INTPは社会不適合なのか?【5つの適職と天職を特徴や強みから解説】
落胆する人

「性格診断テスト(MBTI)をしてみたら『INTP型』と診断された。調べてみると変人扱いされてるみたいだけど、もしかして社会不適合者?向いてる仕事や適職が何かを教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「MBTIでINTP型と診断され適職を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①INTPは社会不適合なのか特徴と強みから解説
②INTPに向いてる適職5選
③INTPの弱みと向いてない仕事
④INTP型の天職

MBTIの本来の目的は「自分の心に気づき理解すること」

「INTPは社会不適合だ」と気づくのも一つの答えです。

ですが、INTPは少なからず社会不適合者ではありません。
なぜなら、企業にとって欠かせない能力の持ち主だからです。

INTPは社会不適合でない理由と向いてる適職まで詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「診断結果を受けて仕事上でどのように活かせばいいのか?適職は何なのか?探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

INTPは社会不適合なのか特徴と強みから解説

ネットの掲示板に以下のコメントを発見しました。

仕事に悩む人

「性格診断でINTP型でした。控えめに言ってINTP型って社会不適合タイプじゃないですか?」
引用: Yahoo!知恵袋

「INTP型は社会不適合」
独自の思想を持ち、社会の中では浮いた存在、そのように捉える方もいるようです。

しかし、結論からいうとINTPは社会不適合ではありません。
仕事において欠かせない存在であり、会社でも重宝したい存在です。

なぜ、このように結論付けれるのか?
INTPは社会不適合なのか特徴と強みから解説していきます。

INTPの意味と仕事上の特徴

まずINTPの意味と仕事上の特徴についてまとめます。

すでにご存知の方も多いかと思いますが、改めての意味を込めて

INTPはマイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標の性格タイプの1つで、内向型 (Introverted)、直観型 (Intuitive)、思考型 (Thinking)、知覚型 (Perceiving) の頭文字を取っています。論理学者型と呼ばれ、革新的な発明家で、常に知識を求め物事を理解しようとします。

また、INTPは人口の約3%ほどしか存在しない「希少タイプ」
希少だからこそ身近に感じられず、社会不適合と捉えられかねません。

強みは問題解決能力が高い点

他の型と比べて特に秀でるのが「問題解決能力の高さ」
つまり、強みは問題解決能力が高い点にあります。

専門家や分析官に多く見られる強みです。

INTPは社会不適合ではなく企業にとって逸材

企業は難題だらけ。答えのない課題に直面。
学校の授業と違い、正解がない。

つまり、INTP型は社会不適合ではないといえます。
むしろ、INTPは社会不適合ではなく企業にとって逸材といえます。

INTPに向いてる適職5選

ここからはINTPに向いてる適職5選をまとめていきます。

【適職1】ITエンジニア

「ITエンジニア」

【適職2】データサイエンティスト

「データサイエンティスト」

【適職3】公認会計士

「公認会計士」

【適職4】教授、研究者

「教授、研究者」

【適職5】ライター

「ライター」

INTPの弱みと向いてない仕事

INTPの弱みと向いてない仕事をまとめていきます。

INTPの弱みは「予期せぬ事態への対応」

INTPの弱みは「予期せぬ事態への対応」

INTPに向いてない仕事

INTPに向いてない仕事

・接客スタッフなどのサービス業
・教師などの教育関連
・看護師などの医療関連

INTP型の天職

INTP型の天職をご紹介します。

それは「コンサルティング」

『アクシスコンサルティング』公式ホームページはこちら!
【アクシスコンサルティングの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:INTPは社会不適合ではなく数少ない逸材

INTPは社会不適合ではない理由と向いてる適職をまとめてきました。

改めて、INTPが向いてる適職をまとめると

【適職1】ITエンジニア
【適職2】データサイエンティスト
【適職3】公認会計士
【適職4】教授、研究者
【適職5】ライター

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選