0円起業のアイデア12選と成功例【自宅で起業資金ゼロでも独立開業できる】
仕事に悩む人

「0円起業のアイデアを教えてほしい!どんなアイデアなら資金ゼロで起業できる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「0円で起業できるアイデアを探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 「0円起業」とは。資金ゼロで独立開業は可能?
  2. 【独立開業】0円起業のアイデアおすすめ12選
  3. 0円起業アイデアで成功した事例の共通点とは
  4. 0円起業に最適なアイデアを出す3つの方法
  5. 起業資金0円で独立開業するメリット
  6. 起業資金0円で独立開業するデメリット
  7. 0円起業の注意点と独立開業時のポイント

当ブログ管理人も2019年より「一人起業家」
(開業業種や実績はプロフィールで解説しています)

結論、0円で起業することは可能です。

ただし、可能なのはアイデア次第。
起業アイデアを見誤れば成功できない可能性もあります。

0円起業のアイデアと資金ゼロで独立開業する注意点も詳しく解説していきます!

たかひろ@一人起業家たかひろ@一人起業家

「0円起業に最適なアイデアの出し方も筆者の体験談とエビデンスからまとめていきます。今まさに独立開業を目指してアイデアを探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

「0円起業」とは。資金ゼロで独立開業は可能?

おすすめのアイデアを紹介する前に。
そもそも「0円起業」とは何なのでしょうか。

起業」とは、新しく事業を始めること。

起業と聞くと、大掛かりな事業計画書に面倒な手続き。
多額の開業費用をかけて行うイメージが強いのは事実あります。
(出典:日本政策金融公庫「2020年度新規開業実態調査」

一方「0円起業」とは、費用をかけずに起業すること。

結論、起業資金ゼロでも独立開業は可能です。
なぜなら、起業にも様々な業種(アイデア)が存在するから。

実際、費用ゼロで起業した人の割合は『28.1%』
起業家の中でも最も多いボリュームゾーンであることが報告されています。

上記情報をもとに、本記事では0円起業を以下のように定義します。

0円起業の定義

  • 会社設立&法人登記&開業届は不要
  • 個人事業主(フリーランス)向けビジネス
  • 業種はネットビジネス(パソコン必須)

パソコンを所持していることを前提にします。
これらに合致した0円起業のアイデアを次章にまとめていきます!

【独立開業】0円起業のアイデアおすすめ12選

ここから早速【独立開業】0円起業のアイデアおすすめ12選をまとめていきます!

定義に加えて、おすすめのアイデアを選定する条件を設定。

0円起業のおすすめアイデア選定条件

  • 自宅にいながらできるアイデア
  • 学歴も職歴も関係ないアイデア
  • 完全一人で取り組めるアイデア

「0円起業」に特化したおすすめのアイデアが以下の通り。
順番にアイデアの内容と0円起業できるポイントをまとめていきます。

【独立開業】0円起業のアイデアおすすめ12選

  1. Webライター
  2. 動画クリエイター
  3. コンサルティング
  4. プログラマー
  5. Webデザイナー
  6. アフィリエイター
  7. Webマーケター
  8. ユーチューバー
  9. ライバー
  10. インフルエンサー
  11. オンライン教室
  12. SNSコンテンツ販売

【アイデア1】Webライター

まず1つ目の0円起業アイデアが「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは取り扱うのがおすすめです。

完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
プラットフォームを活用すれば、0円でも起業できます。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【アイデア2】動画クリエイター

次に2つ目の0円起業アイデアが「動画クリエイター」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

動画の編集ツールは無料でも十分スペックに期待できます。
ツールさえあれば特別なスキルなく誰でも挑戦できる仕事の一つです。

さらに動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集は0円でも起業可能&今後も需要が高まるビジネスアイデアだと断言できます。

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【アイデア3】コンサルティング

3つ目の0円起業アイデアが「コンサルティング」

企業への助言業を行うフリーのコンサル業務。
主な仕事は企業が抱える問題に対し課題解決を提案します。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【アイデア4】プログラマー

4つ目の0円起業アイデアが「プログラマー」

様々なシステムやソフトウェアを開発する仕事。
プログラミングスキル、ITスキルを使って仕様書の通りに設計します。

そんなプログラマーの仕事道具はパソコン1台のみ。
働く場所も自由で、プログラミングスキルだけで勝負できる世界です。

つまり、プログラマーは0円からでも起業できるビジネスアイデアだといえます。

プログラマーの仕事探しなら「ITプロパートナーズ」の利用がおすすめです。
ただし、開発未経験からプログラマーの仕事を受注するのは難しいのが実情。

プログラマーとして一人で独立開業したい方。
まずはプログラミングスクールでITスキルを習得することをおすすめします。

プログラミングスキルは一生食える需要の高いスキルです。
会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【アイデア5】Webデザイナー

5つ目の0円起業アイデアが「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

そんなWebデザイナーの仕事道具はパソコン1台のみ。
働く場所も自由で、Webデザインスキルだけで勝負できる世界です。

つまり、Webデザイナーは0円からでも起業できるビジネスアイデアだといえます。

Webデザインの仕事探しならおすすめが「レバテッククリエイター
ただし、デザイン未経験から仕事を受注するのは難しいのが実情です。

Webデザイン未経験から本気で独立開業したい方はWebデザインスクールの受講がおすすめ

デザインをはじめとするWebスキルは食いっぱぐれないスキル。
将来性だけでなく、スクールでは切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【アイデア6】アフィリエイター

6つ目の0円起業アイデアが「アフィリエイター」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅で、外出することなく一人で仕事を完結させられます。

アフィリエイターの特徴は、会社に属さず個人で取り組める点。
そのため、完全在宅かつ0円からでも始められるビジネスアイデアだといえます。

当ブログ管理人もアフィリエイターの一人。
10年以上のキャリアがあり、これまでの累計報酬は1,000万円を超えています。

アフィリエイトに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、個人運営とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【アイデア7】Webマーケター

7つ目の0円起業アイデアが「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
Webメディアを活用しプロモーション戦略からブランディング構築まで担います。

Webマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【アイデア8】ユーチューバー

8つ目の0円起業アイデアが「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件を満たせば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネスです。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ、自然の映像美や風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、ユーチューバーも0円で起業できるビジネスアイデアだといえます。

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介した未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』にまずは無料で体験する
【公式ホームページ:https://shelikes.jp

【アイデア9】ライバー

9つ目の0円起業アイデアが「ライバー」

ライブ配信とは、リアルタイムに映像を配信するサービス。
ライバー(配信者)とリスナー(視聴者)のプラットフォームを介して繋がれます。

ライバーがリスナーに対して映像を配信。
映像を視聴するリスナーは投げ銭などを使いライバーを応援。

この関係構築がライバーの生計を支えています。
そして、ユーチューバーとの違いはコミュニケーションの扱い方にあります。

インフルエンサーは一方向完結の画像投稿者。
それに対しライバーは、双方向でリアルタイムに繋がれる。

ライブでコミュニケーションが取れることは特徴の一つとなります。

関連記事:人と話す仕事がしたい!喋る仕事おすすめ15選【人前で話す正社員の仕事も紹介】

【アイデア10】インフルエンサー

特定の分野で影響力を持つ人のことを指す「インフルエンサー」

インスタやTwitterなどのSNS上で影響力を持つ人物。
広告効果が大きく、企業も熱視線をおくる職業の一つとなります。

そんなインフルエンサーを始めるのに必要なのはスマホのみ。
一切の初期投資も費用もかけず、アイデア次第で0円で起業可能です。

関連記事:風の時代に適した仕事とは?おすすめ職業18選【仕事辞める時期や探し方】

【アイデア11】オンライン教室

得意や強みをいかしビジネスを広げる「オンライン教室」

関連記事:オンラインでできる仕事のおすすめ14選と求人の探し方【未経験&在宅可を紹介】

【アイデア12】SNSコンテンツ販売

今やアイデア一つで誰もが主役になれる「SNSコンテンツ販売」

今は昔と違い自己実現が可能な時代です。
会社に縛られなくとも自作コンテンツをWebを通じて販売できる時代。

つまり、時間にも場所にも縛られないニューノーマル時代は到来しています。

販売手段はSNSやメディアプラットフォームを活用。
中でも初心者向けかつ利便性の観点からおすすめのプラットフォームが「NOTE

当ブログ管理人も1か月間の制作&販売を通じて5万円の利益を得ることに成功しました。

コンテンツがバズれば販売に至るビジネスモデル。
インフルエンサーの手法でもある再現性の高いWebビジネスです。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

0円起業アイデアで成功した事例の共通点とは

ここまで0円起業のアイデアをご紹介してきました。

アイデアだけでなく成功例も実際に存在します。
事例は多くありますが、特に際立つのはお三方の0円起業。

0円起業の成功例

  • マナブ氏(ブログ、プログラミング、Webデザイン)
  • DaiGo氏(マーケティング、オンラインサロン)
  • ヒカキン氏(YouTube、ライブ配信)

そして、これらの成功例には共通点があります。
0円起業アイデアで成功した事例の共通点とは何か、順番に解説していきます。

【共通点1】インターネットを活用したビジネス

まず1つ目の共通点が「インターネットを活用したビジネス」

インターネットを活用したビジネスの市場規模は年々増加。
(ネット利用の人口普及率も約9割と高い水準をキープ)

今後も市場規模の成長が予測されています。
そんなネットビジネス最大のメリットは「資金ゼロから始められる点」

店舗ビジネスを例にすれば分かります。

リアルで店舗を出店する場合、初期費用は1000万円以上。
(出典:日本政策金融金庫「創業の手引+」

その一方、ネットショップを開設すれば資金ゼロから始められます。

関連記事:ネットでできる仕事がしたい!おすすめ15選と仕事探しに役立つ求人サイトも紹介

【共通点2】人の悩みや課題を解決するビジネス

次に2つ目の共通点は「人の悩みや課題を解決するビジネス」

そもそも「ビジネス」は何のためにあるのか?

ビジネスの本質は、顧客に価値を提供すること。
価値を提供できるから、ビジネスとして成り立ちます。

つまり、ビジネスは価値とお金の交換。
悩み解決の価値を顧客は求め、利用していきます。

関連記事:人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種21選【人を支える&人を救う仕事ランキング】

【共通点3】自分自身の強みに特化したビジネス

そして3つ目の共通点が「自分自身の強みに特化したビジネス」

数多あるビジネスのすべてが成功するとは限らない。
すべては「掛け算」で成功確率はますます上がっていきます。

「インターネット」「悩み解決」
これだけでなく、「強み」をかけることでより強固なビジネスモデルが完成。

ここでいう強みとは、「勝てる場所を選択する強み」

「人類の歴史において、ほとんどの人たちにとっては、自己の強みを知ったところで意味がなかった。生まれながらにして、地位も仕事も決まっていた。農民の子は農民となり、職人の子は職人になった。ところが今日では、選択の自由がある。したがって、自己の適所がどこであるかを知るために、自己の強みを知ることが必要になっている」

どうしても自分の強みが分からない方は、プロに相談するのもおすすめ。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

0円起業に最適なアイデアを出す3つの方法

ここまで0円起業のアイデアと成功例について解説してきました。

仕事に悩む人

「アイデアは分かったけど、どうやったらアイデアは出せるの?0円起業の参考にしたい!」

ここでは0円起業に最適なアイデアを出す3つの方法についてご紹介していきます!

【方法1】YouTube動画からヒントを得る

まず1つ目のアイデア出しが「YouTube動画からヒントを得る」

いまや情報が溢れる情報化社会。
情報過多で、目的の情報は簡単に無料で見つかる。

関連記事:起業したいけどアイデアがない人におすすめのネタ8選【一人起業家が解説】

【方法2】0円起業に成功した人の話を聞く

次に2つ目のアイデア出しは「0円起業に成功した人の話を聞く」

よりリアルな情報を得る方法として有効。

関連記事:就職しない生き方に憧れるあなたに【起業準備中の私が成功事例とリスクを解説】

【方法3】起業家向けサロンに参加してみる

そして3つ目のアイデア出しが「起業家向けサロンに参加してみる」

関連記事:ノマドワーカーに適した職種12選と向いてる人の特徴【スキルなし未経験も厳選紹介】

起業資金0円で独立開業するメリット

起業資金0円で独立開業するメリットをまとめていきます。

【メリット1】起業のハードルを低く始められる

まず1つ目のメリットが「起業のハードルを低く始められる」

日本は欧米に比べても起業のハードルが高い。
なぜなら、資金を集められる環境が貧弱だから。
(出典:PRESIDENT WOMAN「なぜ日本は起業のハードルが異様に高いか」

実際、日米比較でも資金調達(VC投資額)の差は52倍。
(出典:logmi「日米の資金調達の違いとは?」

OECD資料からG7で比較してもイタリアに次いで日本は低い。

起業家からも資金調達が最も苦労したことと回答しています。

しかし、起業資金0円で開業できればこれらの悩みは解消されます。

関連記事:資金なしで始められる仕事10選【リスクゼロで副業・起業・独立したい方も必見】

【メリット2】失敗しても柔軟に軌道修正できる

次に2つ目のメリットは「失敗しても柔軟に軌道修正できる」

起業のハードルは資金調達だけでなく倒産リスク。
事業が軌道に乗っても、「黒字倒産」というリスクもはらみます。

黒字倒産とは、商品が売れて帳簿上は利益が出ているにもかかわらず、支払いに必要な資金が不足し、倒産してしまうことを言います。

起業資金ゼロなら負債リスクもゼロ。
なので、万が一事業が座礁しても早期の軌道修正が可能になります。

関連記事:【未経験OK】Webマーケティング転職におすすめの転職エージェント・転職サイト23選

【メリット3】テストマーケにも活用できる

そして3つ目のメリットが「テストマーケにも活用できる」

関連記事:ビッグファイブを活用した適職15選【開放性・誠実性・外向性・調和性・神経症傾向】

起業資金0円で独立開業するデメリット

起業資金0円で独立開業するデメリットはあるのでしょうか?

結論からいえば、特になし。
起業時の資金がかからないので、大きなデメリットはありません。

ただし、事業の拡大・収益改善には成長投資は必要不可欠。

成長リスク」という言葉もあるほど。
成功のためにはある程度のリスクを負わないと成功しない。

リスクを負うからチャンスをつかめる。
チャンスをつかんだ人のみが成功の果実を得られる。

つまり、リスクを負うから大きく成功できるということ。
リスクマネジメントはビジネスを行ううえで優先課題といえます。

関連記事:夫婦でできる仕事おすすめ16選【一緒に起業・自営業できる職種を厳選紹介】

0円起業の注意点と独立開業時のポイント

最後に0円起業の注意点と独立開業時のポイントについてまとめていきます。

【ポイント1】起業資金はゼロでもスキルは必須

まず1つ目のポイントが「起業資金はゼロでもスキルは必須」

スキルがなければ大きくは稼げない。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【ポイント2】事業計画書は作らなくていい

2つ目のポイントが「事業計画書は作らなくていい」

仕事に悩む人

「事業計画書、必要でしょうか。いわゆる「週末起業」でビジネスをしようと考えています。」
引用: Yahoo!知恵袋「ビジネス書」

起業を想定した時に過るのが「事業計画書」
実際、事業計画書は起業と同時に作成すべきなのでしょうか。

結論からいえば、作成しなくてもOK。
実際、7割弱の起業家が「事業計画書は作成しなかった」と回答しています。

では、何のために必要?借入のため。
銀行から借入を行う際に、事業計画書は必要になります。

同調査で事業計画書の作成状況で「借入あり」が『73%』
「借入なし」は『25.8%』が借入ために計画書を作成しています。

なので、0円起業を目指すなら事業計画書は不要。

関連記事:一人で開業できる仕事おすすめ15選【独立・起業できる自営業の商売を厳選紹介】

【ポイント3】思い立ったら起業する勢いも必要

3つ目のポイントが「思い立ったら起業する勢いも必要」

「起業関心層がまだ起業していない理由」
それは、「自己資本が不足している」で『46.8%』と圧倒的多数派。
(出典:日本政策金融公庫「2020年度起業と起業意識に関する調査」」

であれば、0円起業に関係なし。
自己資本もなし、借入も不要で起業できます。

関連記事:個人プレーで出来る仕事おすすめ16選【個人で出来る協調性がない人向けの職種】

【ポイント4】リスクシナリオを想定しておく

4つ目のポイントが「リスクシナリオを想定しておく」

事業計画書は不要でもシナリオの想定は必須。
起業成功のためのリスクヘッジが重要だということ。

関連記事:80歳まで働ける仕事とは?65歳・70歳以上の高齢者でも働ける仕事12選

【ポイント5】起業が不安なら副業から始めるのが賢明

5つ目のポイントが「起業が不安なら副業から始めるのが賢明」

おすすめの副業について、以下の通り3つ示します。

おすすめの副業3選

  • 時間に対する付加価値がつく副業
  • 副業の再現性があって将来性もある副業
  • 副業だけでなく本業(仕事や転職)にも役立つ副業

さらに、おすすめしない副業も関連記事でまとめています。
これから起業に向けて副業に取り組みたい方は、合わせてご覧ください。

関連記事:【初心者向け】おすすめしない副業8選!特徴と理由をタイプ別に解説

まとめ:0円起業のアイデアと資金ゼロで成功した事例

0円起業のアイデアと資金ゼロで成功した事例をまとめてきました。

改めて、0円起業のアイデアをまとめると、

【独立開業】0円起業のアイデアおすすめ12選

  1. Webライター
  2. 動画クリエイター
  3. コンサルティング
  4. プログラマー
  5. Webデザイナー
  6. アフィリエイター
  7. Webマーケター
  8. ユーチューバー
  9. ライバー
  10. インフルエンサー
  11. オンライン教室
  12. SNSコンテンツ販売

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選