【2022年版】これから流行る商売12選!今後流行るビジネスの特徴と共通点
仕事に悩む人

「これから流行る商売をしたい!どんなビジネスが今後流行るの?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、以下想定読者に向けて記事を書いていきます。

想定される読者

  1. 起業検討中でこれから流行る商売を探している方
  2. これから流行る商売に転職・就職したい方
  3. 転職活動・就活の参考にしたい方

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今後流行るビジネスをする上で必要なスキルについてもまとめていきます。今まさにこれから流行る商売に取り組みたい方は、ぜひ参考にしてみてください!」

これから流行る商売のポイント

本題に入る前にこれから流行る商売のポイントをまとめます。

結論からいえば、「デジタル」と「個人」

急速なアナログからデジタルへのシフト。
組織から個人にフォーカスした世界がポイントになります。

2020年代に入り際立って起きた出来事から今後のビジネスを考察します。

【ポイント1】新型コロナウイルス

2020年より世界的に広まった「新型コロナウイルス」

コロナが我々にもたらしたもの。
それは、あらゆる生活様式の変化。

消費、社会活動、人間関係、そして生き方そのもの。
ライフスタイルは大きく変化し、見直すきっかけになりました。

特に変化をもたらしたのが以下の3つ。

コロナがもたらした3つの変化

  • DXの推進
    アナログからデジタルへの急速な変革
  • 働き方の多様化
    リモートワークへの切り替え
  • ニューノーマルへの対応
    巣ごもり需要、ステイホーム

これらの変化によって、今まで常識だったことが非常識に。
当たり前な生活が、当たり前でなくなり、新しい生活様式に対応せざるを得ない状況に。

一つ言えるのは、コロナによってなくなるビジネス、生き残るビジネスは鮮明になったということ。

新たに生まれるビジネスは、アフターコロナを見据えて。
今までとは異なる、観点で流行るビジネスは誕生するだろう。

関連記事:スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】

【ポイント2】グレート・コンジャンクション

新たな時代の幕開け「グレート・コンジャンクション」

200年に一度起きる天体の現象(大会合)
簡単にいえば、地球のパラダイムシフトが起きる大きな節目といえます。

比較表*土の時代風の時代
歴史産業革命情報革命
経済工場化、機械化、大量生産・大量消費情報化、テクノロジー、サステナブル
価値観物質主義精神主義
豊かさ物質的な目に見える豊かさ(お金・財産)精神的な目に見えない豊かさ(体験・人脈)
社会・制度統制、縦社会、権威、身分個性、横社会、選択、フラット
仕事年功序列、マニュアル自己実現、オリジナル
働き方組織(会社員、会社に出社・所属)個人(フリーランス、ギグワーカー)
キャリア終身雇用、1つの会社転職、フリーランス
関係性固定(持つ、所有、揃える、使用)流動(知る、共有、持たない、シェアリング)
世界画一性、3次元世界多様性、5次元世界

(*参考:Forbes JAPAN「新たな「風の時代」にやめるべきこと」

関連記事:風の時代に適した仕事とは?おすすめ職業18選【仕事辞める時期や探し方】

【ポイント3】持続可能な開発目標(SDGs)

2030年までによりよい世界を目指す国際目標の「持続可能な開発目標(SDGs)」

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

日本でのホットワードとして「脱炭素」
その結果、ガソリン車廃止の時代はそう遠くはない未来。

実際、トヨタが2025年目標に新車平均CO2排出量を30%以上削減。
2050年にはグローバル新車平均CO2排出量を90%以上削減することを公表しています。
(出典:トヨタ自動車「トヨタ環境チャレンジ2050」

SDGsがビジネスモデルの転換点になることは、言うまでもありません。

関連記事:人と人をつなぐ仕事がしたい!おすすめ職種12選【役割やサービスも解説】

【2022年版】これから流行る商売12選

ポイントを踏まえこれから流行る商売12選をまとめていきます!

ここで紹介するこれから流行る商売の種類は以下の通り。
これらに該当する、2022年度版、今後流行るビジネスについて解説していきます!

これから流行る商売の種類

  • 新しいor注目のビジネスモデル
  • 新しいor注目の技術、革新性
  • 新しいor注目のサービス

【2022年版】これから流行る商売12選

  1. D2C
  2. NFT
  3. サブスク
  4. メタバース
  5. オンラインサロン
  6. コンテンツビジネス
  7. クリプト
  8. ドローン
  9. YouTube
  10. オンラインコーチング
  11. オンライン秘書
  12. eスポーツ

【流行る商売1】D2C

新しいビジネスモデルの一つが「D2C」

「DtoC」とも呼ばれるビジネスモデル。
どういった取引なのか?一言でいえば「企業が直接消費者と取引を行う」

メーカーが中間流通を介さず自社のECサイトなどを通じ、商品を直接消費者に販売するビジネスのこと。(読み:ディーツーシー)

D2Cが注目を集めたきっかけは、やはりコロナの影響。
消費者の外出自粛、店舗の営業自粛によって企業の売上は激減。

人の生活様式も、環境も、消費者と生産者の関わり方もがらりと変化。

今までとは違うビジネスへの取り組み、転換が急務に。
その結果、外出せずに取引できる「EC」を使って消費者に直接販売するビジネスに注目が集まりました。

実際、D2Cの市場規模は右肩上がりで増加。
矢野経済研究所でも成長ポテンシャルのある市場として紹介されています。

今後も自社ブランド、自社商品を直接販売する流れは加速しそうです。
D2Cブランドとして確立させ、顧客データをいかに取得できるかも成功には不可欠といえます。

D2C関連の仕事に転職するならWebマーケティング職に就くのが最もおすすめ。
なかでもIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【流行る商売2】NFT

テレビ、メディアでも取り上げられる話題の「NFT」

NFTとは「Non-Fungible Token」の略。
日本語訳すると「非代替性トークン」という意味になります。

NFTで何ができるのか?特徴は何か?
一言でいえば、価値の証明が可能になったことが大きいといえます。

つまり、同じトークンが存在しないためデジタルデータに鑑定書が付けられるということ。

その結果、NFTを使ったデジタルデータの取引は活発に。
市場規模も2022年から2028年の間に22.1%のCAGRで成長すると予測されています。
(出典:グローバルインフォメーション「NFT (非代替性トークン) の世界市場」

NFTを活用するシーンは続々と登場しています。
特に目に触れる機会が多いのは、アートや音楽などの「エンタメ分野」

楽天もNFTに参入し話題になりました(楽天NFT)。
今後も企業だけでなく個人間でのマーケットプレイスも拡大が見込まれます。

【流行る商売3】サブスク

買い切り型とは違った新たなサービスのことを「サブスク」

サブスク(サブスクリプション)とは、定額サービスのこと。

サブスクリプションとは「定期購読、継続購入」を意味し、商品やサービスを所有・購入するのではなく、一定期間利用できる権利に対して料金を支払うビジネスモデルを指します。

商品・サービスを購入し所有する買い切り型に対して。
サブスクは、その商品・サービスを利用し続ける権利を得るサービスのこと。

サービスの一例でいえば、音楽配信やシェアリングビジネス。
MicrosoftもOfficeをサブスク版として販売開始したことは有名です。

サブスクを導入する最大のメリットは、気軽に始められる点。
今後も企業も販売戦略の一つとして注目を集めるビジネスモデルといえます。

【流行る商売4】メタバース

フェイスブックがメタに社名変更したのでも有名「メタバース」

メタバース(metaverse)とはそもそも何か?
意味を調べてみると、一言でいうなら「仮想空間」

《meta(超越した)とuniverse(世界)の合成語》インターネット上に構築される仮想の三次元空間。利用者はアバターとよばれる分身を操作して空間内を移動し、他の参加者と交流する。

フェイスブックが社名変更するほど注力する分野。
今後、最も成長期待できる領域・技術と断言できます。

実際にメタバースの市場規模は2030年には6,788億米ドルに到達予測。
2022年から2030年の間に39.4%のCAGRを記録すると予想されています。
(出典:グローバルインフォメーション「メタバースの市場規模・市場シェア・市場動向 (2022-2030年)」

個人ユーザーも利用が拡大するメタバース。
2022年以降、さらに流行る先進的な領域の一つだといえます。

【流行る商売5】オンラインサロン

オンライン上でのサロンを運営する「オンラインサロン」

オンラインサロンとは「ネット上の会費制コミュニティ」
別名オンラインコミュニティとも呼ばれ、2020年代から利用は急増中。

実際、利用者数・利用総額ともに右肩上がりで増加。

ジャンルは起業から副業、子育て、スキルアップなど。
自己啓発から実用的な趣味の領域まで様々なサロンが運営されています。

関連記事:0円起業のアイデア12選と成功例【自宅で起業資金ゼロでも独立開業できる】

【流行る商売6】コンテンツビジネス

自作コンテンツをプラットフォームを通じて販売する「コンテンツビジネス」

今は昔と違い自己実現が可能な時代です。
会社に縛られなくとも自作コンテンツをWebを通じて販売できる時代。

つまり、時間にも場所にも縛られないニューノーマル時代は到来しています。

販売手段はSNSやメディアプラットフォームを活用。
中でも初心者向けかつ利便性の観点からおすすめのプラットフォームが「NOTE

当ブログ管理人も1か月間の制作&販売を通じて5万円の利益を得ることに成功しました。

コンテンツがバズれば販売に至るビジネスモデル。
インフルエンサーの手法でもある再現性の高いWebビジネスです。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

【流行る商売7】クリプト

仮想通貨の一つ「クリプト」

より一層注目を集める仮想通貨(デジタル資産)。
ブロックチェーン技術を使い、海外への送金も可能。

【流行る商売8】ドローン

商用化にもますます加速する「ドローン」

ドローンとは、無人航空機。
小型で、遠隔操作、自動制御が可能な航空機の総称になります。

ドローンの活用シーンは今では幅広いです。
産業用、玩具用だけでなく軍事利用や防災目的にも活用されています。

そんなドローンの市場規模も拡大傾向にあります。
2025年度には6468億円(2020年度の3.5倍)に達する見込み。
(出典:インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2021」

今後も活躍の幅が広がる、2022年以降も流行るビジネスだといえます。

【流行る商売9】YouTube

動画広告市場の火付け役が「YouTube」

動画広告の市場規模は右肩上がりで増加。
つまり、YouTubeなどの動画配信プラットフォームは今後も拡大期待が大きいといえます。

実際、YouTubeに動画を投稿するユーチューバーも続々と登場。
特に個人だけでなくすでに知名度のある芸能人やタレントの参入が顕著です。

YouTubeもまだまだ2022年以降も流行るビジネスの一つだといえます。

【流行る商売10】オンラインコーチング

オンライン上でコーチングを行う「オンラインコーチング」

コロナの影響もあり、オンラインでできるサービスは一層注目を集めています。

その一つが「オンラインコーチング」
「目標達成」と「引き出し」をオンライン上で行うセッションのこと。

市場規模も2019年には約150億ドル(IBISワールド調べ)の見込み。
米国だけでなく日本でもコーチング国内市場は増加傾向が予測されています。
(出典:日本経済新聞「コーチング、米では1兆円市場」

今後もオンラインを活用したサービスは流行る商売として注目を集めそうです。

オンラインコーチングを受けてみたい方は「キャリアコーチング」がおすすめ。
徹底した自己分析からキャリア設計、相談まで人生の歩み方をサポートしてくれます。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【流行る商売11】オンライン秘書

オンライン上で秘書を雇える「オンライン秘書」

オンライン秘書とは、オンライン上で業務をサポートするサービス。
提供する側は、フリーランスなど在宅で業務を行うスタイルになります。

オンライン秘書で需要が高い領域は「バックオフィス」
ECサイト運営、HPの作成、イラスト作業などWeb系も需要が高いです。

関連記事:女性の起業におすすめ職種・自営業ランキング15選【起業したい女性必見の情報】

【流行る商売12】eスポーツ

エレクトロニック・スポーツとも呼ばれる「eスポーツ」

ゲームコンテンツの一つに分類される新たな産業。
そのなかで、今後も大きく伸びると予測されるのが「eスポーツ市場」

以下の通り、2024年には180億円超(2020年対比で約29%増)に拡大と予測されています。

eスポーツ市場は日本のみならず世界各国ともに高い成長率を期待。
つまり、ゲームコンテンツのオンライン市場は今後も期待できる業界だといえます。

逆に流行っていたけど衰退している商売

ここまでこれから流行る商売の種類とポイントについて解説してきました。

逆に流行っていたけど衰退している商売は何か。
根拠資料を示しながら、特に顕著な3つのビジネスについてまとめていきます。

【衰退商売1】マスメディア

まず1つ目の逆に流行っていたけど衰退している商売が「マスメディア」

マスメディアの中でも特に顕著なのが「テレビ業界」

上図の通りネット広告が伸びる一方、テレビ広告費はジリ貧。
電通が公表する媒体別広告費をみると、2019年ついにネット広告がテレビを抜き首位に。

つまり、テレビ広告費の減収はテレビ業界の衰退を意味します。

関連記事:これから伸びる将来有望の業界3選【2020年以降の転職に向けて】

【衰退商売2】自動車(ガソリン車)

次に2つ目の逆に流行っていたけど衰退している商売は「自動車(ガソリン車)」

関連記事:ものづくりの仕事がしたい!物作り職業おすすめ20選と職人向け求人の探し方

【衰退商売3】リアル店舗ビジネス

そして3つ目の逆に流行っていたけど衰退している商売が「リアル店舗ビジネス」

店舗ビジネスの多くがコロナで大打撃。
特に、百貨店業界は衰退の一途をたどり続けています。

百貨店の売上規模は年々減少傾向が続きます。
1990年代の9兆円をピークに近年では6兆円程度まで売上減少。

最近では、そごう・西武の売却がニュースでも取り沙汰されています。
セブン&アイ・ホールディングスのIRニュースでは詳細は公表されていません。

どちらにしても、百貨店を含むリアル店舗ビジネスは厳しい状況が続いています。

関連記事:絶対に入らないほうがいい業界6選と特徴【今後危ない業界の見分け方も解説】

これから流行る商売の特徴と共通点

ここまで流行る商売と衰退している商売の両側面を考察してきました。

結局、これから流行る商売の特徴と共通点は何なのでしょうか。
それは、今後起こる日本のネガティブシナリオに対応したビジネスかどうか。

今後起こる日本のネガティブシナリオ

  • 人口減少による労働力の低下
    ⇒労働力を代替できる技術革新が急務
  • 高齢化による産業構造の変化
    ⇒事業継承など解決策の提示が重要
  • ユーザーニーズの多様化
    ⇒LGBTなど個々人にフォーカスした提案力

関連記事:儲かる仕事おすすめ12選!10年後の未来でも儲かる職業と衰退業界の違いも解説

今後流行るビジネスをする上で必要なスキル

今後流行るビジネスをする上で必要なスキルについてまとめていきます。

【スキル1】ITスキル(デジタル技術)

まず1つ目のスキルが「ITスキル(デジタル技術)」

今後将来性のある業界に共通するのは「DX」
DX実現により2030年には、実質GDP130兆円超の押上げ効果が試算されています。

またDXはビジネスモデルや組織の変革をもたらします。
ビジネス環境の激しい変化に対応し、競争優位性を確立するとされています。
(出典:経産省「DX推進ガイドライン」

それほどITを駆使したDX推進は今後ますます重要さを増していくといえます。

そのために必要な人材が、ビジネスを牽引する「IT人材」
つまり、プログラミングなどのITスキルを習得した人材が重宝されるのは明確です。

実際IPAの資料をみても、企業のIT人材に対する量・質ともに不足感は年々上昇しています。

従って、今後流行るビジネスをする上で必要なスキルの一つ。
プログラミングスキルはいまや食いっぱぐれないスキルの一つだといえます。

プログラミングスキル習得にはスクールの受講がおすすめです。
未経験者を対象にしたサービスも多く、プロのIT人材を目指せます。

無料カウンセリングを受けるだけでもプログラミングの向き不向きは見えてきます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【スキル2】Webマーケティングスキル

次に2つ目のスキルは「Webマーケティングスキル」

2022年以降もこれから流行る商売で紹介した「D2C」
「サブスク」や「メタバース」も新たなビジネスモデルを生み出すサービスです。

これらのサービスをいかし企業の売上を最大化させるスキルが「Webマーケティング」

マーケティングなくして売上拡大は期待できません。
それほど、マーケ戦略の立案は欠かせないスキルだといえます。

しかし、戦略を担えるWebマーケターは人材不足が懸念されています。
(出典:prtimes「マーケティング人材に関する調査」

スキルを習得するだけで重宝されるのは言うまでもありません。
そんなWebマーケティングスキルを習得するには、プロに教わるのが最適解。

マーケター養成スクールは、今では多くのサービスがリリースされています。

特におすすめのスクールを3つ厳選し紹介します。
すべて転職支援も受けられる、実績ありの優れたスクールとなっています。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【スキル3】Webビジネススキル

そして3つ目のスキルが「Webビジネススキル」

これから流行る商売に共通する一つが「Webビジネス」
Webを使ったサービスを展開するビジネスが注目を集めています。

そして、共通して求められるスキルが「Webビジネススキル」

リアルだけでなくいかにWebに精通できるか。
スキルの習得で、企業にとっても重宝される人材に成長できます。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

まとめ:これから流行る商売・ビジネスの特徴と共通点

これから流行る商売・ビジネスの特徴と共通点に関する情報をまとめてきました。

改めてこれから流行る商売をまとめると、

【2022年版】これから流行る商売12選

  1. D2C
  2. NFT
  3. サブスク
  4. メタバース
  5. オンラインサロン
  6. コンテンツビジネス
  7. クリプト
  8. ドローン
  9. YouTube
  10. オンラインコーチング
  11. オンライン秘書
  12. eスポーツ

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

仕事選びや将来のキャリアに悩む人は、プロのキャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

「どう生きたいか?」でキャリアを決める転職トレーニングサービス。
無料相談を受けるだけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選