【適応障害の天職】もう仕事の人間関係で苦しまない適応障害に向いてる働き方
仕事に悩む人

「仕事のストレスで適応障害と診断されてしまった。。原因は主に人間関係。適応障害の天職ってあるのかな?向いてる働き方があればぜひ教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「仕事で適応障害を発症し向いてる仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 適応障害の症状や特徴から向いてる働き方を解説
  2. 適応障害には起業が天職でも準備なしには難しい
  3. 適応障害にとって働き方の選択肢を増やすことも大切
  4. 適応障害の天職以外でストレス回避に向いてる仕事・業界

日本に100万人以上いるとされる「適応障害」

人それぞれ発症の原因や重大さは異なります。
ただ共通していえるのは「放置は危険」だということ。

適切な対策や処置を行わなければ仕事への影響は避けられません。

適応障害を引き起こす原因から現実的に解決する働き方と天職について詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「適応障害の天職以外でストレス回避に向いてる仕事・業界についてもまとめていきます。今まさに適応障害で仕事が怖い、できない、逃げたいと苦しんでいる方は参考にしてみてください。」

適応障害の症状や特徴から向いてる働き方を解説

現在適応障害を患う人は人口の1%存在するとされています。

いったいどれくらいの人が適応障害になっているかというと、ヨーロッパでの報告によると、一般的には人口の1%といわれています。

つまり、日本では100万人以上が適応障害で悩まされていることになります。

そして適応障害の数も急増しており、いまや誰にでも起こりうる病気といえます。
(出典:東洋経済新報社「「適応障害」になりやすい人を悩ませる循環気質」

適応障害はなぜ発症してしまうのでしょうか。
適応障害の症状や特徴から向いてる働き方を解説していきます。

適応障害とは?定義と特徴

まず適応障害の定義と特徴についてです。

ICD-11によると適応障害の定義は以下の通りです。
「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」

つまり、何らかのストレスが発端となり発症する病気のこと。
そして原因となるストレスから離れるとすぐ症状は良くなる特徴があります。

これは適応障害と混合されがちなうつ病との特徴比較をみれば一目瞭然です。

うつ病はストレスから離れてもすぐには良くなりません。
一方、適応障害は発症の引き金が必ず存在するため、それら原因から離れることで良くなります。

従って適応障害への対応の第一ステップは、発症原因となるストレスの特定にあります。

関連記事:【ADHDの天職】ADHDで転職はやめとけ!その理由と向いてる仕事の見つけ方

仕事上におけるストレスの多くは「人間関係」

仕事上におけるストレスの多くは「人間関係」が挙げられます。

上記データはビジネスパーソンが抱えるストレスの調査結果。
過去4年間の調査で人間関係の悩みが常に上位に入る定番のストレス因であることが明らかです。

さらに職場でのいじめや嫌がらせは年々増加傾向にあります。
(出典:厚労省「職場におけるメンタルヘルス対策の状況」

適応障害の発症はそのストレスの原因となる事象が明確であることが特徴です。

つまり、適応障害の原因の多くは仕事上の人間関係に起因して起きることが容易に想像できます。

関連記事:人間関係の良い職場の特徴8選【転職から職場を変えるだけでQOLは上がる】

因子の除去ではなくストレスを避けるのが現実的な改善策

ではどうすれば適応障害は改善できるのでしょうか。
ひとつに以下のようなストレスの除去をしばしば紹介されます。

  • 部署異動して人間関係の悩みを除去
  • 産業医などに相談して改善をはかる
  • しばらく休職して心身ともに休む

しかし様々なストレスを抱えながら生きる現代。
環境を変えたとしてもストレス因を除去するのは困難をきわめます。

なので、現実的な改善策は因子の除去ではなくストレスを避けることにあります。

職場でストレスの原因となることの多くは上司や同僚との人間関係です。また配属部署が変わったり、転勤になったりという環境の変化もありますが、そうした人間関係や環境も自分だけで改善できないストレスの原因なので、非常にストレスを感じる相手や環境を変えるという根本的なストレスの除去よりも、自分がそれを避ける方(職場に行かない、辞めるなど)が早いのが現実的です。

ストレス因子に向き合うのではなく避けること。
そのための働き方を実現するのが適応障害の向いてる生き方といえます。

関連記事:異動希望は通らないのが当り前?【理由と部署異動したい時の伝え方と書き方】

適応障害に向いてる働き方は「影響の輪に集中する生き方」

改めて適応障害の特徴をまとめると、

適応障害とは、ある社会環境にうまく適応することができず、さまざまな心身の症状が出現して社会生活に支障をきたすものをいいます。誰でも、新しい環境に慣れて適応するためには、大なり小なり苦労し、いろいろな工夫や選択をする必要にせまられるものです。それがうまくいかなくなった場合に、職場不適応、不登校などの形であらわれます。

様々なストレスにさらされる現代社会。
その中でも人間関係や環境変化により引き起こされるストレスが多くを占めます。

ただ、これらのストレスの全ては「関心の輪」の中で起こる概念でしかありません。

あなたは世界的ベストセラー「7つの習慣」をご存知でしょうか。
この本には、私たちに起こりうる出来事は「関心の輪」と「影響の輪」という概念が存在すると記されています。

「関心の輪」とは、上司の態度や天気、景気など自分自身の影響ではどうすることもできない事。
「影響の輪」とは、人間関係や仕事への取り組み方など自分自身の影響でコントロールできる事。

適応障害は、環境に適応できずストレスを感じて発症する病気。
しかし、環境不適応と感じるのは自らの影響ではコントロールできない「関心の輪」の中での出来事です。

つまり、適応障害に向いてる働き方は「影響の輪に集中する生き方」
自分自身で影響できる関心事を選択し集中することが適応障害の生きる道といえます。

これらの生き方を実現できる働き方が、起業家などの「会社を興す側」
煩わしい会社内での悩みや人間関係のストレスを避けられる環境が適応障害の天職です。

関連記事:正社員にこだわる働き方だと人生消耗する話【時代遅れの考えから多様な生き方へ】

適応障害には起業が天職でも準備なしには難しい

ここまで適応障害の症状や特徴から向いてる働き方を解説してきました。

適応障害に向いてる働き方は「影響の輪に集中する生き方」
つまり、自分自身の影響で環境をコントロールできる「起業」が天職です。

しかし適応障害には起業が天職でも準備なしには難しいのが現実です。

なぜなら、欧米に比べても日本は起業ハードルが高いからです。
その理由の一つに、起業を後押しする文化が日本には十分浸透していないことが挙げられます。

資金を集められる環境が貧弱ということです。個人投資家が起業家に投資するという文化もほとんどないに等しく、日本政策金融公庫をはじめとした少額の公的融資に頼るしかない状況です。しかし、その公的融資を受けるのも簡単ではなく、一定割合の自己資金(貯金)と起業する事業に関する十分な職務経験が必要という要件が邪魔をします。

つまり、起業にはそれ相応の事業計画と実績が必要になります。
銀行に資金調達のため、お伺いを立てても門前払いを受けるのは目に見えた話。

準備なしに会社を興せるほど起業は甘くはないということです。

まずはフリーランスから始めるのがおすすめ

会社を興すのが難しいならまずはフリーランスから始めるのがおすすめです。

おすすめの理由は気軽に誰でも始められる点。
そして起業と同じく働き方の自由度が高いことも理由として挙げられます。

会社員と比較しても働き方は自由で、仕事も自分自身で決められるメリットがあります。

会社員としての様々な制約の中で働きかなくてはいけないシーンも多いでしょう。フリーランスの場合、基本的に仕事の内容を決定していくのは自分ですから、担当したい業務を中心に仕事を展開することが出来ます。

さらに会社員よりフリーランスの方がメンタルヘルスは良好であることが調査結果からも明らかとなっています。
(出典:Waris「フリーランスのメンタルヘルスに関する調査」

人間関係などのストレスが原因となって適応障害を患うなら。
フリーランスなどの自由度の高い働き方を選んだほうが未来は明るいといえます。

関連記事:【厳選】人と関わらない仕事3選!人と会わない&人と接しない仕事も解説

おすすめの仕事は「フリーランスエンジニア」

そして、フリーランスの働き方の中でもおすすめの仕事は「フリーランスエンジニア」

おすすめする理由は、

  • 開発経験があれば会社員以上の年収が狙える点
  • 働く職場とかかわる開発案件をスキルに合わせて選べる点
  • 会社員のように煩わしい人間関係に悩まず開発に集中できる点

ストレス因も避けられて経済的自立も可能になる。
今後の需要もますます増すエンジニアとしてフリーランスになるのが特におすすめです。

フリーランスエンジニアになるには、まずはエージェントサービスに登録が必要です。

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なるため。

無料登録からまずはどのような案件があるのか?見てみてはいかがでしょうか。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

適応障害にとって働き方の選択肢を増やすことも大切

適応障害のおすすめの働き方と仕事(適職)をご紹介してきました。

フリーランスという働き方はとにかくおすすめです。
適応障害の改善に向けた環境がそろう働き方がフリーランスだからです。

ただ適応障害にとって働き方の選択肢を増やすことも大切といえます。

なぜなら、フリーランスになれない人や必ずしも向いてる人が全てではないからです。

そのための現状の適応障害の度合い。
診断チェックを受けるかテストをしてみて今後の方向性を考えるのが先決です。

適応障害の診断基準から向いてない環境を把握

選択肢を増やすため適応障害の診断基準から向いてない環境を把握もしておきましょう。

以下オフィシャルに公開される「適応障害の診断基準」になります。
A~Eの6つすべてが該当すれば適応障害と診断されます。

適応障害の天職以外でストレス回避に向いてる仕事・業界

仕事に悩む人

「多くの選択肢を持つことが大切なのは分かったけど、具体的にどんな仕事や業界が向いてるの?起業やフリーランス以外で多様な働き方ができる方法を教えてほしい!」

ここからは適応障害の天職以外でストレス回避に向いてる仕事・業界について解説していきます。

リモートワークに対応した仕事

人間関係のストレス回避に向いてる仕事が「リモートワークに対応した仕事」

なぜリモートワークが適応障害に向いているのか?
それは、リモートワーク最大のメリットが「対人ストレスが軽減される点」にあるからです。

リモートワークは自宅や遠隔地などオフィスとは違う場所で仕事をすること。

なので従業員との接点がなくなります。
コミュニケーション不足になるデメリットはありますが、適応障害にとってはメリットのほうが大きいです。

リモートワークに対応した仕事は現在急増中。
転職エージェントを活用し、仕事を探せばスムーズに応募から選考まで進むことが可能です。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

フレックスタイム制度を積極導入の業界

おすすめの業界が「フレックスタイム制度を積極導入の業界」

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:原因のストレスから避けられる環境が適応障害の天職

適応障害の天職となる向いてる働き方と天職以外でストレス回避に向いてる仕事・業界をまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

  • 何らかのストレスが起因となって発症する「適応障害」
  • 仕事上での最たるストレスは「人間関係」
  • 適応障害の天職は「起業家・フリーランス」
  • 特に大切な働き方は「多くの選択肢を持つこと」

適応障害にかかったらまずどう自分と向き合うか?

今後の方向性や仕事のあり方、働き方を模索しましょう。
そのための選択肢を増やすためにも第三者に相談し、アドバイスを貰うのが最適解です。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

エンジニア未経験の方であれば転職保証付きのプログラミングスクールを検討されるのがおすすめです。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選