文章を書く仕事がしたい!おすすめ職業15選【未経験&在宅可も厳選紹介】
仕事に悩む人

「文章を書く仕事がしたい!どんな職業がおすすめですか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「文章を書く仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 文章を書く仕事おすすめ15選
  2. 仕事で文章力を身につけるメリットとデメリット
  3. 文章を書く仕事に必要な文章力を高める方法
  4. 文章を書く仕事に取り組む10個のコツやポイント
  5. 文章を書く仕事を行ううえでの注意点
  6. 文章を書く仕事に向いてる人の特徴
  7. 文章を書く仕事に向いてない人への対策

当ブログ管理人も副業で10年以上文章を書く仕事に従事しています。

だからこそ分かるおすすめの職業!

文章を書く仕事のおすすめと文章力を高める方法まで詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「文章を書く仕事に取り組むコツやポイントについても解説していきます。今まさに文章を書く仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

文章を書く仕事おすすめ15選

早速文章を書く仕事おすすめ15選についてまとめていきます!

本記事では以下3つの目的別に情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

  • 正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選
  • 完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選
  • 未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選

正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選

まず正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選についてです。

正社員かつ高収入も狙える文章を書く仕事5選

  1. ゲームシナリオライター
  2. Webデザイナー
  3. コピーライター
  4. テクニカルライター
  5. 広報・PR

【仕事1】ゲームシナリオライター

「ゲームシナリオライター」

【仕事2】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【仕事3】コピーライター

「コピーライター」

【仕事4】テクニカルライター

「テクニカルライター」

【仕事5】広報・PR

「広報・PR」

完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選

次に完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選についてです。

完全在宅で主婦にもおすすめの文章を書く仕事5選

  1. Webライター
  2. 文字起こし
  3. 翻訳家
  4. 小説家
  5. インフルエンサー

【仕事1】Webライター

「Webライター」

【仕事2】文字起こし

「文字起こし」

【仕事3】翻訳家

「翻訳家」

【仕事4】小説家

「小説家」

【仕事5】インフルエンサー

「インフルエンサー」

未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選

そして未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選についてです。

未経験向けでフリーランス転身も可能な文章を書く仕事5選

  1. ブロガー
  2. SEOライター
  3. アフィリエイター
  4. セールスライター
  5. 動画編集

【仕事1】ブロガー

「ブロガー」

【仕事2】SEOライター

「SEOライター」

【仕事3】アフィリエイター

「アフィリエイター」

【仕事4】セールスライター

「セールスライター」

【仕事5】動画編集

「動画編集」

仕事で文章力を身につけるメリットとデメリット

文章を書く仕事を行ううえで「文章力」は必須です。
なぜなら、文章力がなければ的確に「意図」を伝えられないから。

文章力とは、文章で的確に相手に伝えるスキル。
文章力がないとニーズをくみ取った文章を書くことはできません。

では仕事で文章力を身につけるメリットとデメリットは何なのでしょうか。

メリットは高めるだけで市場価値が上がる。
ビジネスのあらゆる場面で、「文章」は用いられます。

一方、デメリットは何か?
身につけることによるデメリットはまったくありません。

高めれば高めるほど市場価値は高まります。
ビジネスマンに最優先事項といっていいほど身につけるべきスキルが文章力といえます。

文章を書く仕事に必要な文章力を高める方法

ここまで文章を書く仕事について解説してきました。

では、どうすれば文章力は上達するのか?
キーワードは「経験を積む」

「文章を書く」も筋トレと一緒で経験すればするほど上達する。

ここでは文章を書く仕事に必要な文章力を高める方法について解説していきます。

【上達法1】ライティングのプロに学ぶ

まず1つ目の上達法が「ライティングのプロに学ぶ」

餅は餅屋」ということわざがあります。
その道のことはその道のプロに聞くのが一番だというたとえ。

ライティングを上達させるのもライティングのプロに学ぶのが近道だと断言できます。

ライティングを一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』公式ホームページはこちら!

【上達法2】実践する

次に文章力を高める方法が「実践する」

ライティングのプロに学んだら実際に実践しましょう。
実践しないと身に付きませんし、文章を書く仕事はアウトプット重視です。

さらに、文章は書くことで上達していきます。
まさに筋トレと同じで、日ごろの積み上げが何より重要。

何の実践もなしにいきなり書くことなどできません。
なので、実践重視のスキルアップが遠回りのようで近道といえます。

実践には求人サイトを活用し案件獲得がおすすめです。
特におすすめがフルリモート求人を揃える「ReWorks(リワークス)

未経験でも完全在宅で実践可能。
ライティング案件も高単価なものまで幅広く揃っています。

【上達法3】写経する

セルフで文章力を鍛えたい方におすすめなのが「写経する」

写経は、心をこめて丁寧に書写すればよいのであって、文字の上手下手は、あまり問題ではありません。

特にコピーライティングの現場で多用される「写経」
しかし、文章を書くという行為でいえば写経は大きな意義を持ちます。

それは先人の知恵を授かるということ。

理屈では身に就かない、文章構成を理解できます。
句読点を打つ場所、組み合わせ、言い回し(語彙、言葉の表現力)など。

文章のリズムを身をもってしみ込ませることができます。
リワークスでライティング案件を実践しつつ写経することで文章を書くスキルは上達していきます。

文章を書く仕事に取り組む10個のコツやポイント

仕事に悩む人

「文章力を高める上達法もわかったけど、もっと具体的に書くコツやポイントを教えてほしい!」

ここでは文章を書く仕事に取り組む10個のコツやポイントについてまとめていきます。

【コツ1】書く前に文章を設計する

まず1つ目のコツが「書く前に文章を設計する」

いきなり書き始めるのはNGです。
地図を持たず目的地まで歩いているようなもの。

書き始める目に必ず文章を設計しましょう。

特に有効なのは目次を最初に決めること。
そして目次に沿って小分けにして書けば、迷わず書き進められます。

【コツ2】ペルソナを設定する

2つ目のコツは「ペルソナを設定する」

ペルソナとは、企業や商品の典型的なターゲットとなる顧客像のことです。

誰に、何を、どう伝えるか。
他者目線で書くことで伝わる文章は完成します。

【コツ3】書くレベルを読者に合わせる

3つ目のコツが「書くレベルを読者に合わせる」

読み物によっても共通の言語は異なります。
「共通認識」を意識しつつ文章を書くことで親近感がわきます。

【コツ4】ライティングよりリサーチに時間を費やす

4つ目のコツが「ライティングよりリサーチに時間を費やす」

リサーチなしに文章を書き始めると多くは筆が止まります。
なぜなら、書いてる途中で迷子になってゴールが見えなくなるから。

スタートとゴールを明確にし迷子状態から脱出。
そのために書くべきお題のリサーチに重きを置くことが重要です。

【コツ5】文章作成のフレームワークを活用する

5つ目のコツが「文章作成のフレームワークを活用する」

文章作成のフレームワーク(型)

  • PREP法(フレップ法)
  • QUESTの法則(クエストの法則)
  • AIDMAの法則(アイドマの法則)
  • AISASの法則(アイサスの法則)
  • PASONAの法則(パソナの法則)
  • CREMAの法則(クレマの法則)
  • SDS法(エスディーエス法)

【コツ6】文章の基本ルールを意識して書く

6つ目のコツが「文章の基本ルールを意識して書く」

文章の基本ルール

  • 漢字、ひらがな、カタカナのバランスを意識する
  • 句読点を正しく打つ
  • 同じ文末は使わない
  • 主語と述語は近づける
  • 修飾語と被修飾語は離さない
  • 誰に書いているのか明確にする

【コツ7】とにかく多くのネタを書き出す

7つ目のコツが「とにかく多くのネタを書き出す」

書き始めで筆が止まる時に有効な方法です。
筆が止まる原因の多くは、まとまっていないことが挙げられます。

多くのネタを書き出すことで悩みが可視化されます。

多くの情報の中から最適な文章を選び出す。
そして客観的な評価から適切な情報を抜き出せるようになる。

つまり、悩みの整理整頓に役立ちます。

【コツ8】最後まで書き切って後で修正する

8つ目のコツが「最後まで書き切って後で修正する」

言葉と違って文章は後からでも調整できる。
まずは最後まで書き切ることを意識しましょう。

そして見直しに多くの時間を費やしましょう。
推敲を重ねることで、よりよい文章は出来上がります。

【コツ9】文章を短くできないか常に工夫する

9つ目のコツが「文章を短くできないか常に工夫する」

文章が長いと無駄な情報も含まれます。
その結果、読者に伝わりづらい文章になりがち。

また文章を短くするメリットは多くあります。

文章を短く工夫するメリット

  • 文章のリズムが整う
  • 言い回しが生まれやすくなる
  • 読者の記憶に残りやすくなる
  • 取捨選択から無駄を省ける
  • 無駄がなくなれば読者の時間を奪わずに済む

【コツ10】ベストパフォーマンスを発揮できる時間帯を把握する

そして最後のコツが「ベストパフォーマンスを発揮できる時間帯を把握する」

人によって書きやすい時間帯は異なります。
朝がいいのか?夜がいいのか?それとも食べた後がいいのか?

ベストパフォーマンスを発揮できる時間帯を見つけましょう。
そして、書くスケジュールを決めて生産性の高い文章作成に取り掛かりましょう。

そのために有効な方法がノルマを決める。
締切を意識し、時間単位で書く分量を計測しましょう。

時間帯だけでなく使用するデバイスを変えるのもパフォーマンスに影響するのでおすすめです。

文章を書く仕事を行ううえでの注意点

文章を書く仕事を行ううえでの注意点についてご紹介していきます。

【注意点1】書く分野を決める

まず1つ目の注意点が「書く分野を決める」

書く分野を決めることで生産性が上がります。
体験談や得意な分野・専門性など、一つに絞って書くようにしましょう。

書く分野を決めるメリット

  • 生産性が上がる
  • 文章を書く仕事未経験からでも始めやすい

【注意点2】書いたら音読する

次に2つ目の注意点が「書いたら音読する」

文章は塊で認識しがちです。
音読することで執筆中では気づかない変化に気づきやすくなります。

文章を音読するメリット

  • 文字のケアレスミスに気づく
  • 文章のおかしいリズムに気づく

【注意点3】上手な休憩の取り方をマスターする

そして3つ目の注意点が「上手な休憩の取り方をマスターする」

人間の集中力には限界があります。
必ず休憩をはさみつつ仕事に復帰する工夫を考えましょう。

上手な休憩の取り方

  • 時間を計りながら書く
  • 体を動かすだけでもひらめきが生まれる

ただしスマホの操作は休憩にはなりませんので注意しましょう。

関連記事:【仕事の要領が悪くて辛い】悩みを改善する15のコツと強みを活かす方法

文章を書く仕事に向いてる人の特徴

文章を書く仕事に向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】相手のために考えて文章を書ける人

「相手のために考えて文章を書ける人」

【特徴2】細部まで悩むほどこだわりのある人

「細部まで悩むほどこだわりのある人」

【特徴3】好奇心旺盛で集中力を持続できる人

「好奇心旺盛で集中力を持続できる人」

文章を書く仕事に向いてない人への対策

文章を書く仕事に向いてない人の特徴

  • 自分のために書きたい人
  • 細かい作業が苦手な人
  • 答えのある仕事をしたい人

共通点は「自己主張の強い人」
自己表現を最優先に考えたい人は文章を書く仕事には向いてません。

そんな文章を書く仕事に向いてない人への対策についてまとめていきます。

【対策1】自己分析から強みを把握する

「自己分析から強みを把握する」

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】文章力を活かす文章に携わる仕事を選ぶ

そして「文章力を活かす文章に携わる仕事を選ぶ」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:文章を書く仕事のおすすめと文章力を高める方法

文章を書く仕事のおすすめと文章力を高める方法など情報をまとめてきました。

改めて文章を書く仕事のおすすめをまとめると、

文章を書く仕事おすすめ15選

  1. ゲームシナリオライター
  2. Webデザイナー
  3. コピーライター
  4. テクニカルライター
  5. 広報・PR
  6. Webライター
  7. 文字起こし
  8. 翻訳家
  9. 小説家
  10. インフルエンサー
  11. ブロガー
  12. SEOライター
  13. アフィリエイター
  14. セールスライター
  15. 動画編集

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選