視覚優位の人に向いてる仕事10選【特徴と聴覚優位の比較から適職を分析】
仕事に悩む人

「視覚優位との結果が出たけど、向いてる仕事は何?仕事選びで意識すべきこともあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「視覚優位の人に向いてる仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 視覚優位の特徴から適職を分析
  2. 視覚優位の人に向いてる仕事10選
  3. 視覚優位の人が意識すべき仕事の選び方
  4. 視覚優位の人に向いてない仕事の特徴3選

当ブログ管理人も「視覚優位」の人間。
NLP VAKタイプ分けテストの結果より)

視覚優位はいわば脳の特性の一つ。
優位性を無視して向かない仕事を選べば悲しい顛末が待っています。

視覚優位の人に向いてる仕事を特徴と聴覚優位の比較から分析していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「視覚優位の人に向いてない仕事の特徴についてもまとめていきます。今まさに仕事選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

視覚優位の特徴から適職を分析

はじめに視覚優位の特徴から適職を分析していきます。

まず、想像してみてください。
赤ちゃんが生まれた時、あなたは何を思い浮かべますか?

赤ちゃんの泣き声などの「音」なのか。
それとも泣いてる赤ちゃんの顔などの「映像」なのか。

この違いによって、あなたの優位感覚を判断できます。
優位感覚は、以下3つのタイプ(頭文字をとってVAKタイプ)に分けられます。

  • 視覚優位(Visual)…視覚からの情報収集・理解を得意とする
  • 聴覚優位(Auditory)…聴覚からの情報収集・理解を得意とする
  • 体感覚優位(Kinesthetic)…体感したり、行動したりすることからの情報の収集・理解を得意とする

特に認知機能では、視覚と聴覚の役割が大きく関連しているといいます。
(出典:映像情報メディア学会誌「わかるように伝えるために」

その「視覚優位」と「聴覚優位」の特徴を比較すると以下のようになります。

「視覚優位」の特徴「聴覚優位」の特徴
・空間認知が得意、何かを図で認知するのが得意
・人の顔を覚えるのが得意
・絵、写真、グラフ、動画など視覚的に示された物を理解しやすい
・ざっと見ただけで、全体の関係性を理解できる
・漢字を部首で覚える、漢字を似た字と間違えて書いてしまう
・言語ではなく映像を使って思考する(映像思考)
・言葉で伝えるのが苦手
・口頭指示の理解が得意
・音楽を聴いているとすぐに歌詞を覚える
・時間を追って、段階的に理解するのが得意
・全体よりも細かいことに関心を示す
・顔と名前が一致しない
・人の顔を認知できないため、コミュニケーションが苦手
・読みが同じ漢字と間違える
・BGMを聴いてしまい集中できない、音楽を聴きながら勉強できない

(出典:兵庫県立教育研修所「視覚優位?聴覚優位?」

これらの分析から視覚優位を活かせる適職は以下のようになります。

  • 目から入力し手で出力する仕事
  • 目で見て確認しながら進められる仕事
  • 1つのことに集中できる環境が揃う仕事

これらに合致した視覚優位の人に向いてる仕事を次章にまとめていきます!

視覚優位の人に向いてる仕事10選

ここから視覚優位の人に向いてる仕事10選をまとめていきます!

分析の結果から向いてる仕事は以下の通りとなります。
これら視覚優位の人に向いてる仕事の内容や特徴を順番に解説していきます。

視覚優位の人に向いてる仕事10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. 研究員
  5. Webマーケター
  6. 製造系エンジニア
  7. ゲームクリエイター
  8. Webライター
  9. 動画クリエイター
  10. ブロガー

【仕事1】ITエンジニア

まず1つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

ITエンジニア転職を実現したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のエージェントサービス。
IT業界出身のコンサルタントが求職者のニーズにマッチした転職を提案します。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事2】Webデザイナー

次に2つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転職したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事3】経理

3つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「経理」

管理部門の中でも数字・会計のエキスパート。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【仕事4】研究員

4つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「研究員」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

大学院卒の方で研究員への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」の利用が最もおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)
研究員向けの転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

院卒以外の方であれば転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

【仕事5】Webマーケター

5つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
Webメディアを活用しプロモーション戦略からブランディング構築まで担います。

そんなWebマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事6】製造系エンジニア

6つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「製造系エンジニア」

「ものづくりエンジニア」とも呼ばれる仕事。
具体的には自動車や半導体、IoTなど製造業に携わるエンジニアになります。

職種は生産技術や生産管理などの技術職が主。
高い技術力とやり遂げる責任感が人材には求められます。

技術経験者で製造系エンジニアへの転職希望なら「メイテックネクスト」の利用が最もおすすめです。

製造系エンジニアの転職サポート実績No.1。
求人情報は常時10,000件を超え大手企業からベンチャーまで幅広く扱う転職支援サービスです。

【仕事7】ゲームクリエイター

7つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「ゲームクリエイター」

ゲームクリエイターとは主に以下の職種を指します。
「ゲームエンジニア」「ゲームプランナー」「シナリオライター」「サウンドクリエイター」

ゲームクリエイターに転職したい方は「シリコンスタジオエージェント」の利用がおすすめです。

ゲーム会社の仕事数は2,000件以上と業界最多クラス。
業界最強のマッチング力で未経験でも転職支援を行うおすすめのエージェントサービスです。

【仕事8】Webライター

8つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

WebライターもWebデザイナーと同じくクリエイティブ職。
高い集中力と最後までやり遂げる粘り強さが素質として求められます。

また発注者との取引はすべてオンライン完結。
評価が上がって、報酬単価が上がれば会社員の年収以上の収入も実現可能です。

完全未経験からでも始められるのが特におすすめです。
Webライターの仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

しかし完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのためにWebビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事9】動画クリエイター

9つ目の視覚優位の人に向いてる仕事が「動画クリエイター」

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な仕事です。

代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は今後も需要が高まる仕事の一つ。
動画編集の仕事探しならフルリモート案件のみを扱う「ReWorks(リワークス)」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題の未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』にまずは無料で体験する
【公式ホームページ:https://shelikes.jp

【仕事10】ブロガー

そして最後に視覚優位の人に向いてる仕事が「ブロガー」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅で、外出することなく一人で仕事を完結させられます。

つまり、1日のスケジュールも自由に設計できる仕事になります。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は1,000万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能。
ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、自由とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログを1年継続する確率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるから。
(出典:総務省「ブログの実態に関する調査研究」

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

視覚優位の人が意識すべき仕事の選び方

ここまで視覚優位の人に向いてる仕事を解説してきました。

仕事に悩む人

「向いてる仕事は分かったけど、どうやって選べばいいの?仕事選びで意識すべきことはあるのかな?」

「感覚特性」は生まれ持った「脳の特性」
適した環境に身を置かなければ本来の力は発揮できません。

つまり、個々人の特性を把握し適切な環境を選ぶことが何より重要だといえます。
(出典:立教大学「五感の個性から人を理解する」

では視覚優位の人はどのように仕事を選べばいいのか?
視覚優位の人が意識すべき仕事の選び方についてまとめていきます。

【選び方1】得意不得意の特性を把握する

まず1つ目が「得意不得意の特性を把握する」

VAKタイプでも示される通り、処理しやすい情報は異なります。
(出典:高知県スクールカウンセラー「“学び方のクセ”について考える」

つまり、学び方にしても覚え方にしても「クセ(特性)」が必ず存在するということ。

まずは自分自身の特性を把握することを優先すべきです。
なぜなら、まったくクセとは異なる処理を行う環境では本領を発揮できないから。

それら得意不得意を把握するのに有効な手段が「自己分析」

  • 仕事の向き不向きが分からない
  • 強みや弱みが客観的に把握できない
  • 将来どんなキャリアを歩めばいいか迷っている

自己分析とは己の強みや得意を理解すること。
強みが分かれば、向いてる仕事や将来のキャリア形成も自ずとみえてきます。

ただ自己分析のやり方に不安を覚える方は多いです。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

ではどうすればいいのか?
自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることは多々あります。

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【選び方2】苦手なことは最初から避ける

次に2つ目が「苦手なことは最初から避ける」

視覚優位群と聴覚優位群は対象との距離が遠い感覚・知覚が優位であることから、ストレス場面や問題場面において問題から距離をとり、何が起きたのかという事実を客観的に理解しやすい特性を持っていると考えられる。

つまり、ストレス場面からは距離をとるのが有効。
適切な職場選択、環境設計が高パフォーマンスの源泉となります。

そして職業選択で有効な手段が「転職エージェントの利用」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【選び方3】違和感を放置せず誰かに相談する

そして「違和感を放置せず誰かに相談する」

視覚優位はASDなどの発達障害であることが示唆されています。
(出典:精神科治療学「自閉症スペクトラムにみられる「視覚優位」」

また自閉症の認知機能には以下のように偏りがあります。

  • 視覚優位:教科書や資料の理解は問題なく、小テストではいい点数が取れるが、ディスカッションになるとついていけない。
  • 聴覚優位:本に書いてあったことは理解できなかったり理解するのに時間がかかったりするが、先生に直接質問して教えてもらえれば理解できる。

「周りができてることが自分にはできない。」
些細な違和感が、将来のキャリアを築くうえで重要だといえます。

関連記事:言語性IQが高い人に向いてる適職12選【動作性IQとの違いや特性から分析】

視覚優位の人に向いてない仕事の特徴3選

仕事には必ず向き不向きがあります。
向かない仕事も把握することで適切な環境は選びやすくなります。

どんな仕事が視覚優位の人には向かないのか?
具体的に視覚優位の人に向いてない仕事の特徴を解説していきます。

【特徴1】視覚情報が多く騒がしい仕事

まず1つ目の特徴が「視覚情報が多く騒がしい仕事」

視覚優位の人は人より視覚情報を多く取り入れる特性があります。
そのため、情報が多い雑然とした騒がしい場所や光に敏感で疲れてしまいます。
(出典:第3回管理監督者メンタルヘルス講座「ひょっとして発達凸凹」

つまり、視覚に入る情報の多い場所は避けるのが無難です。

視覚情報が多く騒がしい仕事は以下の通り。
視覚優位な人にとってこれら仕事の選択は避けるのが無難です。

視覚情報が多く騒がしい仕事

  • 警備員
  • 期間工
  • 建築作業員

関連記事:現場仕事(外仕事)の種類10選と特徴【不向きなら転職かITスキル習得を推奨】

【特徴2】コミュニケーションを生業とする仕事

次に2つ目の特徴が「コミュニケーションを生業とする仕事」

コミュニケーションを生業とする仕事は以下の通り。
視覚優位な人にとってこれら仕事の選択は避けるのが無難です。

コミュニケーションを生業とする仕事

  • 営業
  • 接客・販売
  • お笑い芸人

関連記事:接客業に疲れた?なら接客業以外の仕事に就くべき理由とおすすめの職種12選

【特徴3】自由度が低くペースを乱される仕事

そして3つ目の特徴が「自由度が低くペースを乱される仕事」

自由度が低くペースを乱される仕事は以下の通り。
視覚優位な人にとってこれら仕事の選択は避けるのが無難です。

自由度が低くペースを乱される仕事

  • 保育士
  • 教師・教育者
  • 看護師・介護士

関連記事:マイペースな人に向いてる仕事12選【自分のペースでできる仕事・職種に転職】

まとめ:視覚優位の人に向いてる仕事を特徴と聴覚優位の比較から分析

視覚優位の人に向いてる仕事を特徴と聴覚優位の比較から分析してきました。

改めて視覚優位の人に向いてる仕事をまとめると、

視覚優位の人に向いてる仕事10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. 研究員
  5. Webマーケター
  6. 製造系エンジニア
  7. ゲームクリエイター
  8. Webライター
  9. 動画クリエイター
  10. ブロガー

仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選