人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】
仕事に悩む人

「人と話すのが好きなので喋る仕事がしたい!おすすめの職業は何かありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「人と話すのが好きな方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 人と話す仕事がしたい方向けのおすすめ15選
  2. 人と話す仕事を選ぶうえでの注意点
  3. 人と話す仕事を選ぶメリット3選
  4. 人と話す仕事を選ぶデメリット3選
  5. 人と話す仕事に向いてる人・向いてない人の特徴

「人と話すのが好き」

ただこれだけでビジネスマンとして大きな武器になります。
(出典:中央コンサルタンツ「社員紹介ブログマガジン」

ただしかし、人と話すことによる生活上のデメリットもあります。

人と話す仕事のおすすめを知るだけでなく。
仕事の向き不向きも理解したうえで選ぶのが重要だといえます。

人と話す・喋る仕事のおすすめと仕事上のメリット・デメリットについても詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「人と話す仕事に向いてる人・向いてない人の特徴についてもまとめていきます。人と話すのが好きな方は、ぜひ参考にしてみてください!」

人と話す仕事がしたい方向けのおすすめ15選

それでは早速人と話す仕事がしたい方向けのおすすめ15選についてまとめていきます!

本記事では以下3つの目的別に情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

人と話す・しゃべる仕事のおすすめ9選

まず人と話す・しゃべる仕事のおすすめ9選についてです。

【仕事1】営業

「営業」

【仕事2】介護士

「介護士」

【仕事3】保育士

「保育士」

【仕事4】アパレル店員

「アパレル店員」

【仕事5】飲食店店員

「飲食店店員」

【仕事6】カウンセラー

「カウンセラー」

【仕事7】キャリアアドバイザー

「キャリアアドバイザー」

【仕事8】ウェディングプランナー

「ウェディングプランナー」

【仕事9】人事(採用担当者)

「人事(採用担当者)」

非対面で人と話す仕事のおすすめ3選

次に非対面で人と話す仕事のおすすめ3選についてです。

【仕事1】コールセンター

「コールセンター」

【仕事2】動画配信(ユーチューバー)

「動画配信(ユーチューバー)」

【仕事3】ライブ配信(ライバー)

「ライブ配信(ライバー)」

複数の人前で話す仕事のおすすめ3選

そして複数の人前で話す仕事のおすすめ3選についてです。

【仕事1】お笑い芸人

「お笑い芸人」

【仕事2】日本語教師

「日本語教師」

【仕事3】イベント司会者

「イベント司会者」

人と話す仕事を選ぶうえでの注意点

ここまで人と話す仕事のおすすめを解説してきました。

人と話すのが好きで喋る仕事を選ぶのはとても素敵なこと。
なんですが、ただ人と話す仕事を選ぶうえでの注意点があります。

それは「喋り過ぎは禁物」だということ。

自分の話しかしない人は嫌われる傾向にあります。
実際、自分の話ばかりする人にみられる特徴を調べてみると、

  • 人の話は聞かない
  • 自己中心的
  • プライドが高い
  • 孤独で寂しがりや
  • うるさい
  • ナルシスト
  • わがままで愚痴っぽい
  • 承認欲求が強い

ネガティブな意見が大多数を占めています。

また恋愛に関しても同様です。
「話し上手」より「聞き上手」な彼氏が支持を集めています。
(出典:CanCam「「聞き上手な彼氏」と「話し上手な彼氏」どっちが好き?」

「人と話す(会話をする)」とは双方向のコミュニケーションで成り立つ行為。

一方向のみが話し続けても関係性は築けません。
仕事ならなおさら関係構築は大切で、自己中心的な振る舞いはリスクです。

つまり、人と話す仕事とはお互いの信頼関係の上でやり取りされる感情の交換ともいえます。

人と話すことが好きで喋る仕事を選ぶ人は、今後の参考にお役立てください。

関連記事:人の話を聞く仕事がしたい!おすすめ職種12選【必要な3つのスキルも解説】

人と話す仕事を選ぶメリット3選

仕事に悩む人

「人と話すのが好きだけど、仕事となるとどうなんだろう?仕事を選ぶメリットやデメリットも教えてほしい!」

人と話したり、喋ったりするのが好き。
でも仕事となれば、家族や知人との会話とは違ったコミュニケーションが求められます。

仕事にはどんなメリットやデメリットがあるのか?
人と話す仕事をしたい方にとっては気になる情報です。

ここからは人と話す仕事を選ぶメリット3選についてまとめていきます。
(デメリットを先に確認したい方はこちらを選択してください)

【メリット1】社会的な不安を感じにくくなる

まず1つ目のメリットが「社会的な不安を感じにくくなる」

人間は他の生き物と違い、他者から欲求を求める生き物。
心理学者マズローが提唱した人間の欲求を5段階に理論化した法則があります。

  1. 生理的欲求:生命活動を維持する上で不可欠な欲求(食欲、呼吸、睡眠など)
  2. 安全の欲求:安全・安心な環境で暮らしたい
  3. 社会的欲求:集団に所属したい、他者に受け入れられたい
  4. 承認欲求:他者に認められたい、高く評価されたい
  5. 自己実現の欲求:自分にしかできないことを成し遂げたい

「心の豊かさ」が「物の豊かさ」を上回るようになっています。
(出典:内閣府「今後の生活について」

つまり、人との話しから承認欲求が満たされることで社会的な不安は感じにくくなるといえます。

関連記事:スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】

【メリット2】コミュニケーション能力の向上に期待できる

次なるメリットが「コミュニケーション能力の向上に期待できる」

コミュニケーション能力の向上には以下4つの要素を養う必要があります。

  1. 理解
  2. 読解
  3. 伝達
  4. 討論

相手の話を理解し適切に伝える能力。
その最初のステップとして必要なのが「人と話す」ということ。

人と話す仕事を通してコミュニケーション能力は向上が期待できます。

その結果、双方の信頼関係は築けていきます。
ビジネスの場面で求められる「人間関係力」が向上していきます。
(出典:日立ソリューションズ「信頼関係を築くコミュニケーション術」

つまり、人と話すとは信頼関係を構築する重要な手段だといえます。

関連記事:【事実】営業職がきつい理由5選と大変でもポジティブに捉える人との違いとは

【メリット3】人との会話からビジネスチャンスが生まれやすくなる

そして「人との会話からビジネスチャンスが生まれやすくなる」

人と話すのが好きな人には向上心や学ぶ姿勢が強いといった特徴があります。
(出典:西日本シティ銀行「コミュニケーション能力の高い人には共通点がある」

相手に興味があるからこそ人と話したいと考えます。
興味があれば質問も湧いて、自然とコミュニケーションも活発になります。

そして、コミュニケーションが活発になれば新たなアイデアも生まれやすくなります。

取引先との商談、社内のコミュニケーション。
「人と話す」とはビジネスの現場でもなくてはならない交流です。

つまり、新たなイノベーション創出のためにも人と話す仕事はなくてはならない存在です。

関連記事:資金なしで始められる仕事10選【リスクゼロで副業・起業・独立したい方も必見】

人と話す仕事を選ぶデメリット3選

次に人と話す仕事を選ぶデメリット3選についてです。

【デメリット1】負の感情が感染しネガティブな気持ちに陥る

まず1つ目のデメリットが「負の感情が感染しネガティブな気持ちに陥る」

「情動感染」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

その言葉の通り、感情は感染します。
チームや組織だけでなく顧客との関わりでも感情は伝染します。

誰かが笑っているのを見て、つられて笑ってしまったということはあると思います。あるいは誰かが泣いているのを見て、もらい泣きしたという経験もあるかと思います。これらは情動伝染の例です。このように感情は人から人へ伝染していきます。 同じ空間を共有するチームや組織においては、この情動伝染がより強く生じます。良い感情の人がいると、その感情は周りに伝染し、悪い感情の人がいると、その感情が周りに伝染します。

さらに負の感情のほうが伝染しやすいといわれています。

負の感情が伝染するとどうなるのか?
ストレスホルモンのレベルが高まり、結果ネガティブな気持ちに陥ってしまいます。
(出典:平成医会「感情の伝染とメンタルヘルス」

ネガティブな気持ちはチーム内にも波及します。
職場の雰囲気も悪くなり、負の連鎖が続いてしまう末路が待っています。

関連記事:職場で嫌いな人でも話さないといけない?【仕事と割り切って最低限の会話でOK】

【デメリット2】話を聞いて共感し過ぎによる共感疲労を引き起こす

次に「話を聞いて共感し過ぎによる共感疲労を引き起こす」

エンパスは、5人に1人いるとも言われています。 人の気持ちがよくわかる人は「思いやりのある人」と呼ばれたりしますが、エンパスはただ思いやりのあるだけにとどまらず、人の感情や身体的な症状を、まるで自分のことのように感じてしまうのです。

人の心に寄り添って話を聞くエンパスは、人から相談されやすいのも特徴です。感情やエネルギーに影響され、疲労感がたまりやすく、慢性疲労症候群(CFS)と診断される人も多い傾向があります。さらに、慢性疲労症候群(CFS)が長引くことで、うつ病を合併させてしまうことも少なくありません。

つまり、人と話し相手に共感し過ぎると精神的疲労は蓄積されていることになりかねません。

適度な距離間で、相手と話すことが大切だといえます。

関連記事:【ENFJの適職12選】特徴と強みから主人公型の向いてる仕事・職業を分析

【デメリット3】多くの人と知り合うことはかえってストレスになる

そして「多くの人と知り合うことはかえってストレスになる」

アルバイトで多くの人と知り合うことは、心地よい関係の増加だけでなく、ストレス源となるような人間関係の増加の程度とも関連するkとが示唆された。

人間関係の構築は非常に重要な要素。
しかし、その反面諸刃の剣となってストレスの原因にもなりえます。

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

人と話す仕事に向いてる人・向いてない人の特徴

ここまでの情報から人と話す仕事に向いてる人・向いてない人の特徴をまとめると、

人と話す仕事に向いてる人の特徴

  • 一方的に話すだけでなく双方向のコミュニケーションが取れる人
  • 何のために人と話すのか?雑談ではなく目的が明確な人
  • 相手と程よい距離感で自身の感情をコントロールできる人

人と話す仕事に向いてない人の特徴

  • 一方的に話す自己中心的な考えを持つ人
  • 相手の話に共感し過ぎて鵜呑みにする人
  • コミュニケーション能力に乏しい人

人と話す仕事が向いてないなら転職推奨

上記の結果から人と話す仕事が向いてないなら転職を推奨します。

仕事には必ず向き不向きがあります。
人と話すのが好きでも趣味と仕事は大きく異なります。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

仕事選びに迷ったら自己分析が有効な手段

ただ仕事が向いてないとはいえ、どのように仕事を探せばいいのか?

仕事選び、職探しに困る人は多くいます。
そんな仕事選びに迷ったら自己分析が有効な手段です。

自己分析からスキルの棚卸しを行い進むべき方向性を見定めます。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

そんな方は「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選

人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめに関する情報をまとめてきました。

改めて人と話す・喋る仕事をまとめると、

人と話す・喋る仕事15選

  1. 営業
  2. 介護士
  3. 保育士
  4. アパレル店員
  5. 飲食店店員
  6. カウンセラー
  7. キャリアアドバイザー
  8. ウェディングプランナー
  9. コールセンター
  10. 動画配信(ユーチューバー)
  11. ライブ配信(ライバー)
  12. お笑い芸人
  13. 日本語教師
  14. イベント司会者
  15. 人事(採用担当者)

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選