毎日残業って本当におかしいこと?【当たり前な社内風土と思考停止が最もヤバい】
忙しい人

「とにかく忙しすぎて毎日残業!!でも毎日残業っておかしいこと?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「毎日残業することに疑問を持つ方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 毎日残業って本当におかしいこと?
  2. 「毎日残業」がどうこうよりもっとヤバいこと
  3. とはいえ残業が増えれば人生の幸福度は下がる
  4. 毎日残業がおかしいと感じるなら解決行動を取るしかない

あなたは今、毎日残業で悩んではいませんか?

おかしいとさえ思っている。
そんな方はぜひこのまま記事を読み進めてください。

毎日残業でも本当におかしい状況と具体的な解決行動を知ることができます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今まさに毎日残業でおかしいと感じている方は、参考にしてみてください。」

毎日残業って本当におかしいこと?

毎日残業って本当におかしいことなのかどうか。
そこに仕事がある以上、終わらなければ残業は発生します。

つまり、残業するか否かは本人次第。
実際、業界によっても業務量や仕事の質は異なります。

何より、今働いている仕事を選んだのは他ならないあなた。

毎日残業、が嫌なら対策必須です。
対策なくして嘆いても現状を変えることは不可能といえます。

客商売である以上残業が発生するのは当たり前

客商売である以上残業が発生するのは当たり前です。

しかし、残業するのはあってしかるべきこと。
会社の規模が大きくなるにつれて、仕事量が増えるのはごく自然なこと。
(一部アナログすぎて効率化されていないということがあるが)

さらに残業したら残業代が支給されます。
給料を上げる目的で生活残業を意図的にとる社員もいるわけです。
(出典:キャリコネ「残業する理由第1位は「生活費」」

つまり一概に「毎日残業はおかしい」なんて結論にはならない。

働く本人の意思や状況によって異なる。
毎日残業したい、とさえ考える労働者も一定数いるのは事実です。

関連記事:残業が40時間超でもきついと感じるのは人それぞれ【でも人権問題は即転職】

本当におかしいと捉えるべきは「残業代未払いの場合」

しかし本当におかしいと捉えるべきは「残業代未払いの場合」

残業代未払いはれっきとした違法。
いわゆるブラック企業が常習的に行う行為です。

あなたが辞めなければブラック企業はなくなりません。
なぜなら、あなたが働けば働くほどブラック企業の肥やしになっています。
(参考:【おかしい!】みなし残業なのに残業しないで早く帰るのはおかしいこと?

転職して別の企業に移ることが社会のためにもなります。
転職エージェントを利用して即転職することを強くおすすめします。

ブラック企業を徹底排除!おすすめ転職エージェント3選

「毎日残業」がどうこうよりもっとヤバいこと

ここまで、毎日残業がおかしいのかどうかについて触れてきました。
ただ「毎日残業」がどうこうよりもっとヤバいことがあります。

毎日残業が当たり前になっている社内風土

それは「毎日残業が当たり前になっている社内風土」
つまり、残業の意志に反し会社から強制されてしまう恐れがあるということ。

一生、残業と付き合う羽目にあいます。
ワークライフバランスもなく、仕事漬けの毎日が待っています。

会社も成長がなくなり、最終的には淘汰されて倒産。
やばい会社の典型例ともいえる、今すぐ対策を取るべき状況です。

関連記事:【厳選】やばい会社の特徴12選!留まっても時間の無駄なので即転職を推奨

思考停止していておかしいとすら判断できない

さらに、思考停止していておかしいとすら判断できない状況に陥ります。

「残業ありきの業務設計をおかしいと思わない」
まさに思考停止は、冷静な判断さえも欠くリスクの高い状況。

なぜ残業が多いのか?業務量が多いのか?
目の前の業務に忙殺されて、周囲を見渡す余裕がないなら。

まずは上司に相談するなり現状を変える動きを取るのが賢明といえます。

関連記事:1日12時間労働は違法ではない?【結論より当たり前と思考停止する方が危険】

とはいえ残業が増えれば人生の幸福度は下がる

とはいえ残業が増えれば増えるほど人生の幸福度は下がることが分かっています。

【諸外国における「週労働時間が 49 時間以上の者」の割合】

上図の通り、日本の労働時間は多い。
諸外国(G7)と比較しても日本は残業する国であるのが一目瞭然。

さらに、労働時間が多くなれば幸福度も下がります。
それはワークライフバランスが取りづらく、人間らしい生活を送れないから。

すべてにおいてバランスは大事。
何のために働いているのか?意義を見出すことも重要です。

関連記事:【悲劇】割に合わない仕事は人生の幸福度を下げる話【即転職を推奨】

毎日残業がおかしいと感じるなら解決行動を取るしかない

結論、毎日残業がおかしいと感じるなら解決行動を取るしかないです。

なぜなら、あなた自身が行動しないと解決しないから。
自分の人生、自分で設計しなければ良い方向にも向きません。

ではどうすればいいのか?
毎日残業から抜け出す最たる方法は「転職」です。

残業の少ない会社、仕事に転職するのが手っ取り早い方法。

そして転職活動には転職エージェントの力を借りましょう。
転職のプロに相談し、アドバイスもらうことで最短で解決に結びつきます。

あなたに最適な企業(求人)を紹介してくれます。
紹介だけでなく、書類添削や面接対策などのアドバイスももらえます。

さらに年収交渉といった個人だけでは到底難しい交渉事も代行してくれます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:何の疑いもなく毎日残業が当たり前と捉える思考が危険

毎日残業でも本当におかしい状況と具体的な解決行動に関する情報をまとめてきました。

改めて、毎日残業でも本当におかしい状況をまとめると、

毎日残業でも本当におかしい状況

  • 毎日残業が当たり前になっている社内風土
  • 思考停止していておかしいとすら判断できない

具体的な解決行動は「転職」
転職エージェントを活用し、早期の解決をはかりましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

とはいえ、転職するにしてもどんな仕事が向いてるのか。
仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選