営業事務がきつい理由5選と向いてる人の特徴【事務職比較から辛い点を解説】
仕事に悩む人

「営業事務に転職したい!でも営業事務ってきついって聞くけどホント?どんな人が向いてるのか教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「営業事務へ就職・転職希望するもきつい仕事なのか気になっている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 営業事務がきつい理由5選【一般事務との比較から解説】
  2. 営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法
  3. 辛い営業事務にも向いてる人の特徴5選
  4. 営業事務に転職する最適な方法と向いてる仕事の見つけ方

営業事務などの事務職は女性にとても人気の職業です。

ただ人気だからといって万人受けするとは限りません。
仕事には必ず向き不向きがあって、特徴を把握することは重要です。

向かないのに人気という理由なだけで選んではきつい末路が待っています。

営業事務はきついといわれる理由と向いてる人の特徴も詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法もまとめていきます。今まさに営業事務への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

未経験から営業事務を目指す!サポート体制が充実のおすすめ事務職求人サイト3選

営業事務がきつい理由5選【一般事務との比較から解説】

「営業事務 きつい」「営業事務 大変」
Yahoo!知恵袋で調べると1万件にのぼる悩みが投稿されています。

営業事務の何がそんなにきついのでしょうか?

一般事務との辛さや仕事内容の比較を作成しましたのでご覧ください。
具体的な営業事務がきつい理由5選を比較情報も踏まえ順番に解説していきます。

事務職比較営業事務一般事務
独自の辛さ 社内外問わずやり取りが多い
仕事が顧客至上主義になりがち
営業マンとのパワーバランスが働く
ノルマの進捗状況で職場の雰囲気が変わる
営業に関する専門知識が必要不可欠
男性が多い男社会の職場
女性が多い女社会の職場
共通する辛さ ルーティンワークが多い、雑務が多い、スキルが身につかない、評価されづらい
仕事内容 売掛金・買掛金管理
商品在庫管理
受発注入力
納品物スケジュール管理
顧客情報の登録&管理
クレーム対応
勤怠管理
データ入力&チェック
経費精算管理
各部署打ち合わせ調整

【理由1】社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから

まず1つ目の理由が「社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから」

まず以下営業事務と一般事務の「仕事の仕方」をご覧ください。
営業事務の方が「チームワーク」で進める割合が10pt近く高いことが分かります。

つまり、事務職の中でも特にコミュニケーションを多用するのが営業事務といえます。

さらに営業事務の場合、社外とのやり取りも多いのが特徴の一つ。
以下経験者のコメントにもある通り、事務処理能力よりコミュニケーション能力が優先されます。

在宅ワーク

「営業事務に求められるのは、事務処理能力というよりコミュニケーション能力です。今何かやっても中断し、優先する突発的なクレームや注文に対応したりする臨機応変さ、営業マンが8人もいて大変ですが、それぞれの大口の顧客のためにやっておいた方がよいことなど、相手に立場にそった対応、です。」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

すなわち、コミュニケーションが苦手な方にとって営業事務はきつい仕事にほかなりません。

関連記事:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】

【理由2】営業と同じく顧客至上主義になりがちだから

2つ目の理由が「営業と同じく顧客至上主義になりがちだから」

一般事務の場合、顧客は社内の従業員が対象です。
一方、営業事務は先にも紹介した通り、社外とのやり取りがメイン。

つまり、優先すべきは社外の顧客や取引先ということ。
問い合わせ対応も自業務より先方を優先されることが多々あります。

顧客からの問い合わせに対応する機会もあるため、社外の人と直接やりとりをする機会も一般事務と比べて多めです。

そして、時に営業マンに変わって謝罪することもあります。
営業マンの誤りであっても営業事務が代わりに尻拭いするのも日常茶飯事。

理不尽な要求でも大人の対応が求められるのも営業事務のきつい点といえます。

関連記事:【事実】営業職がきつい理由5選と大変でもポジティブに捉える人との違いとは

【理由3】営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから

3つ目の理由が「営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから」

良くも悪くも営業と営業事務は距離が近いです。
(営業マンとは一心同体と覚悟する営業事務もいます)

営業職の業務サポートを行うのが営業事務の役目。
営業マンが取ってきた契約の事務処理を営業事務は担当します。

基本、煩わしい事務処理をするので営業マンからは感謝されます。
ただし中には、主従関係と勘違いして見下す営業マンも少なくありません。

以下経験者のコメントのようにパワハラを受けるケースも散見されます。

落ち込む人

「私は前職は外資系の会社の営業事務でしたが、10人(外国人1人)くらいの営業マンのアシスタントをしていましたが、外資系だとなかなか個性の強い方々が多くて、一人パワハラ傾向の強い営業マンの担当が精神的に苦痛になり辞めてしまいました。」
引用: Yahoo!知恵袋「健康、病気」

つまり、営業部署内で上手く立ち回れない人にとって営業事務はきつい仕事になります。

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【理由4】ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから

4つ目の理由が「ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから」

理不尽な話に聞こえますが、事実存在します。

落胆する人

「営業事務をしている23歳女性です。私の部署は5人ほどの部署で同期はいません。先輩もきつくテレフォンマーケットの仕事が主ですが、ノルマをクリアしないとものすごく機嫌が悪くなり周りの後輩にきついことを言います。だから職場環境は無茶苦茶悪いです。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

営業職はノルマ(成果)を達成してなんぼの世界。
ノルマ未達は存在意義さえも否定されたかのような不甲斐なさを感じます。

またノルマ未達は支給される給料にも大きく影響します。
そのため、営業マンはノルマ達成に最優先で取り掛かります。

営業事務自身にノルマはありません。
ですがノルマを背負う営業マンと同等の緊張感を味わうことになります。

つまり、職場の雰囲気や場の空気に飲まれやすい人。
すぐに緊張して感情に飲み込まれる人は営業事務はきつい仕事に映る可能性が高いです。

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

【理由5】営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから

そして5つ目の理由が「営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから」

一般事務の業務は主に社内の事務処理を行います。
かたや営業事務は、営業部署に所属し営業職のサポートを専門に行います。

なので営業に関する専門知識がなければ業務もできません。
専門知識とは、具体的に挙げると以下のようなものがあります。

  • 売掛金管理
  • 買掛金管理
  • 設計書作成

実際、営業事務頼りな営業マンも少なくありません。
つまり、営業事務としての役割を果たす意味でも知識習得は必須です。

忙しい人

「書類は不備だらけな上、分かりにくい書き方をしたりするなどして、私がミスをしてしまうような事をします。しかも、こちらからうるさく言わないと自分のミスに気が付きません。その上、こちらが言うのを待っています。確認することがあなたの仕事です!と今更になって言われ、自分たちは一切不備をなくそうとしません。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

また取引先とのコミュニケーションにおいて業界知識も問われます。

ただ個人差ありますがいずれ業務には慣れます。
そのために知識習得が必須で、億劫に感じる方は営業事務はきつい仕事になります。

関連記事:【営業職が辛い】辞めたいほど向いてない時に取るべき行動は転職一択

営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法

ここまで営業事務がきつい理由を一般事務との比較から解説してきました。

結論、営業事務の仕事はきついです。
でもきついと感じる人もいれば、きついと感じない人もいる。

なぜ営業事務はきつい仕事と感じるのでしょうか?
営業事務がきついと感じる原因とそれに対する対処法についてまとめていきます。

【原因1】営業事務に対する認識のミスマッチ

まず1つ目に考えられる原因が「営業事務に対する認識のミスマッチ」

「営業事務=一般事務」

営業事務も一般事務も同じ業務を行う。
そのように認識している人は少なくありません。

しかし仕事内容や担当する業務範囲、対象の顧客も違います。
営業事務も一般事務と同じと捉えて就業すればミスマッチは避けられません。

必ず就業前にそれぞれ業務内容の把握が必要です。
詳しく確認したい方は事務就職支援を行う「マイナビキャリレーション」に問い合わせるのがおすすめです。

関連記事:あなたは大丈夫?仕事のミスマッチで辞める人の特徴【対処法は3つ】

【原因2】営業ワークフローを理解していない

2つ目の原因が「営業ワークフローを理解していない」

未経験の仕事の多くはきついと感じます。
なぜなら、仕事の流れを理解し慣れるまでに時間がかかるから。

営業事務も同じく理解できなければきついと感じます。

上図は営業活動にかかわるワークフロー(受発注業務の流れ)
営業事務は、発注側と受注側の商流を理解しているから仕事ができます。

理解してなければ、仕事はただきついと感じるだけです。

加えて営業事務は営業にかかわる専門知識も必要です。
そのため、「簿記検定」など資格取得に挑戦するのも対処法の一つといえます。

関連記事:【これで解決】仕事が終わらない!泣きそうで不安が募り辞めたい時の対処法

【原因3】男性だけの職場に慣れない

そして3つ目の原因が「男性だけの職場に慣れない」

一般事務の部署は女社会の世界です。
部署のほとんどが女性で女同士の確執が見え隠れします。
(出典:JOBRASS「一般職女性の7割が「正直、女社会は面倒くさい」」

しかし営業事務の場合、女性事務員一人に対して男性営業マンが複数人。

1対複数という人数比が当たり前で、私の前職でも同様です。
実際アンケート調査結果をみても、営業職に就く女性は圧倒的に少ないのが分かります。

つまり、営業部署は男社会になりやすいといえます。
仕事中も雑談はほぼなし、話さないし殺伐とした雰囲気が漂います。

なので男性と仕事をしたことがない人にはきついと感じる場合があります。

男社会への対処法として他部署との交流が大切です。
積極的に社員とコミュニケーションを取ることで息苦しさから解放できます。

関連記事:職場で信用できない人の特徴10選と共通点【信用できる人の見分け方も解説】

辛い営業事務にも向いてる人の特徴5選

結論、営業事務はきつい仕事です。
辛い営業事務にも向いてる人の特徴とは何なのでしょうか。

ここでは辛い営業事務にも向いてる人の特徴5選についてまとめていきます。

【特徴1】コミュニケーション能力が高い人

まず1つ目の特徴が「コミュニケーション能力が高い人」

下図は営業事務に必要なスキルレベルを示したチャートになります。

最も高い値を示すのは「コミュニケーションスキル」
社内だけでなく社外とのやり取りも求められるのが営業事務の特徴です。

そのため、営業事務にとってコミュニケーション能力は最も重要なスキルといえます。

ではどんなコミュニケーション能力が必要なのか?
具体的なスキルをピックアップすると以下3つになります。

営業事務に必要なコミュニケーショスキル

  • 顧客との信頼関係を構築する能力
  • 顧客の要望を正確にくみ取る能力
  • 顧客の立場を察する状況判断能力

外部とのやり取りはストレスも感じやすくなります。
その一方で結果を出せば、顧客から感謝されやりがいにつながります。

つまり、営業事務は相手の立場で考えられる利他的精神の持ち主が向いているといえます。

関連記事:人の話を聞く仕事がしたい!おすすめ職種12選【必要な3つのスキルも解説】

【特徴2】仕事の優先順位をつけるのが得意な人

2つ目の特徴が「仕事の優先順位をつけるのが得意な人」

社外とのやり取りが多いということは、優先順位は変わりやすいということです。

なぜなら、顧客からの突発的な対応にも応じる必要があるから。
いつ何時イレギュラーが発生するか分からないのも営業職の特徴です。

そして、営業職のサポートを行う営業事務にも影響は波及します。

パソコンを打つ女性

「急ぎの仕事に焦らずきちんと優先順位をつけるのとが大事です。焦ってそれができないことが一番ミスに繋がります。ミスが起こったとき自分の責任であっても責任を取るのは営業なのでそこは迷惑をかけないよう注意しています。(33歳/女性)」
引用: エン派遣「営業アシスタントのお仕事とは?」

つまり、営業事務はノルマなくともスケジュール管理が重要だということ。

突発対応で優先順位が狂えば、全てのスケジュールが狂います。
優先順位のつけ方が分からないと苦痛に感じるのは容易に想定できます。

関連記事:仕事でミスが多いから辞めたい?なら転職が正解【理由とミスばかり連発する原因】

【特徴3】営業マンの動きを先読みして対応できる人

3つ目の特徴が「営業マンの動きを先読みして対応できる人」

営業マンは何を必要としているのか?
その答えは以下営業事務経験者のコメントにあります。

在宅ワーク

「営業が仕事を安心して進められるよう、何が必要か、どうしたら仕事がスムーズに進むかを常に考えて行動しています。 仕事をお願いされた時すでにやり終えていたり、先回りして仕事を進められていて感謝されたりすると、やりがいを感じます。(41歳/女性)」
引用: エン派遣「営業事務のお仕事とは?」

つまり、先読みして動ける人が営業事務に向いているといえます。

では先読みできる人にはどんな特徴があるのか?
具体的な特徴をピックアップすると以下3つになります。

営業事務に欠かせない先読みが得意な人

  • 気配りのできる人
  • 几帳面でサポートできる人
  • 指示がなくても動ける人

一言でいえば「臨機応変さに長ける人」
冷静に状況判断できる人は営業事務に向いているといえます。

関連記事:デスクワークの仕事がしたい!おすすめ職業8選【未経験も転職可を厳選】

【特徴4】業務の創意工夫ができる人

4つ目の特徴が「業務の創意工夫ができる人」

一般事務はルーティンワークが多いので有名です。

その一方で営業事務は効率性を求められます。
なぜなら、ノルマ達成に営業事務のサポートは必要不可欠だから。

営業事務の効率化とは、営業業務の無駄を省くことによって、売上のアップやコスト削減を目指していくことです。

効率化の結果、売上アップが期待できます。
売上アップに貢献できれば部署内でも必要な人材として重宝されます。

つまり、効率化などの創意工夫ができる人は営業事務に向いているといえます。

関連記事:頭を使う仕事でおすすめ職種8選とその理由【もし苦手で向いてない人は転職推奨】

【特徴5】元営業職の人や営業経験のある人

そして5つ目の特徴が「元営業職の人や営業経験のある人」

営業職と営業事務は一心同体。
営業マンが安心して仕事できるのも営業事務は後方で支えているからこそ。

つまり、両者の業務内容は経験済みであるということ。
経験者として転職を考えた時に、即戦力として活躍できます。

実際、一般事務の未経験OKの求人割合は『70%』
対して営業事務は『50%』と低い結果が出ています。

営業事務は経験者が優遇される仕事です。
従って、営業経験者は営業事務にも向いているといえます。

関連記事:「コミュ障は営業に向いてない」は単なる思い込み【3つの理由と対策も解説】

向き不向きを調べたい時に役立つ適性チェックリスト

向き不向きを調べたい時に役立つ適性チェックリストがあります。

「営業事務の適性チェックリスト」
当てはまる項目が多いほど営業事務に向いている(素養がある)といえます。

  1. チームで働くことに喜びを感じる
  2. 結果が目に見える仕事をしたい
  3. ビジネスパーソンとして成長をしていきたい
  4. 他人とのコミュニケーションが苦にならない
  5. 計画を立てたり、調整したりするのが得意
  6. 課題を発見して解決策を考えるのが好き
  7. シチュエーションに応じて臨機応変な対応ができる
  8. 仕事だけでなくプライベートも大切にしたい

その他事務職全般の向いてる人の性格を以下関連記事でもまとめています。

関連記事:事務職に向いてる人の性格12選【向いてない性格と必要な資格・スキルも解説】

営業事務に転職する最適な方法と向いてる仕事の見つけ方

転職活動中の女子

「営業事務がきつい理由も分かった、それでもやってみたい!未経験から営業事務に転職する方法ってありますか?」

状況別に営業事務に転職する最適な方法と向いてる仕事の見つけ方をご紹介していきます!

営業事務へ就職・転職したい場合

まず営業事務へ就職・転職したい場合についてです。

「餅は餅屋」というたとえの通り。
営業事務の就業には事務職に特化した就業支援を利用するのが賢明です。

最もおすすめは国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営の「マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションのメリットはその特徴にあり。
営業事務未経験でも安心して就業を始められる研修制度が充実しています。

その他の詳しい特徴や制度については公式ホームページをご覧ください。

営業事務として新たな一歩を踏み出したい方は、ぜひご応募ください。
(※マイナビキャリレーションは20代女性を対象にした就業支援サービス)

\営業事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

20代女性以外かつ全国の営業事務求人を見たい方なら業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

営業事務以外の事務職に転職したい場合

そして営業事務以外の事務職に転職したい場合についてです。

営業事務以外を希望の方は「転職エージェント」の力を借りましょう。
あなたの希望するキャリア・事務職に沿って的確に求人を紹介してくれます

また転職エージェントは選考対策も充実しています。
書類作成や面接対策、企業の内情などアドバイスがもらえます。

一人で悩むより、誰かに不安を共有したほうが心は軽くなります。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

向いてる仕事が何なのか分からない場合

  • 営業事務がきつい理由
  • 営業事務がきついと感じる原因
  • 辛い営業事務にも向いてる人の特徴

ここまでの情報を確認して、

疲れた人

「もしかして私、営業事務に向いてないかも?」

と感じる方も少なくありません。

もし向いてる仕事が何なのか分からない場合
そんな方は「キャリア選択のプロ」に相談することを強くおすすめします。

なぜなら、一人で悩んでも残念ながら答えは出ないから。
日本には「17,209種類」もの多くの仕事があると公表されています。

数え切れないほどの仕事から向き不向きを見つけ出すことなど不可能に近いです。

そんな時に役立つのが「キャリア選択のプロ」
つまり、「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

向いてる仕事に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:営業事務はきつい仕事でも向いてる人には天職

営業事務がきつい理由と向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて営業事務がきつい理由をまとめると、

営業事務がきつい理由5選

  1. 社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから
  2. 営業と同じく顧客至上主義になりがちだから
  3. 営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから
  4. ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから
  5. 営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから

営業事務はきつい仕事でも向いてる人には天職といえます。

そのためにも仕事の向き不向き把握は重要。
営業事務一本で目指したい方はマイナビキャリレーションの利用がおすすめです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

キャリアの選択に迷ったら「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選