なぜADHDは天才病と呼ばれるのか?【成功者多数の理由と適職12選】
仕事に悩む人

「ADHDが天才?なんで天才病なんて呼ばれるの?有名人の公表も多いしADHDが天才病と呼ばれる理由と特徴を活かした適職を知りたい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ADHD持ちで仕事選びに迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. ADHDが天才病と呼ばれる理由
  2. ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点
  3. ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選
  4. ADHDの短所から避けるべき仕事の特徴
  5. ADHDが天才として生きるための対処法

「異脳の人」

ADHDなど発達障害を持つ人を指します。
歴史上の偉人達には、精神疾患の傾向があるとデータで明らかに。
(出典:文藝春秋「天才と発達障害」

ではなぜADHDは天才病と呼ばれるのか?

その理由とADHDの特徴や強みを活かせる適職についても詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点についてもまとめていきます。今まさにADHDは天才病ともいわれ、仕事選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

本記事のポイント(ADHDは天才病?)

結論からいうと、「ADHD=天才病」

凡人には真似できない拡散的思考。
生まれ持った先天的な特性こそADHDが天才病と呼ばれる所以です。

しかし、強みを活かせない環境では社会不適合になりがち。

短所の克服ではなく長所の伸展がADHDにとっての最適解。
そのためにも強みの客観的な把握(自己分析)が重要だといえます。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえます。
一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

ADHDが天才病と呼ばれる理由

天才とは「生まれつき備わっている、並み外れてすぐれた才能」
つまり後天性ではなく先天性の、努力ではかなわない脳の偏りともいえます。

ADHDも先天性の障害と考えられています。
従って、結論「ADHD=天才病」と見ることも可能になります。

とはいえ、なぜADHDが天才病と呼ばれるのか?
本記事にたどり着いたあなたは気になっているかと思います。

具体的な理由について、順を追って解説していきます。

  • 【理由1】個性が強く創造性に富むから
  • 【理由2】関心ごとには強い集中力を発揮するから
  • 【理由3】IQベースでみると平均より高い人が多いから

【理由1】個性が強く創造性に富むから

まず1つ目の理由が「個性が強く創造性に富むから」

ADHDを含む発達障害には、脳機能に偏りがあるとされています。
(出典:NHK「そもそも「発達障害」って?」

そのため、日常生活に様々な困難をきたします。
一方で、得意なこと・苦手なことの差が大きい特徴もみられます。

どんな特徴か?一つ、ADHDにみられる特有の悩みをご紹介します。

小さい頃から親や親戚に「置物のような子」と言われていたほどおとなしい子だった。勉強が得意で成績は良いものの、宿題は忘れるし授業中の居眠りも多い。宿題を真面目にやって授業態度も良い生徒の中には「なぜ三浦さんはあんなに授業態度が悪いのに通知表に5がつくんですか?」と教師に尋ねる者もいた。

成績は優秀、でも授業態度は悪い。
この極端な特性こそ、脳機能の偏りでありADHDの特徴といえます。

ではなぜ、脳機能に偏りが出るのでしょうか。
最近の研究で「マインドワンダリング」と関連が深いとされています。

マインドワンダリング(MW)とは一言でいえば「さまよう思考」
目の前の課題から意識が逸れて、課題とは関係ない思考をする状態を指します。

この多様なアイデアを生み出す拡散的思考こそ創造性を引き出す根源。
実際、MWで思考がさまようことで創造的問題解決は促進されると考えられています。
(出典:信州心理臨床紀要「マインドワンダリングが創造的問題解決に及ぼす影響」

つまり、ADHDは後天的な創造性に富む思考の持ち主。
個性が強く、社会に馴染めないのは「真の天才」だからともいえそうです。

関連記事:一点集中型の人に向いてる適職10選【求人の探し方と向いてない仕事も解説】

【理由2】関心ごとには強い集中力を発揮するから

2つ目の理由が「関心ごとには強い集中力を発揮するから」

ADHD(発達障害)の特性はMWだけではありません。
強い集中力を発揮する「過剰な集中(過集中)」も報告されています。

ADHD傾向のある人の中には、普段は不注意が目立つが大事な時にものすごい集中力を発揮したり、多動性が「高い活動性、積極性」として評価されたり、衝動性が「優れた決断力、発想力」として認められたりすることもあり、その傾向がうまく生かされて社会の中で活躍している人もいると考えられています。

過集中とは、興味のあることについて過剰に集中すること。
その結果、強力なアウトプットと最後までやり抜くコミット力に優れます。
(出典:日本学生支援機構「合理的配慮ハンドブック」

実際、ADHDの人の実体験をみても並み外れた集中力を発揮しています。

「僕も、本の中には「睡眠と休養が大事だ」と書いておきながら、過集中に入ると、5日間くらい連続徹夜で仕事をしてしまうことがあります。この前、パソコンのモニターが3Dに見えてきて驚きました……。僕は一度過集中が切れると2~3日動けなくなることがあるので、それが怖くて一旦過集中に入れたら、「どうせなら倒れるまでやるぞ」とやってしまうんですよね……。」

5日連続徹夜で、過集中が切れれば2~3日は動けない。
凡人には到底真似できない芸当であり、ADHD最大の特徴ともいえます。

この過集中を活かしアーティストに転身したADHDの方もいるほどです。
(出典:リクルート進学総研「葉っぱ切り絵アーティスト」

つまり、興味のある事柄を見つけたADHDは強いということ。
強みを理解し活かせる環境に身をおくことで、ADHDの天才的な才能は発揮されるといえそうです。

関連記事:【ADHDの天職】ADHDで転職はやめとけ!その理由と向いてる仕事の見つけ方

【理由3】IQベースでみると平均より高い人が多いから

そして3つ目の理由が「IQベースでみると平均より高い人が多いから」

ADHDをはじめ発達障害は高学歴が多い。
IQベースでみても平均より高いことが報告されています。

今外来に来られているADHDやASDの方々には、知的能力の高い方が多いのですよ。我々はWAIS-Ⅳなどの知能検査を使ってテストをするのですが、IQベースで見ても平均よりも高い方が多い。また、大部分の方が4年制大学を出ています。有名大学を卒業している方も多数います。

またIQの高さだけでなく職務にも特徴がみられます。
それは発達障害者の中にはレベルの高い職務に就く者が多いということ。
(出典:日本労働研究雑誌「発達障害者の就労上の困難性と具体的対策」

職務の多くは「一人で行う専門職」
つまり、ADHDの強みを活かす仕事選びが何より重要。

ADHDの適職に就くことが、天才的能力を開花させるきっかけになるといえます。

関連記事:「高学歴なのに仕事できない」は間違った思考【使えない理由と活躍できる環境を提案】

ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点

ここまでADHDが天才病と呼ばれる理由を解説してきました。

ADHDと天才病の情報をまとめると、

  • 発達障害(ADHD)は脳機能の発達の偏りによる障害
  • ADHDの特性は「マインドワンダリング」と「過集中」
  • 並み外れた創造性と集中力は天才的な才能を発揮する

凡人には真似できない拡散的思考。
生まれ持った先天的な特性こそADHDが天才病と呼ばれる所以です。

ただ一方で、その偏りからADHDは社会不適合と感じる人も少なくありません。

実際、ADHD向けに心理社会的治療が行われているのも事実。
(出典:心身医「注意欠如・多動症(ADHD)特性の理解」

どうすればADHDの天才的能力を発揮できるのか。
下記ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点があります。

それは「自分の長所も短所も理解しているということ」
ADHDであることを受け入れ、特性を把握している点が共通してみられます。

ADHDの長所・短所を理解することが何より重要

ADHDを公表した栗原類氏は、自身のことを以下のように語っています。

自分で管理していくことを無理に進めるのではなく、できるだけ頑張りつつ、家族やマネージャーなど周囲の身近な人につねにモニタリングしてもらっています。周囲の人にきっちりチェックしてもらうことで、一定のパフォーマンスは保てるし、自分の力を最大限に発揮できる環境が整います。

「自分の力を最大限に発揮できる環境」
そのためにもADHDの長所・短所を理解することが何より重要です。

理解できなければ長所を活かすことは不可能。
なぜなら、短所が目立ちパフォーマンスは保てなくなるから。

不得意なことを理解しているから周囲の協力も得られます。
社会生活でも特性を理解することで、十分活躍することは可能です。
(出典:たわらクリニック「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」

つまり、強みを発揮できる環境を自ら選択するということ。
細部まで自己分析できている点が、ADHD成功者の共通点といえます。

関連記事:【適応障害の天職】もう仕事の人間関係で苦しまない適応障害に向いてる働き方

長所(強み)を客観的に把握する有効な手段

とはいえ、強みを発揮できる環境を選ぶのは至難の業。
そもそも長所・短所が何なのか?自己分析しておく必要があります。

そこで長所(強み)を客観的に把握する有効な手段があります。

その方法というのが「キャリアコーチング」
己の強み・弱みを客観的に評価するプロのコーチングになります。

自己分析に迷ったら、まず気軽に相談をおすすめします。
なぜなら、一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あるから

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

ADHDの成功者に多くみられる職業は「起業家」

自己分析から強みも弱みも客観的に把握。
では、強みを最大限発揮できるADHDに適した職業は何なのでしょうか。

そのADHDの成功者に多くみられる職業は「起業家」になります。
実際、米国の調査で起業家にADHDは多いことが研究から報告されています。


Lifetime prevalence of mental health conditions among entrepreneurs (entrepreneurs, E: n=242 and comparison group participants, C: n=93)

上図の通り、10人中3人はADHDであることが分かります。
グループ比較でも、特にADHDの差(29%vs5%)は大きくなっています。

またドイツの研究でもADHDに向いてる職業は「起業家」
アイデアや決断力が必要な起業家のような仕事は向いていると結論づけています。

日本の研究を確認してもADHDと起業家の関連性が報告されています。
それが「衝動性のうち機能的衝動性は起業家的な行動と正の関係を有する」
(出典:日本ベンチャー学会誌「発達障害とアントレプレナーシップ」

ただ間違っていけないのは「ADHDだから起業で成功する」わけではないということ。

あくまで統計的に起業家にはADHDが多かったという話。
そして、起業するにもどんな強みを活かせるか?理解が必要です。

つまり、ADHDの特性を活かせる選択肢の一つが起業だということ。
自己分析からパフォーマンスを発揮できる環境を選択していく必要があるといえます。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選

ADHDの強みを活かせる向いてる職業は「起業家」

ただ簡単に起業家になれるほど甘くはありません。
起業以外の選択肢で、ADHDの強みを活かせる仕事は何か?

研究結果も参考にADHDの特徴や強みを活かせる適職12選が以下のようになります。

ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 製造系エンジニア
  4. 経理
  5. 研究者
  6. プログラマー
  7. ゲームシナリオライター
  8. フリーランスエンジニア
  9. フリーランスデザイナー
  10. Webライター
  11. 動画編集
  12. ブロガー

順番に仕事の内容やADHDに向いてる理由について解説していきます。

※本記事で紹介するADHDの特徴や強みを活かせる適職の雇用形態は、1~8が「会社員」、それ以外は「フリーランス」を想定しています。

【適職1】ITエンジニア

システム・アプリ開発を担う「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う専門職。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

すなわちITエンジニアは、重要な産業に携わる需要の高い必要不可欠な人材だといえます。

さらにエンジニアは完全実力主義の世界。
学歴関係なく、スキルさえあれば活躍できる仕事です。
(出典:日経クロステック「スキルレベルの学歴差は小さい」

つまり、ADHDの人に相応しい適職といえます。
一つのことに集中できる仕事を選ぶなら、まずはITエンジニアを目指すとよいでしょう。

開発経験者でITエンジニアとしてキャリアアップしたい方はIT・Web業界に強い転職エージェント「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のエージェントサービス。
IT業界出身のコンサルタントが求職者のニーズにマッチした転職を提案します。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【適職2】Webデザイナー

デザインスキルと感性を活かせる「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

Webデザイナーもエンジニアと同じく実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

つまり、専門職かつ過集中を活かせる仕事だということ。
クリエイティブ職で食べていきたいADHDの方におすすめの適職です。

Webデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【適職3】製造系エンジニア

モノづくりの開発に携わる「製造系エンジニア」

「ものづくりエンジニア」とも呼ばれる仕事。
具体的には自動車や半導体、IoTなど製造業を主とした業界に携わります。

職種は生産技術や生産管理などの技術職が主。
高い技術力とやり遂げる責任感が人材には求められます。

つまり、高いコミット力を持つADHDには適職といえる仕事。
細かな技術が求められ、繊細かつクリエイティブな素質も求められます。

技術経験者で製造系エンジニアへの転職希望なら「メイテックネクスト」の利用が最もおすすめです。

製造系エンジニアの転職サポート実績No.1。
求人情報は常時10,000件を超え大手企業からベンチャーまで幅広く扱う転職支援サービスです。

【適職4】経理

会社の決算業務に携わる「経理」

管理部門の中でも数字・会計のスペシャリスト。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

そんな経理に求められるのは強力なコミット力。
最後までやり抜く責任感なくして経理の仕事は務まりません。

つまり、ジェネラリストではなくスペシャリスト向きの仕事。
ADHD最大の特性でもある過集中を活かせる適職だといえます。

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【適職5】研究者

商品・サービスの研究開発に携わる「研究者」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

つまり、創造性とやり抜く集中力が求められる仕事。
ADHDの類まれな個性と過集中を十分に活かせる適職といえます。

大学院卒の方で研究職・研究機関への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

院卒以外の方であれば転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

【適職6】プログラマー

プログラム言語を用いてシステムを構築する「プログラマー」

様々なシステムやソフトウェアを開発する仕事。
プログラミングスキル、ITスキルを使って仕様書の通りに設計します。

そんなプログラマーはADHD向きとされています。
実際、シリコンバレーで働くプログラマーの約1割が発達障害。

グレーゾーンの人も含めると約半数以上が発達障害の傾向があると言われています。
(参考:コミュ障でもSEで活躍できる3つの理由とITエンジニア転職に強いサービス5選

つまりプログラマーは、ADHDの強みや特徴を活かせる仕事の一つだと断言できます。

開発経験者でプログラマーに転職したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『レバテックキャリア』に今すぐ無料登録する
【公式ホームページ:https://career.levtech.jp

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からプログラマーに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【適職7】ゲームシナリオライター

ゲームのシナリオを書く「ゲームシナリオライター」

簡単にいえばゲームの台本を作る仕事。
ゲームのストーリーから設定までゲーム制作の上流工程を担います。

そんなシナリオライターはクリエイティブな仕事。
ADHDのマインドワンダリングを活かすことで新しいゲームの世界観を生み出します。

ゲームシナリオライターに転職しキャリアを積みたい方は「G-JOBエージェント」を利用するのがおすすめです。

ゲーム業界転職で信頼できるコンサルタントNo.1を獲得。
企画職をはじめ、幅広い職種の求人・企業情報を取り扱います。

【適職8】フリーランスエンジニア

会社に属さずフリーで活動するエンジニアが「フリーランスエンジニア」

フリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べで「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

そんなフリーランスエンジニアはADHD向き。
なぜなら、エンジニア職は集中力とモノを生み出す創造性が求められるから。

さらにADHDの向いてる仕事に「モノ作りに関わる仕事」としてプログラマーが紹介されています。
(出典:マイナーリーグ「発達障害などの方が力を発揮しやすい業務」

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験者がフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、完全未経験からフリーランス転身は難しいのが実情。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【適職9】フリーランスデザイナー

会社に属さずフリーで活動するデザイナーが「フリーランスデザイナー」

フリーランスデザイナーの需要は年々増加傾向にあります。
なぜなら、コロナ禍で外出が減りECの市場規模が伸びているから。

そんなフリーランスデザイナーはADHDに向いてる仕事。
なぜなら、1人で、高い集中力と拡散的思考を活かし、新たな創造を生み出す仕事だから。

フリーランスとしてクリエイティブ職に就きたいADHD気質の方に最も適した仕事だといえます。

フリーランスデザイナーの仕事を探すなら「レバテッククリエイター」の利用が最もおすすめです。

常時1,000件以上のデザイン案件を保有するサービス。
利用者満足度は『92.6%』と人気の高いフリーランス向け案件提案サービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える転職サポート付きの優れたサービスです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【適職10】Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

WebライターもWebデザイナーと同じくクリエイティブ職。
高い集中力と最後までやり遂げるコミット力が素質として求められます。

つまり、ADHDには向いてる(過集中とマインドワンダリング)仕事の一つといえます。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【適職11】動画編集

動画コンテンツの編集を行う「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

動画作成にはスキルと経験が求められます。
最後までやり遂げる持続力と高い集中力も必要な仕事。

つまり、ADHDの過集中や創造性を活かせる適職だといえます。
動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【適職12】ブロガー

ブログ・サイトを運営する「ブロガー」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅で、外出することなく一人で仕事を完結させられます。

つまり、1日のスケジュールも自由に設計できる仕事。
誰ともやり取りせず、一人の世界で創造的な業務を生み出し続けることが可能です。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は1,000万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能。
ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、自由とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

ADHDの短所から避けるべき仕事の特徴

ここまでADHDの特徴や強みを活かせる適職を解説してきました。

適職があれば向かない仕事も当然あります。
ADHDであれば、なおさら得意不得意に顕著な差がみられます。

ADHDの短所から避けるべき仕事の特徴についてもご紹介していきます。

【特徴1】ルーティンワークの多い仕事

まず1つ目の特徴が「ルーティンワークの多い仕事」

ADHDの特徴に不注意があります。
これは一つのことに集中できず注意が散漫になること。

ADHDの不注意は「過集中」に由来するといいます。
(出典:OPNDR 「注意欠如・多動症の特徴」

つまり、ルーティンワークのように同じことを繰り返し行う作業はADHDには向かないといえます。

具体的なルーティンワークの多い仕事は以下の通り。
これらの職業にADHDが就いても強みは発揮できず、避けるのが無難です。

ルーティンワークの多い仕事

  • 事務職
  • 倉庫作業員
  • データ入力

関連記事:単純作業しかできないのが悩み?それだけで強みです【でも将来性はほぼゼロ】

【特徴2】自由度の低い仕事

そして2つ目の特徴が「自由度の低い仕事」

ADHDと睡眠障害の関係性は非常に根が深いことで有名です。
ADHDとASDは併存することが多く、睡眠障害を合併しやすいことが知られています。
(出典:厚労省「ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について」

実際、ADHDを有さない者に比べて1.91倍眠気を持つリスクは高いことが明らかとなっています。
(出典:明治安田こころの健康財団「ADHDと過眠症の新たな指標の解析」

つまり、フレックスなどの働き方が柔軟でない仕事はADHDには向かないといえます。

具体的な自由度の低い仕事は厚労省調べから以下の通り。
これらの職業にADHDが就いても強みは発揮できず、避けるのが無難です。

自由度の低い仕事

  • 飲食店スタッフ
  • 医療関連
  • 福祉関連

関連記事:【厳選】時間に縛られない仕事10選!時間に追われない自由な働き方は可能

ADHDが天才として生きるための対処法

仕事に悩む人

「どうすればADHDの能力を発揮できる?私も強みを活かして仕事で活躍したい!」

ADHDとして仕事で才能を発揮すべく!
ここではADHDが天才として生きるための対処法についてまとめていきます!

【対処法1】短所の克服ではなく長所を伸ばす

まず1つ目の対処法が「短所の克服ではなく長所を伸ばす」

日本人は何かと短所の克服に集中しがちです。
なぜなら、仕事に自信がなく短所にばかり目が行きがちだから。
(出典:リンクトイン「仕事で実現したい機会に対する意識調査」

でも大事なのは「長所伸展法」という発想。
長所の伸展は短所の克服さえ凌駕する力があります。

とはいえ、長所(強み)がそもそも何か?
分からないで悩む人も少なくありません。

そんな方は「プロのキャリアコーチング」に相談するのが賢明です。

あなたのキャリア形成をサポートするサービス。
自己分析から強み・弱みを客観的に評価し、フォローしてくれます。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえます。
一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法2】長所を活かせる環境に身をおく

次に2つ目の対処法が「長所を活かせる環境に身をおく」

まずは、キャリアコーチングから長所を把握。
長所が分かれば、その強みを活かせる環境に身をおくのが賢明です。

なぜなら、ADHDの特性である「MW」や「過集中」が仕事で活きてくるから

言い換えれば、適さない環境だとADHDの特性は活かせないということ。
実際、過集中が仇となりネット依存などのリスクは高まることが報告されています。

そして、適した環境に身をおく手っ取り早い方法が「転職」
転職エージェントを活用し、希望するキャリアに沿って求人紹介を受けましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【対処法3】苦手なことは徹底的に排除する

そして3つ目の対処法が「苦手なことは徹底的に排除する」

脳機能の発達に凹凸のある障害が発達障害。
人よりデコボコしているため、得意不得意も顕著に分かれます。

つまり、向かない仕事や苦手な環境は何をやっても向かないまま

向かない環境で務める努力をするのは間違いです。
苦手なことは潔く避けるのもADHDにとっては重要な対処法といえます。

その結果、長所のみにフォーカスした環境が手に入ります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

まとめ:ADHDが天才病と呼ばれる理由と成功者にみられる共通点

ADHDが天才病と呼ばれる理由と成功者にみられる共通点をまとめてきました。

改めて、ADHDが天才病と呼ばれる理由と適職をまとめると、

ADHDが天才病と呼ばれる理由

  • 個性が強く創造性に富むから
  • 関心ごとには強い集中力を発揮するから
  • IQベースでみると平均より高い人が多いから

ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 製造系エンジニア
  4. 経理
  5. 研究者
  6. プログラマー
  7. ゲームシナリオライター
  8. フリーランスエンジニア
  9. フリーランスデザイナー
  10. Webライター
  11. 動画編集
  12. ブロガー

凡人には真似できない拡散的思考。
生まれ持った先天的な特性こそADHDが天才病と呼ばれる所以。

しかし、強みを活かせない環境では社会不適合になりがち。

短所の克服ではなく長所の伸展がADHDにとっての最適解。
そのためにも強みの客観的な把握(自己分析)が重要だといえます。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえます。
一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選