なぜADHDは天才病と呼ばれるのか?【成功者多数の理由と適職12選】
仕事に悩む人

「ADHDが天才?なんで天才病なんて呼ばれるの?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「ADHD持ちで仕事選びに迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. ADHDが天才病と呼ばれる理由
  2. ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点
  3. ADHDの長所を理解することが何より重要
  4. ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選
  5. ADHDの短所から避けるべき仕事の特徴
  6. ADHDが天才として生きるための対処法

「異脳の人」

ADHDなど発達障害を持つ人を指します。
歴史上の偉人達には、精神疾患の傾向がデータからみられています。
(出典:文藝春秋「天才と発達障害」

ではなぜADHDは天才病と呼ばれるのか?
その理由とADHDの特徴や強みを活かせる適職についても詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点についてもまとめていきます。今まさにADHDは天才病ともいわれ、仕事選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

ADHDが天才病と呼ばれる理由

天才とは「生まれつき備わっている、並み外れてすぐれた才能」
つまり、後天性ではなく先天性の努力では敵わない脳の偏りともいえます。

ADHDも先天性の障害の一つです。
従って、結論「ADHD=天才病」と見ることも可能になります。

とはいえ、なぜADHDが天才病と呼ばれるのか?
本記事にたどり着いたあなたは気になっているかと思います。

具体的な理由について順を追って解説していきます。

  • 【理由1】個性が強く創造性に富むから
  • 【理由2】関心ごとについて強い集中力を発揮するから
  • 【理由3】IQベースでみると平均より高い人が多いから

【理由1】個性が強く創造性に富むから

「個性が強く創造性に富むから」

ADHDの脳の構造上の話。
脳の凹凸の障害、苦手なことと得意なことの差が激しい。

関連記事:一点集中型の人に向いてる適職10選【求人の探し方と向いてない仕事も解説】

【理由2】関心ごとについて強い集中力を発揮するから

「関心ごとについて強い集中力を発揮するから」

ADHD傾向のある人の中には、普段は不注意が目立つが大事な時にものすごい集中力を発揮したり、多動性が「高い活動性、積極性」として評価されたり、衝動性が「優れた決断力、発想力」として認められたりすることもあり、その傾向がうまく生かされて社会の中で活躍している人もいると考えられています。しかしこのような人は通常はADHDと診断されることはありません。

過集中とは、興味のあることについて過剰に集中すること。
その結果、強力なアウトプットと最後までやり抜くコミット力に優れます。
(出典:日本学生支援機構「合理的配慮ハンドブック」

「僕も、本の中には「睡眠と休養が大事だ」と書いておきながら、過集中に入ると、5日間くらい連続徹夜で仕事をしてしまうことがあります。この前、パソコンのモニターが3Dに見えてきて驚きました……。僕は一度過集中が切れると2~3日動けなくなることがあるので、それが怖くて一旦過集中に入れたら、「どうせなら倒れるまでやるぞ」とやってしまうんですよね……。」

関連記事:【ADHDの天職】ADHDで転職はやめとけ!その理由と向いてる仕事の見つけ方

【理由3】IQベースでみると平均より高い人が多いから

「IQベースでみると平均より高い人が多いから」

発達障害は高学歴が多い。
IQベースでみても平均より高いことが報告されています。
(出典:日経ビジネス「発達障害は病気ではなく「脳の個性」」

関連記事:「高学歴なのに仕事できない」は間違った思考【使えない理由と活躍できる環境を提案】

ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点

ADHDを公表する有名人

  • 眞鍋かをり氏
  • 栗原類氏
  • 三木谷社長

ADHDを公表する有名人で成功者にみられる共通点があります。

それは「自己に強みを把握しているということ」
つまり、自己分析ができていて強みを発揮できる仕事についているということです。

自分で管理していくことを無理に進めるのではなく、できるだけ頑張りつつ、家族やマネージャーなど周囲の身近な人につねにモニタリングしてもらっています。周囲の人にきっちりチェックしてもらうことで、一定のパフォーマンスは保てるし、自分の力を最大限に発揮できる環境が整います。

ADHDの長所を理解することが何より重要

つまり、ADHDの長所を理解することが何より重要だということです。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

関連記事:【適応障害の天職】もう仕事の人間関係で苦しまない適応障害に向いてる働き方

ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選

ここではADHDの特徴や強みを活かせる適職12選についてまとめていきます!

ADHDの特徴や強みを活かせる適職12選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. 研究者
  5. プログラマー
  6. ゲームシナリオライター
  7. フリーランスエンジニア
  8. イラストレーター
  9. 動画編集
  10. Webライター
  11. ブロガー
  12. ユーチューバー

【適職1】ITエンジニア

「ITエンジニア」

【適職2】Webデザイナー

「Webデザイナー」

【適職3】経理

「経理」

【適職4】研究者

「研究者」

【適職5】プログラマー

「プログラマー」

【適職6】ゲームシナリオライター

「ゲームシナリオライター」

【適職7】フリーランスエンジニア

「フリーランスエンジニア」

【適職8】イラストレーター

「イラストレーター」

【適職9】動画編集

「動画編集」

【適職10】Webライター

「Webライター」

【適職11】ブロガー

「ブロガー」

【適職12】ユーチューバー

「ユーチューバー」

ADHDの短所から避けるべき仕事の特徴

ADHDの短所から避けるべき仕事の特徴についてご紹介していきます。

【特徴1】ルーティンワークの多い仕事

「ルーティンワークの多い仕事」

ADHDの特徴に不注意があります。
これは一つのことに集中できず注意が散漫になること。

つまり、ルーティンワークのように同じことを繰り返し行う作業はADHDには向かないといえます。

関連記事:単純作業しかできないのが悩み?それだけで強みです【でも将来性はほぼゼロ】

【特徴2】自由度の低い仕事

「自由度の低い仕事」

特に非フレックスの仕事。
なぜなら、ADHDは睡眠障害の合併が多いから。

そのためにADHDを有さない者に比べて1.91倍眠気を持つリスクがあるとされています。
(出典:明治安田こころの健康財団「ADHDと過眠症の新たな指標の解析」

つまり、労働時間が平日毎日決まっている仕事はADHDには向かないといえます。

関連記事:【厳選】時間に縛られない仕事10選!時間に追われない自由な働き方は可能

ADHDが天才として生きるための対処法

ADHDが天才として生きるための対処法についてまとめていきます。

【対処法1】短所の克服ではなく長所を伸ばす

「短所の克服ではなく長所を伸ばす」

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法2】長所を活かせる環境に整える

「長所を活かせる環境に整える」

【対処法3】苦手なことは徹底的に排除する

「苦手なことは徹底的に排除する」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:ADHDが天才病と呼ばれる理由と成功者にみられる共通点

ADHDが天才病と呼ばれる理由と成功者にみられる共通点をまとめてきました。

改めてADHDが天才病と呼ばれる理由と適職をまとめると、

ADHDが天才病と呼ばれる理由

  • 個性が強く創造性に富むから
  • 関心ごとについて強い集中力を発揮するから
  • IQベースでみると平均より高い人が多いから

ADHDの特徴や強みを活かせる適職10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. 研究者
  5. プログラマー
  6. ゲームシナリオライター
  7. フリーランスエンジニア
  8. イラストレーター
  9. 動画編集
  10. Webライター
  11. ブロガー
  12. ユーチューバー

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選