心穏やかに過ごせる仕事がしたい!おすすめ10選と穏やかな人が多い業界の特徴
忙しい人

「ストレスで精神が安定しない。。心穏やかに過ごせる仕事ってありますか?心穏やかに生きたい。。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「穏やかな仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 心穏やかに過ごせる仕事とは
  2. 心穏やかに過ごせる仕事おすすめ10選
  3. 穏やかな人が多い業界の特徴
  4. 心穏やかに過ごせる仕事に就くための対策
  5. 仕事で心穏やかに過ごせない時の対処法
  6. 心穏やかに生きるためには「自己超越の欲求」を目指す
たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「仕事で心穏やかに過ごせない時の対処法についても解説していきます。今まさに心穏やかに過ごせる仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

心穏やかに過ごせる仕事とは

まずはじめに心穏やかに過ごせる仕事とは何なのでしょうか?
「心穏やか」の意義素と人の特徴をまとめると以下表のようになります。

意義素類語穏やかな人の特徴
「心穏やか」心や感情が穏やかであること ・安息
・心おだやか
・安らか
・心安らか
・心穏やか
・平穏
・情緒的に安定している人
・気持ちにムラの少ない人
・落ち着いた態度で対処できる人
・安定感のある人
・周囲の人が安心できる人
・落ち着いた雰囲気を作れる人

出典:weblio類語辞典「心穏やか」

つまり「心穏やかに過ごせる」とは、心が安定している状態。
精神状態が落ち着いていて、心は乱れず優しい気持ちでいる様を指します。

心の安定には自律神経を整えることが重要です。
(自律神経が整えば精神状態は安定するから)

そして自律神経の乱れの最たる原因が「ストレス」
(出典:honto「自律神経を整える「あきらめる」健康法」

つまり、ストレスの少ない仕事が心穏やかに過ごせる仕事と定義できます。

ではどのような仕事が自律神経を乱さず働けるのか?
特に心の安定につながる働き方についてまとめていきます。

【働き方1】ノルマのない仕事

まず1つ目の働き方が「ノルマのない仕事」

ノルマは人間の精神状態を乱します。
つまり、ノルマのない仕事が心穏やかに過ごせる仕事だということ。

ノルマが厳しい仕事は以下のようになります。
これらは心穏やかに過ごせる仕事に就きたい人は選ばないほうが無難です。

ノルマが厳しい仕事

  • 営業職
  • 接客・サービス業
  • (客先常駐の)エンジニア職

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

【働き方2】人との関りが少ない仕事

次に2つ目の働き方が「人との関りが少ない仕事」

人と関われば心は乱されます。
つまり、人との関りが少ない仕事が心穏やかに過ごせる仕事だということ。

人とのコミュニケーションが多い仕事は以下のようになります。
これらは心穏やかに過ごせる仕事に就きたい人は選ばないほうが無難です。

人とのコミュニケーションが多い仕事

  • 宿泊業
  • 飲食業
  • 教育関連

関連記事:【厳選】人と関わらない仕事3選!人と会わない&人と接しない仕事も解説

【働き方3】ルーティンワークの多い仕事

そして3つ目の働き方が「ルーティンワークの多い仕事」

イレギュラー対応の多い仕事は心が乱れます。
つまり、ルーティンワークの多い仕事が心穏やかに過ごせる仕事だということ。

臨機応変な対応が求められる仕事は以下のようになります。
これらは心穏やかに過ごせる仕事に就きたい人は選ばないほうが無難です。

臨機応変な対応が求められる仕事

  • 看護師
  • 保育士
  • 介護士

関連記事:暇な仕事の特徴とおすすめの暇な仕事10選【楽な仕事を選ぶリスクも紹介】

心穏やかに過ごせる仕事おすすめ10選

心穏やかに過ごせる仕事の意義と定義が分かったところで!
ここから早速心穏やかに過ごせる仕事おすすめ10選についてまとめていきます!

心穏やかに過ごせる働き方は以下の通りです。

心穏やかに過ごせる働き方

  • ノルマのない仕事
  • 人との関りが少ない仕事
  • ルーティンワークの多い仕事

これらの一部あるいは全部に該当するおすすめの「心穏やかに過ごせる仕事」が以下の通りです。
順番に仕事の特徴や理由について解説していきます!

心穏やかに過ごせる仕事おすすめ10選

  1. 社内SE
  2. 事務職
  3. 総務
  4. Webデザイナー
  5. マンション管理
  6. Webライター
  7. ブロガー
  8. ユーチューバー
  9. フリーランスエンジニア
  10. イラストレーター

※本記事で紹介する心穏やかに過ごせる仕事の雇用形態は、1~5のみ「会社員」、それ以外は「フリーランス」を想定しています。

【仕事1】社内SE

「社内SE」

【仕事2】事務職

「事務職」

【仕事3】総務

「総務」

【仕事4】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【仕事5】マンション管理

「マンション管理」

【仕事6】Webライター

「Webライター」

【仕事7】ブロガー

「ブロガー」

【仕事8】ユーチューバー

「ユーチューバー」

【仕事9】フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

【仕事10】イラストレーター

「イラストレーター」

穏やかな人が多い業界の特徴

ここまで心穏やかに過ごせる仕事について解説してきました。

自律神経の安定が心穏やかに過ごすうえで大切です。
ただ「仕事」だけでなく、過ごす「環境」も重要だといえます。

穏やかな人が多い業界の特徴についても考察していきます。

関連記事:絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】

心穏やかに過ごせる仕事に就くための対策

ここまで心穏やかに過ごせる仕事と業界について解説してきました。

おすすめの仕事は分かっても何に注意し選べばいいのか?
対策を講じなければ目的とする仕事に巡り合うことも難しくなります。

そこで参考になるのが「ダライ・ラマ14世の提言」
心の平穏についてダライ・ラマ14世は以下のように提言しています。

平和とは、危険がなく心乱されないことでもあります。それは、私たちの心のあり方と、穏やかな心を持てるかどうかと関係しています。穏やかな心は究極的には、自分自身の内部の問題であることを認識することが、きわめて重要です。

つまり、心の穏やかさは気の持ちようでもあるという。

何のために此処に在るのか?
自己理解を追求することで問題は自然と解消されます。

ここでは心穏やかに過ごせる仕事に就くための対策についてまとめていきます。

【対策1】自己分析から本来の自己を見つめ直す

まず1つ目の対策が「自己分析から本来の自己を見つめ直す」

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 強みや弱みが客観的に把握できない
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

ただ自己分析のやり方に不安を覚える方は多いです。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

ではどうすればいいのか?
自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより誰かに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】転職のプロに相談してキャリアを見定める

そして「転職のプロに相談してキャリアを見定める」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

仕事で心穏やかに過ごせない時の対処法

忙しい人

「仕事や周囲とのかかわりで心穏やかに過ごせない!そんな時どうすればいい?」

心穏やかに過ごせる仕事を選んでも完全な安定はあり得ません。
仕事で心穏やかに過ごせない時の対処法も同時に身につけておくことが大切です。

大事なのは「ストレスを溜めないこと」
心が満たされ、精神性が安定すれば気持ちも穏やかになります。

そのために有効な手段が「心身のリラックス」

リラックスすることで心身の回復機能は活性化。
結果、副交感神経系の活動が優位となりストレスによる様々な問題を解消します。
(出典:文科省「心のケア」

では具体的にどうすればいいのか?
心身のリラックスに有効な方法を8つご紹介していきます。

【対処法1】深呼吸する

まず1つ目の対処法が「深呼吸する」

ありきたりではあるものの有効な対処法です。
深呼吸して心を整えることで平穏を取り戻します。

「怒ったり、かんしゃくを起こしたりして、心が乱れている場合は、呼吸に意識を集中させて平静さを取り戻します。呼吸を数え、怒りを忘れるのです」

またヨガの伝統的な呼吸の1つ「片鼻呼吸」
呼吸法を実践することで自律神経のバランスは整える効果が期待できます。
(出典:nhk「自律神経を回復させる「片鼻呼吸」」

仕事中でも実践できるので気づいたら呼吸を整えましょう。

関連記事:仕事に行くのが怖いあなたに【不安やストレスを和らげる解消法8選】

【対処法2】笑顔で乗り切る

2つ目の対処法が「笑顔で乗り切る」

医師で自律神経研究の第一人者である小林弘幸先生。
先生いわく自律神経と整えるためにも「不快なときこそ笑顔で乗り切る」と提唱しています。

気分を変えるよりも表情を変えるほうが数段簡単。口角を上げて笑顔でいることを習慣にするだけで、気分が落ち着いて心が穏やかになります。そして、人生がいい方向へと進んでいくことでしょう。

関連記事:人を幸せにする仕事とは【人を笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP30】

【対処法3】セルフ・コンパッションを取り入れる

3つ目の対処法が「セルフ・コンパッションを取り入れる」

セルフ・コンパッションとは「慈しむ自分自身を肯定できる心理状態」
この心理状態の構成要素の一つに「マインドフルネス瞑想」という方法があります。

マインドフルネス瞑想は可の有名なスティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏も実践する方法。

瞑想に慣れると、大きな失敗や上司からの叱責、取引先からの理不尽な対応など、壁にぶつかった際にも、前向きに物事を捉えられるようになり、壁を乗り越える力となるといわれています。

また肯定的に捉えることは脳に良いストレスを与えます。
その一方で、否定的な捉え方は脳に悪いストレスとなって返ってきます。
(出典:JAICO「ストレスとメンタルヘルス」

つまり、意識の捉え方で脳に与える影響も大きくかかわるということです。

関連記事:メンタルが弱い人に向いてる仕事12選【特徴と続かない原因から適職へ転職】

【対処法4】体を動かす(ストレッチ)

4つ目の対処法が「体を動かす(ストレッチ)」

大げさではなく簡単なストレッチでも有効です。
ストレッチによる心身への効果は以下のようにも解説されています。

ストレッチには「リラックス効果」が期待できます。ストレッチを行うことで、副交感神経が優位になり、ストレスの軽減につながるのです。身体だけではなく、心のリラックスが実現できますので、現代で活躍する方々に重要な工程といえるでしょう。ただし、リラックス効果を期待するのであれば、ゆったりとしたテンポで時間をかけて行うのが理想です。

自律神経の乱れの原因にもなる副交感神経。
副交感神経が優位になる事でストレスが軽減されます。

関連記事:体を動かす仕事がしたい!おすすめ15選【女性にも人気の職種を目的別に紹介】

【対処法5】歌を歌う

5つ目の対処法が「歌を歌う」

歌を歌うことは以下のような感情のコントロールに役立つと報告されています。

  • 気持ちの発散
  • 心の解放
  • 心の安定
  • 心の充実

また歌わずとも音楽を利用するだけで不安定な感情は減少。
穏やかな気分にさせ、より心身をリラックスした状態にするとされています。
(出典:日本大学「音楽聴取後の感情変化についての研究」

つまり、音楽に触れることは心の平穏を保つ優れた手段だといえます。

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【対処法6】午睡する

6つ目の対処法が「午睡する」

午睡(ごすい)とは昼寝をすること。
午睡を取ることで心穏やかに安心した心持ちになることが報告されています。
(出典:吉備国際大学研究紀要「絵本の読み聞かせにおける一考察」

小さな子供であれば絵本の読み聞かせで成長に大切な休息となり得ます。

関連記事:【休日は寝て終わるだけのあなたに】寝だめより生活の質を改善する方法12選

【対処法7】早寝早起きをする

7つ目の対処法が「早寝早起きをする」

朝の光には、心を穏やかに保つ働きのある神経伝達物質「セロトニン」の活動を高める働きがあります。

関連記事:【驚愕】日本人の熱意は世界最下位?30代で仕事にやる気が出ない時の対処法

【対処法8】相手に期待しない

そして最後の対処法が「相手に期待しない」

相手に期待しない働き方が特に理想的といえます。
なぜなら、期待しても失望というリスクが高いから。

相手に期待するから心の乱れは起きます。
ならば最初から期待せず、目的を明確に働くのが賢明です。

必要以上に相手に依存するのはリスクでしかありません。

関連記事:人間不信で仕事できないと悩む人に向いてる仕事5選【辛い職場なら転職推奨】

心穏やかに生きるためには「自己超越の欲求」を目指す

「マズローの欲求5段階」を知る人は多いかと思います。
しかし、5段階からもう一段追加されていることをご存知でしょうか。

それが「「自己超越の欲求」と呼ばれるもの。

簡単にいえば、5段階欲求を満たした人のこと。
さすれば他者や社会へ貢献性のベクトルは向かれるというもの。

「心穏やかに生きる」とは力を緩めることではありません。

ただ目の前で起きる事象や人間関係に身を委ねるのではなく、自分が今抱えているつらさや生きづらさ、怒りや嫉妬といったマイナスの感情から目を逸らさず、ネガティブなエネルギーをポジティブに昇華してこそ、心の平穏を得られるのだ。

つまり、心穏やかに生きるためには「自己超越の欲求」を目指すということ。

まとめ:心穏やかに過ごせる仕事と穏やかな人が多い業界の特徴

心穏やかに過ごせる仕事と穏やかな人が多い業界の特徴をまとめてきました。

改めて心穏やかに過ごせる仕事をまとめると、

心穏やかに過ごせる仕事おすすめ10選

  1. 社内SE
  2. 事務職
  3. 総務
  4. Webデザイナー
  5. マンション管理
  6. Webライター
  7. ブロガー
  8. ユーチューバー
  9. フリーランスエンジニア
  10. イラストレーター

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選