うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職20選【向いてる仕事を傾向と特徴から分析】
仕事に悩む人

「利き脳があると聞いたことがあるけど、うさ脳の適職って何?他の利き脳についても向いてる仕事を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職を探して就職・転職したい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の傾向から適職を分析
  2. 【利き脳別】うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職20選
  3. うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてる仕事の探し方
  4. うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてない仕事の特徴

あなたの「利き脳」は何でしょうか?

利き手、利き足があるように利き脳もあるとされています。
そして利き脳の特徴から、適職(向いてる仕事)があります。

うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職と探し方を詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてない仕事の特徴についてもまとめていきます。今まさに利き脳の適職を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の傾向から適職を分析

利き脳(うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳)とは何か?
脳科学の坂野登先生は、利き脳について以下のように説きます。

人間には、利き手、利き足、利き目があるように、脳の使い方にも利きがある。利き脳とは、一方の脳のはたらきが他方の脳のはたらきよりも優勢だ、あるいは一方の脳のはたらきのほうに注意を集中させることだ。

動作に“利き”があるように脳にもあるという。
実際、別の脳科学研究でも右脳と左脳の構造に違いがあると報告されています。

では利き脳で仕事の向き不向きは分かれるのか?
うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の傾向から適職を分析していきます。

まず、右脳と左脳の特徴を比較すると以下のようになります。

一言でいうなら、「感性を司る右脳」
「理性を司る左脳」と脳の特徴(仕組み)は分けられています。

そして、利き脳の傾向をタイプ別に示すと以下表のようになります。
(利き脳のタイプ別診断はこちらから確認できます)

うさ脳(右左脳)タイプささ脳(左左脳)タイプ
  • なんでも自分で決めたい完璧主義
  • 自己プロデュース力が高い
  • デザインセンスあるが意外と頑固
  • 何事もリスクを考える慎重派
  • シンプルな見た目、内容が好き
  • デザインよりも機能性や合理性を優先
さう脳(左右脳)タイプうう脳(右右脳)タイプ
  • 思っていることと行動が違う
  • 独自のこだわりをもっている
  • 外見よりも中身を気にする
  • 情緒豊かで表現力に富む
  • 音楽や芸術面に明るい
  • 合理性より直感や感情重視

(出典:日本ライフオーガナイザー協会「ライフオーガナイズの教科書(主婦の友社)」

つまり、利き脳の特徴を分類すると以下のようになります。

利き脳の特徴

  • うさ脳(右左脳)は、直感的に捉えて論理的に処理する特徴(個性派)
  • ささ脳(左左脳)は、論理的に捉えて論理的に処理する特徴(努力家)
  • さう脳(左右脳)は、論理的に捉えて感覚的に処理する特徴(社交派)
  • うう脳(右右脳)は、直感的に捉えて感覚的に処理する特徴(楽天家)

先行研究でも同様の結果が公表されています。
これらの傾向と特徴をもとに利き脳別の適職を次章にまとめていきます!

【利き脳別】うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職20選

それでは早速うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職20選をまとめていきます!

以下4つの利き脳別に適職の情報を解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

うさ脳(右左脳)の適職6選

まずうさ脳(右左脳)の適職6選は以下の通りです。
順番に仕事内容とうさ脳の人に向いてるポイントをまとめていきます。

うさ脳(右左脳)の適職6選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. 製造系エンジニア
  5. ゲームクリエイター
  6. 動画クリエイター

【適職1】ITエンジニア

まず1つ目のうさ脳の適職が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなITエンジニア転職を実現したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【適職2】Webデザイナー

次に2つ目のうさ脳の適職は「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

Webデザイナーの仕事で特に求められる能力がヒアリング力。

クライアントの要望(想い)をヒアリングから創造。
デザインスキルや感性だけでなく論理的思考力も問われる仕事になります。

そんなWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削や関連サービスは評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【適職3】Webマーケター

3つ目のうさ脳の適職は「Webマーケター」

Webマーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までWebを使ったマーケ施策を担います。

そのため、商品の良さを最大限引き出すニーズのくみ取りが必須。

消費者に価値ある情報を提供できるかがWebマーケに求められるスキル。
そして、ニーズのくみ取りから目的遂行の戦略を立案する能力が求められます。

そんなWebマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【適職4】製造系エンジニア

4つ目のうさ脳の適職は「製造系エンジニア」

「ものづくりエンジニア」とも呼ばれる仕事。
具体的には自動車や半導体、IoTなど製造業を主とした業界になります。

そんな製造系エンジニアへ転職希望なら「メイテックネクスト」の利用が最もおすすめです。

製造系エンジニアの転職サポート実績No.1!
求人情報は常時1万件を超え、大手からベンチャーまで幅広く扱う転職支援サービスです。

【適職5】ゲームクリエイター

5つ目のうさ脳の適職は「ゲームクリエイター」

ゲーム開発の企画から制作までを担える仕事。
ゲーム好きにとっては天職ともいえる仕事になります。

ゲームクリエイターとは主に以下の職種を指します。
「ゲームエンジニア」「ゲームプランナー」「シナリオライター」「サウンドクリエイター」

最近では先端技術の発達でARやVRの活用が主流に。
最先端の技術を取り入れながら、顧客に夢と希望を与えるのも重要なミッションの一つです。

そんなゲームクリエイターに転職したい方は「G-JOBエージェント」を利用するのがおすすめです。

ゲーム業界転職で信頼できるコンサルタントNo.1を獲得。
企画職をはじめ、幅広い職種の求人・企業情報を取り扱います。

【適職6】動画クリエイター

そして6つ目のうさ脳の適職が「動画クリエイター」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な仕事。

そんな動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

ささ脳(左左脳)の適職6選

次にささ脳(左左脳)の適職6選は以下の通りです。
順番に仕事内容とうさ脳の人に向いてるポイントをまとめていきます。

ささ脳(左左脳)の適職6選

  1. 経理
  2. 財務
  3. 研究者
  4. コンサルタント
  5. データサイエンティスト
  6. ファンドマネージャー

【適職1】経理

まず1つ目のささ脳の適職が「経理」

管理部門の中でも数字・会計のスペシャリスト。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

また経理の仕事は全産業にとって欠かせない業務。
経理スキルを身につければ、食いっぱぐれないスキルとして活かせます。

そんな経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【適職2】財務

次に2つ目のささ脳の適職は「財務」

会計や経理財務規定に則って業務に取り組みます。
会社の数字を扱う部署である以上、求められる能力は「忠実さ」

規則やルールの遵守は絶対厳守。
嘘偽りなく規則に沿って実直に行う姿勢が求められます。

そんな財務への転職を目指したい方は「パソナキャリア」の利用がおすすめです。

25万人の転職成功実績&オリコン顧客満足度調査で3年連続1位を獲得!
専任キャリアアドバイザーが面接対策から書類添削まで手厚くフォローしてくれます。

【適職3】研究者

3つ目のささ脳の適職は「研究者」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

そんな研究職・研究開発への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

院卒以外の方であれば転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

【適職4】コンサルタント

4つ目のささ脳の適職は「コンサルタント」

企業は大なり小なり日夜課題と戦っています。
時に企業の人間だけでは抱える課題の解決に近づけない場合があります。

そんな企業の抱える「イシュー」と向き合う精鋭部隊がコンサルタント。

経営コンサルの役目は企業への助言業。
課題を共有し、問題を浮き彫りにしてから改善の道を計画します。

そんなコンサルタントに転職したい方は「アクシスコンサルティング「の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

【適職5】データサイエンティスト

5つ目のささ脳の適職は「データサイエンティスト」

膨大なデータ(ビッグデータ)を抽出・分析する専門家。
活用されるデータはサービス開発や経営の意思決定など様々。

いまやデータの収集、活用はビジネス発展に重要な意味を持ちます。

急成長を遂げたGAFAの強みもまさに情報収集力。
様々なデータを収集し、デジタルサービスの創出から業容を拡大させています。

日本でもビッグデータの重要性は政府資料でも言及されています。
つまり、今後ますます需要が高まる職種の一つがデータサイエンティストといえます。

そんなデータサイエンティストに転職したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【適職6】ファンドマネージャー

そして6つ目のささ脳の適職が「ファンドマネージャー」

ファンド(金融商品)をマネジメントする仕事。
顧客から預かった資産をもとに運用方針を立案・実行します。

ときにポートフォリオの組み換えを行いトレンドに合わせて運用方針を変更。

運用目的に沿って機動的に実行します。
そのため、目的を明確化しやり遂げるコミットメント力が問われます。

関連記事:左脳派の特徴から向いてる職業・適職20選【強みを活かす仕事選びが成功のカギ】

さう脳(左右脳)の適職5選

さう脳(左右脳)の適職5選は以下の通りです。
順番に仕事内容とうさ脳の人に向いてるポイントをまとめていきます。

さう脳(左右脳)の適職5選

  1. 営業
  2. 人事
  3. システムエンジニア
  4. キャリアアドバイザー
  5. ユーチューバー

【適職1】営業

まず1つ目のさう脳の適職が「営業」

企業が誇る商品やサービスの価値を売上に変換する仕事。
顧客に対しプレゼンや商談方法など様々なコミュニケーション能力が問われる仕事です。

クライアントの話を論理的に汲み取り、アウトプット。
時に感情に訴えかけるセールストークも必要で、まさにさう脳の適職といえます。

そんな営業に転職したい、興味がある方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代、30代向けの営業職専門の転職支援サービス。
営業経験者や未経験者の方でも経験豊富な専属コンサルタントが徹底サポートしてくれます。

【適職2】人事

次に2つ目のさう脳の適職は「人事」

会社の顔ともいわれる人事のメイン業務は採用活動。
人を採用し、社員の労働環境を改善することがミッションです。

社員の育成には、論理的な説明だけでなく熱量も必要。
人の心を感情で動かされ、論理で正当化させようとする生き物です。

つまり、人事もさう脳にとって適職といえる仕事の一つ。
そんな人事に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

人事をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【適職3】システムエンジニア

3つ目のさう脳の適職は「システムエンジニア」

システム開発の上流工程を主に担う仕事。
プログラムに必要な仕様書作成のための開発全般に携わります。

システム開発には多くの人員がかかわります。
その中でも特に重要なのが、開発を発注する顧客とのコミュニケーション。

まずヒアリングをもとに要件定義を詰めていきます。
そして、要件定義から基本設計、詳細設計へと工程は進んでいきます。

そのため、SEには高い調節力(コミュニケーション能力)が求められます。

開発経験者でSEに転職したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』に無料で転職サポート申込
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【適職4】キャリアアドバイザー

4つ目のさう脳の適職は「キャリアアドバイザー」

相談者のキャリア開発を支援する仕事。
主には相談からアドバイスを行う助言業にも該当する専門職です。

どんな強みがあって向いてる仕事は何か?
アドバイスのために質問力と共感力のコミュニケーション能力が必須。

今後のキャリア形成の一助となるべく的確なアドバイスを行う仕事です。

キャリアアドバイザーの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』に今すぐ無料登録する
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【適職5】ユーチューバー

そして5つ目のさう脳の適職が「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
有力チャンネル数および市場規模は年々増加する成長産業の一つ。

収益化の条件を満たせば再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。
つまり、ユーチューバーの収益モデルは資産性の高いビジネスに該当します。

ユーチューバーになるには、まず動画編集のスキルが必須です。
動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

うう脳(右右脳)の適職3選

そしてうう脳(右右脳)の適職3選は以下の通りです。
順番に仕事内容とうさ脳の人に向いてるポイントをまとめていきます。

うう脳(右右脳)の適職3選

  1. アーティスト
  2. ダンサー
  3. 写真家

【適職1】アーティスト

まず1つ目のうう脳の適職は「アーティスト」

フリーランスと同じく会社に縛られない生き方が可能。
音楽や芸術、伝統、工芸など様々なアーティストが生活を彩ります。

関連記事:マイペースな人に向いてる仕事12選【自分のペースでできる仕事・職種に転職】

【適職2】ダンサー

次に2つ目のうう脳の適職は「ダンサー」

スポーツクラブやジムに所属しダンスを教える仕事。
教え子やレッスンを個人事業という形で開業するダンサーも存在します。

自身のダンススキルや先生に教わりたいというリピーターがつくこともあり。
有名になれば会社員以上の月収、年収も夢ではない個人が活躍できる仕事になります。

関連記事:人を幸せにする仕事とは【人を笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP15】

【適職3】写真家

そして3つ目のうう脳の適職が「写真家」

写真家の多くは会社に所属しないフリーのカメラマン。
企業の宣材写真や個展を開いたり働き方は自由な職業になります。

そのため、スキルや経験が頼りの実力社会。
センスも問われるため、写真家だけで食べていくのは厳しい業界といえます。

関連記事:視覚優位の人に向いてる仕事10選【特徴と聴覚優位の比較から適職を分析】

うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてる仕事の探し方

ここまで利き脳別に向いてる適職を解説してきました。

仕事に悩む人

「利き脳別の適職は分かったけど、どうやって探せばいい?それぞれ向いてる仕事の探し方も教えてほしい!」

適職が分かっても、探し方が分からないと仕事に出会えません。
ここではうさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてる仕事の探し方についてもご紹介していきます。

【探し方1】自己分析から強みを客観的に把握

まず行うべきは「自己分析から強みを客観的に把握」

日本には「17,209種類」もの職業があると公表されています。
つまり、適職に巡り合えない確率のほうがはるかに高いということ。

仕事の向き不向きを一つずつ調べるのが現実的ではありません。
まずは、己の強み・得意なことを客観的に把握することが優先だといえます。

また、仕事できる人は自分が勝てる場所(仕事)を常に選んでいます。
強みを活かせる仕事を選んだほうが、適職に出会える確率も上がります。
(参考:仕事できない人ほど非効率な生き方を選びがちな話【勝てる場所を選ぶのが正解】

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【探し方2】仕事選びはその道のプロに相談が賢明

そして「仕事選びはその道のプロに相談が賢明」

自己分析から強みが把握できれば強みを活かせる仕事を探しましょう。

仕事を探す際にも、闇雲に求人を見ても非効率。
あなたのキャリアを客観的に評価し適切に求人紹介するサービス利用が賢明です。

そのサービスというのが転職のプロ「転職エージェント」です。

転職エージェントの役割は求人の紹介だけではありません。
内定獲得に向けた対策(面接、書類)やセミナー開催など多彩なコンテンツが準備されています。

これらサービスの利用はすべて無料。
登録者には一切の費用がかからずに内定獲得まで利用出来ます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
転ばぬ先の杖としても転職エージェントを使い倒してみてください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【探し方3】情報をもとに転職サイトを使って探す

自力で仕事を探したい方には「情報をもとに転職サイトを使って探す」

  • 「キャリアコーチングに頼るのも億劫になる。」
  • 「転職エージェントに紹介されずとも自力で仕事を探したい。」

なかには上記のような人もいます。
そんな方には、自力で探せる転職サイトの利用が向いています。

特におすすめの転職サイトが「リクナビネクスト

業界最大級の求人情報を保有し常時5万件を掲載。
大手リクルートグループが運営する転職決定数No.1の転職サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』にまずは無料会員登録する
【公式ホームページ:https://next.rikunabi.com

うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてない仕事の特徴

  • 利き脳別に向いてる適職
  • 適職の探し方と自己分析のやり方

利き脳別の適職について情報をまとめてきました。

適職があれば向かない仕事もあります。
仕事の向き不向きを理解しはじめて天職に近づきます。

どんな仕事が向かないのか?
具体的にうさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳に向いてない仕事の特徴を解説していきます。

うさ脳(右左脳)に向いてない仕事

まずうさ脳(右左脳)に向いてない仕事についてです。

改めて、うさ脳の性格特徴をまとめてみます。
仕事や働き方に対する姿勢にフォーカスすると以下の通りです。

うさ脳(右左脳)の性格特徴

  • 自分で決めたい完璧主義者
  • 個性豊かな負けず嫌い
  • 好奇心旺盛で義理堅い

これらの特徴から向いてない仕事が「ルーティンワーク」
具体的な職種を挙げると、以下のような仕事が向いてないといえます。

うさ脳(右左脳)に向いてない仕事

  • 事務職
  • 工場勤務
  • コールセンター

関連記事:単純作業しかできないのが悩み?それだけで強みです【でも将来性はほぼゼロ】

ささ脳(左左脳)に向いてない仕事

ささ脳(左左脳)に向いてない仕事についてです。

改めて、ささ脳の性格特徴をまとめてみます。
仕事や働き方に対する姿勢にフォーカスすると以下の通りです。

ささ脳(左左脳)の性格特徴

  • 計画を立ててコツコツ進める努力家
  • デザインよりも機能性と合理性を優先
  • 几帳面で何事にもリスクを考える慎重派

これらの特徴から向いてない仕事が「イレギュラー業務」
具体的な職種を挙げると、以下のような仕事が向いてないといえます。

ささ脳(左左脳)に向いてない仕事

  • 営業
  • 看護師
  • 保育士

関連記事:とろい人に向いてる仕事15選【トロくて物覚えが悪い人でも適職はある】

さう脳(左右脳)に向いてない仕事

さう脳(左右脳)に向いてない仕事についてです。

改めて、さう脳の性格特徴をまとめてみます。
仕事や働き方に対する姿勢にフォーカスすると以下の通りです。

さう脳(左右脳)の性格特徴

  • 中身を重視する社交的な口達者
  • 細かいことを気にしない
  • 枠にはまらない行動力

これらの特徴から向いてない仕事が「ものづくり業務」
具体的な職種を挙げると、以下のような仕事が向いてないといえます。

さう脳(左右脳)に向いてない仕事

  • 研究開発
  • デザイナー
  • クリエイター

関連記事:ものづくりの仕事がしたい!物作り職業おすすめ20選と職人向け求人の探し方

うう脳(右右脳)に向いてない仕事

うう脳(右右脳)に向いてない仕事についてです。

改めて、うう脳の性格特徴をまとめてみます。
仕事や働き方に対する姿勢にフォーカスすると以下の通りです。

うう脳(右右脳)の性格特徴

  • 楽天的でわが道行くマイペース
  • 合理性より直感や感情を優先
  • 大雑把で優柔不断

これらの特徴から向いてない仕事が「合理性重視」
具体的な職種を挙げると、以下のような仕事が向いてないといえます。

うう脳(右右脳)に向いてない仕事

  • 経理
  • エンジニア
  • 内部監査

関連記事:ビッグファイブを活用した適職15選【開放性・誠実性・外向性・調和性・神経症傾向】

まとめ:うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職と探し方

うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職を傾向と特徴から分析してきました。

改めて、利き脳別の適職をまとめると、

うさ脳・ささ脳・さう脳・うう脳の適職20選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. 製造系エンジニア
  5. ゲームクリエイター
  6. 動画クリエイター
  7. 経理
  8. 財務
  9. 研究者
  10. コンサルタント
  11. データサイエンティスト
  12. ファンドマネージャー
  13. 営業
  14. 人事
  15. システムエンジニア
  16. キャリアアドバイザー
  17. ユーチューバー
  18. アーティスト
  19. ダンサー
  20. 写真家

利き脳に限らず、仕事の向き不向きは必ずあります。

あなたに合った適職も存在します。
「仕事向いてない。」と感じるのは、まだ適職に出会えてないだけなんです。

利き脳別の適職を今回はご紹介しています。
しかし、仕事の探し方は一人で行うのには時間がかかります。

その道のプロに相談し、アドバイスを受けることで適職に出会える率も高まります

一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなりますよ。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選