動物に関わる仕事がしたい!資格なし未経験や高卒でもなれる職業15選と求人の探し方
仕事に悩む人

「動物に関わる仕事がしたい!でも資格なしだと就職できない?求人の探し方も教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「動物に関わる仕事がしたいと考えている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 動物に関わる仕事15選を目的別に紹介
  2. 動物関係の仕事で就職に有利になる資格の取り方3選
  3. 動物に関わる仕事が見つかるおすすめ求人サイトと探し方
  4. 動物に関わる仕事に向いてる人の特徴
たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「動物に関わる仕事に向いてる人の特徴もまとめていきます。今まさに動物に関わる仕事がしたい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

動物に関わる仕事15選を目的別に紹介

動物に関わる仕事で業務独占の資格が必要なのは、

  • 獣医師
  • 愛玩動物看護師

おおむね上記2つの職業のみ。
それ以外の動物関連の仕事は資格なし未経験でも就職可能です。

つまり、ほとんどの動物に関わる仕事が資格なしに就けるということです。

以上の情報を踏まえ動物に関わる仕事15選を目的別に紹介していきます!
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

動物の飼育に関わる仕事3選

動物の飼育に関わる仕事3選についてです。

動物の飼育に関わる仕事3選

  1. 動物園のスタッフやトレーナー
  2. レジャー施設運営スタッフ
  3. ブリーダー

【仕事1】動物園のスタッフやトレーナー

まず1つ目の動物の飼育に関わる仕事が「動物園のスタッフやトレーナー」

特に動物と関わる機会が多い仕事。
動物の飼育から共存、トレーニングまで。

動物とともに生きる、飼育に関わる仕事になります。

【仕事2】レジャー施設運営スタッフ

次に2つ目の動物の飼育に関わる仕事が「レジャー施設運営スタッフ」

全国のレジャー施設でも動物を飼育している施設があります。
それら運営スタッフとして、レジャー施設で働く仕事になります。

【仕事3】ブリーダー

そして3つ目の動物の飼育に関わる仕事が「ブリーダー」

ブリーダーとは、育種家とも呼ばれています。
動物を家族として迎え入れたい人に対し、販売等も行います。

ペットとして飼われる動物関連の仕事3選

ペットとして飼われる動物関連の仕事3選についてです。

ペットとして飼われる動物関連の仕事3選

  1. トリマー
  2. ペット介護士
  3. ペットショップスタッフ

【仕事1】トリマー

まず1つ目のペットとして飼われる動物関連の仕事が「トリマー」

トリマーとは、ペット専門の美容師。
トリミング、スタイリングなど仕事内容は美容師そのもの。

カットの対象がペットであるだけの話。
大型犬なら体力仕事でもあるため、大変な一面も持ち合わせます。

【仕事2】ペット介護士

次に2つ目のペットとして飼われる動物関連の仕事が「ペット介護士」

ペット介護士とは、ペットを介護する仕事。
動物介護士とも呼ばれ、老犬やケアが必要なペットが対象です。

【仕事3】ペットショップスタッフ

そして3つ目のペットとして飼われる動物関連の仕事が「ペットショップスタッフ」

ペットショップで働く従業員。
好きなペットがいれば、特定のペットで働くこともできます。

動物の健康とサポートに関わる仕事3選

動物の健康とサポートに関わる仕事3選についてです。

動物の健康とサポートに関わる仕事3選

  1. 動物病院スタッフ
  2. ドックトレーナー
  3. アニマルセラピスト

【仕事1】動物病院スタッフ

まず1つ目の動物の健康とサポートに関わる仕事が「動物病院スタッフ」

全国各地に点在する動物病院で働くスタッフ。
主には、獣医師の補助や事務的な仕事を行います。

【仕事2】ドックトレーナー

次に2つ目の動物の健康とサポートに関わる仕事が「ドックトレーナー」

飼い主さんに代わってペットをしつける仕事。
トレーニングや飼育も担い、専門的な訓練も必要です。

【仕事3】アニマルセラピスト

そして3つ目の動物の健康とサポートに関わる仕事が「アニマルセラピスト」

人と動物との触れ合いをサポートする仕事。
レクリエーションを実施するなど自然な形で環境を提供します。

なかには動物との正しい接し方を知らない人もいます。
そんな方々に対しても、アニマルセラピストが橋渡し役を担います。

動物関連の商品の開発や販売を行う仕事3選

動物関連の商品の開発や販売を行う仕事3選についてです。

動物関連の商品の開発や販売を行う仕事3選

  1. 研究職
  2. 営業職
  3. マーケティング職

【仕事1】研究職

まず1つ目の動物関連の商品の開発や販売を行う仕事が「研究職」

動物全般の研究を行う仕事。
野生動物の研究や生態系のリサーチなど多岐にわたります。

【仕事2】営業職

次に2つ目の動物関連の商品の開発や販売を行う仕事が「営業職」

ペットショップやレジャー施設の営業職。
または動物病院向けの営業職などセールスは多岐にわたります。

【仕事3】マーケティング職

そして3つ目の動物関連の商品の開発や販売を行う仕事が「マーケティング職」

動物にかかわる商品企画や認知をマーケティング。
直接コミュニケーションによる関りではなく間接的な仕事になります。

動物に直接ではなく間接的に関わる仕事3選

動物に直接ではなく間接的に関わる仕事3選についてです。

動物に直接ではなく間接的に関わる仕事3選

  1. Webライター
  2. カメラマン
  3. ペットホテル従業員

【仕事1】Webライター

まず1つ目の動物に直接ではなく間接的に関わる仕事が「Webライター」

Webメディアのライティングを担当する仕事。
発注者のテーマや要望に沿ってライティングを行います。

案件内容も様々で、動物にまつわる仕事も多く存在します。

【仕事2】カメラマン

次に2つ目の動物に直接ではなく間接的に関わる仕事が「カメラマン」

ペットや動物専属のカメラマン。
宣材写真だけでなく研究に必要な写真も仕事になります。

【仕事3】ペットホテル従業員

そして3つ目の動物に直接ではなく間接的に関わる仕事が「ペットホテル従業員」

ペットホテルで働く従業員。
年々ペット需要の高まりとともに、ホテルも開業。

ペット同伴で宿泊する顧客に対し、おもてないが仕事になります。

動物関係の仕事で就職に有利になる資格の取り方3選

ペットビジネス市場は年々増加傾向にあります。

市場が拡大するということは労働市場も活況を呈します。
さらに動物関連の仕事は資格がなくても就くことができる職業がほとんどです。

とはいえスキルなしで動物に関わる仕事に就くのは難しい。
なぜなら、経験者や即戦力を企業側、経営側も求めているため。

つまり、スキルを証明できる資格などを習得しておいたほうが就職は有利に進みます。

では資格を取るのにおすすめの取り方は何でしょうか?
動物関係の仕事で就職に有利になる資格の取り方3選は以下の通りです。

  • 専門学校に通う
  • 大学に通う
  • 通信講座を受講する

それぞれのメリット・デメリットを以下比較表でまとめると、

比較表専門学校大学通信講座
メリット 実習が多く実践力を養える
就職サポートが手厚い
就職率が非常に高い
様々な資格を学業中に取れる
大学より2年早く社会に出られる
学歴が「大卒」になる
動物以外の教養も学べる
仕事の選択肢の幅が広がる
獣医師国家試験の受験資格を得られる
(6年制の獣医系大学に進学した場合)
社会人でも資格取得可能
転職時のアピール材料になる
就職サポートあり
テスト受験ができる
経済的負担は少ない
デメリット 動物以外の学業や教養習得は×
⇒就職先の選択肢が狭まる
動物業界以外の就職は厳しい
⇒学習の途中で気が変わると危険
学歴は「専門学校卒(専門卒)」
⇒専門卒だと就職できない施設あり
大卒が受験資格の仕事には就けない
⇒獣医師や愛玩動物看護師になれない
卒業までの費用が高い
⇒約200万円~300万円
卒業まで4年~6年かかる
学部により実習が少ない
就職活動は基本自力
資格取得サポートも基本自力
座学メインで実習は皆無
必ずしも資格が就職に有利にはならない

以上の比較から対象者のすみ分けをすると、

  • 動物関係の仕事に就く覚悟がある方は「専門学校」
  • まだ就職先の希望が決まっていない学生は「大学」
  • 社会人で動物関係の仕事に挑戦したい方は「通信講座」

まだ動物に関わる仕事にコミットしていない人は一先ず通信講座がおすすめです。

転職・就職サポート付き!おすすめ通信講座3選

関連記事:ヒューマンアカデミーの評判は悪い?【口コミと他資格取得の比較からメリットを検証】

動物に関わる仕事が見つかるおすすめ求人サイトと探し方

ここまで動物に関わる仕事と就職に有利な資格について解説してきました。

では具体的に仕事をどのように探せばいいのか?
次に動物に関わる仕事が見つかるおすすめ求人サイトと探し方について解説します。

求人サイト比較表公開求人ジャンル特徴
リクナビネクスト44,416件総合型転職者8割利用の転職決定数No.1
doda60,403件総合型転職者満足度No.1
ビズリーチ41,560件ハイクラス特化型国内最大級のハイクラス特化
リクルートダイレクトスカウト55,049件ハイクラス特化型完全無料のハイクラス特化
Re就活8,369件20代特化型20代が選ぶ転職サイトNo.1
転職ナビ4,467件総合型正社員の求人8割以上

※2021年8月調査時点の情報

仕事選びに迷ったらキャリア選択のプロに相談が賢明

仕事選びに迷ったらキャリア選択のプロに相談が賢明です。
なぜなら、自己を客観的に分析し仕事の向き不向きを理解するのは至難の業だから。

一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります

そしてキャリア選択のプロというのが「キャリアコーチング」
仕事選び、自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

転職選考を万全な状態で臨みたい人へのおすすめの対策

転職選考を万全な状態で臨みたい人へのおすすめの対策があります。

それが転職のプロである「転職エージェント」
職務経歴書の書類作成から面接対策、年収交渉など内定獲得まで徹底的にサポートをもらえます。

転職エージェントはいわば「転ばぬ先の杖」

失敗しない転職のために活用必須です。
もちろん登録料も内定が出るまでも無料で利用できます。

おすすめの転職エージェントを3社ご紹介します、ぜひお役立てください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

動物に関わる仕事に向いてる人の特徴

仕事に悩む人

「動物に関わる仕事のおすすめや求人の探し方も分かった。でも、そもそも私って動物関係の仕事にむいてるのかな?」

ここでは動物に関わる仕事に向いてる人の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】動物アレルギーがない人

まず1つ目の特徴が「動物アレルギーがない人」

そもそもの話になります。
動物アレルギーだと仕事になりません。

事前にアレルギーがないかどうか。
調べたうえで仕事を探すのがよいでしょう。

【特徴2】他者を思いやれる感受性豊かな人

次に2つ目の特徴が「他者を思いやれる感受性豊かな人」

「動物は家族の一員であり、かけがえのない存在」
動物を持つ家族であれば、誰もが抱く感情です。

家族と同じ感情を動物関連の仕事に就く従業員も持てるかどうか。

気持ちに共感できるかが重要になります。
感受性が豊かでなければ共感し得ない感情。

「動物」を単なる生き物を捉えてしまう人は、向かないでしょう。

関連記事:HSP(感受性が強い)に向いてる仕事36選【長所を活かした適職選びを解説】

【特徴3】動物も家族の一員として接せられる人

そして3つ目の特徴が「動物も家族の一員として接せられる人」

共感するだけでなく家族と同じくらい動物と接せられるかも重要です。

同じ立場に立って考えられるか。
家族が安心して動物を預けられないと判断されたとき。

動物関連の仕事は向いてない証拠になりかねません。

関連記事:人のためになる仕事がしたい!【人の役に立つ仕事ランキングTOP15】

まとめ:動物に関わる仕事15選と求人の探し方

動物に関わる仕事15選と求人の探し方をまとめてきました。

改めて、動物に関わる仕事をまとめると、

動物に関わる仕事15選

  1. 動物園のスタッフやトレーナー
  2. レジャー施設運営スタッフ
  3. ブリーダー
  4. トリマー
  5. ペット介護士
  6. ペットショップスタッフ
  7. 動物病院スタッフ
  8. ドックトレーナー
  9. アニマルセラピスト
  10. 研究職
  11. 営業職
  12. マーケティング職
  13. Webライター
  14. カメラマン
  15. ペットホテル従業員

仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選