営業事務がきつい理由5選と向いてる人の特徴【事務職比較から辛い点を解説】
仕事に悩む人

「営業事務に転職したい!でも営業事務ってきついって聞くけどホント?どんな人が向いてるのか教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「営業事務へ就職・転職希望するもきつい仕事なのか気になっている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 営業事務がきつい理由5選【一般事務との比較から解説】
  2. 営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法
  3. 辛い営業事務にも向いてる人の特徴5選
  4. 営業事務に転職する最適な方法と向いてる仕事の見つけ方
たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法もまとめていきます。今まさに営業事務への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

営業事務がきつい理由5選【一般事務との比較から解説】

結論からいえば営業事務はきつい仕事です。

何がそんなにきついのか?
一般事務との辛さや仕事内容の比較から営業事務がきつい理由5選をまとめていきます。

事務職比較営業事務一般事務
共通する辛さ ・ルーティンワークが多い
・雑務が多い
・スキルが身につかない
・評価されづらい
・ルーティンワークが多い
・雑務が多い
・スキルが身につかない
・評価されづらい
独自の辛さ ・社外とのやり取りが多い
・顧客至上主義になりがち
・営業マンとのパワーバランスが顕著
・ノルマの進捗状況で職場の雰囲気が決まる
・営業の知識が必要不可欠
・男が多い職場
・女の多い職場
仕事内容 ・売掛金・買掛金管理
・商品在庫管理
・受発注入力
・納品物スケジュール管理
・顧客情報の登録&管理
・クレーム対応
・勤怠管理
・データ入力&チェック
・経費精算管理
・各部署打ち合わせ調整

【理由1】社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから

まず1つ目の理由が「社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから」

関連記事:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】

【理由2】営業と同じく顧客至上主義になりがちだから

2つ目の理由が「営業と同じく顧客至上主義になりがちだから」

顧客からの問い合わせに対応する機会もあるため、社外の人と直接やりとりをする機会も一般事務と比べて多めです。

関連記事:【事実】営業職がきつい理由5選と大変でもポジティブに捉える人との違いとは

【理由3】営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから

3つ目の理由が「営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから」

落ち込む人

「私は前職は外資系の会社の営業事務でしたが、10人(外国人1人)くらいの営業マンのアシスタントをしていましたが、外資系だとなかなか個性の強い方々が多くて、一人パワハラ傾向の強い営業マンの担当が精神的に苦痛になり辞めてしまいました。」
引用: Yahoo!知恵袋「健康、病気」

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【理由4】ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから

4つ目の理由が「ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから」

落胆する人

「営業事務をしている23歳女性です。私の部署は5人ほどの部署で同期はいません。先輩もきつくテレフォンマーケットの仕事が主ですが、ノルマをクリアしないとものすごく機嫌が悪くなり周りの後輩にきついことを言います。だから職場環境は無茶苦茶悪いです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

【理由5】営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから

そして5つ目の理由が「営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから」

関連記事:【営業職が辛い】辞めたいほど向いてない時に取るべき行動は転職一択

営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法

ここまで営業事務がきつい理由を一般事務との比較から解説してきました。

なぜきついと感じるのか?
営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法についてまとめていきます。

【原因1】営業事務に対する認識のミスマッチ

まず1つ目に考えられる原因が「営業事務に対する認識のミスマッチ」

「営業事務=一般事務」

営業事務もその他事務職と一緒と認識している人は多い。
しかし、まったくの違う、別物ととらえてもいいほど違う。

関連記事:あなたは大丈夫?仕事のミスマッチで辞める人の特徴【対処法は3つ】

【原因2】営業ワークフローを理解していない

2つ目の原因が「営業ワークフローを理解していない」

営業活動にかかわるワークフロー。
これら商流を理解していないと仕事もできません。

理解してないとただただきついと感じるだけ。
経理の知識も必要、なので簿記検定など資格取得に挑戦するのも対処法の一つ。

関連記事:【これで解決】仕事が終わらない!泣きそうで不安が募り辞めたい時の対処法

【原因3】男性だけの職場に慣れない

そして3つ目の原因が「男性だけの職場に慣れない」

女社会なのが一般事務の世界。
でも営業事務は基本営業マン数人に対して営業事務は一人。

こんな構図は当たり前で、私の前職でもこんな構図でした。
なので男性と仕事をしたことがない人は割ときついと感じる。

仕事中も雑談はほぼなし、話さないし殺伐としています。

なので、他部署との交流が大事。
積極的に接点を持ってコミュニケーション取るのが必要。

関連記事:職場で信用できない人の特徴10選と共通点【信用できる人の見分け方も解説】

辛い営業事務にも向いてる人の特徴5選

結論、営業事務はきつい仕事です。
辛い営業事務にも向いてる人の特徴とは何なのでしょうか、

ここでは辛い営業事務にも向いてる人の特徴5選についてまとめていきます。

【特徴1】コミュニケーション能力が高い人

まず1つ目の特徴が「コミュニケーション能力が高い人」

上記営業事務に必要なスキルレベルを示したチャートになります。

最も高い値を示しているのは「コミュニケーションスキル」

一般事務は基本社内だけのコミュニケーション。
しかし、社内だけでなく社外とのコミュニケーションも必須な営業事務。

ストレスも多い分、その結果、顧客から感謝・評価されるやりがいもあります。

関連記事:人の話を聞く仕事がしたい!おすすめ職種12選【必要な3つのスキルも解説】

【特徴2】仕事の優先順位をつけるのが得意な人

「仕事の優先順位をつけるのが得意な人」

パソコンを打つ女性

「急ぎの仕事に焦らずきちんと優先順位をつけるのとが大事です。焦ってそれができないことが一番ミスに繋がります。ミスが起こったとき自分の責任であっても責任を取るのは営業なのでそこは迷惑をかけないよう注意しています。(33歳/女性)」
引用: エン派遣「営業アシスタントのお仕事とは?」

ノルマはなくもスケジュール管理は重要。
優先順位のつけ方が分からない方には苦痛な仕事になります。

関連記事:仕事でミスが多いから辞めたい?なら転職が正解【理由とミスばかり連発する原因】

【特徴3】営業マンの動きを先読みして対応できる人

3つ目の特徴が「営業マンの動きを先読みして対応できる人」

営業マンは何を必要としているのか?
先読みして動ける人が向いてるといえます。

・気配りのできる人
・几帳面でサポートできる人
・指示がなくても動ける人

一言でいえば「臨機応変さ」

在宅ワーク

「営業が仕事を安心して進められるよう、何が必要か、どうしたら仕事がスムーズに進むかを常に考えて行動しています。 仕事をお願いされた時すでにやり終えていたり、先回りして仕事を進められていて感謝されたりすると、やりがいを感じます。(41歳/女性)」
引用: エン派遣「営業事務のお仕事とは?」

関連記事:デスクワークの仕事がしたい!おすすめ職業8選【未経験も転職可を厳選】

【特徴4】業務の創意工夫ができる人

4つ目の特徴が「業務の創意工夫ができる人」

ルーティンワークは事務職ならでは。
でも営業事務は効率性を求められます。

関連記事:頭を使う仕事でおすすめ職種8選とその理由【もし苦手で向いてない人は転職推奨】

【特徴5】元営業職の人や営業経験のある人

そして5つ目の特徴が「元営業職の人や営業経験のある人」

関連記事:「コミュ障は営業に向いてない」は単なる思い込み【3つの理由と対策も解説】

向き不向きを調べたい時に役立つ適性チェックリスト

向き不向きを調べたい時に役立つ適性チェックリストがあります。

  1. チームで働くことに喜びを感じる
  2. 結果が目に見える仕事をしたい
  3. ビジネスパーソンとして成長をしていきたい
  4. 他人とのコミュニケーションが苦にならない
  5. 計画を立てたり、調整したりするのが得意
  6. 課題を発見して解決策を考えるのが好き
  7. シチュエーションに応じて臨機応変な対応ができる
  8. 仕事だけでなくプライベートも大切にしたい

その他事務職全般の向いてる人の性格を以下関連記事でもまとめています。

関連記事:事務職に向いてる人の性格12選【向いてない性格と必要な資格・スキルも解説】

営業事務に転職する最適な方法と向いてる仕事の見つけ方

営業事務に転職する最適な方法と向いてる仕事の見つけ方についてご紹介していきます。

営業事務へ就職・転職したい場合

まず営業事務へ就職・転職したい場合についてです。

未経験から事務職の就業を目指したい方は事務職専門の求人サイト『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい方におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

20代女性以外かつ全国の事務職求人を見たい方なら業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

営業事務以外の事務職に転職したい場合

そして営業事務以外の事務職に転職したい場合についてです。

事務未経験でもサポート体制が充実!おすすめ事務職求人サイト3選

向いてる仕事が何なのか分からない場合

もし向いてる仕事が何なのか分からない場合
キャリアの選択に迷ったら「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

向いてる仕事に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
なぜなら、一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あるからです。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:営業事務がきつい理由と向いてる人の特徴

営業事務がきつい理由と向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて営業事務がきつい理由をまとめると、

営業事務がきつい理由5選

  1. 社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから
  2. 営業と同じく顧客至上主義になりがちだから
  3. 営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから
  4. ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから
  5. 営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

キャリアの選択に迷ったら「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選