文章を書く仕事がしたい!おすすめ職業15選【未経験&在宅可も厳選紹介】
仕事に悩む人

「文章を書く仕事がしたい!どんな職業がおすすめ?仕事を行ううえでのメリットもあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「文章を書く仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 文章を書く仕事おすすめ15選
  2. 仕事で文章力を身につけるメリットとデメリット
  3. 文章を書く仕事に必要な文章力を高める方法
  4. 文章を書く仕事に取り組む10個のコツやポイント
  5. 文章を書く仕事を行ううえでの注意点
  6. 文章を書く仕事に向いてる人の特徴
  7. 文章を書く仕事に向いてない人への対策

ビジネスマンにとって必須スキルは何か?

共通するスキルを挙げるなら「文章力」

文章力はどの会社、仕事でも必要な万能スキルです。
言い換えれば、文章力さえ身につければ市場価値も高まるということ。

筆者も副業で10年以上文章を書く仕事に従事。
文章を書く仕事のおすすめと文章力を高める方法まで詳しく解説していきます!

たかひろ@一人起業家たかひろ@一人起業家

「文章を書く仕事に取り組むコツやポイントについても解説していきます。今まさに文章を書く仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

文章を書く仕事おすすめ15選

早速文章を書く仕事おすすめ15選についてまとめていきます!

本記事では以下3つの目的別に情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選

まず正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選についてです。

正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選

  1. ゲームシナリオライター
  2. Webデザイナー
  3. コピーライター
  4. テクニカルライター
  5. 広報・PR

【仕事1】ゲームシナリオライター

まず1つ目の仕事が「ゲームシナリオライター」

簡単にいえばゲームの台本を作る仕事。
ゲームのストーリーから設定までゲーム制作の上流工程を担います。

そんなシナリオライターはクリエイティブな仕事。
スキル次第で高収入も狙える文章を書く仕事の一つになります。

ゲームシナリオライターに転職しキャリアを積みたい方は「G-JOBエージェント」を利用するのがおすすめです。

ゲーム業界転職で信頼できるコンサルタントNo.1を獲得。
企画職をはじめ、幅広い職種の求人・企業情報を取り扱います。

【仕事2】Webデザイナー

次に2つ目の仕事が「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

「文字」もれっきとしたデザイン。
Webデザインや広告デザインでも文字のあり方は非常に重要です。

さらにWebデザイナーは実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

Webデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事3】コピーライター

3つ目の仕事が「コピーライター」

あらゆる広告の文言(キャッチコピー)を創造する仕事。
長文ではなく短文の文字を考え、読者の心をつかむ仕事ともいえます。

コピーライターの仕事探しなら求人サイト「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

業界最大級の求人情報を保有し常時5万件を掲載。
大手リクルートグループが運営する転職決定数No.1の転職サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

【仕事4】テクニカルライター

4つ目の仕事が「テクニカルライター」

家電の取扱説明書やマニュアルを作成する仕事。
持ちうる専門技術を活かし、文章を書くライター業を指します。

またライティングだけでなく情報収集も行います。
利用者からの質問や受け答えから情報を集めてマニュアルに反映させていきます。

マニュアル作成のスペシャリスト、それがテクニカルライターです。

テクニカルライターの仕事探しなら求人サイト「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

業界最大級の求人情報を保有し常時5万件を掲載。
大手リクルートグループが運営する転職決定数No.1の転職サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

【仕事5】広報・PR

そして5つ目の仕事が「広報・PR」

会社のブランディングを担う仕事。
企業価値そのものの向上に勤めるのが広報・PRの仕事です。

例えば、CMや交通広告などのメディア戦略。
社長がテレビやメディア出演し企業PRに繋げるなど。

どういった文章、構成が目に留まりやすいか?
裏方的・間接的にも文章を書く仕事として従事することになります。

広報・PRへの転職を希望する方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

管理部門の転職決定率No.1の特化型エージェント。
業界最大級の転職支援実績を誇る管理部門に特化した転職支援サービスです。

完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選

次に完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選についてです。

完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選

  1. Webライター
  2. 文字起こし
  3. 翻訳家
  4. 小説家
  5. インフルエンサー

【仕事1】Webライター

まず1つ目の完全在宅でできる文章を書く仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは扱うのがおすすめです。

未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
完全在宅ワークで、好きな時間に文章を書くことができます。

Webライターの仕事探しなら「クラウドワークス」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】文字起こし

次に2つ目の完全在宅でできる文章を書く仕事が「文字起こし」

動画、音声、会議資料など。
あらゆる音声データから文字を起こす仕事。

単に聞きながら文字にしていくだけの仕事。
誰でもすぐに取り組めて、特別なスキルなどは不要です。

文字起こしの仕事探しなら「クラウドワークス」の利用がおすすめ

仕事発注数は570万件と国内シェアNo.1!
文字起こしの案件数も常時6000件を超える仕事が扱われています。

【仕事3】翻訳家

3つ目の完全在宅でできる文章を書く仕事が「翻訳家」

外国語の翻訳業務、観光関連の翻訳、放送翻訳など。
要望に合わせて言語を対象言語に翻訳する仕事です。

翻訳者に求められるスキルは「想像力」
クライアントは何を意図して伝えたいのか?

つまり、直訳ではなく伝えたい「想い」を汲み取る必要があります。
翻訳対応の仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用が最もおすすめです。

【仕事4】小説家

4つ目の完全在宅でできる文章を書く仕事が「小説家」

己の知識や想像をいかし小説を書く仕事。
読者を虜にする言葉の力を使って物語を構築していきます。

関連記事:社会不適合者に向いてる仕事9選【特徴と就職や転職で環境も変わる】

【仕事5】インフルエンサー

そして5つ目の完全在宅でできる文章を書く仕事が「インフルエンサー」

インスタやTwitterなどのSNS上で影響力を持つ人物。
広告効果が大きく、企業も熱視線をおくる職業の一つとなります。

インフルエンサーの種類は様々で、文字を操る人間も多い。

そんなインフルエンサーを始めるのに必要なのはスマホのみ。
一切の初期投資も費用もかけず、完全在宅で始められるメリットがあります。

関連記事:【厳選】時間に縛られない仕事10選!時間に追われない自由な働き方は可能

未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選

そして未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選についてです。

未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選

  1. ブロガー
  2. SEOライター
  3. アフィリエイター
  4. セールスライター
  5. 動画編集

【仕事1】ブロガー

まず1つ目の未経験向けの文章を書く仕事が「ブロガー」

ブログを書いて広告収入を得るビジネス。
初期費用もわずかで、未経験からでもすぐに始められます。

つまり、完全一人で自由に取り組めるビジネスだということ。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがあり、累計報酬は1,000万円を超えています。

しかし自由とはいえ、成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事2】SEOライター

次に2つ目の未経験向けの文章を書く仕事が「SEOライター」

メディアのSEOに特化したライター業。
SEOとは検索エンジン最適化の略で、検索上位の施策のこと。

どうすれば検索結果のトップに表示されるのか?
文章(構成、検索意図、共起語など)から施策を施す仕事です。

SEOライターの仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用が最もおすすめです。

【仕事3】アフィリエイター

3つ目の未経験向けの文章を書く仕事が「アフィリエイター」

アフィリエイト広告をWebコンテンツに掲載しユーザー訴求。
広告のサービス・商品が成約に至れば報酬は得られる広告ビジネスです。

成約に結びつけるためにはセールスライティングが必須。
アフィリエイターもまた、ライティング技術が求められます。

アフィリエイトでの成功のカギはコンテンツ作成と集客。
そのため、集客につながるマーケティングやSEOの知識も必要になります。

未経験からでも始められて、実力次第で高収入も実現可能な仕事といえます。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください

【仕事4】セールスライター

4つ目の未経験向けの文章を書く仕事が「セールスライター」

商材やサービスのセールスに特化したライター業。
ターゲットとなる読者に対して、購買行動を起こさせます。

セールスライティングにもいくつかの型が存在します。
これらの型を駆使して、セールスに結びつける仕事になります。

セールスライターの仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用が最もおすすめです。

【仕事5】動画編集

そして5つ目の未経験向けの文章を書く仕事が「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

編集にはテロップや文字の挿入など。
ライティング技術も必要で、文章を書く仕事となります。

受注先は個人と法人両方で多岐にわたって探せます。
仕事のやり取りはすべてオンライン完結、完全在宅ワークでも取り組めます。

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

仕事で文章力を身につけるメリットとデメリット

文章を書く仕事を行ううえで「文章力」は必須です。
なぜなら、文章力がなければ的確に「意図」を伝えられないから。

文章力とは、文章で的確に読者に伝えるスキル。
文章力がないとニーズをくみ取った文章を書くことはできません。

ですので、文章を書く仕事には文章力が必須になります。

では仕事で文章力を身につけるメリットとデメリットは何なのでしょうか。

メリットは、高めるだけで市場価値が上がる。
ビジネスのあらゆる場面で、「文章」は用いられます。

一方、デメリットは何か?
実は身につけることによるデメリットはまったくありません。

高めれば高めるほど市場価値も上がります。
ビジネスマンの最優先事項といっていいほど、身につけるべきスキルが文章力といえます。

文章を書く仕事に必要な文章力を高める方法

ここまで文章を書く仕事について解説してきました。

では、どうすれば文章力は上達するのか?
キーワードは「経験を積む」

「文章を書く」も筋トレと一緒で経験すればするほど上達する。

ここでは文章を書く仕事に必要な文章力を高める方法について解説していきます。

【上達法1】ライティングのプロに学ぶ

まず1つ目の上達法が「ライティングのプロに学ぶ」

餅は餅屋」ということわざがあります。
その道のことはその道のプロに聞くのが一番だというたとえ。

ライティングを上達させるのもライティングのプロに学ぶのが近道だと断言できます。

ライティングを一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【上達法2】実践する

次に文章力を高める方法が「実践する」

ライティングのプロに学んだら実際に実践しましょう。
実践しないと身に付きませんし、文章を書く仕事はアウトプット重視です。

さらに、文章は書くことで上達していきます。
まさに筋トレと同じで、日ごろの積み上げが何より重要。

何の実践もなしにいきなり書くことなどできません。
なので、実践重視のスキルアップが遠回りのようで近道といえます。

実践には求人サイトを活用し案件獲得がおすすめです。
特におすすめが日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス

未経験でも完全在宅で実践可能。
ライティング案件も高単価なものまで幅広く揃っています。

【上達法3】写経する

セルフで文章力を鍛えたい方におすすめなのが「写経する」

写経は、心をこめて丁寧に書写すればよいのであって、文字の上手下手は、あまり問題ではありません。

特にコピーライティングの現場で多用される「写経」
しかし、文章を書くという行為でいえば写経は大きな意義を持ちます。

それは先人の知恵を授かるということ。

理屈では身に就かない、文章構成を理解できます。
句読点を打つ場所、組み合わせ、言い回し(語彙、言葉の表現力)など。

文章のリズムを身をもってしみ込ませることができます。
クラウドワークスでライティング案件を実践しつつ写経することで文章を書くスキルは上達していきます。

文章を書く仕事に取り組む10個のコツやポイント

仕事に悩む人

「文章力を高める上達法もわかったけど、もっと具体的に書くコツやポイントを教えてほしい!」

ここでは文章を書く仕事に取り組む10個のコツやポイントについてまとめていきます。

【コツ1】書く前に文章を設計する

まず1つ目のコツが「書く前に文章を設計する」

いきなり書き始めるのはNGです。
地図を持たず目的地まで歩いているようなもの。

書き始める前に必ず文章を設計しましょう。

特に有効なのは目次を最初に決めること。
そして目次に沿って小分けにして書けば、迷わず書き進められます。

【コツ2】ペルソナを設定する

2つ目のコツは「ペルソナを設定する」

ペルソナとは、企業や商品の典型的なターゲットとなる顧客像のことです。

誰に、何を、どう伝えるか。
他者目線で書くことで伝わる文章は完成します。

【コツ3】書くレベルを読者に合わせる

3つ目のコツが「書くレベルを読者に合わせる」

読み物によっても共通の言語は異なります。
「共通認識」を意識しつつ文章を書くことで親近感がわきます。

【コツ4】ライティングよりリサーチに時間を費やす

4つ目のコツが「ライティングよりリサーチに時間を費やす」

リサーチなしに文章を書き始めると多くは筆が止まります。
なぜなら、書いてる途中で迷子になってゴールが見えなくなるから。

スタートとゴールを明確にし迷子状態から脱出。
そのために書くべきお題のリサーチに重きを置くことが重要です。

【コツ5】文章作成のフレームワークを活用する

5つ目のコツが「文章作成のフレームワークを活用する」

文章作成には多くのフレームワークが確立されています。
有名なフレームワークの一例を示すと、以下のようなものになります。

文章作成のフレームワーク(型)

  • PREP法(フレップ法)
  • QUESTの法則(クエストの法則)
  • AIDMAの法則(アイドマの法則)
  • AISASの法則(アイサスの法則)
  • PASONAの法則(パソナの法則)
  • CREMAの法則(クレマの法則)
  • SDS法(エスディーエス法)

【コツ6】文章の基本ルールを意識して書く

6つ目のコツが「文章の基本ルールを意識して書く」

独自のルールではなく共通ルール。
文章を統一させるだけでも読みやすさはグッと上がります。

文章の基本ルール

  • 漢字、ひらがな、カタカナのバランスを意識する
  • 句読点を正しく打つ
  • 同じ文末は使わない
  • 主語と述語は近づける
  • 修飾語と被修飾語は離さない
  • 誰に書いているのか明確にする

それらの基本的なルールが上記のような項目。
文章作成時に意識するだけでも文章力は上達します。

【コツ7】とにかく多くのネタを書き出す

7つ目のコツが「とにかく多くのネタを書き出す」

書き始めで筆が止まる時に有効な方法です。
筆が止まる原因の多くは、まとまっていないことが挙げられます。

多くのネタを書き出すことで悩みが可視化されます。

多くの情報の中から最適な文章を選び出す。
そして客観的な評価から適切な情報を抜き出せるようになる。

つまり、悩みの整理整頓に役立ちます。
紙になぐり書きするかのように、ネタを書きだしましょう。

【コツ8】最後まで書き切って後で修正する

8つ目のコツが「最後まで書き切って後で修正する」

言葉と違って文章は後からでも調整できる。
まずは最後まで書き切ることを意識しましょう。

そして見直しに多くの時間を費やしましょう。
推敲を重ねることで、よりよい文章は出来上がります。

【コツ9】文章を短くできないか常に工夫する

9つ目のコツが「文章を短くできないか常に工夫する」

文章が長いと無駄な情報も含まれます。
その結果、読者に伝わりづらい文章になりがち。

また文章を短くするメリットは多くあります。

文章を短く工夫するメリット

  • 文章のリズムが整う
  • 言い回しが生まれやすくなる
  • 読者の記憶に残りやすくなる
  • 取捨選択から無駄を省ける
  • 無駄がなくなれば読者の時間を奪わずに済む

【コツ10】ベストパフォーマンスを発揮できる時間帯を把握する

そして最後のコツが「ベストパフォーマンスを発揮できる時間帯を把握する」

人によって書きやすい時間帯は異なります。
朝がいいのか?夜がいいのか?それとも食べた後がいいのか?

ベストパフォーマンスを発揮できる時間帯を見つけましょう。
そして、書くスケジュールを決めて生産性の高い文章作成に取り掛かりましょう。

そのために有効な方法がノルマを決める。
締切を意識し、時間単位で書く分量を計測しましょう。

時間帯だけでなく使用するデバイスを変えるのもパフォーマンスに影響するのでおすすめです。

文章を書く仕事を行ううえでの注意点

ここまで文章力を高める方法やポイントを解説してきました。

書くだけでも多くのメリットを得られます。
ただ、書く仕事を行う際に注意しておきたい点もあります。

ここでは文章を書く仕事を行ううえでの注意点をご紹介していきます。

【注意点1】書く分野を決める

まず1つ目の注意点が「書く分野を決める」

書く分野を決めることで生産性が上がります。
体験談や得意な分野・専門性など、一つに絞って書くようにしましょう。

書く分野を決めるメリット

  • 生産性が上がる
  • 文章を書く仕事未経験からでも始めやすい

【注意点2】書いたら音読する

次に2つ目の注意点が「書いたら音読する」

文章は塊で認識しがちです。
音読することで執筆中では気づかない変化に気づきやすくなります。

文章を音読するメリット

  • 文字のケアレスミスに気づく
  • 文章のおかしいリズムに気づく

【注意点3】上手な休憩の取り方をマスターする

そして3つ目の注意点が「上手な休憩の取り方をマスターする」

人間の集中力には限界があります。
必ず休憩をはさみつつ仕事に復帰する工夫を考えましょう。

上手な休憩の取り方

  • 時間を計りながら書く
  • 体を動かすだけでもひらめきが生まれる

ただしスマホの操作は休憩にはなりませんので注意しましょう。

関連記事:【仕事の要領が悪くて辛い】悩みを改善する15のコツと強みを活かす方法

文章を書く仕事に向いてる人の特徴

それではどんな人が向いているのか?
文章を書く仕事に向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】相手のために考えて文章を書ける人

まず1つ目の特徴が「相手のために考えて文章を書ける人」

何のために文章は存在するのか?
目的あってのビジネスライティングです。

「相手の悩みを解決したい。」

他人の気持ちを想像できる人は向いています。
結果、人のために喜べるかが仕事では大切だといえます。

【特徴2】細部まで悩むほどこだわりのある人

次に2つ目の特徴が「細部まで悩むほどこだわりのある人」

文章は総合点。
着実に積み重なって、出来上がるもの。

どうすれば文章はよくなるか?
一言一句、細部にまでこだわり悩む人は上達します。

何度も読み返し、工夫しながら仕上げる。
最後まで粘り強くこだわり持てる人が向いています。

【特徴3】好奇心旺盛で集中力を持続できる人

そして3つ目の特徴が「好奇心旺盛で集中力を持続できる人」

文章を書く仕事もチームプレーです。
ただし、文章を書く作業に限って言えば一人の作業。

誰かと協業することもない個人プレー。
つまり、集中力がなくては続けられない仕事ということ。

自律した自己成長と集中力。
これらを持ち合わせた好奇心旺盛な人が向いています。

文章を書く仕事に向いてない人への対策

文章を書く仕事に向いてない人の特徴

  • 自分のために書きたい人
  • 細かい作業が苦手な人
  • 答えのある仕事をしたい人

共通点は「自己主張の強い人」
自己表現を最優先に考えたい人は文章を書く仕事には向いてません。

そんな文章を書く仕事に向いてない人への対策についてまとめていきます。

【対策1】自己分析から強みを把握する

まず行うべき対策が「自己分析から強みを把握する」

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 強みや弱みが客観的に把握できない
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】文章力を活かす文章に携わる仕事を選ぶ

そして「文章力を活かす文章に携わる仕事を選ぶ」

日本には多くの会社・仕事が存在します。
あなたの強みや得意を活かせる仕事も必ずあります。

つまり、強みを活かせる仕事に転職するのが賢明だといえます。

そして転職活動の際には、転職エージェントの力を借りましょう。
職務経歴書の書類作成から面接対策、年収交渉など内定獲得まで徹底的にサポートをもらえます。

転職エージェントはいわば「転ばぬ先の杖」

失敗しない転職のために活用必須です。
もちろん登録料も内定が出るまでも無料で利用できます。

おすすめの転職エージェントを3社ご紹介します、ぜひお役立てください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:文章を書く仕事のおすすめと文章力を高める方法

文章を書く仕事のおすすめと文章力を高める方法など情報をまとめてきました。

改めて、15個の文章を書く仕事のおすすめをまとめると、

文章を書く仕事おすすめ15選

  1. ゲームシナリオライター
  2. Webデザイナー
  3. コピーライター
  4. テクニカルライター
  5. 広報・PR
  6. Webライター
  7. 文字起こし
  8. 翻訳家
  9. 小説家
  10. インフルエンサー
  11. ブロガー
  12. SEOライター
  13. アフィリエイター
  14. セールスライター
  15. 動画編集

とはいえ、転職するにしてもどんな仕事が向いてるのか。
仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選