絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】
落胆する人

「絶対に入らないほうがいい業界はありますか?転職で失敗したくないので、将来性のある業界も教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「今後危ない業界にだけは入りたくない方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 絶対に入らないほうがいい業界6選
  2. 絶対に入らないほうがいい業界の特徴とは
  3. 絶対に入らないほうがいい業界を見分ける方法
  4. 逆に今後も将来性のあるおすすめ業界3選
  5. 今後危ない業界に入らないための必要なスキルと対策

ホワイト企業の裏でブラック企業は存在します。
業界も同じく、将来性のある業界の裏で今後危ない業界は存在します。

ただこれらの業界を見分けるのは難しいです。
なぜなら、日本には100近くの業界(中分類)が存在するから。
(出典:厚労省「産業分類コード」

絶対に入らないほうがいい業界とその特徴や見分け方について詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今後も将来性のあるおすすめ業界も合わせてまとめていきます。今まさに転職や就職を控えていて絶対に入らないほうがいい業界を見極めたい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

ブラック企業を徹底排除!おすすめ転職エージェント3選

絶対に入らないほうがいい業界6選

早速絶対に入らないほうがいい業界6選についてまとめていきます!

まとめる前に該当する業界の条件を設定します。
どんな業界が「絶対に入らないほうがいい業界」なのか?

絶対に入らないほうがいい業界の選定条件

  • 将来性が今後危ない業界
  • 厳しい労働環境で働く業界
  • 市場価値向上が難しい業界

「将来性」という観点から選定した業界が以下の通りです。
客観的情報を用いて、入らないほうがいい理由も合わせて評価していきます。

絶対に入らないほうがいい業界6選

  1. 飲食業界
  2. 旅行・宿泊業界
  3. 百貨店業界
  4. ブライダル業界
  5. 銀行業界
  6. 投資不動産業界

【業界1】飲食業界

まず1つ目の絶対に入らないほうがいい業界は「飲食業界」

すでに飲食業界の市場規模は頭打ち。
2000年代前半から減少傾向にあり、その後もピークを上回ることはありません。

さらに直近データをみても市場規模は低迷。
2020年の見込みは、28兆5,965億円で昨対比16.5%減と著しく減少しています。

つまり、将来性だけでなく事業環境ともに低迷し続けているのが飲食業界になります。

また飲食業界をおすすめしない理由は他にもあります。
それは、他の産業に比べても「労働環境の悪さ」が挙げられます。

全産業と比較した時の飲食業の労働環境

(括弧内の数値は全産業の平均値)

休日日数が少ないうえに平均年収は業界で特に低い水準です。
なぜなら、労働集約型ビジネスで労働生産性は低くなりがちだから。

その結果、全産業の中でも突出して離職率は高くなっています。

飲食の仕事はもはや好きでないとできない仕事。
好きでもライフワークバランスを重視したい方は避けるのが無難だといえます。

【業界2】旅行・宿泊業界

次に絶対に入らないほうがいい業界は「旅行・宿泊業界」

旅行・宿泊業界の将来性はいまだ不透明感が増します。

2020年の日本人国内旅行消費額は9兆9,738億円。
コロナ前に比べて、前年比54.5%減と著しく需要減退が目立ちます。

ただコロナ以前から日本人の国内旅行需要は横ばい。
観光業は訪日外国人旅行者頼みであったことがデータを見ても明らかです。
(出典:観光庁「令和3年版観光白書について」

そんな旅行・宿泊産業の需要はいつ回復するのか?
米調査会社の最も楽観的な見通しでは、2023年に以前の水準を超えると予測されています。

楽観的な見通しのため、いつ回復するかは定かではありません。
予測不可能な状況下で旅行・宿泊業界に就職したいと考える人はいるでしょうか。

さらに、現状の労働環境を確認しても決してよいとはいえません。

飲食業界と同水準の労働環境が強いられています。
宿泊業も飲食業に並び離職率は高く、平均年収も飲食業に次ぐ低さ。

最近では「スーパーホテル偽装業務委託裁判」が取り沙汰されています。

全国130店舗以上を展開するビジネスホテルチェーンのスーパーホテルでは、店舗ごとの「支配人」は業務委託契約で働かせられています。しかし、その実態は「住み込みの24時間働かせ放題」となっています。業務委託契約によって労働基準法が適用されず、労働時間の規制や残業の規制などもないのです。

今後も不確実性が増す旅行・宿泊業界。
将来不安を抱えるより、確実性の高い業界に入るのが賢明といえそうです。

【業界3】百貨店業界

3つ目の絶対に入らないほうがいい業界は「百貨店業界」

百貨店の売上規模は年々減少傾向が続きます。
1990年代の9兆円をピークに近年では6兆円程度まで売上減少。

さらにコロナの影響で2020年には4.2兆円にまで激減しています。
ただ、そもそもコロナ禍以前から百貨店の売上低迷は続いていました。

今回のコロナショックによって、百貨店の存在感はますます薄れ閉店や淘汰を招きました。
(出典:東京商工リサーチ「百貨店の8割が赤字」

つまり、百貨店業界の事業環境の厳しさは今に始まったことではありません。
今後も厳しさは増すと予想され、事業再編や新たな事業展開の模索が急がれています。

また労働環境改善も社会的要請として高まっています。
実際、百貨店を含む小売業の定着率は業種別で最も低い『66%』
(出典:東洋経済「新卒の「3年内離職率」が低い300社ランキング」

今後の将来性および労働環境から入らないほうがいい業界の筆頭と言わざるを得ません。

【業界4】ブライダル業界

4つ目の絶対に入らないほうがいい業界は「ブライダル業界」

2018年までもジリ貧が続いていたブライダル関連市場。
2019年は「令和婚」ブームが追い風となって市場規模も微増しました。

しかし2020年は年初からコロナ禍に見舞われ、事業環境が一変。
挙式や披露宴のキャンセルが相次ぎ、売上確保がままならず利益も低迷。
(出典:東京商工リサーチ「全国「ブライダル関連企業」業績調査」

今後も不透明感が増すブライダル業界。
いまだブライダル関連市場の回復めどは立っていない状況が続いています。

【業界5】銀行業界

5つ目の絶対に入らないほうがいい業界は「銀行業界」

銀行業界の中でも厳しさを増すのが「地域銀行」

特に注目すべきは金融業界に新たな革新性をもたらす「フィンテック」
2000年代前半から登場した造語で、近年では新しい金融ベンチャーが次々に誕生しています。

ただこのフィンテックの台頭により、金融業界の将来性は今後危うくなることが予想されます。

特に危ういのは銀行業界の事業環境と労働環境。
具体的な将来性を挙げると、以下の要因が考えられます。

フィンテック台頭による銀行業界の今後

またビル・ゲイツ氏も銀行の将来性について不要論を唱えています。
(出典:PRESIDENT「ビル・ゲイツ「銀行は将来必要なくなる」」

今後、銀行業界の急速な環境変化に応じた収益源の多様化が求められます。

【業界6】投資不動産業界

そして最後に絶対に入らないほうがいい業界は「投資不動産業界」

あなたは「千三つ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

  1. 《千のうち本当のことは三つしか言わない意》うそつき。
  2. 《千に三つくらいしか話がまとまらない意》土地・家屋の売買や貸金などを斡旋(あっせん)する職業。また、その人。「千三つ屋」
  3. 《千品目出しても当たるのは三品目くらいの意》食品業界で、新商品の開発の難しさをいう言葉。

千三つはしばしば不動産業界で用いられる言葉です。
「千三つ屋」とも呼ばれ、不動産業界を描いた漫画「正直不動産」にも面白い表現があります。

「この業界には“千三つ”って言葉がある。千の言葉の中に、真実はたった三つってことだ。正直者がバカを見る。嘘ついてなんぼのイカレた世界…それが不動産の営業だ」

「嘘ついてなんぼの世界」、それが不動産業界だということ。
さらに不動産業界の中でも投資不動産はノルマが厳しいので有名です。

強靭なメンタルの持ち主なら向いていることでしょう。
ただそれ以外の方には到底おすすめできない業界の一つだといえます。

絶対に入らないほうがいい業界の特徴とは

ここまで絶対に入らないほうがいい業界を解説してきました。

仕事に悩む人

「理由は分かったけど、これらの業界にはどんな特徴があるのかな?今後の業界研究の参考にしたい!」

絶対に入らないほうがいい業界の特徴とは何なのでしょうか。
該当する業界の特徴や今後危ない業界の共通項などについてまとめていきます。

【特徴1】労働集約型ビジネス

まず1つ目の特徴が「労働集約型ビジネス」

労働集約型ビジネスとは「人間の労働力に頼る割合が高い産業のこと」
今回取り上げた絶対に入らないほうがいい業界すべてに共通するビジネスモデルです。

人に依存するビジネスに持続的成長は難しいのが本音。
なぜなら、人間の労働力には限界があり生産性も低くなりがちだから。

実際、付加価値額(労働生産性)は労働集約型ビジネスが軒並み低い状況です。

ワースト5すべて労働集約型ビジネスの仕事となっています。
労働生産性が低ければ、低賃金かつ労働環境も悪化する負の循環が生まれやすくなります。

サイボウズ青野氏も労働集約型のビジネスモデルからは脱却すべきと指摘されています。
(出典:ログミーBiz「働き方改革を阻む要因」

つまり、今後危ない業界はいまだ労働集約型ビジネスから脱却できない業界。
前例踏襲かつ従来のビジネスモデルに固執する業界は絶対に入らないほうがいい業界の筆頭です。

関連記事:肉体労働でおすすめの仕事10選と選ぶメリット【向いてない人の特徴も解説】

【特徴2】箱物ビジネス

次に2つ目の特徴が「箱物ビジネス」

箱物ビジネスとは「建物を利用してビジネス展開する産業のこと」
飲食店や宿泊、ブライダル業界がこれらのビジネスモデルに当てはまります。

箱物ビジネス最大のリスクは先行投資が必ず発生する点。
売上未発生の状況で、まず建設のために巨額の投資が必要です。

さらに箱物ビジネスが軌道に乗るまでにも時間がかかります。
投資回収の見通しはあくまで見通しであって想定通りに進むとも限りません。

また箱物ビジネスの成立には労働者も必要です。
必然的に労働集約型ビジネスに集約される形といえます。

つまり、多額の負債を抱えながら事業を営むことが箱物ビジネスの特徴です。

労働生産性は低く巨額の負債からビジネスをスタート。
書籍「金儲けのレシピ」でも今やってはいけないビジネスとして紹介されています。

ビジネスにおいて成功のためにリスクは避けられません。
しかし不確実性の高まる昨今、リスクは最小限に抑えるのが賢明だといえます。

関連記事:誰でもできる仕事とは【紹介する職業10選より市場価値の高い仕事選びが重要】

【特徴3】人工知能(AI)に代替可能性が高いビジネス

そして3つ目の特徴が「人工知能(AI)に代替可能性が高いビジネス」

労働人口の49%がAIやロボットに代替されるとの試算があります。

代替される仕事は単調作業やデータ処理。
計算に基づき処理可能な仕事が続々と代替されていきます。

つまり、ルーティンワークの多い産業がますます淘汰されることを意味します。

実際、AIの導入により人員整理は加速しています。
ルーティンワークに分布する人材は減少していることが以下図からも分かります。

一方、AIに代替されない仕事は人材需要が増えています。
今後生き残るためにはノンルーティンのスキル習得が必要不可欠といえそうです。

関連記事:【将来性ゼロ】ゆるブラック(パープル)企業とは?特徴から分かる働くリスク

絶対に入らないほうがいい業界を見分ける方法

ここまで絶対に入らないほうがいい業界と特徴を解説してきました。

ただ、特徴を理解しても見分けられなければ意味もありません。
入らないほうがいい業界に絶対に入らないための処世術も身につけておく必要があるといえます。

ここでは絶対に入らないほうがいい業界を見分ける方法についてご紹介していきます!

【見分け方1】転職エージェントを利用する

まず1つ目の見分ける方法が「転職エージェントを利用する」

「餅は餅屋」という言葉があります。
この言葉の通りで「業界のことは業界のプロ」に聞くのが賢明です。

その業界研究のプロが転職エージェント。
転職市場を通して、業界研究のレポートも公表しています。

特にリクルートエージェントは独自のエージェントレポートを作成しています。

面談時にレポートや業界研究、市場動向などアドバイスもらえます。
具体的に転職活動を始めなくても、情報収集だけの利用も登録可能です。

情報収集の観点からも転職エージェントは利用価値が十分あるといえます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【見分け方2】口コミサイトから情報を確認する

2つ目の見分ける方法が「口コミサイトから情報を確認する」

口コミサイトから得られる情報

  1. 実際に入社していた方の意見
  2. 転職活動時にまわった方の意見

つまり、信憑性の高いリアルな業界情報が得られるということです。

特におすすめの口コミサイトが「転職会議
掲載企業は約500万社、300万件以上の口コミが掲載されて無料で利用可能です。

東証一部上場企業の『リブセンス』が運営するサービス【転職会議】
登録会員数は「700万人以上」。企業で働く社員、元社員が実際に働いて感じた口コミ「300万件以上」を掲載!掲載企業数も「400万社」を超えている豊富な情報が満載。登録料、利用料は一切かからず、無料会員登録後すぐに口コミ検索から企業の内部を知ることができます!失敗しない転職を叶えたい方におすすめの口コミサイト。求人情報も「17万件以上」を掲載し、口コミを見ながら求人も合わせて閲覧できる非常に便利なサービスになります。

【見分け方3】厚労省公表の労基法違反一覧を参考にする

そして3つ目の見分ける方法が「厚労省公表の労基法違反一覧を参考にする」

厚労省から都度「労働基準関係法令違反に係る公表事案」が公表されています。

各都道府県労働局が公表した際の内容を集約した資料。
具体的な企業名と事案概要が記されているため、事前情報に役立ちます。

さらに優良企業とブラック企業を判別するサイト(優ジロウ)もリリースされています。

労基法違反を受ける業界には一定の傾向があります。
実際の事案を参考にしながら、今後の業界選定にご活用ください。

またブラック企業を徹底排除したエージェントサービスも合わせてご利用ください。

独自の実地調査からブラック企業の求人を徹底的に排除。
掲載求人は、厳しい審査に合格したホワイト企業のみを紹介してくれます。

ブラック企業を徹底排除!おすすめ転職エージェント3選

逆に今後も将来性のあるおすすめ業界3選

忙しい人

「絶対に入らないほうがいい業界の情報は分かったけど、そもそもホワイトな業界はどこ?!将来性のある業界を教えてほしい!」

ここでは逆に今後も将来性のあるおすすめ業界3選についてご紹介していきます!

【業界1】IT業界

まず1つ目の将来性ある業界が「IT業界」

IT業界で現在最もホットなワードが「DX」
上図の通り、2030年には4.2倍(2017年度比)にまで拡大すると予測されています。

絶対に入らないほうがいい業界の飲食業界でもDXの導入は注目を集めています。

外食市場が衰退する中、フードデリバリーサービスは好調。
上図の通り、2025年度まで市場は4,100億円に拡大すると予測されています。

つまり、全業界においてテクノロジーの活用は急務だということ。
その一端を担うのがDXであり、イノベーションの創出が市場成長のカギといえます。
(出典:フーディスト・メディア「これからの飲食店」

そしてDXなどIT業界を支える人材が「エンジニア」
今後エンジニア需要は増すばかりで食いっぱぐれない仕事の一つとされています。

とはいえ、未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
転職を視野に動き出したい方は、プログラミングスクールの受講がおすすめです。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【業界2】インターネット広告業界

次に将来性ある業界が「インターネット広告業界」

旅行・宿泊需要が蒸発する中、ネットショッピング利用世帯の割合は増加傾向にあります。

その結果、EC利用の増加はネット広告費の急伸に繋がります。
実際、直近データをみてもネット広告費は105.6%(2020年昨対比)と大幅増加。

つまり、今後も需要拡大が見込める将来性ある業界だといえます。

そんなインターネット広告業界を牽引する人材が「マーケティング職」
今ではDXに向けて、デジタルマーケティング業務のインハウス化が進んでいます。
(出典:ZDNet Japan「デジタルマーケティングのインハウス化がなぜ必要なのか」

とはいえ、未経験からマーケター転身は難しいのが実情。
転職を視野に動き出したい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【業界3】ゲーム・エンタメ業界

そして3つ目の業界が「ゲーム・エンタメ業界」

上図は世界のゲームコンテンツ市場を示したグラフです。

2020年には31.6%と大幅増加(2019年昨対比)
需要の拡大はバーチャルだけでなくリアル空間のエンタメにも波及しています。

キャンプ場1施設当たりの平均予約件数は右肩上がりで増加。
通常は需要が落ち着く秋冬でも2020年は需要が底堅く推移しています。

つまり、感染対策しやすいゲームやレジャーなどのエンタメは今後も伸びることが予想されます。

これらサービスの提供にはWebビジネスのスキルが必須。
そのためのオンラインスクールの受講から市場価値は高まります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

今後危ない業界に入らないための必要なスキルと対策

最後に今後危ない業界に入らないための必要なスキルと対策についてまとめていきます。

最もおすすめのスキルは「プログラミング」

まず最もおすすめのスキルは「プログラミング」

今後将来性のある業界に共通するのは「DX」
DX実現により2030年には、実質GDP130兆円超の押上げ効果が試算されています。

またDXはビジネスモデルや組織の変革をもたらします。
ビジネス環境の激しい変化に対応し、競争優位性を確立するとされています。
(出典:経産省「DX推進ガイドライン」

それほどITを駆使したDX推進は今後ますます重要さを増していくといえます。

そのために必要な人材が産業を牽引する「IT人材」
つまり、プログラミングなどのITスキルを習得した人材が重宝されるのは明確です。

実際IPAの資料をみても、企業のIT人材に対する量・質ともに不足感は年々上昇しています。

従って、今後習得するにおすすめのスキルの一つ。
プログラミングスキルはいまや食いっぱぐれないスキルの一つだといえます。

プログラミングスキル習得にはスクールの受講がおすすめです。
未経験者を対象にしたサービスも多く、プロのIT人材を目指せます。

無料カウンセリングを受けるだけでもプログラミングの向き不向きは見えてきます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

対策は強みを把握すべく「自己分析」の実施

そして対策は強みを把握すべく「自己分析」の実施しましょう。

  • 「仕事の向き不向きが分からない」
  • 「強みや弱みが客観的に把握できない」
  • 「将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている」

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

ただ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:絶対に入らないほうがいい業界6選とその特徴

絶対に入らないほうがいい業界とその特徴や見分け方をまとめてきました。

改めて絶対に入らないほうがいい業界をまとめると、

絶対に入らないほうがいい業界6選

  1. 飲食業界
  2. 旅行・宿泊業界
  3. 百貨店業界
  4. ブライダル業界
  5. 銀行業界
  6. 投資不動産業界

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選