肉体労働でおすすめの仕事10選と選ぶメリット【向いてない人の特徴も解説】
落ち込む人

「肉体労働でおすすめの仕事はありますか?体を動かして稼げる職業があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「肉体労働の仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 肉体労働の定義と産業
  2. 肉体労働でおすすめの仕事10選
  3. 肉体労働を選ぶメリット・デメリット
  4. 肉体労働の仕事に向いてる人の特徴
  5. 肉体労働の仕事に向いてない人の特徴

肉体を使って労務を提供する「肉体労働者」

体を動かした分だけ対価を受け取れる分かりやすい仕事。

一言でいえば概ね誰でもできる仕事。
でも、体を動かすことを仕事にするのは相応の覚悟は必要です。

肉体労働でおすすめの仕事と向き不向きも詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「私の勤め先も製造業で普段は頭脳労働ですが現場に立つ機会があります。肉体労働を選ぶメリット・デメリットを客観的事実と主観的体験の両面からも解説していきます。」

肉体労働とは?定義と産業

肉体労働でおすすめの仕事を紹介する前に。
改めて肉体労働の定義と産業についてまとめておきたいと思います。

まず「肉体労働」を辞書で調べると以下の意味になります。

からだを使ってする労働。筋肉労働。

筋肉労働とも呼ばれる体を使った労働提供のこと。
また、ウィキペディアを調べると類義語に「ブルーカラー」と紹介されています。

そして肉体労働が労務を提供する場所は、以下の学会誌に記述されています。

肉体労働に従事し作業場で働く者は基本的には労働者であり,肉体労働をせず事務所で働く者は基本的には職員である。

つまり、外の作業場で行う仕事が肉体労働と定義できます。
かつ肉体労働の主な産業としては、以下のようなものが挙げられます。

肉体労働の主な産業

  • 製造業
  • 建設業
  • 鉱業
  • 農業
  • 林業
  • 漁師
  • 運輸業

これらの産業に当てはまる「肉体労働」のおすすめを次章にまとめていきます!

肉体労働でおすすめの仕事10選

早速肉体労働でおすすめの仕事についてまとめていきます。

おすすめを選定するにあたり以下条件を設定。

  • 年収が業界平均より高い仕事
  • 高所作業など危険性の低い仕事
    (NGな仕事:とび職、足場職人、点検作業員など)
  • 体重以上の重労働を扱わない仕事
    (NGな仕事:大工、土木作業員、引越作業員など)

これら条件に合致した肉体労働の仕事が以下の通りです。
(職種の選定はリクナビネクスト求人検索を参考)

それぞれの仕事内容や特徴について順番にご紹介していきます!

肉体労働の仕事10選

  1. 営業
  2. 期間工
  3. 警備員
  4. 施工管理
  5. トラック運転手
  6. 造園職人
  7. 左官
  8. 塗装工
  9. 農業
  10. 漁師

【仕事1】営業

すべての産業に必要な仕事が「営業」

商品やサービスの価値を伝えて売上に繋げる仕事。
顧客に対しプレゼンや商談方法など様々な対話力が問われる仕事です。

そんな営業は客先への外回りが主な働き方。
デスクワークと違って、終日外出することも多々ります。

つまり、外での仕事が多く営業も肉体労働の一つに分類できます。

営業職に転職したい方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代、30代の営業職専門の転職支援サービス。
営業経験者や未経験者の方でも経験豊富な専属コンサルタントが徹底サポートしてくれます。

『いい求人net』公式ホームページはこちら!
【いい求人netの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】期間工

メーカーの期間従業員として働く「期間工」

主に大手自動車や航空業界に務める労働者。
仕事内容は1日中現場に立ち生産ラインで作業を行います。

具体的な仕事は「プレス」「溶接」「塗装」など。
製品の上流工程から下流工程までモノを作る現場に携われます。

また製造未経験でも期間工の月収は26万円以上。
かつ満了慰労金、その他福利厚生もあり高待遇が見込めます。
(出典:期間工.jp「月収例について」

つまり、製造業で肉体労働でありながら高待遇の仕事に就きたい方におすすめです。

期間工関連の求人探しなら「期間工.jp」の利用が最もおすすめです。

トヨタや日産など大手メーカーの期間従業員求人に強みあり。
手当や寮費の充実だけでなく入社祝い金も進呈される業界No.1の内定者実績を誇ります。

\内定率89.9%超の業界No.1!/
『期間工.jp』公式ホームページはこちら!

【仕事3】警備員

工場現場や施設内の警備を行う「警備員」

決められた施設における警備を担当。
人や施設の財産を警備・警護する仕事になります。

警備員になるために特別なスキルや資格は不要です。
誰でも未経験から始められるため、おすすめの肉体労働です。

警備員の仕事探しなら「リクナビネクスト」の利用が最もおすすめです。

常時5万件を超える求人情報を掲載する転職サイト。。
転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気転職支援サービスです。

\利用者数No.1転職サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事4】施工管理

工事現場の工程管理を行う「施工管理」

主に建築現場での作業工程を管理する仕事。
全体の工程スケジュールや業務の内容など把握している必要があります。

発注者、受注者、技術者の3者をまとめる現場監督の役割も担います。

施工管理の仕事に興味がある方は最多求人数を誇る『リクルートエージェント』の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事5】トラック運転手

目的地まで荷物を運ぶ仕事が「トラック運転手」

荷物を指定した場所に届ける運輸業の一つ。
未経験から始められますが、中型・大型自動車免許を取る必要はあります。

とはいえ、業務内容は既定ルートに沿って輸送のみ。
特別なスキルは不要で、学歴不問の肉体労働になります。

トラック運転手の仕事探しなら「リクナビネクスト」の利用がおすすめです。

常時5万件を超える求人情報を掲載する転職サイト。。
転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気転職支援サービスです。

\利用者数No.1転職サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事6】造園職人

庭師・植木職人とも呼ばれる「造園職人」

木の刈り込みや植樹など行い庭園を手入れする仕事。
手入れすることで庭園の美しさを維持する仕事になります。

造園職人の1日の朝は早いです。
日照時間を有効活用すべく早朝から仕事が始まります。

特別な資格は不要でも客観的な評価を得るには「造園技能士」などの資格が準備されています。

関連記事:現場仕事(外仕事)の種類10選と特徴【不向きなら転職かITスキル習得を推奨】

【仕事7】左官

建物の壁等を塗り仕上げる「左官」

店舗内装の段階でこてを使って塗り仕上げる仕事。
壁塗り職人とも呼ばれ、高い技術力が求められる仕事になります。

壁を塗る技術だけでも多くの技法が存在する左官の仕事。
多様化する建築主のニーズに応える左官工法が用いられています。

関連記事:生き残る仕事・職業となくなる仕事ランキング50【今後生き残るために必要なのは創造力】

【仕事8】塗装工

構造物や建築物の塗装を行う「塗装工」

建築物の外部や内部に塗料を塗って美しく彩り、日光や雨、湿気、大気汚染などで傷んだり汚れたりするのを防ぎ、快適な室内空間となるように仕上げる。

関連記事:あまり知られていない職業18選【ニッチな仕事・特殊な仕事を紹介】

【仕事9】農業

1次産業の肉体労働といえば「農業」

土地を活用し有用な植物栽培、動物を飼養する産業。
日本人の食生活を支える重要な産業の一つに位置付けられます。

一昔前までは重労働で汚いというイメージの強かった仕事。
しかし今では「スマート農業」と呼ばれるほどテクノロジーの導入が加速。

つまり、体を酷使する肉体労働から徐々に働き方改革は進みつつあります。

「農業女子」と呼ばれるほど再注目の産業。
とはいえ農業人口は年々減少傾向にあり、人手不足が喫緊の課題です。
(出典:農水省「農業構造動態調査結果」

肉体労働に興味がある方や農業に興味がある方。
最新テクノロジーを駆使し農作業に取り組みたい方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:体を動かす仕事がしたい!おすすめ15選【女性にも人気の職種を目的別に紹介】

【仕事10】漁師

農業と同じく1次産業で肉体労働に該当する「漁師」

マグロ漁、秋刀魚漁、イカ漁など。
様々な海産物を捕獲したり、養殖し生計を立てる仕事。

そんな漁師も農業と同じく世間のイメージはネガティブ。
3K職場(きつい、汚い、危険)と思われがちなのは事実としてあります。

しかし、漁師への志願者は増加していると公表あり。
SNSや動画共有サービスを駆使しイメージ払しょくに乗り出しているようです。

また漁師の収入は、扱う漁業によって一攫千金も夢ではありません。

例えば、ホタテで有名な「猿払村」
先日テレビでも話題になりましたが平均年収は「813万円」

それもそのはず全国の自治体の中で3位の高さを誇ります。
(出典:AERA dot「東京じゃない!?年収ランキング3位は北海道の“村”だった」

一念発起して漁師になり、年収1000万円以上の高収入も夢ではありません。

関連記事:年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10【男女お金を稼げる職業とは】

肉体労働を選ぶメリット

ここまで肉体労働でおすすめの仕事を解説してきました。

仕事に悩む人

「おすすめは分かったけど、肉体労働を選ぶメリットは何?デメリットも合わせて教えてほしい!」

ここからは肉体労働に就くのが初めてという方に向けて。
肉体労働を選ぶメリットとデメリットについて解説していきます。

まずはメリットからまとめていきます。
(デメリットについてはこちらでまとめていきます。)

【メリット1】筋肉がつく(健康維持に繋がる)

まず1つ目のメリットが「筋肉がつく」

分かりやすいメリットですね。
筋肉がつくとはつまり健康維持にも繋がるということです。

実際、肉体労働の有無で骨格筋指数に有意性が男女とも示唆された研究があります。

つまり、肉体労働は筋肉がついて体格が良くなるということ。
ひいてはたんぱく摂取量も増えて、健康維持にも繋がる結果が明白です。

関連記事:仕事で体力が持たず精神的にも辛く転職を考える方に【苦痛からの解放】

【メリット2】仕事(成果物)を実感しやすい

2つ目のメリットが「仕事を実感しやすい」

仕事を実感しやすいとはどういうことか?
肉体労働と対比される「感情労働」について取り上げると分かりやすいです。

感情労働とは、相手(=顧客)に特定の精神状態を創り出すために、自分の感情を誘発したり、逆に抑圧したりすることを職務にする、精神と感情の 協調作業を基調とする労働である。

つまり「目に見えないものを扱う仕事」、それが感情労働。

非常に高度なスキルや経験が必要です。
相手に合わせて労務提供を柔軟に変える必要があるためマニュアルもありません。

一方、肉体労働は成果物が目に見えます。
製造業でも建設業でも「モノ」を作るために肉体を労務提供します。

作業する過程で成果物の達成状況が都度確認できます。
「目標の見える化」はやりがいやできた時の達成感をより増幅させます。

関連記事:手先が器用な人に向いてる仕事10選【おすすめ職種と強みを活かせる資格も紹介】

【メリット3】社会貢献性の高い仕事が多い

3つ目のメリットは「社会貢献性の高い仕事が多い」

社会貢献とは人々の暮らしを豊かにすること。
仕事を通して、人のため、生活の豊かさ向上を果たせるやりがいのある仕事です。

具体的にどんな社会貢献があるのか?
建設業の資料ですが、以下のように地域インフラの整備や地方創生などが挙げられます。

建設業だけでなく第一次産業の漁師や農業も同様です。
食料の生産者がいるからこそ、我々の暮らしは豊かになっています。

肉体労働で最もメリットを得られるのが、この社会貢献だと実感しています。

関連記事:人のためになる仕事がしたい!【人の役に立つ仕事ランキングTOP15】

肉体労働のリスクとデメリット

次に肉体労働のリスクとデメリットについてです。

先にも述べた通りでメリットよりデメリットの方が多いです。
なぜなら、肉体を提供し続ければ将来的な負債が蓄積されてしまうからです。

ここでは肉体労働の代表的なリスクとデメリットを5つまとめていきます。

【デメリット1】危険を伴う仕事が多い

まず1つ目のデメリットが「危険を伴う仕事が多い」

下図は全産業別の死傷者を示した表です。

【業種別 死傷者数】

最も多いのは「製造業」で「26,873人」
割合にして『21.4%』と5人に1人は製造の現場で死傷していることになります。

次いで「建設業(15,183人)」、「運輸業(15,382人)」
上記の結果の通り、上位に入るのはすべて肉体労働であることことが分かります。

つまり、肉体労働=危険を伴う仕事。
肉体を労働の対価として提供する仕事はリスクが高いことを意味します。

関連記事:【厳選】腰痛持ちに向いてる仕事8選!辛い腰痛でもできる仕事を見つけて転職

【デメリット2】労働寿命が短い

2つ目のデメリットが「労働寿命が短い」

肉体労働は非肉体労働に比べて、労働寿命が短いことが報告されています。

肉体労働に従事している人は、身体的な負荷の低い仕事に従事する人よりも労働寿命が短く、病気による欠勤や失業が増える可能性があるとする研究結果を、デンマーク国立労働環境研究センターのLars Andersen氏らが報告した。

具体的にどれくらい短くなるのか?
30歳男性で比較した場合、肉体労働に従事すると、

  • 労働寿命は2年短縮
  • 病欠期間は12カ月延長
  • 失業期間は8カ月延長

調査結果から上記のように考察されています。
ちなみに肉体労働には、建設作業、塗装、配管工事、清掃業や製造業などが含まれます。

つまり、肉体労働は寿命を短くする恐れがある仕事だといえます。

関連記事:【やりたくない仕事ランキングTOP12】したくない仕事への対処法も解説

【デメリット3】賃金は低くなりがち

さらに3つ目のデメリットが「賃金は低くなりがち」

以下図は産業別に年齢階級別の賃金を示したグラフになります。

20代前半では賃金に大きな差はみられません。
しかし、年齢を重ねるごとに産業別の賃金差は大きく拡大。

肉体労働の製造業はサービス業に次いで低い賃金推移を描いています。

一方、賃金が高い産業は金融業などのホワイトカラーと呼ばれる産業。
その平均賃金は「636.1千円」、製造業とは20万円以上もの差が生じています。

これほどの差が生じる背景には、働き方の大きな変革が隠されています。

「ブルーカラーが担ってきた『労働集約的』な仕事が重みを失い、ホワイトカラーが中心をなす『頭脳労働』的な仕事、すなわち知識労働がますます重要性を増してきた」

この言葉の通り、いまや頭脳労働が主流。
日本の産業でみても就業人口の約7割は「知識労働者」が占めています。
(出典:厚労省「産業構造、職業構造の推移」

つまり、肉体労働を続けても賃金は上がらず、将来性も期待できない仕事だということです。

関連記事:【悲劇】割に合わない仕事は人生の幸福度を下げる話【即転職を推奨】

【デメリット4】労働環境は決して良くはない

さらに4つ目のデメリットとして「労働環境は決して良くはない」

  • 死傷者が特に多いのは製造業などの肉体労働
  • 肉体を労働対価に提供し続ければ寿命も短縮
  • リスクが高い割にはホワイトカラーに比べて賃金が低い

上記の結果から肉体労働の労働環境は決して良いとはいえません。

さらに別の角度からも考察してみます。
高須クリニックの院長が以下のようなコメントをツイート。

真面目な医者は肉体労働者。
肉体労働はブラックに限りなく近く、平均寿命も短いと投稿しています。

つまり、肉体労働に含まれる産業カテゴリーの多くは労働環境が悪いことが明白です。

関連記事:会社がブラックすぎる体験談20選【ブラック企業へ入社を回避できる方法も紹介】

【デメリット5】男社会で上下関係が厳しい

そして5つ目のデメリットが「男社会で上下関係が厳しい」

「男性の仕事=肉体労働」
調査でも明らかの通り、体力を必要とする仕事は男の仕事というイメージが強いです。

【男性が向いていると思う職業】

実際、肉体労働の現場に女性労働者は少ないのが現状です。
(出典:総務省「労働力調査」

つまり、肉体労働の仕事は男社会が形成されやすい労働環境。
すなわち、男社会の特徴にもある「上下関係の厳しさ」を味わうことになります。

関連記事:【厳選】やばい会社の特徴12選!留まっても時間の無駄なので即転職を推奨

肉体労働の仕事に向いてる人の特徴5選

ここまでの情報を整理すると、

  • 肉体労働の定義と産業
  • 肉体労働を選ぶメリット
  • 肉体労働のリスクとデメリット

上記の結果から肉体労働の仕事に向いてる人の特徴5選は以下のようになります。

肉体労働の仕事に向いてる人の特徴5選

  1. 体を動かすのが好きな人
  2. 頭脳派より肉体派な人
  3. 目に見える成果物を扱いたい人
  4. 社会貢献性の高い仕事に就きたい人
  5. お金より公共性や人のためを重視したい人

まず第一に頭より体を動かすのが好きな人が向いています。

そして体を動かすだけでなく人の役に立ちたい!
鍛え上げた肉体を誰かのため、社会のために役立てたい!

そんな社会貢献性の高い人も肉体労働には向いているといえます。

関連記事:体を動かす仕事がしたい!おすすめ15選【女性にも人気の職種を目的別に紹介】

肉体労働の仕事に向いてない人の特徴3選

一方肉体労働の仕事に向いてない人の特徴3選は以下の通りです。

肉体労働の仕事に向いてない人の特徴3選

  1. 肉体より頭脳や感情を使った仕事に就きたい人
  2. 自分自身のスキルアップを重視したい人
  3. 賃金の高い仕事に就きたい人

向いてないと感じたら非肉体労働へ転職がおすすめ

上記1つでも向いてないと感じたら非肉体労働へ転職がおすすめです。

仕事には必ず向き不向きがあります。
仕事の種類なんて数多あり、肉体労働が全てではありません。

向かないと感じたら無理せず転職を選ぶのが賢明です。

なぜなら、無理しても得られるものはないから。
仕事に専念できず、結果大事故を引き起こす恐れもあります。

もし仕事選びに迷ったら転職のプロに相談しましょう。

転職のプロとは「転職エージェント」
餅は餅屋、という言葉の通りで転職は転職のプロに相談するのがおすすめです。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

将来のキャリア選択に迷った時の解決策

転職の前に将来のキャリア選択に迷った時の解決策があります。

それが「プロのキャリアコーチング」

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 自己分析のやり方に不安を覚える
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

将来のキャリアについて一人で悩んでも時間の無駄です。
なぜなら、解決策も分からないまま悩んでも答えは出ないから。

キャリアに迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:肉体労働に向かない人は頭脳か感情労働がおすすめ

肉体労働でおすすめの仕事と選ぶメリット・デメリットをまとめてきました。

改めて肉体労働の仕事をまとめると

肉体労働の仕事10選

  1. 営業
  2. 期間工
  3. 警備員
  4. 施工管理
  5. トラック運転手
  6. 造園職人
  7. 左官
  8. 塗装工
  9. 農業
  10. 漁師

肉体労働は外の作業場で行う仕事。
筋肉労働とも呼ばれる体を使った労働のことを指します。

もし肉体労働に向かない人は、頭脳か感情労働がおすすめです。

向かない仕事を続けても得られるメリットはありません。
仕事には必ず向き不向きがあって、無理する必要も一切ありません。

向かないと感じたら転職エージェントに相談しましょう。

あなたのキャリアや希望にそって的確に仕事を紹介してくれます。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

将来のキャリア選択に迷ったらプロによるキャリアコーチングサービスの利用がおすすめです。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選