なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介
仕事に悩む人

「実際に就いてよかった仕事って何だろう?なってよかった職業をランキング形式で教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「なってよかった職業をランキングで知りたい男性・女性の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. なってよかった職業ランキングTOP10
  2. 男性が就いてよかったと感じる仕事の特徴
  3. 女性が就いてよかったと感じる仕事の特徴
  4. 男女共通で就いてよかったと感じる仕事の特徴
  5. なってよかった職業の求人を効率よく探す方法
  6. なってよかった職業に就くうえで意識すべきこと

あなたにとって、「満足度の高い」仕事とは何でしょうか?

「なってよかった」と感じる仕事には特徴があります。
そして、それら特徴は男性と女性で違うことも確認されています。

なってよかった職業をランキングでご紹介していきます。
就いてよかったと感じられる職業を見つけるのが本記事の目的です。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「なってよかった職業に就くうえで意識すべきことについてもまとめていきます。今まさに就職・転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

なってよかった職業ランキングTOP10

上記は「男女別仕事満足度」を示したグラフです。
見ての通り、男性・女性で仕事の満足度に影響する要因は異なることが分かります。

つまり、なってよかったと感じる職業も男女で異なるということ。
言い換えれば、満足度の高い職業を選ばなければ「なってよかった」と感じることもありません。

ここでは客観的評価に基づきなってよかった職業ランキングTOP10を男女別にまとめていきます!

【男性向け】なってよかった職業ランキングTOP10

まず【男性向け】なってよかった職業ランキングTOP10についてです。

ランキング作成にあたり以下選定条件を設定。

【男性向け】なってよかった職業ランキングの選定条件

  • 資格不問で就ける仕事
  • 高収入も実現可能な仕事
  • 汎用性・専門性・資産性の高い仕事

これらの条件に該当する職業が以下の通りとなります。
順番になってよかった職業の理由や仕事の内容について解説していきます!

【男性向け】なってよかった職業ランキングTOP10

  1. ITエンジニア
  2. 研究者
  3. 経理
  4. 社内SE
  5. Webデザイナー
  6. Webマーケター
  7. MR(医薬情報担当者)
  8. ユーチューバー
  9. アフィリエイター
  10. フリーランスエンジニア

1位:ITエンジニア

DXやIoTなどのシステム開発を担う「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム基盤を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の進歩もITエンジニアが携わる重要な産業です。

そのため、世界的にも需要の高い仕事だといえます。
(出典:Forbes「世界で80万人不足するAI人材、各国で苛烈な人材争奪戦」

また資格不問でスキルと年収が相関する完全実力主義の仕事。
つまり、スキルさえあれば将来性のある食いっぱぐれない仕事の一つだといえます。

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

2位:研究者

商品・サービスの研究開発に携わる「研究者」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

つまり、資産性の高い専門スキルを習得できるなってよかったと感じる仕事といえます。

大学院卒の方で研究職・研究機関への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

『アカリク転職エージェント』公式ホームページはこちら!
【アカリク転職エージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

院卒以外の方であれば業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用が最もおすすめです。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

3位:経理

会社の決算業務に携わる「経理」

管理部門の中でも数字・会計のスペシャリスト。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

また経理の仕事は全産業にとって欠かせない業務。
経理スキルを身につければ、食いっぱぐれないスキルとして活かせます。

つまり、汎用性の高いなってよかったと感じる職業の一つといえます。

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

4位:社内SE

自社システムに関する保守・運用等を行う「社内SE」

社内SEの仕事は自社システムに関する業務がメイン。
具体的には、カスタマーサポートや保守・運用など自社システムの管理を行います。

そんな社内SEの顧客は、社内の従業員が対象になります。
客先常駐SEと違い厳しいノルマも理不尽な顧客対応も発生しません。

また社内SEは他のエンジニア職に比べて残業時間が短いのも特徴あり。
(出典:「社内SEの残業について」

つまり、WLBが取りやすく専門スキルも磨けるなってよかった職業の一つといえます。

社内SEに転職したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

社内SE求人紹介は1人あたり「58件」
人材紹介大手が運営するエンジニア転職特化のエージェントサービスになります。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』公式ホームページはこちら!
【マイナビIT AGENTの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

5位:Webデザイナー

Webメディアのデザインを制作する「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

Webデザイナーの特徴は実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

つまり、スキル次第で高収入も実現可能な専門性の高い職業の一つだといえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのエージェントサービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

6位:Webマーケター

企業の商品やサービスに関するマーケ施策を担う「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
Webメディアを活用しプロモーション戦略からブランディング構築まで担います。

そんなWebマーケターの主戦場であるネット広告の市場規模は年々増加。
(出典:矢野経済研究所「インターネット広告市場に関する調査を実施」

市場規模が拡大すればWebマーケティングの重要性もますます高まります。
つまり、Webマーケターは企業にとって重要な欠かせない戦力の一つといえます。

Webマーケターの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

7位:MR(医薬情報担当者)

製薬会社に勤める営業職「MR(医薬情報担当者)」

MR(Medical Representative)とは製薬会社に勤める営業職のこと。
医療関係者に自社の薬に関する情報を提供し売上につなげる仕事です。

そんなMRはdoda調べで営業職の中でも年収が高い職業。
年収が高い理由には、医療業界の市場規模拡大および利益率の高さが挙げられます。

また医薬品は公定価格のため、値崩れすることがありません。
つまり、営業職の中でも底堅く高収入を得られる職業の一つだといえます。

MRに転職したい、興味がある方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代、30代向けの営業職専門の転職エージェント。
MRの具体的な職務経歴書サンプルもあり便利な転職支援サービスです。

『いい求人net』公式ホームページはこちら!
【いい求人netの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

8位:ユーチューバー

近年芸能人の参入も増加する人気の職業「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
有力チャンネル数および市場規模は年々増加する成長産業の一つ。

収益化の条件を満たせば再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。
つまり、ユーチューバーの収益モデルは資産性の高いビジネスに該当します。

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須です。
動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』公式ホームページはこちら!

9位:アフィリエイター

個人で広告ビジネスを運用する「アフィリエイター」

アフィリエイト広告をWebコンテンツに掲載しユーザー訴求。
広告のサービス・商品が成約に至れば報酬は得られる広告ビジネスです。

アフィリエイトでの成功のカギはコンテンツ作成と集客。
そのため、集客につながるマーケティングやSEOの知識も必要になります。

未経験からでも始められて実力次第で高収入も実現可能な職業といえます。

当ブログ管理人もアフィリエイターの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は600万円を超えています。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、稼げるとはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログを1年継続する確率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるから。
(出典:総務省「ブログの実態に関する調査研究」

すなわち、アフィリエイト運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらに運営にあたってWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

10位:フリーランスエンジニア

会社に属さずフリーで活動する「フリーランスエンジニア」

フリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向にあります。
(出典:フリーランススタート「ITフリーランス人材及びITフリーランスエージェントの市場調査を公開」

実際、業界の平均年収は高くMidworks調べで「700~1,000万円」
それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

つまり、高収入も実現可能な専門スキルを活かせる職業の一つといえます。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

【女性向け】なってよかった職業ランキングTOP10

そして【女性向け】なってよかった職業ランキングTOP10についてです。

ランキング作成にあたり以下選定条件を設定。

【女性向け】なってよかった職業ランキングの選定条件

  • 資格不問で就ける仕事
  • 働き方の選択肢が多い仕事
  • 汎用性・専門性・資産性の高い仕事

これらの条件に該当する職業が以下の通りとなります。
順番になってよかった職業の理由や仕事の内容について解説していきます!

【女性向け】なってよかった職業ランキングTOP10

  1. 事務職
  2. Webデザイナー
  3. 広報・IR
  4. ITエンジニア
  5. 秘書
  6. 総務
  7. 人事
  8. 動画クリエイター
  9. Webライター
  10. フリーランスデザイナー

1位:事務職

女性に特に人気の職業が「事務職」

社員の業務をサポートするデスクワーク。
仕事の種類は多岐に渡りますが、基本の業務内容は変わりません。

サポート業務がメインになるためノルマも一切なし。
マニュアルもあり、基本ルーティンワークとなっています。

また、事務職最大のメリットが残業時間の短さ。
dodaの調べでは残業時間の少ない仕事1位として紹介されています。

つまり、WLBは取りやすく女性にとって選択肢の多い職業といえます。

20代女性で事務職に転職したい方は『マイナビキャリレーション』の利用がおすすめです。

未経験からでも安心してはじめられる研修制度が充実。
サポート体制も充実し、事務職に就きたい20代女性におすすめのサービスです。

\事務未経験でも安心の研修制度充実!/
『マイナビキャリレーション』の公式ホームページはこちら!

20代女性以外かつ全国の事務職求人を見たい方なら業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

『リクルートエージェント』公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

2位:Webデザイナー

女性が憧れるクリエイティブ職の定番が「Webデザイナー」

デザイン関連の仕事は女性の就業率が4割超え。
専門的・技術的職業従事者の平均も超える女性活躍の職業といえます。
(出典:内閣府「職業における女性の進出」

その中でも特に人気の職業が「Webデザイナー」
Webメディアのデザインやデータ分析を担当する仕事になります。

Webデザイナーをはじめクリエイティブ職は実力主義の世界。
スキル重視型の資格不問で性差関係なく、成果物で評価される仕事です。

つまり、男女関係なく専門スキルを活かせる職業の一つだといえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのエージェントサービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

3位:広報・IR

会社の企業価値向上に務める「広報・IR」

広報はブランディング戦略、IRが株価対策。
これら企業の「見えない価値」を最大化することがミッションです。

また、広報・IRはいわば「会社の顔」
メディア露出も多く、多様なコミュニケーションが求められる仕事。

そんな広報・IRの残業時間はdoda調べで20時間未満。
つまり、WLBにも優れ女性活躍を促進するなってよかった職業の一つといえます。

秘書への転職を希望する方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

管理部門の転職決定率No.1の特化型エージェント。
業界最大級の転職支援実績を誇る管理部門に特化した転職支援サービスです。

『MS-Japan』公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

4位:ITエンジニア

システム・アプリ開発を担う「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなITエンジニアもWebデザイナーと同じく実力主義の世界。
男女関係なくスキル次第で活躍できる環境が揃っているといえます。

またITエンジニアをはじめ情報通信業はリモートワークの働き方が最も普及しています。
(出典:総務省「令和元年通信利用動向調査の結果」

つまり、多様な働き方も実現できる女性がなってよかったと感じる職業の一つといえます。

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

5位:秘書

社長や役員のスケジュール管理など行う「秘書」

社長秘書とも呼ばれる女性に人気の仕事。
基本的に中小企業に担当秘書はなく上場企業のみ設けられる場合が多いです。

そんな秘書の残業時間はdoda調べで10時間前後。
そのためWLBにも優れ、女性の働き方に適した職業といえます。

秘書に転職したい方は圧倒的求人数を誇る『リクルートエージェント』の利用がおすすめです。

求人総数は20万件を超える業界最多の転職エージェント。
転職活動初心者だけでなく経験者も利用したい転職支援実績No.1サービスです。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

6位:総務

管理部門の中でも特にWLBの取れた仕事が「総務」

総務の仕事は「従業員の働きやすさ向上」
福利厚生の充実や社内整備・美化、他部署のアシストなど。

社内の環境整備に務めるのがメイン業務になります。
そのため、総務には一切のノルマや納期がありません。

また残業時間は少なく、WLBも取りやすい仕事として女性に人気です。

総務への転職を目指したい方は「パソナキャリア」の利用がおすすめです。

25万人の転職成功実績&オリコン顧客満足度調査で3年連続1位を獲得!
専任キャリアアドバイザーが面接対策から書類添削まで手厚くフォローしてくれます。

『パソナキャリア』公式ホームページはこちら!
【パソナキャリアの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

7位:人事

従業員の採用と育成を担う「人事」

会社の顔ともいわれる人事のメイン業務は採用活動。
人を採用し、社員の労働環境を改善することがミッションです。

一人前の社員となるよう社内研修等も実施。
社員の成長を実感できた時、なってよかったと感じる職業です。

人事の仕事に興味がある方は「リブズキャリア」の利用がおすすめです。

20万人が利用するキャリア女性のための転職支援サービス。
1,500社以上の優良企業と出会える女性専門の転職エージェントです。

8位:動画クリエイター

Web上の動画コンテンツを編集・配信する「動画クリエイター」

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な仕事です。

代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は今後も需要が高まる仕事の一つ。
かつ女性特有の強み(感性)を活かしつつ稼げる仕事の一つだといえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

動画編集の仕事探しならフルリモート案件のみを扱う「ReWorks(リワークス)」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題の未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』公式ホームページはこちら!

9位:Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは取り扱うのがおすすめです。

完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
隙間時間にも作業できるとあって主婦や女性に人気の仕事となっています。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

10位:フリーランスデザイナー

会社に属さずフリーで活動する「フリーランスデザイナー」

フリーランスデザイナーの需要は年々増加傾向にあります。
なぜなら、コロナ禍で外出が減りECの市場規模が伸びているから。

結果EC事業に携わるWebデザイナーの需要も増えています。
実際、フリーランスのWebデザイナーの平均収入は「約600万~800万円」

豊富なスキルや経験を持つデザイナーなら1200万円以上稼いでいる方もいるようです。
(出典:Workship「女性フリーランス10人に聞いた!人気の職業と仕事のリアル」

つまり、資格不問で専門スキルを活かせる職業。
働く選択肢も増やせる、女性がなってよかったと感じる職業の一つといえます。

フリーランスデザイナーの仕事を探すなら「レバテッククリエイター」の利用が最もおすすめです。

常時1,000件以上のデザイン案件を保有するサービス。
利用者満足度は『92.6%』と人気の高いフリーランス向け案件提案サービスです。

『レバテッククリエイター』公式ホームページはこちら!
【レバテッククリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える転職サポート付きの優れたサービスです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

男性が就いてよかったと感じる仕事の特徴

ここまでなってよかった職業を男女別にランキング形式で解説してきました。

会社説明会

「なってよかった職業は分かったけど、男性が就いてよかったと感じる仕事の特徴は何?」

男性にとって満足度の高い仕事とは何か。
それは「好きな仕事をすること」が「男の幸せ」として紹介されています。

実際、女性より幸せのために必要なものとして仕事を選ぶ男性は多いようです。

では満足度に大きく影響する仕事の特徴とは何か?
ここでは男性が就いてよかったと感じる仕事の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】平均より高い収入を得られる仕事

まず1つ目の特徴が「平均より高い収入を得られる仕事」

社会人が特に仕事で満足していない要因は「給与」
『62%』もの社会人が給与額に関して満足していないことがデータからも分かります。

【満足度が高くない要因はなんですか?】

そして、女性より男性の方が収入に対する仕事満足度は有意に高いことが示唆されています。
(出典:慶応義塾大学「男性と女性の仕事満足度の要因分析」

男性の仕事満足度に関する別のデータをみても明らかです。
年収が低いほど仕事満足度にネガティブな影響を与えることが報告されています。

つまり、高収入の仕事に就くことが男性にとって満足度は高いということ。
収入を意識した仕事選びは、就いてよかったと感じる仕事の特徴の一つに挙げられます。

関連記事:儲かる仕事おすすめ12選!10年後の未来でも儲かる職業と衰退業界の違いも解説

【特徴2】ノルマがない仕事

次に2つ目の特徴が「ノルマがない仕事」

ノルマとは売上などの個々人に課せられた業績目標のこと。
外発的動機とも呼ばれ、ノルマのみの追求は仕事満足度に影響するとされています。
(出典:現代ビジネス「なぜ日本の仕事満足度は世界最下位なのか」

男女ともにノルマが高い仕事はWLBにも影響します。
しかし男性の方が、WLBに対する満足度は低くなることが示唆されています。

つまり、ノルマの有無は男性のWLBにネガティブな影響をもたらすということ。
ノルマのない仕事あるいは低い仕事に就くのが、男性の仕事満足度向上に繋がります。

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

【特徴3】パート・アルバイトではない仕事

そして3つ目の特徴が「パート・アルバイトではない仕事」

男性にとって雇用形態も仕事満足度を語る上では重要です。
どのような働き方が満足度にポジティブな影響を与えるのか?研究結果を見てみると、

  • パート・アルバイトは、仕事満足度を低めることに影響を与えている
  • 公務員、自営業、自由業は、仕事満足度を高めることに影響を与える

つまり、非正規雇用は仕事満足度が低下するということ。
不安定な雇用形態では、仕事そのものの満足度も上がらないことが報告されています。

では、ポジティブな影響を与える働き方は何か?
それは男性の場合、「フリーランスなどのとらわれない働き方」

会社に依存しない柔軟な働き方は、男性に支持される仕事の特徴だといえます。

関連記事:辞めた方がいい職場・会社の特徴15選と見分け方【ストレスのない退職法も解説】

女性が就いてよかったと感じる仕事の特徴

新卒女子

「男性が就いてよかったと感じる仕事の特徴は分かったけど、女性の場合はどうかな?」

企業の取り組み方一つで、女性のWLBに大きな影響をもたらします。

どんな働き方が女性にとって就いてよかったと感じるのか?
ここでは女性が就いてよかったと感じる仕事の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】子育てに関する休暇が取得しやすい仕事

1つ目の特徴が「子育てに関する休暇が取得しやすい仕事」

厚労省調べで女性の育児休業取得率は8割超え。
制度だけでなく取得できる職場環境の整備も重要だといえます。

ちなみに男性の育休取得も満足度の高い結果が得られています。
仕事だけでなく私生活への影響もポジティブな効果が示唆されています。

子育ては、女性の家事労働ではなく男性参加も重要であることがうかがえます。

関連記事:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

【特徴2】育児休業から復帰しやすい仕事

2つ目の特徴が「育児休業から復帰しやすい仕事」

子育てに関する休暇取得だけでなくその後も重要です。
なぜなら、育休取得経験のある女性の8割が「復帰後に育児と仕事との両立ができるか不安だった」と回答。
(出典:第一生命保険「女性の継続就業に関するアンケート調査」

実際、復帰後の仕事の与え方で仕事満足度を高めることは可能だと示唆されています。

つまり、育休からの仕事復帰に関するケアが何より大事。
職場復帰に柔軟な仕事・環境が、女性の満足度向上につながります。

関連記事:歳をとっても長く働ける仕事がしたい!【定年まで働ける仕事おすすめ15選】

【特徴3】男女平等に活躍できる仕事

3つ目の特徴が「男女平等に活躍できる仕事」

女性が活躍できない要因は女性自身に非ず。
仕事や職場の在り方から女性の活躍推進を考え直す必要があるといえます。
(出典:東レ経営研究所「女性の職務格差」

つまり、選択肢の多い働き方が就いてよかったと感じる仕事の一つ。
女性の問題ではなく会社の問題としてとらえられるかが重要だということです。

関連記事:女性が輝く仕事をしたい!おすすめ職業10選【女性が活躍する職場とは】

【特徴4】転勤が少ない仕事

4つ目の特徴が「転勤が少ない仕事」

転勤や異動など生活面での変更は満足度低下につながります。
特に男性より女性の方が、WLBにネガティブな影響を与えることが示唆されています。
(出典:経済産業研究所「多様な正社員のスキルと生活満足度に関する実証分析」

つまり、ライフイベントに柔軟な働き方が支持されるということ。
生活スタイルの大きな変更は仕事満足度だけでなく生活の質にも影響をもたらします。

関連記事:転勤のない仕事の探し方とおすすめ職業5選【転勤の目的と多い業界の特徴】

【特徴5】フルタイムで働ける仕事

そして5つ目の特徴が「フルタイムで働ける仕事」

男性と同じく女性も仕事満足度を語る上で雇用形態は重要です。
どのような働き方が満足度にポジティブな影響を与えるのか?研究結果を見てみると、

フルタイムで就業することは,不安・焦燥感を軽減している点から考えて,社会・時代の変化により適応的な働き方であることが示唆された。

女性のキャリア形成を考える上で職場環境の整備は重要。
なぜなら、出産・子育てなどで止む無く労働市場から退出する女性が一定数いるから。
(出典:男女共同参画局「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート」

そのためにも安定的に就業できる仕事は女性にとって必須条件。
仕事と生活が両立してはじめて、女性の就いてよかった仕事はたどり着けるといえます。

関連記事:女性向けかっこいい職業20選【女性が憧れる・羨ましい仕事ランキング】

男女共通で就いてよかったと感じる仕事の特徴

ここまで男女それぞれの就いてよかったと感じる仕事の特徴について解説してきました。

男女でなってよかったと感じる仕事の特徴は異なります。
その一方で、共通して従業員満足度(ES)が向上する特徴も存在します。

ESを考慮しない働き方では、退職率の上昇もまねきます。
逆にES向上につながる働き方は、会社の利益や労働生産性にポジティブな影響をもたらします。
(出典:リンクアンドモチベーション「エンゲージメントと企業業績に関する研究」

仮に平均の仕事満足度が0.1pt上昇すれば利益148万円増加。
これほどの大きな影響を与えることが研究結果からも明らかとなっています。

ここでは男女共通で就いてよかったと感じる仕事の特徴についてもまとめていきます。

【特徴1】働く場所の自由度が高い仕事

まず1つ目の特徴が「働く場所の自由度が高い仕事」

日本人の幸福度(2020年平均)は今までに比べ上昇しています。
その要因の一つに、働き方の選択肢が増えていることが挙げられます。
(出典:同志社大学「働き方の選択と幸福度」

実際、男女ともに働く場所の自由度が高いと仕事満足度は有意に高いことが示唆されています。

またギャラップ社の福利厚生調査でも明らかに。
それは『51%』の従業員がフレックスタイムがある仕事に移りたいと回答。

つまり、勤務場所の自由度は仕事の満足度に影響するということ。
従業員の幸福度は上昇し、結果仕事のパフォーマンスにもポジティブに作用します。

関連記事:場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】

【特徴2】裁量権のある仕事

次に2つ目の特徴が「裁量権のある仕事」

仕事の幸福度を決める7つの徳目」の一つに裁量権の有無が含まれます。

裁量権とは、自分の意思決定できる影響範囲のこと。
裁量権が大きいほど業務コントロールもしやすくなります。

これら裁量権の高さは、WLBの満足度にも影響します。
さらに、長時間労働はWLBを低めることも研究結果から分かっています。

つまり、裁量権の有無は仕事満足度に大きく影響するということ。
自らの意志でコントロールできる業務であるほど、仕事満足度は向上します。

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【特徴3】様々なスキルを活かす複雑な仕事

そして3つ目の特徴が「様々なスキルを活かす複雑な仕事」

知性と幸福に関する研究で、興味深い結果が公表されています。
それは、5万人を対象に行った「幸せになれる仕事とは何か」という研究。

結論からいえば、幸せになれる仕事とは「複雑な仕事」

人生の満足度と特に関連していたのは、仕事の複雑さでした。たくさんのスキルを組み合わせて仕事を行なっているか、仕事の負荷が時折高くなるか、自分の進めていくタスクのレベルを自分でどれぐらいコントロールしていくことができるか、この様なことが重要になっていたということです。

つまり、複雑な仕事のほうがやりがいに繋がるということ。
スキルが求められる仕事は高収入にもつながり、結果仕事の満足度にも影響します。

関連記事:高収入を狙える仕事がしたい!おすすめ職種15選【正社員&無資格も厳選紹介】

なってよかった職業の求人を効率よく探す方法

ここまで男女共通で就いてよかったと感じる仕事の特徴を解説してきました。

満足度の高い仕事もあれば低い仕事もある。
では、なってよかったと感じない職業の扱いはどうすればいいのか?

結論からいえば、満足度の高い職業に変えるのが賢明です。

いまや地方に限らず全国的にみても短期離職は目立ちます。
厚労省調べでここ10年以上、若年層の約3割が3年以内に離職しています。

仕事の内容的にも性格的にも合わない、と感じれば辞めていい。
その際、なってよかった職業の求人を効率よく探す方法があります。

それが「転職エージェントを活用する方法」

転職エージェントを活用すれば、希望に沿った求人を紹介してくれます。
求人の紹介だけでなく面接対策や企業情報、年収交渉など手厚いサポートが受けられます。

  • 「今の仕事には満足できない。」
  • 「なってよかった職業に就きたい。」

叶えたいキャリアは、自らの行動でのみ手に入れることができます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

なってよかった職業に就くうえで意識すべきこと

本記事で取り上げてきた「なってよかった職業」とは「満足度の高い職業」

満足度の高い職業とは何か?それは「多様性の尊重」
多様な働き方は、上図の通り仕事と生活両面の満足度向上に寄与します。

また、スキル習得は賃金増加という間接的効果。
はたまた業務範囲が広がる直接的影響ももたらします。

このように多様な働き方は、人間営むうえで必要不可欠な要素です。

では多様な働き方を目指すのに、何を意識すべきなのか?
なってよかった職業に就くうえで意識すべきことをまとめていきます。

【意識1】理想の働き方実現にはスキル習得が必須

まず意識すべきことは「理想の働き方実現にはスキル習得が必須」

仕事の役割で最善を尽くすには、スキル習得が重要。
実際、従業員の6割が仕事で得意を活かすことは重要だと回答しています。
(出典:gallup「The Dream Job」

言い換えれば、スキルなくして仕事の役割を果たすことは困難。
なってよかった職業、多様な働き方に就くのも難しいことを意味します。

ではどんなスキルを習得すればいいのか?
今後需要の高まりから「Webビジネススキル」がおすすめです。

多様な働き方実現に不可欠なスキル。
スキル習得にはオンラインスクールの受講が効率的かつ有効です。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【意識2】自身の強みを把握すべく自己分析の実施

次に意識すべきは「自身の強みを把握すべく自己分析の実施」

仕事には必ず向き不向きがあります。
仕事選びで意識すべきは、短所の克服ではなく長所を伸ばすこと。

つまり、強みを伸ばせば弱みは自ずと消えていく。
この考え方を「長所伸展法」と呼びます。

そして強みの把握に最も有効な手段が「自己分析」

ただ、強みを簡単に見つけられたら誰も苦労しません。
強みを客観的に把握できないから、なってよかった職業に就けないともいえます。

そこで有効な方法が「プロのキャリアコーチングに相談」

強みの把握に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
なぜなら、一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あるからです。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【意識3】成長実感が高くストレスの低い仕事を選ぶ

3つ目に意識すべきことは「成長実感が高くストレスの低い仕事を選ぶ」

上図は1年間の転職者比率を示したグラフです。
見ての通り、最も比率が低いのは「成長実感高×ストレス低」

つまり、成長できる環境かつストレスの少ない仕事を求めていることが明白です。

関連記事:年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10【男女お金を稼げる職業とは】

【意識4】企業規模には大きな影響はない

ここまでスキルや環境に関する意識を解説してきました。
ただ一つ疑問が、スキルや自己分析しても企業規模に影響はないかどうか。

結論からいえば、「企業規模には大きな影響はない」

小企業(ベンチャー企業)だからといって満足度が低いことはない。
(出典:日本政策金融公庫論集「小企業就業者の仕事満足度に影響を及ぼす要因」

つまり大企業でもベンチャーでも、環境が揃えば仕事の満足度は高くなるということです。

関連記事:【新卒でベンチャー企業は危ない?】やめとけと言われる不安な理由と見極め方

【意識5】女性のキャリア展望には女性登用が最も有効

5つ目に意識すべきこととして「女性のキャリア展望には女性登用が最も有効」

女性活躍を促す因子として以下3つが想定されます。
「多様性」、「非男性優位」、「女性登用」

この中で女性のキャリア展望に影響するのは「女性登用」のみ。
企業のポジティブ・アクションが女性の中長期的キャリア形成に有効と示唆されています。
(出典:経営行動科学「企業で働く女性のキャリア展望に影響する職場要因の検討」

つまり、積極的な登用が女性の仕事満足度にも大きな影響を与えることになります。

関連記事:手に職をつけたい女性必見!物を作るものづくり系仕事おすすめ10選

【意識6】女性だけでなく男性のWLB改善が満足度向上に寄与

そして6つ目の意識すべきことが「女性だけでなく男性のWLB改善が満足度向上に寄与」

女性活躍のための働き方改革や制度設計など。
女性の力を活かす活躍促進は、重要かつ今後も取り組むべきことです。

しかし男性のWLB改善も重要であると示唆されています。
WLB改善の施策は、生産性の向上だけでなく生活満足度を高めます。

関連記事:絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】

まとめ:男性・女性別「なってよかった職業ランキングTOP10」

男性・女性別になってよかった職業ランキングTOP10をまとめてきました。

改めてなってよかった職業をまとめると、

【男性向け】なってよかった職業ランキングTOP10

  1. ITエンジニア
  2. 研究者
  3. 経理
  4. 社内SE
  5. Webデザイナー
  6. Webマーケター
  7. MR(医薬情報担当者)
  8. ユーチューバー
  9. アフィリエイター
  10. フリーランスエンジニア

【女性向け】なってよかった職業ランキングTOP10

  1. 事務職
  2. Webデザイナー
  3. 広報・IR
  4. ITエンジニア
  5. 秘書
  6. 総務
  7. 人事
  8. 動画クリエイター
  9. Webライター
  10. フリーランスデザイナー

男性・女性ともに「なってよかった職業」とは「満足度の高い職業」

それら職業の特徴は男女で異なります。
就いてよかった仕事は、特徴把握から出会うことが可能です。

そのためにも意識すべきことがあります。
それは、自身の強みを把握し適切なスキルを習得するということ。

多様な働き方実現が、仕事も生活も満足度を向上させます。

そして、強みの把握にはプロに相談がおすすめです。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選