個人プレーで出来る仕事おすすめ16選【個人で出来る協調性がない人向けの職種】
仕事に悩む人

「チームプレーより個人プレーの仕事の方が向いてる。。個人で出来る仕事なんてありますか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「個人プレーで出来る仕事をしたい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 個人プレーで出来る仕事おすすめ16選
  2. 個人で出来る仕事の特徴と必要なスキル
  3. 個人プレーで出来る仕事を選ぶメリット
  4. 個人プレーで出来る仕事を選ぶデメリット
  5. 個人プレーではないチームプレーの仕事と向き不向き
  6. 個人で出来る仕事を選ぶうえでのポイントと注意すべき点
  7. これからは個人で出来る仕事が主流!時代に備えて今できること

個人プレーで出来る仕事のおすすめを目的別に詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「個人で出来る仕事を選ぶうえでの注意点もまとめていきます。今まさに個人プレーの仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

個人プレーで出来る仕事おすすめ16選

上図の通り、7割もの社会人が仕事は個人プレー向きと回答。
さらに他調査で、7割近い企業が個人で仕事をする機会は増えていると回答。

つまり、個人プレーで出来る仕事は意識的にも労働環境的にも増えていることが分かります。

ではどんな仕事が、個人プレーにおすすめの職種なのか?
個人プレーで出来る仕事おすすめ16選を以下目的別にまとめていきます!

完全個人で出来る個人プレーの仕事3選

完全個人で出来る個人プレーの仕事3選についてです。
まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定します。

おすすめの仕事を選定する条件

  • チームプレーが一切ない完全個人の仕事
  • 人間関係の悩みやストレスが一切ない仕事
  • 人とのコミュニケーションが必要ない仕事

上記、選定条件に合致するおすすめの職種が以下の通り。
順番に個人プレーで出来る理由や仕事の特徴を解説していきます!

完全個人で出来る個人プレーの仕事3選

  1. ブロガー
  2. ユーチューバー
  3. デイトレーダー

【仕事1】ブロガー

まず1つ目の完全個人で出来る個人プレーの仕事は「ブロガー」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅で、外出することなく個人プレーで完結させられます。

つまり、1日のスケジュールを個人で自由に設計できる仕事になります。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがあり、累計報酬は1,000万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能です。
稼ぐ方法に興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、自由とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログの1年継続率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるデータがあるから。

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
独学でも始められますが、ほぼ途中で挫折して組織生活に逆戻りします。

一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講が強くおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事2】ユーチューバー

次に2つ目の完全個人で出来る個人プレーの仕事は「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件を満たせば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。

撮って編集してアップするまで完全一人で完結できます。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ、自然の映像美や風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、自分の好きな時間に作業することが可能な完全個人プレーの仕事です。

また近年ユーチューバー人口は増加傾向にあり。
動画広告の市場規模も拡大していることから、需要は高いことが分かります。

ですので、需要と期待値でいえばブログより将来性はあるかもしれません。

ただしユーチューバーになるには、まず動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事3】デイトレーダー

そして3つ目の完全個人で出来る個人プレーの仕事が「デイトレーダー」

FXトレーダーや株トレーダーとも呼ばれます。

株や為替の金融商品を売買して利益を得るビジネス。
取引は大きく分けて「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」に分かれます。

パソコンを複数台使ってチャートを眺めながら取引を行います。
WBSなどの経済ニュースで個人投資家を紹介するシーンを見かけたことある方も多いはず。

市場が開いている時は基本パソコンを操作。
ですので、組織に属さず完全個人プレーで出来る仕事です。

ちなみに当ブログ管理人も長年デイトレを実践。
取引実績は、一つの銘柄で「+200万円以上」の取引益を出しています。

デイトレを本番で実践する前に「デモ」の利用がおすすめ。
デモを使ったトレードの練習が何より重要で、初心者は必須作業といえます。

そこでおすすめのFX口座が「DMM FX
業界初!LINEで問い合わせ可能で平日24時間電話サポートも付いた人気のFX口座です。

\最大20万円のキャッシュバック!/
「DMM FX」の公式ホームページはコチラ!

会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事6選

会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事6選についてです。
まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定します。
(具体的な職種の選定は、doda公表の「個々で仕事を進める職種トップ20」も参考)

おすすめの仕事を選定する条件

  • 給料が会社員の平均より高い仕事
    (⇒ 国税庁調べで433万円以上の仕事)
  • 仕事に満足している人が多い職種
    (⇒ doda調べで仕事満足度ランキングで高い仕事)
  • 正社員として就業できる仕事

上記、選定条件に合致するおすすめの職種が以下の通り。
順番に個人プレーで出来る理由や仕事の特徴を解説していきます!

会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事6選

  1. Webデザイナー
  2. プログラマー
  3. 製造系エンジニア
  4. 営業
  5. 経理
  6. 研究開発

【仕事1】Webデザイナー

まず1つ目の会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事は「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

そんなWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削や関連サービスは評判が高いおすすめのサービスです。

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事2】プログラマー

次に2つ目の会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事は「プログラマー」

様々なシステムやソフトウェアを開発する仕事。
プログラミングスキル、ITスキルを使って仕様書の通りに設計します。

そんなプログラマーに転身したい方は「マイナビIT AGENT」の利用が特におすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが全面バックアップ!
全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業まで幅広く揃える人気の転職エージェントです。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『マイナビIT AGENT』にまずは無料登録する
【公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/it

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からプログラマーに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事3】製造系エンジニア

3つ目の会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事は「製造系エンジニア」

「ものづくりエンジニア」とも呼ばれる仕事。
具体的には自動車や半導体、IoTなど製造業を主とした業界になります。

そんな製造系エンジニアへ転職希望なら「メイテックネクスト」の利用が最もおすすめです。

製造系エンジニアの転職サポート実績No.1!
求人情報は常時1万件を超え、大手からベンチャーまで幅広く扱う転職支援サービスです。

【仕事4】営業

4つ目の会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事は「営業」

売上貢献に尽力する個人プレーの戦士。
目的達成(戦術)に向けて最適な手段(戦略)を考えるやりがいある仕事です。

営業の種類には大きく分けて4つに分類されます。

扱う商材が「有形商材」か「無形商材」か。
営業をかける顧客が「法人」か「個人」かの2×2=4通りにわかれます。

それぞれ特徴は異なりますが、共通するのは「売上貢献」
そのための強力なコミットメント力と明確な目的意識が求められます。

未経験からでも始められるやりがいある職種の一つです。

そんな営業職に転職したい方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代30代向け営業職専門の転職支援サービス。
若手営業経験者や未経験者の方でも経験豊富な専属コンサルタントが徹底サポートしてくれます。

【仕事5】経理

5つ目の会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事は「経理」

管理部門の中でも数字・会計のスペシャリスト。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

また経理の仕事は全産業にとって欠かせない業務。
経理スキルを身につければ、食いっぱぐれないスキルとして活かせます。

そんな経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

【仕事6】研究開発

そして6つ目の会社員でほぼ個人プレーで出来る仕事が「研究開発」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

そんな研究職・研究開発への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

院卒以外の方であれば転職決定人数No.1のサポート力を持つ「ワークポート」の利用が最もおすすめです。

組織に属さず個人プレーで出来る仕事7選

組織に属さず個人プレーで出来る仕事7選についてです。
まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定します。

おすすめの仕事を選定する条件

  • フリーランスとして働ける仕事
  • 低資金・低リスクで始められる仕事
  • スキル次第で高収入も実現可能な仕事

上記、選定条件に合致するおすすめの職種が以下の通り。
順番に個人プレーで出来る理由や仕事の特徴を解説していきます!

組織に属さず個人プレーで出来る仕事7選

  1. Webライター
  2. 動画編集
  3. Webマーケター
  4. フリーランスエンジニア
  5. フリーランスデザイナー
  6. 結婚相談所経営
  7. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

【仕事1】Webライター

まず1つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事は「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

得意なテーマや書いてみたいジャンルをまずは取り扱うのがおすすめです。

完全未経験からでも始められる初心者向けの仕事。
隙間時間にも作業できるとあって主婦にも人気の仕事となっています。

Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用がおすすめ。
ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのため、Webビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事2】動画編集

次に2つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事は「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集する仕事。
代表的な仕事として、YouTube動画や動画広告の案件などを手掛けます。

仕事のやり取りはすべてオンライン完結。
基本メールで完了するため、完全に人と接することはありません。

また編集ツールは無料でも十分スペックに期待できます。
ツールさえあれば特別なスキルなく誰でも挑戦できる仕事の一つです。

さらに動画広告の市場は調査結果からも分かる通り増加傾向にあり。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は完全在宅&今後も需要が高まる仕事の一つと断言できます。

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』の無料説明会に参加してみる
【公式ホームページ:https://cucua.fun

【仕事3】Webマーケター

3つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事は「Webマーケター」

Webマーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までWebを使ったマーケ施策を担います。

そんなWebマーケターの仕事探しならIT・クリエイティブ領域に強みを持つ転職エージェント「ワークポート」の利用がおすすめです。

転職相談実績は50万人を超える転職決定人数No.1のサポート力!
各業界に強いコネクションと多くの実績・転職ノウハウから内定獲得へ導きます。

もし未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通うことをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事4】フリーランスエンジニア

4つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事は「フリーランスエンジニア」

企業や個人が発注する開発案件をエージェント経由で受注。
仕様書の通りに開発し、期日までに納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、開業資金もゼロ。
完全在宅でもできる、自由に休みを選択できる仕事といえます。

そんなフリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向
実際、業界の平均年収は高くMidworks調べでは「700~1,000万円」

それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験からフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、クライアントは経験者から優先的に発注する傾向にあるから。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事5】フリーランスデザイナー

5つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事は「フリーランスデザイナー」

企業や個人が発注するデザイン案件をエージェント経由で受注。
クライアントの要望通りにデザインし、納品すれば取引成立となります。

パソコン1台でできるため、開業資金もゼロ。
完全在宅でもできる、自由に休みを選択できる仕事の一つといえます。

そんなフリーランスデザイナーの需要は年々増加傾向にあります。
なぜなら、コロナ禍で外出が減りECの市場規模が伸びているから。

結果EC事業に携わるWebデザイナーの需要も増えています。
実際、フリーランスのWebデザイナーの平均収入は「約600万~800万円」

フリーランスデザイナーの仕事探しなら「レバテッククリエイター」の利用がおすすめ。
ただし、Webデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転身は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したスクール3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える優れたスクールです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事6】結婚相談所経営

6つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事は「結婚相談所経営」

結婚を望む男女を成婚に導く仕事。
社会的意義は高く、夫婦何歳になっても働ける仕事です。

そんな結婚相談所の経営には加盟選びが重要。
なぜなら、スムーズな独立開業には必要不可欠だからです。

特におすすめが「日本結婚相談所連盟
おすすめの理由は以下の通り、連盟の仕組みにあります。

日本結婚相談所連盟が夫婦の独立開業におすすめな理由

  • 事務所などの初期設備投資・準備が不要だから。
  • システムや必要書類が準備されているから。
  • 全国7.4万人以上の会員基盤があり、自社会員が一人でも事業が始められるから。

(出典:日本結婚相談所連盟「独立開業・起業前のサポート」

つまり、完全未経験からでも事業を始められるということ。
加盟から最短1ヶ月程度で、夫婦で結婚相談所を始めることも可能です。

粗利率は90%以上!在庫を持たず高収入も実現可能な夫婦でできる仕事になります。

【仕事7】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

そして7つ目の組織に属さず個人プレーで出来る仕事が「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

配達を請け負うのがUber Eats 配達パートナー。
システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事。

そんなUber Eats 配達パートナーの報酬体系は基本料金+インセンティブ。
(具体的には報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

中には月収100万円を超える強者もいるほど。
(出典:abema times「ウーバーで最高月収100万超のリアル」

これほど稼げる最たる理由は市場の拡大。
日本だけでなく世界的にもデリバリー市場は拡大傾向にあります。

初期投資は、配達バッグと配達手段(自転車など)の準備程度。
低コストで始められて、努力次第で高収入も実現可能な仕事だといえます。

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

個人で出来る仕事の特徴と必要なスキル

「誰かの仕事でできている。」
(出典:日本コカ・コーラ「ジョージア ブランドキャンペーン」

この言葉の通り、誰かの仕事で世界はできている。

チームで行う仕事もあれば個人で出来る仕事もある。
ただ、なんでもかんでも個人で出来るとは限りません。

どんな仕事が個人プレーに向いているのか?
個人で出来る仕事の特徴と必要なスキルについてまとめていきます。

【特徴1】専門性の高い仕事

まず1つ目の特徴が「専門性の高い仕事」

関連記事:言語性IQが高い人に向いてる適職12選【動作性IQとの違いや特性から分析】

【特徴2】実力主義・成果主義の仕事

次に2つ目の特徴が「実力主義・成果主義の仕事」

関連記事:ノマドワーカーに適した職種12選と向いてる人の特徴【スキルなし未経験も厳選紹介】

【特徴3】フリーランスとして働ける仕事

そして3つ目の特徴が「フリーランスとして働ける仕事」

関連記事:一人で開業できる仕事おすすめ15選【独立・起業できる自営業の商売を厳選紹介】

個人プレーで出来る仕事を選ぶメリット

ここまで個人プレーで出来る仕事と特徴を解説してきました。

仕事に悩む人

「仕事のおすすめは分かったけど、個人プレーのメリットは何?仕事選びの参考にしたい!」

ここからは個人プレーで出来る仕事を選ぶメリットについてまとめていきます。

【メリット1】人間関係のストレスが減る

まず1つ目のメリットが「人間関係のストレスが減る」

落胆する人

「人間関係が難しくて悩んでいます。何故なら、同僚の正義感がありすぎで困ってます。自分は出来ると勘違いしてやるのですが、個人プレーが多くて仕事がスムーズに進みません。」
引用: Yahoo!知恵袋「人生相談」

関連記事:精神的に楽な仕事がしたい!【男女気楽なおすすめ職業ランキングTOP15】

【メリット2】業務プロセスのすべてに裁量権を持てる

次に2つ目のメリットが「業務プロセスのすべてに裁量権を持てる」

気楽な人

「自分は組織に所属することが、あまり好きではありません。部活もずっと個人競技を続けて来ました。決して協調性がないわけではありません。しかし自分の思った通りに進められる事が快感でもあります。」
引用: Yahoo!知恵袋「就職活動」

関連記事:なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介

【メリット3】その道のプロないしスペシャリストを目指せる

そして3つ目のメリットが「その道のプロないしスペシャリストを目指せる」

まさに職人(=個人プレー)こそスペシャリスト。
個人プレーを行うからこそイノベーションも起きる。

実際、パナソニックではあえて個人プレーを推奨する動きもあり。
(出典:Panasonic「楽しくないと、仕事じゃない!」

時間の投下はスペシャリストに欠かせないプロセスだといえます。

関連記事:一点集中型の人に向いてる適職10選【求人の探し方と向いてない仕事も解説】

個人プレーで出来る仕事を選ぶデメリット

個人プレーで出来る仕事のメリットを解説してきました。

メリットがあれば、当然デメリットもあります。
デメリットが許容できれば、本当の個人プレー向きといえるでしょう。

ここでは個人プレーで出来る仕事を選ぶデメリットについてまとめていきます。

【デメリット1】仕事のミスもすべて自己責任

まず1つ目のデメリットが「仕事のミスもすべて自己責任」

個人プレーはいわば個人主義。
アメリカ(個人主義)と日本(集団主義)の仕事の進め方を比較。

上記の通り、個人主義は労働者がすべての責任を負う。

関連記事:【厳選】人と関わらない仕事3選!人と会わない&人と接しない仕事も解説

【デメリット2】孤独で職場では孤立になりがち

次に2つ目のデメリットが「孤独で職場では孤立になりがち」

個人プレーは一人なので、当然ながら孤独。
相談相手は皆無、職場でも孤立するとになります。

実際、フリーランスの2人に1人が孤独を感じ、メンタルヘルスに不調を感じています。
(出典:Lbose「フリーランスの健康に関する調査結果を発表」

関連記事:一匹狼タイプに向いてる仕事10選【適職は組織に流されず個人スキルが活きる事】

【デメリット3】個人プレーでは成長に限界がある

そして3つ目のデメリットが「個人プレーでは成長に限界がある」

関連記事:仕事が暇すぎるから辞めたい?なら転職推奨とその理由【危機感が人を強くする】

個人プレーではないチームプレーの仕事と向き不向き

逆に個人プレーではないチームプレーの仕事とは何か?
doda公表の「チームで一丸となって仕事を進める職種トップ20」から傾向を調べると、

チームプレーの仕事

  • 接客業
  • 販売系
  • サービス業

対人ビジネスがチームプレーを多く占めます。
つまり、コミュニケーションを多用する仕事がチームプレーの仕事。

以上の結果から、個人プレーに向いてる人の特徴も表にまとめると、

向いてる人の特徴向いてない人の特徴
個人プレーの仕事
  • 個人の成果や評価を求める人
  • やり抜くコミット力がある人
  • フリーランス向きの人
  • チームで成果を生み出したい人
  • 突出したスキルも経験もない人
  • サービス系の仕事に就きたい人
チームプレーの仕事
  • チームで成果を生み出したい人
  • 突出したスキルも経験もない人
  • サービス系の仕事に就きたい人
  • 個人で仕事を完遂させたい人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 協調性がなく組織を避けたい人

関連記事:仕事できない人ほど非効率な生き方を選びがちな話【勝てる場所を選ぶのが正解】

個人で出来る仕事を選ぶうえでのポイントと注意すべき点

ここでは個人で出来る仕事を選ぶうえでのポイントと注意すべき点をご紹介していきます。

【ポイント1】スキル習得は必須

まず1つ目のポイントが「スキル習得は必須」

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【ポイント2】得意を活かせる職種を選ぶ

2つ目のポイントが「得意を活かせる職種を選ぶ」

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
なぜなら、一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あるからです。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

そして自己分析のやり方や将来のキャリア形成に迷ったらプロに相談が賢明です。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【ポイント3】仕事だけでなく会社選びも重要

3つ目のポイントが「仕事だけでなく会社選びも重要」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【ポイント4】個人プレーと放置プレーは別物

4つ目のポイントが「個人プレーと放置プレーは別物」

関連記事:仕事で放置されて辛い時の対処法は3つだけ【辞める前に最後の確認】

【ポイント5】組織を避けたい性格なら自営業一択

5つ目のポイントが「組織を避けたい性格なら自営業一択」

関連記事:80歳まで働ける仕事とは?65歳・70歳以上の高齢者でも働ける仕事12選

これからは個人で出来る仕事が主流!時代に備えて今できること

これからは個人で出来る仕事が主流になる理由

さらに政府は、2035年の未来を以下のように説いています。

個人事業主と従業員との境がますます曖昧になっていく。組織に所属することの意味が今とは変わり、複数の組織に多層的に所属することも出てくる。また、プロジェクトの中には、非営利なものも、社会貢献を目指すものや自己実現を中心としたものもある。

まさに組織から個人の時代へ。
時代の転換点に差し掛かっているといえます。

そんな移り変わる時代に備えて今できることとは何か?

まずは副業から取り組みましょう。
おすすめの副業について、以下の通り3つ示します。

おすすめの副業3選

  • 時間に対する付加価値がつく副業
  • 副業の再現性があって将来性もある副業
  • 副業だけでなく本業(仕事や転職)にも役立つ副業

さらに、おすすめしない副業も関連記事でまとめています。
これから個人の時代に向けて副業に取り組みたい方は、合わせてご覧ください。

関連記事:【初心者向け】おすすめしない副業8選!特徴と理由をタイプ別に解説

もし副業禁止のやばい会社に勤めていたら即転職しましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

まとめ:個人プレーで出来る仕事のおすすめと特徴

個人プレーで出来る仕事のおすすめと特徴をまとめてきました。

改めて、個人プレーで出来る仕事をまとめると、

個人プレーで出来る仕事おすすめ16選

  1. ブロガー
  2. ユーチューバー
  3. デイトレーダー
  4. Webデザイナー
  5. プログラマー
  6. 製造系エンジニア
  7. 営業
  8. 経理
  9. 研究開発
  10. Webライター
  11. 動画編集
  12. Webマーケター
  13. フリーランスエンジニア
  14. フリーランスデザイナー
  15. 結婚相談所経営
  16. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選