【事務未経験向け】パソコンできない状態でも事務職に転職できる理由と方法3選
転職活動中の女子

「事務職に転職したい!でも事務未経験かつパソコンできない状態から転職は難しい?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「パソコンできない状態から事務職に就職・転職したい事務未経験の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. パソコンできない状態でも事務職に未経験で転職できる理由
  2. 【事務未経験向け】パソコンできない状態から転職する方法3選
  3. 事務未経験の転職活動でパソコンの資格取得より大事なこと
  4. 事務未経験で転職できてもパソコンスキルは業務上必須
  5. 【参考情報】事務職の将来性から今できること

女性に圧倒的人気を誇る「事務職」

事務未経験でも転職はできるのか?
パソコンできない状態でも就職は可能か?

気になる方も多いかと思います。
結論、転職は可能でも事務職を目指す以上に重要な考え方があります。

事務未経験かつパソコンできない状態から事務職を目指す方法について解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「事務未経験の転職活動でパソコンの資格取得より大事なことについても触れていきます。今まさに事務未経験で事務職を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

事務未経験でもサポート体制が充実!おすすめ事務職求人サイト3選

パソコンできない状態でも事務職に未経験で転職できる理由

違う職種に転職するなら「事務職」が圧倒的多数派。
女性の半数(50.9%)が事務職はじめバックオフィス系を選んでいます。

それほど事務職は女性に人気の仕事であることが分かります。

では、事務未経験かつパソコンできない場合。
事務職に転職できるかどうかですが、結論からいえば可能です。

なぜ転職は可能だといえるのか。
パソコンできない状態でも事務職に未経験で転職できる理由について解説していきます。

【理由1】事務未経験かつパソコンスキル不問の求人が掲載されているから

まず1つ目の理由が「事務未経験かつパソコンスキル不問の求人が掲載されているから」

論より証拠、以下求人サイトをご覧ください。
リクナビネクストに「事務未経験」かつ「パソコンスキル不問」の求人が掲載されています。

1件だけでなく総数で200件以上の求人が常時掲載中。
求人サイトの通り、事務職の応募は未経験募集が多い傾向にあります。

実際、一般事務の未経験OKを募集する求人割合は『80%』
他の事務職に関しても、未経験OK求人の割合は5割を超えています。
(出典:エン派遣「一般事務のお仕事とは?」

つまり、事務未経験かつパソコンできない方でも事務職に転職することは可能です。

事務未経験から事務職を目指す場合は、専門の求人サイトを利用しましょう。
充実したサポート体制に加えて、コンサルタントが事務職就業までフォローしてくれます。

事務未経験でもサポート体制が充実!おすすめ事務職求人サイト3選

【理由2】事務職に求められる能力はパソコンスキルだけではないから

次に2つ目の理由が「事務職に求められる能力はパソコンスキルだけではないから」

採用判断は、面接時の自己PRでも大きく左右されます。

実際、事務職の評価ポイントは種類によって異なります。
代表的な「営業事務」「経理事務」「人事・労務事務」のポイントをまとめると、

【事務職採用】
面接時の評価ポイント
営業事務経理事務人事・労務事務
重視される点 ・顧客との関わり方
・営業メンバーの支援
・正確性
・緻密なチェック力
・社内調整力

(出典:リクルートエージェント「事務職の転職「自己PR」の効果的な伝え方」

つまり、伝え方次第で採用の合否も変わるということ。
パソコンスキルに限らず、企業にとって魅力的な能力や経験があれば採用されます。
(出典:Re就活「今も昔も女性に人気の「事務職」について考えてみる」

ちなみに、事務未経験から転職成功した方の自己PRが以下の通り。
パソコン操作はスキル不足でも、それ以外の能力や経験をうまくアピールしています。

在宅ワーク

「事務職は未経験ですが、前職で培ったコミュニケーション能力を活かし貴社に貢献したいと考え、今回の求人に応募させて頂きました。パソコン操作につきましては、只今勉強中で至らない点がございますが不足なスキルは早期に補い、一日も早く貴社の戦力になれるよう努めます」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

そして、合格率を上げるためには自己分析が必須。
己の強みを客観的に評価し、自己PRを組み立てる必要があります。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります。

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【理由3】体験談から事務&パソコン未経験でも就職できたから

そして3つ目の理由が「体験談から事務&パソコン未経験でも就職できたから」

事務経験もパソコン経験もなし。
そんな状態から事務職に転職した方の体験談が以下の通りです。

パソコンを操作する人

「事務職未経験で2日目の勤務が終わりました。今まで全くパソコンを使ってこなかったのですが、事務職に就きたいと思い独学ですがパソコンの練習をしましたが、基本的なこともまだわからずショートカットキーもやっと覚えてきたところです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

パソコンは独学で事務職に転職成功。
つまり、完全未経験でも事務職には転職できるということです。

事務未経験かつパソコンできなくても諦めるのはまだ早い。
事務職に強く転職したいと考える方は、挑戦する価値は十分あるといえます。

関連記事:営業事務がきつい理由5選と向いてる人の特徴【事務職比較から辛い点を解説】

【事務未経験向け】パソコンできない状態から転職する方法3選

仕事に悩む人

「事務も未経験、パソコンもできない状態でどうやって事務職に転職できるの?」

肝心な「未経験から転職・就職する方法」
ここからは事務未経験向けにパソコンできない状態から転職する方法をまとめていきます!

【方法1】マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションのメリットはその特徴にあり。
事務未経験でも安心して就業を始められる研修制度が充実している点にあります。

その他の詳しい特徴や制度については公式ホームページをご覧ください。

事務職として新たな一歩を踏み出したい方は、ぜひご応募ください。
(※マイナビキャリレーションは20代女性を対象にした就業支援サービス)

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』で事務職に応募してみる
【公式ホームページ:https://mynavi-cr.jp

20代女性以外かつ全国の事務職・管理系求人を探したい方なら転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用がおすすめです。

実際にワークポートを利用し管理系に転職成功した方の口コミが寄せられています。

在宅ワーク

「転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。」(女性・28歳・経理職に転職成功)

【方法2】ランスタッド

公式ホームページ:https://www.randstad.co.jp/office

ランスタッドを利用するメリット

  • 70項目以上のこだわり条件から自分にあった仕事選びが可能
  • 有名・大手企業から地域の優良企業の仕事も全国各地から検索可能
  • 社保や健康診断、ベビーシッター割引制度など充実の福利厚生制度

ランスタッドはこんな人におすすめ

  • 業界トップクラスの求人情報の中から自分にあった仕事を選びたい方
  • 仕事の条件を絞って効率よく事務職求人を探したい方
  • 女性18歳以上の事務・オフィスワーク派遣希望の方

『ランスタッド』に無料会員登録する
【ランスタッドの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【方法3】ラシーク

公式ホームページ:https://la-seek.jp

ラシークを利用するメリット

  • 首都圏だけでなく全国各地から求人情報を閲覧可能
  • スキル不問かつ他社より好条件の求人を豊富にラインナップ
  • 専任担当が登録から仕事紹介、就業中、退職後のフォローまでサポート

ラシークはこんな人におすすめ

  • 事務職以外の仕事も同時に探したい方

事務未経験の転職活動でパソコンの資格取得より大事なこと

ここまで、事務&パソコン未経験の状態から転職する方法をまとめてきました。

ここで一つ疑問がわいてきます。
それは「パソコン関連の資格を取れば転職が有利になるのかどうか」

事務未経験から転職活動予定の方が質問を投稿しています。

仕事に悩む人

「事務職に転職したく、ワードとエクセルのスペシャリストの資格を取得しようと思ってます。今27才で子供がいます。事務職の経験がないのですが資格取得は有利になりますか?」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

この問いに対し、事務未経験の転職活動でパソコンの資格取得より大事なことがあります。

それは、仕事の実務経験を積むこと。
もっといえば、若いうちから早期に経験を積むことが何より大事です。

以下、年齢階級別転職入職率を示したグラフをご覧ください。
20代に比べて30代以降の転職入職率は著しく低下していることが分かります。

20代の若手は未経験でも転職しやすい環境といえます。
実際、事務職に限らず女性は、20代前半が特に未経験可の求人は多い傾向にあります。
(出典:type女性の転職エージェント「20代女性の転職のポイント」

つまり、転職の優先順位を明確にすることが非常に重要だということ。
資格取得に時間を費やすより、早いうちに転職活動を行った方が目的達成は近づくといえます。

事務未経験でもサポート体制が充実!おすすめ事務職求人サイト3選

事務未経験で転職できてもパソコンスキルは業務上必須

結論、事務もパソコンも未経験から事務職に転職は可能。
とはいえ事務未経験で転職できてもパソコンスキルは業務上必須です。

つまり、転職活動しつつパソコンスキルを伸ばすのが理想。
もしくは事務職に就職後、スキル習得の自助努力は必要だということです。

「パソコンに全く興味がない。」
「パソコン操作なしに事務職の仕事をしたい。」

このような方は事務職には向きません。
(参考:事務職に向いてる人の性格12選【向いてない性格と必要な資格・スキルも解説】

パソコンできない状態を継続するのは業務上不可能。
必ず業務に支障が出ますので、学びの姿勢は求められます。

ここでは、事務未経験からパソコンスキルを習得するための方法をご紹介していきます。

【PCスキル1】MOSなど資格取得に挑戦する

まず1つ目のパソコンスキル習得法が「MOSなど資格取得に挑戦する」

そもそも求人条件で求めるパソコンスキルとは何か?
具体的なスキルレベルについて、以下の通りユーキャンが公表しています。

求人条件などに記載されているパソコンスキルとは、オフィスでよく使われる「Word」「Excel」「PowerPoint」などのソフトに関する知識、技能のことを指します。文字入力を早く行うためのタッチタイピング、拡張子や解凍、圧縮などのファイル管理など、その求人内容において業務をスムーズに行える程度のスキルが求められます。

「Word」「Excel」「PowerPoint」
つまり、Microsoft Officeがある程度使えれば問題がないということです。

MOS検定を取得できるレベルであれば業務にもついていけます。

MOS検定の受験対策は通信講座の「ヒューマンアカデミー」が最もおすすめです。

MOS検定のこれまでの合格実績は16,000人超え!
受験対策の講座は映像見放題でゼロからスキルアップを実現させます。

『ヒューマンアカデミー』無料説明会の申込はこちら!
【ヒューマンアカデミーの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【PCスキル2】求職者支援訓練(職業訓練)で学ぶ

次に2つ目のパソコンスキル習得法が「求職者支援訓練(職業訓練)で学ぶ」

求職者支援訓練とは何か?
簡単にいえば、再就職や転職を目指す方向けの職業訓練。
(出典:厚労省「求職者支援制度のご案内」

東京都の場合、以下2種類のコースが準備されています。

  • 基礎訓練(基礎コース)
    就職に必要な基礎的な技能及びこれに関する知識を付与するための職業訓練
  • 実践訓練(実践コース)
    基礎的な技能等並びに実践的な技能及びこれに関する知識を付与するための職業訓練

関連記事:パソコンを使う仕事がしたい!おすすめ職業15選【高収入&未経験可を厳選紹介】

【PCスキル3】タイピングソフトを使って入力スピードを上げる

そして3つ目のパソコンスキル習得法が「タイピングソフトを使って入力スピードを上げる」

タイピングスキルが向上すれば作業効率も上がります。
なぜなら、キーワードを打つ速さが時間短縮に繋がるからです。

タイピングスキル向上の資格やソフトは数多くあります。
ネット上でも無料でタイピング練習できるサイトがあるのでご紹介します。

タイピング練習におすすめ>>Benesse「マナビジョン」

【参考情報】事務職の将来性から今できること

仕事に悩む人

「事務未経験から事務職を目指したいけど、そもそも事務職の将来性はどうなの?将来なくなる仕事だとよく聞くけど・・・」

事務未経験から目指しても、仕事がなくなっては意味なし。
実際のところどうなのか?参考情報として事務職の未来予想図を描いていきます。

まず以下データをご覧ください。

【AIに代替されなくなると考えられる職種を教えてください。】

転職コンサルタントの今後の見方をアンケート。
その結果、20年以内に代替可能性が最も高いのは「一般事務」

さらに野村総研発表の資料を見ても事務職は軒並みランクイン。
(参考:生き残る仕事・職業となくなる仕事ランキング50【将来生き残るために必要なのは創造力】

専門家の間では、事務職は20年以内になくなる職種とささやかれています。
実際、損害保険大手も事務作業のうち9割をAIなどに代替することを発表しています。

しかし、事務作業の現場を見ると様子は異なるものがあります。
それは約半数の女性が、専門家の意見を否定し事務職は完全にはなくならないと回答

なくならない最大の理由は「事務職には臨機応変さが必要だから」
文字入力などの単純作業だけでなく人間にしかできない発想力が求められるからと回答しています。

つまり、事務職の未来予想図を描くなら、

  • 直近20年以内にAIなどロボットに代替される職種の有力候補は事務職
  • でも事務職のすべてが代替されるのではなく、なくなるのは一部の単純作業
  • とはいえAIの普及で事務職員の数が減るのは確かで、より採用競争は激化と予想

結論、近々で事務職の仕事はなくならないけど備えは大事、だということです。

では事務職の将来性から今できることは何か?
それは、現在のスキルプラスαの新しいスキルを身につけることにあります。

安定的に事務の仕事をしたい方は「会社から必要とされる人材」に自ら高めることが重要だといえます。

そのためにどんなスキルを身につけるべきか?
何をすべきか?おすすめの習得手段も合わせて解説していきます。

【スキル1】Webデザイン

女性に人気かつおすすめのスキルが「Webデザイン」

女性にこそWebデザインのスキル習得はおすすめです。
なぜなら、女性のライフイベント(結婚や出産)に対応できるからです。

現在男性の育休取得が進んでいるとはいえ、女性は出産前後に仕事を休まざるを得ません。

特に出産後すぐに仕事復帰は現実的に難しい。
さらにはそのまま退職して専業主婦になるケースも少なくありません。

そんな時に女性の働き方として理想的なのが「在宅ワーク」

実際、Googleは「Women Will」というプロジェクトを進行中。
同プロジェクトの結果、テクノロジーの活用が女性の働きやすさ・幸福に繋がると掲載。

オンライン完結の働き方が実現可能な在宅ワークが女性にとって理想の働き方ともいえます。

そんな働き方を実現する人気のスキルの一つが「Webデザイン」
事務職でありながらデザインやイラストなど幅広い仕事に活かせるWebスキルです。

「事務職でどんなスキルを身につけようか迷っている。」
「在宅で仕事ができて、フリーとしても活動できる仕事を選びたい。」

そんな方に最もおすすめのスキルといえます。
Webデザインのスキル習得にはオンラインスクールの受講がおすすめです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【スキル2】プログラミング

食いっぱぐれないスキルとして人気の「プログラミング」

デスクワークにとってエクセル操作は必須です。
エクセル作業の上位工程がマクロを使った作業効率化。

マクロを使いこなせれば職場でも一目置かれる存在になれます。

そのためにもプログラミングのスキルは必須。
つまり、事務職でも習得して損にはならないスキルの一つだといえます。

プログラミングの学習にはオンラインスクールの受講がおすすめです。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【スキル3】Webマーケティング

そして3つ目のおすすめスキルが「Webマーケティング」

事務職は守りの業務、サポートがメインです。
売上貢献や商品PRなどの攻めの業務はほぼないといえます。

しかし、そこで商品の売上貢献に繋がるスキルがあれば一目置かれます。

その最たるスキルがWebマーケのスキル。
売上を上げるにはWeb上完結のスキルなり経験が重要です。

事務職でもWebマーケのスキルがあれば職場でも重宝されます。
Webマーケティングのスキル習得には特化型スクールに通うのがおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

まとめ:事務未経験からパソコンできない状態でも就職は可能

事務未経験かつパソコンできない状態から事務職を目指す方法をまとめてきました。

改めて、パソコンできない状態でも事務職に未経験で転職できる理由をまとめると、

パソコンできない状態でも事務職に未経験で転職できる理由

  1. 事務未経験かつパソコンスキル不問の求人が掲載されているから
  2. 事務職に求められる能力はパソコンスキルだけではないから
  3. 体験談から事務&パソコン未経験でも就職できたから

事務未経験でもサポート体制が充実!おすすめ事務職求人サイト3選

仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選