言語性IQが高い人に向いてる適職12選【動作性IQとの違いや特性から分析】
仕事に悩む人

「言語性IQが高い人ってどんな仕事が向いてるの?適職があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「言語性IQが高い人に向いてる適職を探して転職・就職したい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 言語性IQが高い人の適職を動作性IQとの違いや特性から分析
  2. 言語性IQが高い人に向いてる適職12選
  3. 言語性IQの高さを活かせる仕事の探し方

言語性IQが高い人ほど注意力や分析能力に優れます。

ただし、強みがあれば弱みもあり。
弱みに飲み込まれ、強みは埋もれる恐れもあります。

つまり、適職に就くために強みの把握も重要だといえます。

言語性IQが高い人に向いてる適職と能力を活かせる仕事の探し方も解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今まさに言語性IQが高い人に向いてる適職を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

言語性IQが高い人の適職を動作性IQとの違いや特性から分析

言語性IQが高い人の適職を動作性IQとの違いや特性から分析していきます。

早速、言語性IQが高い人に向いてる適職12選を紹介すると以下の仕事が挙げられます。

言語性IQが高い人に向いてる適職12選

  1. Webライター
  2. ブロガー
  3. ITエンジニア
  4. ユーチューバー
  5. Webデザイナー
  6. コンサルタント
  7. フリーランスエンジニア
  8. テクニカルライター
  9. 編集者
  10. 翻訳家
  11. 小説家
  12. 脚本家

上記仕事の共通点は「言語能力を活かせる仕事」

なぜこれらの仕事が言語性IQが高い人に向いてる適職なのか?
動作性IQとの違いや仕事上の強み・弱みから分析していきます。

言語性IQと動作性IQとの違いから特徴を把握

まず言語性IQと動作性IQとの違いから特徴を把握していきます。

そもそも「言語性IQ(VIQ)」とは何なのでしょうか?
「IQ」とは知能指数のことで、値が高いほど知能が高いことを意味します。

このIQの値は以下2つにて測定されます。

言語性IQ(VIQ):一般的には「言語能力」。場合によっては「聴覚的な情報処理能力」ととらえます。
動作性IQ(PIQ):一般的には「非言語能力」。場合によっては「視覚的な情報処理能力」ととらえます。

簡単にいえば言語性IQは言葉を使った表現力。
動作性IQは作業や運動の能力を示す評価軸だということです。

では具体的にはどんな能力に反映されるのか?

VIQは、具体的には知識量、論理的思考力、計算力、説明力、状況判断力を反映する。
PIQは、具体的には注意力、視覚的短期記憶力、推察力、空間認知力、統合力を反映する。

つまり、言語性IQの高さ単体で見た時の活かせる能力・得意なことは「言葉を操る能力」

言語性IQは感情労働などのクリエイティブな仕事。
動作性IQは単純作業を伴う事務作業に優れる特徴があるといえます。

関連記事:頭を使う仕事でおすすめ職種8選とその理由【もし苦手で向いてない人は転職推奨】

言語性IQの特徴から仕事上の強みと弱みを解説

では言語性IQの特徴から仕事上の強みと弱みは何でしょうか。

先の通り、言語性IQの高さによる得意なことは「言葉を操る能力」
言語能力に長けていて、言葉を使った表現力に優れた側面があります。

つまり、感情コントロールに強みを持ちます。

言語性IQのが高い人は自己の感情について言語化する能力が高く、そのために感情のコントロールして様々な状況に上手く適応できており、そういった経験に基づいて自己評価を行っている可能性が考えられます。

ただその一方で、言語性IQが高すぎても短所あり。
それは、言語に支配され、ネガティブな考えに押しつぶされるということ。

細かく感情を表現するあまり、負の感情を助長。
過去の後悔や未来の不安を詳細に描写してしまいネガティブな状況に陥ります。

実際、言語性IQが高い人ほどネガティブな思考を思い返す特徴も報告されています。

すなわち、心配性な人ほど言語性IQは高いということ。
また同論文で、心配性の人は注意力や分析能力が高い結果も確認されています。

従って、言語性IQの特徴は強みと弱みが表裏一体。
強みの把握と、強みに活かせる職場に就くことが何より適職の近道といえます。

関連記事:メンタルが弱い人に向いてる仕事12選【特徴と続かない原因から適職へ転職】

言語性IQと動作性IQとの間に有意な差が認められた場合

ただし、言語性IQと動作性IQとの間に有意な差が認められた場合にある症例が報告されています。

それは「アスペルガ-症候群」の傾向があるという研究報告
傾向が見られるのは、差がIQ13以上の場合に有意差があるといえます。
(出典:CORE「発達障害の知的構造に関する研究」

つまり、場合によっては発達障害(ASD)の疑いあり。
言語性IQとの差によって、対応も適した環境も異なることになります。

アスペルガ-症候群(自閉症スペクトラムを含む)の症状として、

  • コミュニケーションの困難さ
  • 対人関係の困難さ
  • 興味や関心の偏り、こだわりの強さ
    (記憶力や集中力は高いが融通は効かない)
  • 感覚の偏りや動きのぎこちなさ

「コミュニケーション能力」、「社会性」、「想像力」
これら能力に偏りがみられ、より特性を活かした仕事選びが重要といえます。

ちなみに、読書量が多いと言語性IQは突出して発達することが示唆されています。

関連記事:「高学歴なのに仕事できない」は間違った思考【使えない理由と活躍できる環境を提案】

言語性IQの高さを活かせる仕事を分析から3つに分類

ここまでの情報をまとめると、

  • 言語性IQが高いと言葉を使った表現力などの言語能力に優れる
  • 得意なことは言葉を操る能力で自己の感情も言語化する能力が高い
  • 言語性IQが高く動作性IQが低い場合アスペルガ-など発達障害の可能性あり

以上の情報から言語性IQの高さを活かせる仕事を分析から3つに分類します。

言語性IQの高さを活かせる仕事を分類

  • 言語能力を活かせる仕事
  • 詳細に分析する能力を活かせる仕事
  • コミュニケーションを多用しない仕事

これらの仕事に該当する適職を次章で紹介!
言語性IQが高い人に向いてる適職を詳しく解説していきます!

言語性IQが高い人に向いてる適職12選

言語性IQが高い人の特徴や強みが分かったところで!
ここから言語性IQが高い人に向いてる適職12選をまとめていきます!

分析結果から言語性IQが高い人の適職は以下の通り。
順番に向いてる理由や仕事内容について解説していきます!

言語性IQが高い人に向いてる適職12選

  1. Webライター
  2. ブロガー
  3. ITエンジニア
  4. ユーチューバー
  5. Webデザイナー
  6. コンサルタント
  7. フリーランスエンジニア
  8. テクニカルライター
  9. 編集者
  10. 翻訳家
  11. 小説家
  12. 脚本家

【適職1】Webライター

まず1つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「Webライター」

Webメディアのライティングを担当する仕事。
発注者のテーマや要望に沿ってライティングを行います。

案件内容は様々で、自身のスキルや経験を活かせます。
なので言語性IQの強みや特徴に適した仕事だといえます。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能でも時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【適職2】ブロガー

2つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「ブロガー」

ブロガーは自身のブログメディアを運営・管理する仕事。
ブログにアフィリエイトやアドセンスなどの広告を掲載し収入を得るWebビジネスになります。

ブロガーの特徴は、会社に属さず個人で取り組める点。
そのため、完全在宅かつコミュニケーション不要で仕事を完結させられます。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は1,000万円を超えています。

ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、個人運営とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【適職3】ITエンジニア

3つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなプログラミングを行うエンジニアはASD向きとされています。
実際、シリコンバレーで働くプログラマーの約1割が発達障害。

グレーゾーンの人も含めると約半数以上が発達障害の傾向があると言われています。
(参考:コミュ障でもSEで活躍できる3つの理由とITエンジニア転職に強いサービス5選

つまりITエンジニアは、ASDの強みや特徴を活かせる仕事の一つだと断言できます。

開発経験者でITエンジニアに転職したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【適職4】ユーチューバー

4つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件をクリアすれば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ、自然の映像美や風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、完全在宅で人と対面することなく作業することが可能です。

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【適職5】Webデザイナー

5つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
クライアントの要望(想い)をヒアリングから形にします。

そんなWebデザイナーの成果物はWebメディア。
そのため、取引は完全リモートで完結させることも可能です。

つまり、外出することなく完全在宅で遂行できる職業といえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのエージェントサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【適職6】コンサルタント

6つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「コンサルタント」

企業は大なり小なり日夜課題と戦っています。
時に企業の人間だけでは抱える課題の解決に近づけない場合があります。

そんな企業の抱える「イシュー」と向き合う精鋭部隊がコンサルタント。

コンサルの役目は企業への助言業。
課題を共有し、問題を浮き彫りにしてから改善の道を計画します。

つまり、企業が成長し続けるための目標に尽力する仕事になります。

コンサル業務に興味がある、仕事を探したい方は転職エージェント『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

すでにコンサル経験者でより高いレベルの案件に挑戦してみたい方。
会社に依存せず、場所にとらわれない仕事をしたい方は「フリーランスコンサル」転身もおすすめです。

コンサル業もスキルや経験を活かしフリーランス活動が可能です。
エージェント登録すればあなたのスキルに応じた案件を紹介してくれます。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【適職7】フリーランスエンジニア

7つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「フリーランスエンジニア」

フリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べで「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

つまり、会社に属さず専門スキルを活かせる職業の一つといえます。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験者がフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、完全未経験からフリーランス転身は難しいのが実情。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【適職8】テクニカルライター

8つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「テクニカルライター」

家電の取扱説明書やマニュアルを作成する仕事。
持ちうる専門技術を活かし、文章を書くライター業を指します。

またライティングだけでなく情報収集も行います。
利用者からの質問や受け答えから情報を集めてマニュアルに反映させていきます。

マニュアル作成のスペシャリスト、それがテクニカルライターです。

ライターの仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用が最もおすすめです。

仕事発注数は570万件と国内シェアNo.1!
ライターの案件数も常時20万件を超える仕事が扱われています。

【適職9】編集者

9つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「編集者」

報道・メディア関連に携わる仕事。
具体的にはメディア記事、新聞、出版、雑誌の編集、印刷物の校正など。

時代を先読みする収集能力と感性を活かせる仕事です。
ファッション雑誌などは華やかな業界で女性にも人気の高い仕事だといえます。

求人サイト「リクナビネクスト」を利用すればメディア関連の求人約200件を閲覧可能です。

約5万件の求人情報を常時掲載する利用者数No.1求人サイト。
無料会員登録後には限定求人も閲覧できる業界トップクラスの転職支援サービスになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

【適職10】翻訳家

10つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「翻訳家」

日本語を外国語に、外国語を日本語に翻訳する仕事。
外国語を話せる&使えるのが必須スキルで自身の強みを活かせる職業です。

翻訳の仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

仕事発注数は570万件と国内シェアNo.1クラウドソーシングサービス!
翻訳関連の仕事も常時6,000件以上の仕事が発注されています。

【適職11】小説家

11つ目の言語性IQが高い人に向いてる適職が「小説家」

フリーランスの部類にも入ります。
編集者とのコミュニケーションは多少ありますが、基本一人黙々と執筆業に専念できます。

ヒット作を生めば億万長者も夢ではありません。
また、テレビ局や映画会社の目に留まればドラマ化や映画化もあり得ます。

小説家の有名人には「村上春樹」や「東野圭吾」などが挙げられます。

・書き物が好き
・想像力に長けている
・独創的かつ特徴的な世界観を持っている

この辺に共感できる方は小説家に向いてるかと思います。
会社員を辞めて小説家になる方もいます(東野圭吾氏がその一人)

関連記事:文章を書く仕事がしたい!おすすめ職業15選【未経験&在宅可も厳選紹介】

【適職12】脚本家

そして最後に言語性IQが高い人に向いてる適職が「脚本家」

番組の構成をまとめたテキストをまとめる仕事。
脚本で番組やコンテンツの出来栄えが変わるといっても過言ではない。

そのため、初期のアイデア出しが脚本の充実度を左右します。

関連記事:【ENTPの適職12選】特徴と強みから討論者型の向いてる仕事・職業を分析

言語性IQの高さを活かせる仕事の探し方

ここまで言語性IQが高い人に向いてる適職を解説してきました。

仕事に悩む人

「適職は分かったけど、言語性IQの高さを活かせる仕事はどうやって探せばいいの?」

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」
という格言の通り、適職だけご紹介しても本質的ではありません。

ここでは言語性IQの高さを活かせる仕事の探し方について以下の順番でまとめていきます。

【探し方1】「自己」を知ることから始める

まず行うべきは「「自己」を知ることから始める」

適した環境は「己」を知ってはじめて得られるもの。
努力を強いても、二次障害を引き起こす恐れがあります。
(出典:EDUPEDIA「言語性IQ」と「動作性IQ」

またIQが高ければいいというわけでもありません。

メンサの人々は、不安障害、アレルギー、喘息、自己免疫疾患などの症状を抱える可能性が一般的なIQ値の人よりも高かった。IQ値の高い人に何らかのリスクを指摘する研究は過去にもあり、この調査を行った研究者も「有名な天才たちに、高い割合で精神病理が発現するということは全く新しい概念ではない」と言っている。

つまり、自己を知り、受け入れ、取り組むことが何より大切だといえます。

関連記事:【ADHDの天職】ADHDで転職はやめとけ!その理由と向いてる仕事の見つけ方

【探し方2】仕事選びの具体的な初動は「自己分析」

次に「仕事選びの具体的な初動は「自己分析」」

  • 「仕事の向き不向きが分からない」
  • 「強みや弱みが客観的に把握できない」
  • 「将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている」

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【探し方3】自己分析をもとに「転職のプロ」に相談する

そして「自己分析をもとに「転職のプロ」に相談する」

「餅は餅屋」ということわざがあります。
この言葉の通り、適職への転職にはプロに相談が賢明です。

その転職のプロというのが「転職エージェント」

あなたの描くキャリアに適した求人を紹介してくれます。
求人紹介だけでなく、面接対策や年収交渉など内定獲得に向けたサポートも受けられます。

登録から利用、内定獲得まですべて無料。
使わない手はどこにもなく、転職成功者ほどエージェントをうまく活用しています。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:言語性IQが高い人に向いてる適職と仕事の探し方

言語性IQが高い人に向いてる適職を動作性IQとの違いや特性から分析してきました。

改めて、言語性IQが高い人に向いてる適職をまとめると、

言語性IQが高い人に向いてる適職12選

  1. Webライター
  2. ブロガー
  3. ITエンジニア
  4. ユーチューバー
  5. Webデザイナー
  6. コンサルタント
  7. フリーランスエンジニア
  8. テクニカルライター
  9. 編集者
  10. 翻訳家
  11. 小説家
  12. 脚本家

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選