「1日8時間労働はおかしい?」は正しい疑問【理由ときついし長いなら転職推奨】
仕事に悩む人

「そもそもなんで1日8時間労働なの?きついし長いし、おかしくない?労働時間に縛られない生き方を送りたい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「1日8時間労働はおかしいのでは?と疑問に持つ方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①1日8時間労働はおかしい理由と最適な労働時間
②それでも1日8時間労働に疑問を持たないのはなぜか
③1日8時間労働がおかしいと思うなら転職が最適解
④「1日8時間労働」のおかしな概念に振り回されない働き方とは

会社員になれば誰もが経験する「1日8時間労働」

でも、なぜ1日の労働時間は8時間なのか。
少しでも考えたことはありますか?

おかしいと疑問に持つ方はこのまま読み進めてください。
今後の働き方やキャリア選択を考えるきっかけになります。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「「1日8時間労働」のおかしな概念に振り回されない働き方も解説していきます。今まさにおかしいと疑問に思われている方は参考にしてみてください。」

1日8時間労働はおかしい理由と最適な労働時間

早速1日8時間労働はおかしい理由と最適な労働時間についてまとめていきます。

そもそもの話ですが、この「8時間労働」
いつから日本で制定されたのでしょうか?

遡ること終戦2年目の1947年に労働基準法にて制定。
労基法の前身である工場法(1916年施行)から労働者の保護を目的に制定されたのが始まりです。

ですので、工場法から考えれば「8時間労働」は100年以上の歴史があるわけです。

昔と今とで働き方も環境も異なります。
なので「1日8時間労働=当り前」という思考自体がおかしいことになります。

【参考文献】
厚労省:「労働時間法制の主な改正経緯について」
厚労省:広報誌「厚生労働」

【理由1】8時間労働制はもはや20世紀の産物

8時間労働制はもはや20世紀の産物

【理由2】世界と日本の仕事観の違い

世界と比較しても日本のおかしな働き方は浮彫となっています。
世界と日本の仕事観の違いで分かるのは、

関連記事:日本人の仕事観はおかしいの?【海外との比較から分かる異常な労働環境8選】

【理由3】日本にも労働時間を削減し生産性向上に成功する企業は存在する

日本にも労働時間を削減し生産性向上に成功する企業は存在する

【結論】1日6時間労働がベスト

1日6時間労働がベスト

週労働時間と3つの満足度指標との関連を分析し、男性では残業なしのフルタイム労働(週30時間以上40時間未満)の労働時間満足度が最も高く、女性ではパートタイム労働の満足度が最も高いという結果を得ている。

それでも1日8時間労働に疑問を持たないのはなぜか

それでも1日8時間労働に疑問を持たないのはなぜか

根底のあるのは「働くのが好きだから」
⇒なので8時間でも12時間でも疑問には思わないしきついとも思わない

でも人間は働くために生まれてきたのか?

でも人間は働くために生まれてきたのか?

1日8時間労働がおかしいと思うなら転職が最適解

1日8時間労働がおかしいと思うなら転職が最適解

今回の情報を聞いて、あるいは今までずっと疑問に思っていたなら
あなたが1日8時間労働がおかしいと思うなら転職が最適解。

転職サイトを使って8時間未満の会社を探す

転職サイトを使って8時間未満の会社を探す

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

リモートワーク可能な仕事を探す

リモートワーク可能な仕事を探す

ITエンジニア転職に特化!おすすめ転職エージェント3選

エンジニア未経験の方であれば転職保証付きのプログラミングスクールを検討されるのがおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!おすすめプログラミングスクール3選

ベンチャーより大企業が狙い目

ベンチャーより大企業が狙い目

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

「1日8時間労働」のおかしな概念に振り回されない働き方とは

「1日8時間労働」のおかしな概念に振り回されない働き方とは

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめのエージェントサービス&案件情報サイト3選

まとめ:1日8時間労働はおかしいと疑問に思うなら転職推奨

1日8時間労働がおかしい理由と会社に振り回されない働き方をまとめてきました。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】