接客業に疲れた?なら接客業以外の仕事に就くべき理由とおすすめの職種12選
落ち込む人

「接客業に疲れた・・・接客の仕事が好きだったのにいつの間にか嫌いになってしまった。。接客業以外の仕事に転職しようか迷ってるけど、おすすめの職種はありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「接客業に疲れて接客業以外の仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき5つの理由
  2. 接客業から接客業以外の仕事に転職希望者は半数以上
  3. 接客業に疲れた人必見!接客しない仕事おすすめ12選
  4. 接客業に疲れても接客の仕事に向いてる人の特徴3選

接客業とは人と接する仕事。
飲食やアパレル、販売に携わる「接客業」

人と接するのが好きで接客の仕事を選ぶ人は多くいます。
でもその一方で、接客が嫌いになってしまった人も少なくありません。

接客業は接客業以外の仕事に比べても疲れやすい産業だといえます。

接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき理由とおすすめの職種を詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「接客業に疲れても接客の仕事に向いてる人の特徴もまとめていきます。今まさに転職検討中の接客業に従事する人は、ぜひ参考にしてみてください!」

接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき5つの理由

産業の中でも最も離職率が高いのが「接客業」
飲食や販売などの人と接する仕事が際立って離職者は多いのが実情です。

なぜこれほど接客業は離職率が高いのでしょうか?

結論からいえば「接客業を続けても将来性はないから」
主観ではなく客観的事実が接客業の将来を物語っています。

「接客業に疲れてしまった・・・」
そんなあなたも接客業以外の仕事に転職する良い機会かもしれません。

具体的に接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき5つの理由を解説していきます。

【理由1】好きだったはずの接客が人間嫌いになるから

まず1つ目の理由が「好きだったはずの接客が人間嫌いになるから」

接客業を選ぶ理由の多くは「人と接するのが好きだから」
その仕事が好きだから接客業を選ぶ人が多数派を占めています。
(出典:JOBRASS新卒「サービス業を選んだ先輩たちの「働く理由」とは」

でも、いざ就職してみると、

落ち込む人

「接客業が疲れました。30代女性です。販売職、接客歴15年、店舗運営を任されており、今となっては収入も安定していますが、、、人疲れと言いますか、気疲れと言うか話の聞き疲れ、話し疲れなど、顧客様が増えれば増えるほど対応に追われ、売上が上がっても嬉しい、楽しいと感じることがなく、ロボットのように作り笑い、働くようになりました。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

原因は何か?一言でいえば「理想と現実」
以下のような接客という仕事ならではの特徴に苦しめられた結果、人間嫌いに。

  • 顧客からの理不尽なクレーム
  • 本部からの厳しいノルマ
  • サービス残業は当たり前
  • 想像以上に肉体労働で過酷
  • 仕事と雑談で求められるコミュニケーション能力は違う

「好きだけ」で仕事を選ぶのにもリスクあり。
就職してはじめて、接客業は想像以上に割に合わない仕事だと痛感します。

関連記事:【悲劇】割に合わない仕事は人生の幸福度を下げる話【即転職を推奨】

【理由2】高ストレスによる心身への問題が起こるから

2つ目の理由が「高ストレスによる心身への問題が起こるから」

下図は業種別の高ストレス者割合を示したグラフになります。

見ての通り、サービスや医療・福祉などの接客業が高ストレス者割合は最多に。

またコロナ禍の現代においてもストレスが増えた産業は接客業。
「販売・サービス」「医療・福祉」系職種が顕著にストレス増となっています。
(出典:エン・ジャパン「コロナ禍における仕事のストレス調査」

ストレスが増えると心身にどのような影響をもたらすのか?
ポジティブな影響は一切なく、以下のネガティブな問題を引き起こす原因になります。

  • 身体的な問題
    (症状:頭痛、高血圧、動悸や食欲亢進、体重減少、イライラ感)
  • 心理的な問題
    (症状:うつ、不眠、不安)
  • 行動上の問題
    (症状:アルコール依存、ギャンブル依存・買い物依存)

つまり、接客業は心身への負担が特に大きい仕事だということ。
気づかないうちに疲弊し、身も心もボロボロになることは容易に想像できます。

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【理由3】休みが少ないうえに有給休暇も取りづらいから

3つ目の理由が「休みが少ないうえに有給休暇も取りづらいから」

接客業はとにかく休みが取りづらい仕事。
そのうえ、有給休暇すら取得しづらい環境で有名です。

実際、厚労省公表の資料を見ても明らかです。
以下最も年次有給休暇の取得率が低いの飲食や販売などの接客業。

ワースト5まで見ても4つが接客を伴う仕事になっています。

【労働者1人平均年次有給休暇の取得状況】

  1. 宿泊業、飲食サービス業(41.2%)
  2. 卸売業、小売業(44.7%)
  3. 建設業(44.9%)
  4. 教育、学習支援業(46.4%)
  5. 生活関連サービス業、娯楽業(46.7%)

また年間休日日数を業種別で調べてみても、

【労働者1人平均年間休日総数】

  1. 宿泊業、飲食サービス業(102.0日)
  2. 生活関連サービス業、娯楽業(103.0日)
  3. 鉱業、採石業、砂利採取業(110.2日)
  4. 医療、福祉(111.2日)
  5. 卸売業、小売業(111.5日)

接客業が際立って休みは少ないことが分かります。
つまり、接客業はライフワークバランスの両立から最もかけ離れた仕事だといえます。

関連記事:20代女性に人気の仕事ランキングTOP5!おすすめの転職サイトも6つ紹介

【理由4】どんなに頑張っても給料は上がらないから

4つ目の理由が「どんなに頑張っても給料は上がらないから」

まず産業別の賃金推移をご覧ください。
「宿泊業、飲食サービス業」が最も低い「324.2千円」

他の産業は年齢とともに上昇しているのが分かります。
しかし、接客業のみ上がり幅はわずか10万円程度と少ないのが分かります。

職種別でみても接客系の仕事が最も低い平均年収となっています。

【職種別の平均年収ランキング】

ちなみに同資料から初任給を調べても接客業は産業別で最下位。
同じ大卒会社員でありながら、給与格差は1.47倍も生じてしまっています。

つまり、どんなに努力しても給料は上がらないのが接客業。

心身へのストレスも多く、休みも少ない。
なのに給料も少ないとなると何を糧に頑張ればいいのか分からなくなります。

関連記事:給料が安いから転職を選ぶのは間違い?【退職理由と収入アップの方法】

【理由5】客観的に評価・判断できるスキルが身につかないから

理由4にもつながる要因として「客観的に評価・判断できるスキルが身につかないから」

ここでいうスキルとは「技術資産」
転職などで客観的に評価されやすいスキルのことを指します。

一言でいえば「手に職をつけられる仕事」
どの産業においても通用するスキルが技術資産ということになります。

では接客業で技術資産は身につくのでしょうか?
結論からいえば、接客で手に職と呼ばれるスキルは身につきません。

なぜなら、接客業は誰でもできる仕事だから。
その証拠というのが低い給料ということにほかなりません。

つまり資産性の高いスキルを身につけたい方は、接客業以外の仕事を選ぶのが賢明です。

関連記事:接客業に向いてない人の特徴5選【辞めたいほど辛いストレスなら即転職】

接客業から接客業以外の仕事に転職希望者は半数以上

【Q.転職するとしたら、同じ職種がいいですか?違う職種がいいですか?】

ここまで接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき理由を解説してきました。

理由は分かっても実際のところどうなのか?
接客業以外の仕事を選ぶ人はどれ位いるのかも気になる情報です。

調べてみると上図の通りで接客業から接客業以外の仕事に転職希望者は半数以上
リクルートの情報でも接客系の仕事が最も異職種への転職割合は高いことが分かります。

そして何より重要なのが「転職後の満足度」
以下の通り、『9割以上』の人が「接客業から異職種へ転職してよかった」と回答。

つまり、接客業に疲れた方は早々に動くに限ります。
接客業以外の仕事に転職したほうが満足度は上がる可能性が高いといえます。

関連記事:絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】

接客業に疲れた人必見!接客しない仕事おすすめ12選

ここからは接客業に疲れた人必見!接客しない仕事おすすめ12選についてまとめていきます!

本記事では以下3つの目的別に仕事情報を紹介していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

紹介する仕事情報はすべて接客しない仕事。
加えて、接客業が抱える課題を解消するおすすめの仕事となっています。

ワークライフバランスを重視した仕事5選

まずワークライフバランスを重視した仕事5選は以下の通りです。
順番に接客しない仕事内容と接客業に疲れた人に向いてるポイントをまとめていきます。

ワークライフバランスを重視した仕事5選

  1. 事務職
  2. 社内SE
  3. 総務
  4. 秘書・受付
  5. 内部監査

【仕事1】事務職

プライベートを重視するなら女性に人気の「事務職」

社員の業務をサポートするデスクワーク。
仕事の種類としては営業事務、医療事務、経理事務、貿易事務、人事アシスタントなど。

種類は多岐に渡りますが、基本の業務内容は変わりません。
パソコンを使って社員のサポート業務を行うのがメインになります。

サポート業務がメインになるためノルマも一切なし。
マニュアルもあり、基本ルーティンワークとなっています。

また、事務職最大のメリットが残業時間の短さ。
dodaの調べでは残業時間の少ない仕事1位として紹介されています。

なので事務職は、ライフワークバランスの取りやすい仕事ともいえます。

20代女性で事務職に転職したい方は『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい20代女性におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』に応募する(無料)
【公式ホームページ:https://mynavi-cr.jp

20代女性以外かつ全国の事務職・管理系求人を探したい方なら転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用がおすすめです。

【仕事2】社内SE

自社のシステム運用・保守を手掛ける「社内SE」

社内SEの仕事は自社システムに関する業務がメイン。
具体的には、カスタマーサポートや保守・運用など自社システムの管理を行います。

社内SEの顧客は社内の従業員が対象になります。
客先常駐のエンジニアと違い厳しいノルマも理不尽な顧客対応も発生しません。

さらに、社内SEは他のエンジニア職に比べて残業時間が短い特徴があります。
(出典:「社内SEの残業について」

そのため、ワークライフバランスが取りやすいと人気。
エンジニア経験があれば一度は目指したいIT職種の一つになります。

社内SEに転職したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

社内SE求人紹介は1人あたり「58件」
人材紹介大手が運営するエンジニア転職特化のエージェントサービスになります。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事3】総務

管理部門の中でも特にWLBの取れた仕事が「総務」

総務の仕事は社内の従業員に対する満足度向上。
福利厚生を新しく準備したり、環境整備に取り組みます。

取引先との接点は来客対応くらい。
やり取りも特にはないためノルマもなければ社外の顧客対応もありません。

残業時間も管理部門の中では特に短い職種。
(出典:大塚商会「平均残業時間はどのくらい?」

つまり、ワークライフバランスを重視したい方に適した仕事だといえます。

総務への転職を目指したい方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

総務や人事など管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【仕事4】秘書・受付

会社の顔を務める「秘書・受付」

秘書の仕事は役員のアシスタント業務がメイン。
スケジュール管理や外出時の手土産の手配、来客対応など。

役員の動きに合わせて準備するのが仕事になります。
他にも会社の受付業務も秘書が兼務するケースが会社によってあります。

いずれもノルマはなく平均残業時間も13.9時間と短い。
細部への気配りと配慮が必要で女性に向いてる仕事ともいえます。

秘書・受付の仕事探しなら管理部門領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

【仕事5】内部監査

社内のワークフローを監査する「内部監査」

事業部やサービスのワークフローを監査する仕事。
牽制することで業務の不正防止や業務効率化をうながします。

そんな内部監査は、休みが多くて給料がいい仕事として有名です。

管理部門の中でも給料は高く、残業時間も14.6時間と短い。
(参考:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

つまり男女問わず活躍できることから、割に合う仕事だといえそうです。

内部監査の仕事に興味がある、求人紹介を受けたい方は「パソナキャリア」の利用が最もおすすめです。

オリコン顧客満足度にて3年連続1位を獲得。
専任キャリアアドバイザーが面接対策から書類添削まで手厚くフォローしてくれます。

手に職をつけられる将来性ありの仕事5選

次に手に職をつけられる将来性ありの仕事5選は以下の通りです。
順番に接客しない仕事内容と接客業に疲れた人に向いてるポイントをまとめていきます。

手に職をつけられる将来性ありの仕事5選

  1. Webデザイナー
  2. ITエンジニア
  3. 経理
  4. Webマーケター
  5. 人事

【仕事1】Webデザイナー

クリエイティブ系の手に職なら「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

Webデザイナーの特徴は実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

つまり、接客することなく培った技術で高収入も狙える仕事の一つといえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事2】ITエンジニア

ITスキルを活用しシステム開発を担う「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム基盤を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の急速な進歩は、ITエンジニアが産業をけん引。

すなわちITエンジニアは、重要な産業に携わる需要の高い必要不可欠な人材だといえます。

またリモートワークの普及が最も進んでいるのがITエンジニアをはじめとする「情報通信業」
(出典:総務省「令和元年通信利用動向調査の結果」

つまりITエンジニアは、接客することなく将来性ある仕事に就ける一つといえます。

エンジニア経験者でITエンジニアに転職したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『レバテックキャリア』に今すぐ無料登録する
【公式ホームページ:https://career.levtech.jp

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事3】経理

管理部門の数字のスペシャリストが「経理」

会社の財務状況、決算を担う仕事。
他にも事業部別の損益計算など数字にかかわる仕事がメインとなります。

そのため、接客や顧客対応を伴わない仕事です。
数字と向き合い、会社の方向性と未来をシミュレーションする重要な役割を担います。

経理に転職したい方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1。
常時4,000件以上の管理部門系の求人を扱う転職支援サービスです。

【仕事4】Webマーケター

自社の商品やサービスの売上を拡大させる「Webマーケター」

最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までマーケティングを担います。

そのため、不特定多数の顧客対応は一切なしの仕事です。

考えるべきはユーザーの消費行動に対する施策。
どうすれば売上に繋がるか?頭脳労働の一つといえます。

Webマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事5】人事

従業員の採用と育成を担う「人事」

人の成長は1日にしてならず。
従業員の悩みに寄り添い、士気を高めるのも人事の役目。

そのための人事考課規定の作成や福利厚生の整備。
従業員の満足度向上につながる施策は何か?常に模索しています。

人事の仕事に興味がある、求人の紹介を受けたい方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

人事や総務など管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

人疲れした人向けの人と接しない仕事2選

そして人疲れした人向けの人と接しない仕事2選は以下の通りです。
順番に接客しない仕事内容と接客業に疲れた人に向いてるポイントをまとめていきます。

人疲れした人向けの人と接しない仕事2選

  1. Webライター
  2. 動画編集

【仕事1】Webライター

Webメディアのライティングを担う「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
ライティングする内容は発注者のテーマや目的に沿って行います。

そのため、得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは取り扱うのがおすすめです。

また仕事のやり取りや記事納品も完全オンライン。
基本メールでのやり取りになるため、完全接客しない仕事になります。

Webライターの仕事探しならフルリモート求人を扱う「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめです。

しかし完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのためにWebビジネススキルの習得は必須
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】動画編集

動画コンテンツの編集を行う「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

仕事のやり取りはすべてオンライン完結。
基本メールで完了するため、完全に人と接することはありません。

また編集ツールは無料でも十分スペックに期待できます。
ツールさえあれば特別なスキルなく誰でも挑戦できる仕事の一つです。

さらに動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は完全在宅&今後も需要が高まる仕事の一つと断言できます。

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

接客業に疲れても接客の仕事に向いてる人の特徴3選

接客業に疲れても接客の仕事に向いてる人の特徴3選は以下の通りです。

接客の仕事に向いてる人の特徴3選

  1. ホスピタリティあふれる人
  2. 心から接客が好きな人
  3. クレームを言われても流せる人

「接客が好きな人」、これに尽きます。

休日数、有給休暇取得、給料など待遇は一切関係ない。
プライベートは後回しでストレス感じても人のために働きたい方は接客業に向いています。

将来のキャリア選択に迷ったらプロに相談が賢明

ただ、接客業に向かない人は転職を検討するのが最適解です。

なぜなら、向かない仕事を続けても得られるメリットは少ないから。
向いてる仕事、需要のある仕事でスキルを磨いたほうが将来性はあります。

しかし、7割もの社会人が「キャリア・スキルの棚卸しをしたことがない」と回答。
理想の働き方があるにも拘らず、キャリアの棚卸しができていないことも原因と示唆されています。
(出典:経産省「働き手向けアンケート調査結果」

なので将来のキャリア選択に迷ったらプロに相談が賢明です。

一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

キャリアに迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

仕事選びに悩んだら利用したい転職支援サービス

疲れた人

「接客は好きだけど、将来のことを考えたら仕事を変えたい。。何かおすすめの転職支援サービスはありますか?」

仕事選びに悩んだら利用したい転職支援サービスがあります。

それが転職支援を手掛ける「転職エージェント」
内定獲得まで徹底的にサポートしてくれるサービスです。

一人で転職活動を行うのには限界があります。
まして仕事をしながら転職活動となると良い結果は得られません。

専門家によるアドバイスやサポートは必ず受けることをおすすめします。

転職エージェントにかかる利用は一切無料。
登録から内定獲得まで無料でサポートを受けられます。

つまり、サービスを利用しない手はどこにもありません。
おすすめの3社もご紹介、転職成功確率を上げたい方はぜひご活用ください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:接客業に疲れたなら無理せず接客業以外の仕事へ転職が賢明

接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき理由とおすすめの職種をまとめてきました。

改めて、接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき理由をまとめると、

接客業に疲れたなら接客業以外の仕事に就くべき理由

  1. 好きだったはずの接客が人間嫌いになるから
  2. 高ストレスによる心身への問題が起こるから
  3. 休みが少ないうえに有給休暇も取りづらいから
  4. どんなに頑張っても給料は上がらないから
  5. 客観的に評価・判断できるスキルが身につかないから

接客業に疲れたなら無理せず接客業以外の仕事へ転職が賢明です。

事実、接客業から異業種への転職満足度は高い。
現状に不満や悩みがあるなら、勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

変えられるのは他でもないあなたの行動次第です。

将来のキャリアに不安な方はプロに相談がおすすめです。
一人で悩むより、その道の専門に相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

転職活動に入る前に必ず転職エージェントの利用もおすすめします。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)