【あなたも対象?】大企業リストラで悲惨な末路を辿らない為に今やるべき3つの事
落ち込む人

「大企業のリストラが止まらない・・・さらに、コロナの影響もあって給料カットや人員の配置転換など年代問わず影響を受けてる。リストラで悲惨な末路を辿らないために今できることって何?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「大企業勤務でリストラにあうかもしれないと不安な方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 大企業でリストラ&希望・早期退職者募集の嵐!
  2. なぜ企業はリストラに踏み切るのか?理由を解説
  3. しかし優秀な人材は退職の引き留めにあう可能性大
  4. 大企業リストラで悲惨な末路を辿らない為にやるべき3つの事

2019年以降、大企業のリストラが増加。
さらに2020年にはコロナの影響も重なり、大企業の終身雇用神話はほぼ崩壊したと言っても過言ではありません。

大企業リストラで悲惨な末路を辿らない為に、今できることは何なのか?

大企業勤務の方や今後大企業の入社を目指す方に向けて取り組むべきことを詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

当ブログ管理人も従業員1万人以上の大企業に転職した30代です。大企業勤務ですが毎日危機感を持って過ごしています。それは“大企業だから生活は安泰”という時代ではもはやないから。これからは『個人の時代』です。今やれることに注力しましょう。」

何が起きてる?大企業でリストラ&希望・早期退職者募集の嵐!

はじめに大企業でリストラ&希望・早期退職者募集の状況についてまとめていきます。

まず、2020年10月に東京商工リサーチより公表された上場企業の「早期・希望退職者募集状況」を見てみると、

2020年10月29日までの募集企業は「72社」
2019年通年(35件)の2倍増と急増してしまっています。

募集人数も「14,095人」で2019年通年(11,351人)をすでに上回り過去最多を更新。

なぜ、これほどまで大規模リストラが決行されてしまったのか?
そして、今回のリストラは一過性ではなく今後も継続的に行われてしまうのか?

45歳以上のシニア社員を対象にした「黒字リストラ」が急増

2019年に決行されたリストラの「対象年齢」を見てみると目立つのが「45歳以上」

富士通、成長に向けたリソースシフト実施に伴う45歳以上の早期退職2,850名募集

コカ・コーラ、45歳以上の正社員を対象にグループで希望退職700名募集

日ハム、45歳以上の社員を対象に早期退職200名募集

まだまだ上場企業によるリリースはあります。
上記はほんの一例ですが、リリースする上場企業の多くには共通点があります。

それは、

2019年に早期・希望退職を実施した上場企業35社のうち、最終損益が黒字だった企業が約6割を占めた。これらの企業の削減人員数は中高年を中心に計9千人超と18年の約3倍に増えた。

2019年直近の決算が赤字ではなく黒字であるということ。
業績悪化によるリストラではなく「黒字リストラ」が急増しています。

つまり、45歳以上の正社員(シニア社員)が狙い撃ちされているということです。

関連記事:なぜまともな人から辞めていくのか?【有能な人ほど退職する本当の理由】

コロナの影響で2020年以降もリストラは加速

リストラは2019年だけでは留まりません。

東京商工リサーチは、2020年1月時点に同年以降すでに9社のリストラ実施が判明。
これらの企業も決算は赤字ではなく業績堅調な業界大手が多くを占めています。

さらにコロナの影響も加わって2020年以降もリストラは加速度的に増加しています。

中でも話題は航空業界で特に取り上げられているのが「ANA」
ANAのリストラ策がメディアで取り沙汰され、主な報道内容というのが、

・冬季賞与の支給見送り
・一般社員(約15,000人)の基本給削減
・今後はグループ傘下の他企業従業員(約33,000人)へも適用を検討
・希望退職に応じる従業員への割増金の増額
・無給で休職できる制度を新設(理由を問わず最大2年間)

ANAだけではありません。
コロナによる影響は今後2020年以降も避けられない状況です。

関連記事:地方・田舎に仕事がないのは本当?【転職先の探し方とおすすめの働き方】

40代以上でリストラ。。その後の末路は悲惨以外の何物でもない

もし、40代以上でリストラにあうとどうなるのか?
その後の末路は悲惨以外の何物でもないことがデータから明らかとなっています。

以下、企業が中途採用した年代別の採用状況を示したエビデンスがあります。

「正社員として雇用した実績がある」の結果を見てみると一目瞭然。

30代までは積極採用を行うものの40代以上は右肩下がり。
50代に至っては、30代と比較して『48.9pt』もの差がひらいてしまっています。

中途採用で40代以上の世代を採用した理由も明らかとなっており、

最も多い理由は「豊富な経験」
どの年代においても『40%』を超える理由となっています。

つまり、年齢に応じた豊富な経験や専門性の高さがシニア世代には求められているということです。

言い換えるなら、経験もスキルもない40代以上がリストラにあうと、悲惨な末路が待っているのは言うまでもありません。

関連記事:【悲報】仕事がどうでもいいからと適当にした人間の末路【必ず対策を】

なぜ企業はリストラに踏み切るのか?理由を解説

・45歳以上のリストラ拡大
・コロナによる影響拡大

大企業では今大規模リストラが進んでいます。

では、なぜ企業はリストラに踏み切るのか?
理由は大きく分けると「人件費圧縮」と「企業の構造改革」が挙げられます。

【理由1】人件費圧縮(多くは赤字リストラ)

巨額赤字を計上した日産自動車。
その代償は従業員の大リストラ計画である「人件費の圧縮」

このように企業が赤字を計上すると真っ先にテコ入れされやすいのが「人員削減」

なぜなら、人件費が最も厄介な固定費だからです。
変動費と違い固定費は、いつ何時でも一定額費用計上されます。

しかも基本的に給料は上がり続けます。
それは、春季労使交渉が毎年行われている通り、賃上げのベースアップが求められるためです。

関連記事:業務量は増えても給料が上がらない不思議【原因と根本的な解決行動】

【理由2】企業の構造改革(黒字でもリストラ決行)

リストラが起こる理由の多くは赤字の場合。
しかし、黒字でもリストラを決行するケースがあります。

その多くが、「企業の構造改革」

・賃金の高い45歳以上のシニア世代
・経験もスキルもない貢献度の低い社員

上記従業員の代わりに、

・20代、30代の若い世代
・今後の成長戦略を見据えた人材確保

企業内のリフレッシュ化を図るべく構造改革という名のリストラが行われます。

関連記事:経理は将来なくなる仕事?【将来性とAIに代替されないキャリアとは】
関連記事:これから伸びる将来有望の業界3選【2020年以降の転職に向けて】

しかし優秀な人材は退職の引き留めにあう可能性大

企業の赤字解消や構造改革の推進によってリストラ計画が決行。
希望退職者の募集が始まり、応募しようか迷っているあなた。

本当に希望通り退職できると思いますか?
実は優秀な人材は退職の引き留めにあう実態が存在します。

評価が高く優秀な社員には、今後も期待している旨を伝え、残ることを強く要請することになりますが、能力・意欲面で配置困難な社員や役職・職務などポストの関係で配置困難な社員は、希望退職制度に応募するように面談を行うことになります。

つまり、上司が面談によって希望退職の応募者をコントロールするケースもあります。

優秀な人材ほど企業の兆候に気づきます。
希望退職募集を計画してしまえば優秀な人材の流出は避けられません。

そこで、優秀な人材は残留し、退職して欲しい社員に対して執拗に応募を促すというもの。

今後生き残るために重要なのは、企業が求める人材となれるかどうか。
そして、企業に依存しない「個人スキル」を伸ばせるかどうかが重要になっていきます。

関連記事:退職引き止めがしつこい!その理由と違法性【残留判断は1つだけでOK】

大企業リストラで悲惨な末路を辿らない為にやるべき3つの事

仕事に悩む人

「リストラに何かあいたくない!どうすれば回避できる?今のうちに取組める対策は?」

ここからは大企業リストラで悲惨な末路を辿らない為にやるべき3つの事を解説していきます。

【行動1】副業でスキルアップを図る

まずは副業でスキルアップを図りましょう。

幸か不幸か大企業の副業解禁が加速しています。
特に目立つのは副業解禁に合わせて、週休3日もしくは4日で働けるという制度がスタート。

つまり、働き方の転換点に差し掛かっていると言っても過言ではありません。

休みが増える分、当然給料は下がります。
生活苦で生活水準を下げなければいけない社員も増えることでしょう。

そんな中、企業に今まで通りしがみついてはこの先路頭に迷うだけ。
終いにはリストラにあい、40代以降で行き場を失い悲惨な末路を歩むことに。

悲惨な状況を回避するためにも今から副業に専念しましょう。
今では多くの副業が存在しますが、中でもおすすめは「フリーランスエンジニア」

平均年収はなんと「862万円」
エンジニア経験後フリーランスに転身する人も多いほど人気の副業です。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただ、エンジニア未経験の方であればプログラミングスクールを検討されるのがおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【行動2】転職活動から情報をアップデート

次に転職活動から情報をアップデートさせましょう。

ここでの転職活動の目的は「情報収集」
いつ、何時、リストラの嵐が起こるか分かりません。

常にアンテナ張って情報を仕入れ備えておくことが大切です。

また、副業解禁していない企業に務めている方は副業OKの会社に転職しておくのも吉です。

情報収集の手段で最も効率的かつ有益なのが「転職エージェント」
転職のプロによる先の転職市況や業界ごとの分析も無料で教えてくれます。

希望に沿った求人情報も的確に紹介してくれるため、転職を本格的に始めない方でも登録しておくと心強いです

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【行動3】自身の市場価値を客観的に把握

さらに自身の市場価値を客観的に把握しましょう。

今現在のスキルや経験は何に活かせるのか?
どんな企業からオファーを受け取ることが出来るのか?

など「キャリアの現在位置の把握」はこの先のステップアップのためにも重要です。

そのための市場価値の指標を簡単に確認することのできるアプリがあります。
それが個人ユーザー44万人以上が利用する転職サービス診断アプリの「ミイダス


『ミイダス』は、あなたの経歴や今まで培ってきた経験、スキルと7万人の転職データを元に市場価値(想定年収と求人数)をデータ分析。より自分自身にマッチした求人オファーを受け取ることができ、かつ企業からの直接オファーも届く市場価値診断アプリとなっています。

無料登録後、簡単にあなたの市場価値を確認することが出来ます。
調べることで自信になり、今後の転職活動の有効なツールとして役立ちます。

『ミイダス』であなたの市場価値を無料で確認したい方はコチラ!
【ミイダスの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

まとめ:早期の対策から大企業リストラを回避

大企業リストラで悲惨な末路を辿らない為に今やるべき3つの事について情報をまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・2019年に黒字リストラが急増
・45歳以上のシニア世代をリストラし構造改革を推進
・さらに2020年以降はコロナの影響でリストラが加速
・しかし優秀な人材は退職希望しても引き留めにあう
・つまり企業が求める人材および個人スキルの向上がカギ

以前にも増してリストラの嵐が吹き荒れています。

特に影響を受けているのが「45歳以上」
経験もスキルもないただ年齢を重ねた社員がターゲットとなっています。

一方、優秀な人材は引き留めにあう事実もあります。

つまり、今からできるリストラ回避策は十分にあります。
副業OKの会社に転職するなど情報収集から転職市況を見極め、求人の紹介を受けましょう

行動しなければ何も変わりません。
スキルなく時間だけが過ぎれば、いつの間にか肩を叩かれているかもしれません。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)