スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】
仕事に悩む人

「スローライフに生きたい!そのための仕事は何を選べばいいの?そもそもスローライフに適した生き方・働き方って何?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「スローライフな生き方を実現できる仕事を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. スローライフの定義と3つの適した生き方
  2. スローライフな生き方を実現する仕事おすすめ10選
  3. スローライフ実現に最も重要なことは「仕事選び」
  4. スローライフ実現に向けた仕事選びのポイント

あなたは、「スローライフ」に憧れはありますか?

仕事に追われない、忙しくない生活。
そんな「時感」を楽しめる一つのライフスタイル。

そして、スローライフな生き方を実現するのに最も大事なことは何か?

それは「仕事選び」にあります。
仕事の探し方で望むスローライフ生活に近づけることは可能です。

スローライフな生き方を実現するおすすめの仕事と探し方について詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「スローライフ実現に向けた仕事選びの注意点についてもまとめていきます。今まさにスローライフの仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

スローライフとは?定義と3つの適した生き方

そもそもスローライフとは何なのでしょうか?

スローライフな生き方を実現する仕事を解説する前に。
まずは、スローライフの定義と適した生き方についてまとめていきます。

はじめに「スローライフ」の意味を改めて調べると、

ゆったりとした時間の流れや生活そのものに価値を見出し、人生の充実感を味わうことを重視するライフスタイルのこと。生産性や効率、スピード、競争に打ち勝つことなどを追究する現代的な価値観へのアンチテーゼとして提唱されるようになった。

一言でいえば、「仕事優先の生き方ではない」ということ。
人生の充実感を味わう一つのライフスタイルであることが分かります。

そして、スローライフのイメージも調べてみると、

  • ゆっくり、ゆったりした生活
  • 自分のペースで生活すること
  • 自然、季節の中の暮らし
  • 田舎での生活
  • 自給自足の生活
  • 伝統的な生活
  • 現代社会を見直すこと

「スローライフ=田舎暮らし」というイメージが強いようです。

仕事よりも己の時間を増やし時感を楽しむライフスタイル。
そのためにも「自由な時間」を増やすことが何より重要だといえます。

つまり、スローライフの定義は「人生のゆとり」
ゆとりある生活を送ることができることをスローライフと本記事では定義します。

ではどんな生き方がスローライフに適しているのか?
ここでは以下3つの最適な生き方について、理由を交えながらまとめていきます。

  • 【生き方1】リモートワーク
  • 【生き方2】地方移住
  • 【生き方3】FIRE

【生き方1】リモートワーク

まず1つ目の生き方が「リモートワーク」

仕事は変えずに働き方だけを変える生き方。
在宅勤務と同義で現在政府が強く推し進める働き方の一つになります。

リモートワークがスローライフに適する最大の理由は「柔軟な働き方」

働く場所にとらわれない柔軟な働き方が可能。
そのため、マイペースに時間管理しやすいメリットがあります。

そんなリモートワークに対する評価は総じてポジティブな意見が多いです。

「地域で働きながら、都内の働きたい企業で働ける選択肢がある場合、働き方を変えたいか」
すなわち、「リモートワークという働き方に興味があるか」という質問に『71.7%』が「そう思う」と回答。

多くの都内在住者が、働き方を変えたいという意向があることが分かります。

実際、総務省調べで東京からの転出は2020年7月以降6か月連続で超過。
その後も増加傾向にあり、現実的に現在の働き方を柔軟に変える人が増えています。

つまり、リモートワークは転職せずにスローライフな生き方を実現できる働き方だといえます。

ちなみに産業別で見た時、普及が進むのは情報通信業で『9割』
(出典:総務省「令和2年通信利用動向調査」

関連記事:リモートワーク希望のエンジニアにおすすめ転職サイト15選【フリーランス求人あり】

【生き方2】地方移住

2つ目の生き方が「地方移住」

仕事も変えて地方に移住してしまう生き方。
東京や首都圏と違い、地方はゆっくりとした時間が流れます。

ですので、地方移住の実現こそがスローライフ実現に直結するといえます。

実際、ゆっくり暮らすために4人に1人が地方移住を検討中。
(出典:クロス・マーケティング「4人に1人が地方移住に関心検討」

「スローライフ=地方移住」と考える人が多いようです。
地方に移住したい理由を確認しても『36.9%』が「スローライフを実現したいから」

つまり、スローライフ実現のために地方移住は欠かせない選択肢の一つだといえます。

ちなみに現在政府は地方移住を強く推進中。
以下の通り、起業・就業をする方へ支援金を支給する取組を進めています。

地方移住を検討している方は今がチャンス!
スローライフな生き方の実現だけでなく地方創生の一助にもなります。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

【生き方3】FIRE

そして3つ目の生き方が「FIRE」

「FIRE」とは、Financial Independence, Retire Earlyの略。
「早期リタイア」や「経済的自立」といったライフスタイルの一つを指します。

「経済的な自立を実現させて、仕事を早期に退職する生活スタイル」のことです。生活スタイルが多様化しているなかで、趣味やボランティア活動等の仕事以外を中心にしたスタイルがあっても良いですし、仕事をするにしても時間や場所は自分で決めるスタイルがあっても良いのです。

経済的自立が実現できれば生き方は自由。
会社に縛られず、働く場所も仕事も人間関係も自由に選択可能です。

つまり、究極のスローライフがFIREそのものと言っても過言ではありません。

【あなたはFIREしたいですか?】
はい 55.7%
いいえ 44.3%

そんな魅力的なライフスタイルに魅了される社会人は5割超え。
多くの社会人がFIREを実現し、スローライフな生活をしたいと考えています。

関連記事:正社員にこだわる働き方だと人生消耗する話【時代遅れの考えから多様な生き方へ】

スローライフな生き方を実現する仕事おすすめ10選

ここから早速スローライフな生き方を実現する仕事おすすめ10選についてまとめていきます!

紹介した生き方に適した仕事をそれぞれ解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

リモートワークに適した仕事5選

まずリモートワークに適した仕事5選についてです。

おすすめを厳選するにあたり以下条件を設定。
これら条件に合致した職業の仕事内容や特徴をまとめていきます!

  • リモートワークの実施率が高い仕事
    (⇒ パーソル調べから会社員でも場所を選ばず働ける仕事)
  • 給料が正規雇用者の平均より高い仕事
    (⇒ 国税庁調べで平均年収436万円以上の仕事)
  • 汎用的なスキルが身につく仕事
    (⇒ スキルの固定化を避けて転職に有利な仕事)

【仕事1】ITエンジニア

まず1つ目の仕事がシステム開発に従事する「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム基盤を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の急速な進歩は、ITエンジニアが産業をけん引。

すなわちITエンジニアは、重要な産業に携わる需要の高い必要不可欠な人材だといえます。

そのため、世界的にも需要の高い仕事だといえます。
その証拠にIT人材の人手不足は日本だけでなく世界でも懸念されるほど。
(出典:Forbes「世界で80万人不足するAI人材、各国で苛烈な人材争奪戦」

つまり、スキルさえあれば将来性のある食いっぱぐれない仕事の一つだといえます。

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事2】Webデザイナー

人気のクリエイティブ職の一つが「Webデザイナー」

Webメディアのデザインを担当する仕事。
成果物は紙ではなくWebが対象なため、完全リモートで仕事ができます。

担当者や取引先とのやり取りもオンラインで完了。
Zoomやスカイプなどのビデオ通話を使えば対面でのやり取りは不要となります。

業務の完全リモート化、コミュニケーションの完全オンライン化が顕著に進んだ仕事の一つといえます。

クリエイティブ職の実務経験がありWebデザイナーに転職したい方は転職エージェント「マイナビクリエイター」の利用が最もおすすめです。

Web職、クリエイティブ職について業界トップクラスの保有求人数。
ポートフォリオの添削や関連サービスの評判が高いおすすめの転職支援サービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならオンラインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあります。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事3】Webマーケター

企業の商品やサービスの売上に寄与する「Webマーケター」

マーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までWebを使ったマーケ施策を担います。

施策の全てはWeb・インターネットを活用した戦略。
そのため、Webマーケターの9割近くがリモートで業務を行っています。
(出典:日本マーケティング・リサーチ協会「マーケティング・リサーチ業界におけるリモートワークの実態」

担当者とのやり取りもオンライン化が進んでいます。
つまり、Webマーケターのようにネットを主戦場にする仕事がリモートワーク向きといえます。

Webマーケターの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気。
現役マーケターが講師を務め、即戦力として活躍することも可能です。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事4】コンサルタント

企業の経営戦略や課題解決の一助を担う「コンサルタント」

企業が抱える問題に対し課題解決を提案する仕事。
コンサルに依頼する経営課題はレベルの高い業務がほとんどです。

なぜなら、自社で解決できない課題だから。
高いフィーを払ってでも問題に取り組みたい会社のみがコンサルに依頼してきます。

そのため、リモートであってもコンサルに依頼が集中します。

コンサルに興味がある、コンサルに転職したい方は『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

現役コンサルタントの転職支援数が業界No.1!
未経験でも転職支援を行うコンサル転職にはおすすめのエージェントサービスです。

『アクシスコンサルティング』公式ホームページはこちら!
【アクシスコンサルティングの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事5】経理や人事などのバックオフィス

会社の管理部門にあたる「経理や人事などのバックオフィス」

管理部門(バックオフィス)はスペシャリスト集団。
個々のスキルが高く、専門性に優れた仕事を担います。

バックオフィスもリモートワークが普及する仕事の一つ。
なぜなら、バックオフィスの顧客は社内の従業員であり外部の取引先ではないから。

その証拠にIT人材の人手不足は日本だけでなく世界でも懸念されるほど。
つまり、完全リモートに移行しても仕事に支障はない業務だといえます。
(専用ソフトの操作・インストールやセキュリティの課題はあります)

バックオフィスへの転職を目指したい方は「MS-Japan」の利用がおすすめです。

経理や人事などバックオフィスの転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

地方移住に適した仕事3選

地方移住に適した仕事3選についてです。

おすすめを厳選するにあたり以下条件を設定。
これら条件に合致した職業の仕事内容や特徴をまとめていきます!

  • フリーランスとして働ける仕事
    (⇒ 全国どこでも移住先を自由に選択できる仕事)
  • 単身世帯の月平均支出額より多く稼げる仕事
    (⇒ 総務省調べから支出15万円以上を稼ぎ生活水準を維持できる仕事)
  • 個人スキルを活かせる仕事
    (⇒ スキルさえあれば高収入も狙える仕事)

【仕事1】フリーランスエンジニア

まず1つ目の仕事が「フリーランスエンジニア」

その名の通りフリーランスとして活動するエンジニアのこと。

昨今フリーランスエンジニアの需要は伸びています。
なぜなら、エンジニア人材の需要に対する供給が圧倒的に不足しているからです。
(出典:経産省「IT人材需給に関する調査」

さらに経験豊富なエンジニアの採用も難しくなっています。

人材が不足している、採用も難しい。
となれば、期待の矛先はフリーランスに向けられるのはごく自然な流れ。

エンジニア需要は今後も右肩上がりで伸びます。
つまり、フリーランスエンジニアにとって特にメリットを享受できる時代だといえます。
(参考:生き残る仕事・職業となくなる仕事ランキング50【今後生き残るために必要なのは創造力】

エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能。
そんなフリーランスエンジニアになるには、まずエージェント登録が必要です。

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、エンジニア経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

【仕事2】Webライター

Webメディアのライティングを担当する「Webライター」

発注者の依頼通りにライティングを行う仕事。
案件のジャンルは様々で、内容によって自身のスキルを活かすことも可能です。

つまり、未経験からでも始められる人気の仕事の一つ。

また発注者とのコミュニケーションも基本メール。
対面でのやり取りがないため、全国どこにいても仕事ができる代表格といえます。

Webライターの仕事探しならなら未経験からフルリモートでの働き方へサポートする「ReWorks(リワークス)の利用がおすすめです。

リモートワークにおすすめの転職サイトNo.1。
フルリモートワークにキャリアチェンジしたい方に適した転職支援サイトです。

Webライターを一から学びたい方は通信講座「ユーキャン」の利用が最もおすすめです。

この度新講座としてWebライターがデビュー!
スキルを磨き続ければ月30万円の報酬も夢ではありません。

関連記事:ヒューマンアカデミーの評判は悪い?【口コミと他資格取得の比較からメリットを検証】

【仕事3】ユーチューバー(兼、動画編集)

YouTube上に動画コンテンツを配信する「ユーチューバー」

動画の企画・撮影・編集・配信を行う仕事。
ネット環境さえ整えば、どこに移住しても仕事ができます。

最近では有名人の参入も目立つ熱い市場。
今後も需要と供給は上昇し続けるマーケットの一つといえます。

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース150講座から学び放題のwebスキルスクールです。

FIRE実現に向けた仕事2選

そしてFIRE実現に向けた仕事2選についてです。

おすすめを厳選するにあたり以下条件を設定。
これら条件に合致した職業の仕事内容や特徴をまとめていきます!

  • FIRE実現の目安となる4%ルールを目指す仕事
    (⇒ 資産運用から不労所得で生活できる仕事)
  • レバレッジを効かせて大きな運用益を得る仕事
    (⇒ 少ない資金でハイリターンを狙える仕事)

【仕事1】株式投資

株式の売買と保有で運用益を得る「株式投資」

上場企業の株を買って取引する仕事。
株式投資で得られる収益は大きく分けて以下の2種類あります。

  • キャピタルゲイン
    株式の購入時と売却時の価格差から収益を得る取引。
  • インカムゲイン
    企業の配当や株主優待を目的に株式を保有する取引。

不労所得を目指すならインカムゲイン狙いがおすすめ。
さらに購入する株は日本株ではなく米国株に投資するのがおすすめです。

なぜなら、米国株の配当利回りのほうが日本株より高いから。

ただ、元本保証ではなく損失発生も起こり得ます。
正しい知識、経験を得た上で、株式投資は慎重に実践するようにしましょう。

関連記事:人と関わるのが怖い人に向いてる仕事10選【話したり会う必要のない職業はある】

【仕事2】FXトレーダー

株や為替など金融商品の取引を行う「FXトレーダー」

一人パソコンと向き合って日々売買するだけの仕事。
つまり、在宅にいながら完結できる仕事の一つになります。

しかしハイリスク・ハイリターンの代名詞でもあるFX。
一歩間違えば大損をくらうリスクもあり、十分な知識と経験が必要です。

ちなみに当ブログ管理人もFX経験者です。
元手10万円からはじめて、1か月ほど取引した結果は「+200万円」

正しい正攻法と実践を繰り返すことで大きく稼ぐことも可能です。

FXトレードを行うにはFX口座の開設が必要になります。
なかでもFX口座数が国内1位&最大20万円のキャッシュバックが受けられる「DMM FX」の利用が最もおすすめです。

スローライフ実現に最も重要なことは「仕事選び」

ここまでスローライフな生き方を実現するおすすめの仕事を解説してきました。

スローライフの定義は「人生のゆとり」
人生のゆとりは、働き方を変えるだけで実現可能です。

ただ働き方に適した仕事を選ばなければ、スローライフは実現不可能になります。

つまり、スローライフ実現に最も重要なことは「仕事選び」
実際、移住者の生活満足度に最も影響を与えるのが「仕事」とされています。

移住継続者のうち、仕事に不満があるほど生活満足度も低くなる結果となっています。

地方で仕事を探すのには困難を極めます。
なぜなら、地方移住の最たる不安や懸念点が「働き口がみつからないこと(50.8%)」
(出典:内閣官房「移住等の増加に向けた広報戦略の立案・実施のための調査事業」

すなわち、仕事にやりがいがなければ移住しても生活満足度は上がらないということ。

人生のゆとりがテーマのスローライフのはずが。
生活満足度、人生の充実感を得られなければスローライフを目指す意味も見失うことになります。

関連記事:場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】

スローライフ実現に向けた仕事選びのポイント

スローライフの用語が日本に広まったのは1990年代後半。
もとは「スローフード」という食文化から生活全体を表す言葉として誕生したのが始まりです。
(出典:Tribeck「スローライフとイタリアンバール」

そんなスローライフ実現に最も重要なことは仕事選び。
仕事選びの注意点や抑えるべきポイントはどこにあるのでしょうか。

ここではスローライフ実現に向けた仕事選びのポイントをまとめていきます。

【ポイント1】目的を明確にすること

まず1つ目のポイントが「目的を明確にすること」

なぜスローライフを実現したいのか?
目的がなければ仕事選びの軸も定まりません。

結果、仕事にやりがいが生まれず生活満足度も下がります。

  • 家族との時間を尊重したいから
  • 都会の窮屈な生活から離れたいから
  • 田舎暮らしでゆっくりと時間を体感したいから

様々な目的がスローライフにはあります。
あなたにとっての果たしたい目的は何なのか?

目的が明確になれば、自ずと選ぶべき仕事も見えてきます。

ただ自分一人で迷ってしまい、軸も定まらない。
そんな方は、プロのキャリアコーチングに相談するのも一つの方法です。

一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されます。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

将来のキャリアデザインに役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【ポイント2】リスクをしっかり把握すること

2つ目のポイントが「リスクをしっかり把握すること」

スローライフの全てが理想的な生き方とは限りません。
そこにはリスクやデメリットを感じる働き方も存在します。

例えば、人間関係の煩わしさ解消から地方移住を考えた時。
実は都会以上に、田舎の方が人間関係は煩わしい場合が多いです。

その最たる理由が「町内会での人間関係」
ほぼ全員が顔見知りになるため、密なコミュニケーションが形成されています。

回覧板を回すにもコミュニケーションが必要。
都会では不要なコミュニケーションも田舎では必須手段になります。

一言でいえば、田舎はお金のかかる雑務がとにかく多いということ。

おすそ分けもタダではありません。
町内会でプライベートはほぼほぼ潰されます。

つまり、仕事選びの際には移住先のリスク把握も行うことが重要です。

関連記事:地方・田舎にポイントがないのは本当?【転職先の探し方とおすすめの働き方】

【ポイント3】ロードマップを作成すること

そしてスローライフ実現までの「ロードマップを作成すること」

「いつまでに」、「誰と」、「どうやって」
スローライフを現実のものにすべく具体的なロードマップを作成しましょう。

目標が決まれば行動も具体的になります。
選ぶべき仕事も分かり、スローライフは現実味を帯びてきます。

さらに行動するうちにリスクも把握し、事前の対処が可能になります。

家族がいれば家族の意見も尊重しましょう。
同じ時間を共有する以上、将来について話し合っておくのがベストです。

つまり、スローライフな生き方を強く希望するならロードマップ作成は必須だといえます。

関連記事:【会社・仕事を辞める勇気が出ないあなたへ】原因と6つのアドバイス

まとめ:仕事と働き方を見直せばスローライフな生き方は実現可能

スローライフな生き方を実現する仕事と最適な仕事探しをまとめてきました。

改めてスローライフな生き方を実現する仕事をまとめると、

スローライフな生き方を実現する仕事

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. Webマーケター
  4. コンサルタント
  5. 経理や人事などのバックオフィス
  6. フリーランスエンジニア
  7. Webライター
  8. ユーチューバー
  9. 株式投資
  10. FXトレーダー

仕事と働き方を見直せば、スローライフな生き方は実現可能です。

そのためにも目的やリスク把握が重要。
何のためにスローライフを実現したいのか?改めて考える必要があります。

もし将来のキャリアに迷ったらプロに相談するのが賢明です。

なぜなら、一人で悩んでも解にはたどりつけないから。
誰かに相談することで最適解は簡単に見つかることが多々あります。

将来のキャリアデザインに役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選