【不安】20代で転職先や仕事が半年も1年も決まらない理由は1つ
新卒女子

「転職先が決まらない・・・半年から1年近く転職活動しているけど、不安ばかりが募る。20代は転職に不利?決まらない理由や対処法があれば教えてほしい。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「20代で転職先や仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・20代で転職先や仕事が半年も1年も決まらない理由は1つ
・でも「好きなこと」を仕事にしてはいけない
・転職活動を始める前に準備しておきたいこと
・20代で転職活動を有利に進める支援サービス

転職活動で不安を感じない人はいません。

なぜなら転職で人生の方向性が決まるから。
それほど、人生に影響力をもたらします。

しかし、20代若手にとって転職は非常に有利であることをご存知でしょうか。

20代で転職先や仕事が決まらない理由と転職活動を有利に進める必須サービスまで詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「20代で転職活動がうまくいかず悩んでいる方は参考にしてください。」

無料で手厚いサポートが受けられる!20代若手におすすめの就職・転職エージェント3選

20代で転職先や仕事が半年も1年も決まらない理由は1つ

20代で転職先や仕事が半年も1年も決まらない理由をまとめます。

最初に結論をいうと「意欲や積極性が乏しいから」
20代の転職活動では、この「意欲」が特に重要になってきます。

なぜこのような結論が言えるのか?
主観ではなく客観事実とエビデンスを用いながら以下の流れで詳しく解説していきます。

  • 「経歴の浅い人」の採用は企業側にはほぼメリットなし
  • それでも20代を採用する理由は「ポテンシャル」
  • 20代の良さは成長したいと貪欲に思う「意欲」

「経歴の浅い人」の採用は企業側にはほぼメリットなし

まず、事実として「経歴の浅い人」の採用は企業側にはほぼメリットなしです。

なぜなら、「経歴が浅い=即戦力にはならない」からです。
中途採用は欠員や補充の目的で、即戦力を求めて採用活動を行っています。

それに加えて、採用コストも当然かかります。
(1社あたり平均で求人広告費用284.7万円、人材紹介費用489.3万円【引用:マイナビ 中途採用状況調査(2018年)

コストをかける以上はコスト以上の利益を生み出さなければいけません。
つまり、経歴の浅い人の採用は博打に近いと言っても過言ではありません。

しかし、20代は他の年代と採用基準が異なります。
20代とそれ以外の世代の違い、それは「ポテンシャル」です。

関連記事:新卒が仕事を辞める理由で多いのは何?【辞めたい時に転職がベスト】

それでも20代を採用する理由は「ポテンシャル」

採用コストをかけてでも20代を採用する理由は「ポテンシャル」を重視しているからです。

「ポテンシャル」、つまり実務経験以上に意欲や積極性を採用基準に設けているということです。
その証拠にマイナビが公表する以下「中途採用業務の実績調査」をご覧ください。

【募集職種の採用基準】

20代の採用基準で最も重視するポイントは「熱意・ポテンシャル」
30代以降の採用で特に求められる「実績(仕事の成果)」や「仕事に対する理解度」はいずれも低い結果となりました。

さらに、20代の若手人材確保は採用活動において特に重要であると半数以上の企業が回答しています。

20代の転職市況もネガティブでは全くありません。
むしろポジティブであり、企業側も積極的に採用活動を行っています。

つまり、20代の転職活動で特に重要なのは「ポテンシャル」
実務経験がなくても意欲的に仕事に打ち込み、成果を生み出す貪欲さが求められます。

関連記事:第二新卒が転職に不安は当たり前【でも転職活動には有利な理由あり】

20代の良さは成長したいと貪欲に思う「意欲」

20代に企業が求めるもの。
それは、成長したいと貪欲に思う「意欲」です。

以下、採用担当の人事に対してアンケートを行っても返ってくる答えで最多は「やる気」や「ポテンシャル」となっています。

【人事が重視する理由ベスト5】
1位:「やる気(82pt)」
2位:「ポテンシャル・将来性(79pt)」
3位:「バイタリティ(74pt)」

また、転職活動の一般的な活動期間は「平均3~6か月」
しかし、20代はもっと短く「3か月以内」が半数を占めています【引用:Re就活調べ

にも拘らず、半年も1年も転職先や仕事が決まらないのには理由があります。

それは「意欲や積極性がないから」
もっというと「本当にその会社に入りたいのか?企業選定が甘い」とも言えます。

つまり、20代は実務経験が浅い以上、意欲的でなければどこも雇ってはくれません

20代向け転職支援サービスを手掛ける「UZUZ」の採用担当者も採用時は意欲的かどうかを重視するとコメント。
意欲的で、かつ危機感を持つ人間は他よりも成長スピードも早いと期待して採用に臨んでいるようです。

でも「好きなこと」を仕事にしてはいけない

20代の転職活動で重要な採用基準は「ポテンシャル」
転職希望者の意欲的な言動が採用に大きく影響してきます。

でも中には、

落ち込む人

「転職に意欲的だけど、どんな企業・仕事を選べばいいか分からない。。」

企業選びに迷ってなかなか前に進めないという方もいるのは事実。

的が絞れず、時間だけが過ぎて結果適当に選んでしまう。
入社してみると入社前に抱いたイメージと全く異なり早期退職をしてしまった。

20代の離職する多くが企業との「ミスマッチ」によるものです。
(引用:あなたは大丈夫?仕事のミスマッチで辞める人の特徴【対処法も提示】

でも「好きなこと」を仕事にしてはいけません。
「得意なこと」を仕事にすることを優先させましょう。

詳しくは株式会社div 代表取締役 真子就有氏(愛称:マコなり)のYouTube動画をご覧ください。
仕事を行う上での根本的な思考法を分かりやすく解説されています。

転職活動を始める前に準備しておきたいこと

ここからは転職活動を始める前に準備しておきたいことを解説していきます。

本当に今、転職したいのか自分自身を問う

20代若手の平均的な転職活動期間は「3か月以内」
「ポテンシャル採用」を重視され、今後も需要が見込める採用枠と言えます。

しかし、採用が活発な状況下で半年も1年も就職先が決まらない。

この原因は「転職希望者本人」にあります。
その最たる理由が「本当に今、転職したいのかどうか」

これら心情を確認する方法は「第三者に相談する」のが最適解です。
第三者というのが、転職のプロである『転職エージェント』になります

自分自身で考えこんでも答えは出ません。
誰かに相談し、アドバイスを受けることで新しい知見も得られます。

おすすめは、これまで45万人以上の転職希望者を支援してきた実績のある「リクルートエージェント

面談場所も全国各地に準備されています。
業界トップクラスのキャリアアドバイザーに一度相談してみることをおすすめします。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

自己分析から得意なことを見つける

転職の覚悟が決まれば自己分析から得意なことを見つけましょう。

転職活動の面接や作成書類にも自己分析を織り交ぜながら対策を講じます。

しかし、自己分析をいざ始めると「主観」で捉えるのは難しいです。
いかに「客観的」に自己を捉えて、強みや得意分野をアピールできるかが重要です。

とはいえ、知人や親に聞いてまわっても得られる情報の量や質は乏しいものがあります。

そこで、客観的に自己分析を行う方法があります。
転職支援サービスを手掛ける大手リクナビが提供する『グッドポイント診断

18種類の中から強みを5つ診断。診断結果から、
・客観的に自分の強みを把握できる
・応募時に添付して、志望企業へあなたの強みが伝えられる
・応募書類作成時の参考にしたり、面接の心構えにも活用可能
特に書類作成のヒントや対策になるのが嬉しいポイントですね。まだ強みが把握できていない方は、ぜひ診断してみてください。無料の会員登録から誰でも利用する事が出来ます。

「グッドポイント診断」無料会員登録はコチラ!
【グッドポイント診断の評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

市場価値を客観的に把握する

次に市場価値を客観的に把握しましょう。

目的は「現在地を把握すること」

現時点での市場価値にマッチした企業や業種は何なのか?
客観的に把握し、転職活動に活かしていく手段として市場価値は非常に価値があります。

市場価値も自分自身で判断するのは難しいです。
そこで、市場価値を簡単に確認することのできるアプリがあります。

それが個人ユーザー44万人以上が利用する転職サービス診断アプリの「ミイダス


『ミイダス』は、あなたの経歴や今まで培ってきた経験、スキルと7万人の転職データを元にあなたの市場価値(想定年収と求人数)をデータ分析。より自分にマッチしたオファーを受け取ることができ、かつ企業からの直接オファーも届く市場価値診断アプリとなっています。

無料登録後、簡単にあなたの市場価値を確認することが出来ます。
調べることで自信になったり、今後の転職活動の有効なツールにもなるかと思います。

『ミイダス』であなたの市場価値を無料で確認したい方はコチラ!
【ミイダスの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【必須】20代で転職活動を有利に進める支援サービス

20代で転職活動を有利に進める支援サービスがあります。

それが「20代特化型転職エージェント」
新卒や第二新卒、既卒にフリーターなど経歴は浅くても20代の若い力を応援する転職支援サービスです。

これらのサービスは、今では数多の企業が存在します。
その中でも特に実績を有するおすすめの転職支援サービスを3つご紹介していきます!

【サービス1】ウズキャリ(就職成功率86%)

20代の転職・就職支援サービスで特におすすめが「ウズキャリ」

ウズキャリ最大の利用メリットは「面接対策」
求職者が集団で同じ面接対策を施す従来のやり方と異なり、「面接ごとに対策をカスタマイズ」する点が強み。

蓄積された転職支援ノウハウのデータを活用して面接対策を最適化。
求職者が受ける企業に合わせて面接対策をカスタマイズしてサービス提供してくれます。

その結果、就職成功率は「86%」
さらに、入社後定着率は驚異の「94.7%」

いかにマッチングに優れたサービスであるかがうかがえます。

『ウズキャリ』公式ホームページはこちら!
【ウズキャリの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【サービス2】就職Shop(登録企業数8500社以上)

次におすすめはリクルートグループ運営の「就職Shop」

利用者数は延べ10万人以上!
登録企業数は8,500社を突破し、業界トップクラスの求人数を誇ります。

さらに、就職Shopの特徴が「書類選考なし」
応募すればすぐに面接選考に進める求人が全てです。

つまり、書類で振り落とされることがない完全「ポテンシャル重視」ということです。

書類選考で落とされてきた方にはぜひ利用したサービス。
求人は未経験者が対象となるため、実務経験を気にする必要は一切なしです。

『就職shop』公式ホームページはこちら!
【就職Shopの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【サービス3】Re就活エージェント(全国求人あり)

全国の求人取り扱いなら「Re就活エージェント」

残念ながら「ウズキャリ」や「就職shop」の希望勤務地は主に首都圏。
その他、地方やUターン求人など幅広く取り揃ってはいないのがデメリット。

しかし、Re就活エージェントは全国対応。
登録企業数も5,000社以上、扱う求人数も1万件を誇ります。

20代で地方に戻りたい、地方勤務を経験したい方にはおすすめのサービスと言えます。

『Re就活エージェント』公式ホームページはこちら!
【Re就活エージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:20代転職は実務よりポテンシャル重視

20代で転職先や仕事が半年も1年も決まらない理由についてまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・20代で転職先や仕事が決まらないのは「意欲や積極性がない」
・なぜなら20代転職で重視されるのは「やる気やポテンシャル」
・実務は見られないため意欲さえあれば採用基準は満たされる
・それでも決まらないのは意欲が感じられないから
・転職活動を有利に進めるには20代特化型転職支援サービスの利用が必須

20代の若手枠は採用活動が活発です。
今後も需要の高まりは予想され、人手不足の日本企業にとって重要な資源です。

にも拘らず、半年も1年も転職先が決まらないのには理由が必ずあります。

まずは、転職エージェントに相談しましょう。
相談内容は「本当に転職をしたいのか?」あなた自身の心情の確認です。

アドバイスから先の方向性は明瞭となり、転職市況の有益な情報まで得られます。

一人で悩んでいても解は出ません。
一歩、踏み出すだけでも世界は広がります。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代若手におすすめの就職・転職エージェント3選