター」

【職種5】フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

【職種6】翻訳家

「翻訳家」

【職種7】ユーチューバー

「ユーチューバー」

【職種8】ブロガー

「ブロガー」

【職種9】SEOコンサル

「SEOコンサル」

【職種10】オンラインサロン運営

「オンラインサロン運営」

ノマドワークに適した働き方

「ノマド(nomad)」とは英語で「遊牧民」という意味。
場所に縛られず、働く環境を自由に変えられる働き方になります。

上図のように自営で遠隔取引可能な働き方がノマドワーカーに分類されています。

では具体的にどのような働き方がノマドワークに適すのか?
ノマドワークに適した働き方について解説していきます。

【働き方1】取引はネット完結の職種

まず1つ目の働き方が「取引はネット完結の職種」

関連記事:ネットでできる仕事がしたい!おすすめ15選と仕事探しに役立つ求人サイトも紹介

【働き方2】リモートワーク可能な職種

次に2つ目の働き方が「リモートワーク可能な職種」

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

【働き方3】プロジェクト単位で動く職種

そして3つ目の働き方が「プロジェクト単位で動く職種」

関連記事:場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】

ノマドワーカーのメリット・デメリット

仕事に悩む人

「ノマドワーカーの職種は分かったけど、ノマドワーカーになるメリットは何なのか?」

会社員との比較からノマドワーカーのメリット・デメリットを以下表にまとめます。

比較表メリットデメリット働き方の違い
ノマドワーカー 自由(人間関係・場所・時間)
出会い
好きなことに没頭
足るを知る者は富む
様々な文化や価値観に触れられる
今までの常識が常識ではなくなる
仕事の時間より移動時間が多いことも
移動による出費と疲労は計り知れない
収入が安定しづらい
環境適応が問われる
一人で仕事
成果主義型
会社員 一定の給料が支給される 1日8時間労働が当たり前 チームで仕事
時間管理型

ノマドワーカーに向いてる人の特徴5選

ここまでノマドワーカーの職種や働き方について解説してきました。

仕事に悩む人

「適した仕事は分かったけど、結局のところ私はノマドワークに向いてる?どんな人がノマドワーカーに向いてるのかな?」

ここではノマドワーカーに向いてる人の特徴5選についてまとめていきます。

【特徴1】目的意識が高く自己管理できる人

「目的意識が高く自己管理できる人」

いったい何のためにノマドワークするのか?
明確なビジョンなり、目的意識がないと失敗する。

なぜなら、すべてが自己責任だから。

ただ満員電車が嫌いだから。
という「逃げ」た先にノマドを選択する場合、ほぼ間違いなく失敗します。

【特徴2】クライアントワークができる人

「クライアントワークができる人」

結局、旅優先ではなく現地で仕事をするわけで。
クライアントワークが多いので旅優先の人は厳しい
場所が変わってもクライアント優先に仕事ができるかどうか。

【特徴3】体力があって移動に抵抗ない人

「体力があって移動に抵抗ない人」

【特徴4】一人の時間を楽しめて孤独を苦に感じない人

「一人の時間を楽しめて孤独を苦に感じない人」

【特徴5】エネルギッシュで好奇心旺盛な人

「エネルギッシュで好奇心旺盛な人」

ノマドワーカー転身前に習得しておきたいスキル

現地入りして困らないように!
必須ではないが準備していて損はない。

ノマドワーカー転身前に習得しておきたいスキルをご紹介していきます!

【スキル1】Webスキルの習得

まずはじめに習得すべきが「Webスキルの習得」

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【スキル2】案件受注のための提案力

次に「案件受注のための提案力」

リモートワーク可能な案件を受注できなければ仕事もできず、
ノマドワークもできなくなります。
なのでポートフォリオは作成しておく
クラウドソーシングなどを使って実際に提案力を養っておくのがおすすめ。

おすすめのサービスは日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス

仕事発注数は570万件と国内シェアNo.1クラウドソーシングサービス!
ライティングの仕事も常時10万件以上の仕事が発注されています。

【スキル3】コミュニケーションツールへの適応

「コミュニケーションツールへの適応」

オンライン上で取引が行われる。
なので、ZOOM、スカイプ、チャットツールなどのデジタルプラットフォームは適応しておきたい。

【スキル4】日常会話レベルの外国語習得

「日常会話レベルの外国語習得」

海外ノマドを希望する場合は習得必須。
いまやポケトークや優れた翻訳機はあるものの話せるに越したことはない。

【スキル5】セルフマネジメントの徹底

「セルフマネジメントの徹底」

自分の人生、優先すべきことは何か?
強い信念や実現したい目的に対する目標。

周囲の意見や態度に流されてはノマドワークは実現不可能。

「自分は自分で、他人は他人」
「他人の常識は、自分の非常識」

心の自己管理は、異国の地ではより一層大事になります。

ノマドワークの職種実践時に注意すべき点

ノマドワーク実践で重要なのは「心の健康」

そのために「睡眠」「栄養」「運動」は欠かせない。
ここではノマドワークの職種実践時に注意すべき点を具体的にまとめていきます。

【注意1】何より健康が第一に大事

まず1つ目の注意点が「何より健康が第一に大事」

ノマドワークの職種は基本パソコン仕事。
仕事中は体を動かすことがないので、意識的に体力づくり。

【注意2】荷物は必要最低限に絞る

「荷物は必要最低限に絞る」

【注意3】現地のWi-Fi環境は必ず確認する

「現地のWi-Fi環境は必ず確認する」

【注意4】宿泊スペースはAirbnbなど活用する

「宿泊スペースはAirbnbなど活用する」

【注意5】仕事のパフォーマンスを意識する

「仕事のパフォーマンスを意識する」

仕事場所によってパフォーマンスは落ちる可能性あり。

【注意6】コミュニケーションには最大限配慮する

「コミュニケーションには最大限配慮する」

クライアントとのコミュニケーションの話。
デジタルテキスト、コミュニケーションツールを使いこなせても。
会うことに勝るコミュニケーション手段は考えにくい。
なので、普段からコミュニケーションには配慮すべき。

【注意7】(海外ノマドするなら)ビザの確認必須

「(海外ノマドするなら)ビザの確認必須」

【注意8】(海外ノマドするなら)時差ボケ対策必須

「(海外ノマドするなら)時差ボケ対策必須」

ノマドワーカーに向いてない人への対処法

ノマドワーカーに向いてない人の特徴

  • 目的意識がなく理由も曖昧な人
  • 環境適応能力が低い人
  • 変化を受け入れない人

ノマドワーカーに向いてない人への対処法は「副業から始める」
それもネット系のリモートワーク可能な副業を行うのがおすすめです。

おすすめの案件情報サイトは「ReWorks(リワークス)」

おすすめの案件情報サイトは「ReWorks(リワークス)」

職種の向き不向きが分からない人はプロに相談が賢明

ノマドワークに向いてる職種に就けないと理想のノマドワーカーにはなれません。

そのために「自己分析」は必須の作業になります。

  • 仕事の強み・弱みは何か?
  • 仕事で熱中できることは何か?
  • 好きなこと・嫌いなことは何か?

得意なことだけに専念し、苦手なことは避ける。
つまり、やりたいかorやりたくないかにフォーカスするだけで問題なし。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

職種の向き不向きが分からない人はプロに相談が賢明です。

プロというのが「キャリアコーチング」
自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:ノマドワーカーに適した職種と向いてる人の特徴

ノマドワーカーに適した職種と向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めてノマドワーカーに適した職種をまとめると、

ノマドワーカーに適した職種10選

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. Webデザイナー
  4. Webマーケター
  5. フリーランスエンジニア
  6. 翻訳家
  7. ユーチューバー
  8. ブロガー
  9. SEOコンサル
  10. オンラインサロン運営

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選