【実体験】もう働きたくない!人と関わりたくない時の解決策【主婦・ニートも実践可】
落胆する人

「もう働くのはうんざり。人と関わりたくない。でも、お金は稼がないと生きていけない。。。どうすればいい?何か解決策はない?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「会社が嫌で人と関わらない仕事や楽して稼ぐ方法を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・働かない人口と働きたくない理由
・でも転職すれば人間関係の問題は解決するケースが多い
・人と関わりたくない時の解決策3選【主婦・ニートも実践可】
・働きたくないから楽な仕事に就きたい時の探し方

定職に就かないいわゆるニートの総計は300万人を超えています。

なぜ定職に就かないのか?
就けない原因はどこにあるのか?

実は、働きたくない理由のほとんどが「人間関係」に集約されていることをご存知でしょうか。

働きたくない理由から人と関わりたくない時の解決策まで実体験に基づいて詳しく解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

当ブログ管理人も人と関わりたくないあまり大学の頃自分探しを模索していました。一つの結論は「あなたに向いてる仕事は必ずある」ということ。ただ、知らないだけなんです。少しでも何かの気づきになれば幸いです。」

働かない人口と働きたくない理由

まずはじめに働かない人口と働きたくない理由について見てみたいと思います。

内閣府が公表する「子ども・若者白書」では、若年無業者、フリーター、ひきこもりなどのいわゆる定職に就かないニートの総計が「304.6万人」にのぼっています。

それぞれの内訳を見てみると、

若年無業者:56万人
フリーター:179万人
ひきこもり:69.6万人

この中でも特に注意すべきは「ひきこもり」
学校や仕事にも行けず家にこもり、人との交流を持たない状況の人たちが70万人近く存在します。

さらに、ひきこもりになったきっかけを調べると

23.7%:職場になじめなかった
23.7%:病気
20.3%:就職活動がうまくいかなかった
11.9%:人間関係がうまくいかなかった

多くの理由が、仕事や人間関係が原因となって引き起こされています。

つまり、仕事上での人間関係が原因となって「働きたくない」状況を作り出しています。

ひきこもりは今や社会問題の一つ

ひきこもりは子供・若者に限った状況ではありません。

40~64歳の「中高年ひきこもり」も深刻な社会問題として取り上げられています。

内閣府が初めて調査・公表した中高年を対象にした「自宅に半年以上閉じこもっているひきこもり」の推計は「61.3万人」

ひきこもりとなったきっかけを調べると

36.2%:退職した
21.3%:人間関係がうまくいかなかった
21.3%:病気
19.1%:職場になじめなかった
6.4%:就職活動がうまくいかなかった

年齢を重ねれば退職自体は不思議な行いではありません。

ただ、気になるのは若者と同じように「人間関係」が原因となっている点。
職場に馴染めないことも結局は人間関係が原因となって引き起こされています。

しかしネガティブな退職理由の最多は人間関係

しかしネガティブな退職理由の最多は人間関係となっています。

【転職入職者が前職を辞めた理由別割合】

【男性の場合】
1位:「10.2%」給料等収入が少なかった
2位:「10.0%」労働時間、休日等の労働条件が悪かった
3位:「7.7%」職場の人間関係が好ましくなかった
【女性の場合】
1位:「13.4%」労働時間、休日等の労働条件が悪かった
2位:「11.8%」職場の人間関係が好ましくなかった
3位:「8.8%」給料等収入が少なかった

男女とも同じ理由が上位3位にランクインされています。
ただ、収入が少ないや労働環境が悪いといった理由はどちらかといえば会社側にも非があります。

一方、人間関係については当事者の問題です。
ネガティブな理由で退職を選んでいる実態が浮き彫りとなっています。

つまり仕事と人間関係は表裏一体

つまり仕事と人間関係は表裏一体
仕事上での人間関係が、働きたくない原因を作り出しています。

言い換えるなら、人間関係の解消が働きたくない原因の解決につながると言えます。

でも転職すれば人間関係の問題は解決するケースが多い

ひきこもりなどの働きたくない状況を作り出す原因は人間関係にあります。

しかし、転職すれば人間関係の問題は解決するケースが多い事をご存知でしょうか。

約9割が転職して良かったと回答

実は約9割もの社会人が転職して良かったと回答した調査結果があります。

【転職経験者に「転職してよかったですか?」】

転職して良かった具体的な理由も調べてみると、

1位:「給与がアップした」
2位:「人間関係が良くなった」
3位:「やりたい仕事ができた」

先ほどの退職理由の全てが転職によって解決出来ています。

関連記事:「転職が怖い」から行動しない方が不幸【恐怖を感じる原因と解消法】

つまりやらず嫌いがもったいない

つまりやらず嫌いがもったいないということ。

もっと言えば、行動すれば大半の問題は解決できます。
現職の人間関係に不満があって留まるより、環境を変えるだけで人生も変わります。

そのための「行動」がまずは必要と断言できます。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職サイト・転職エージェント3選

人と関わりたくない時の解決策3選【主婦・ニートも実践可】

悩む女性

「転職すれば人間関係も良好になるかもしれないけど、でも人とは関わりたくない。。人と関わらなくても生きていける(お金稼げる)解決策は何かない?」

ここからは人と関わりたくない時の解決策を解説していきます!

主婦やニート、大学生も実践可能なお金を稼ぐ方法をまとめていきます。
会社員の方であれば副業としても実践できる内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

【解決策1】株取引・トレーダー

人と関わらずお金を稼げる方法の代表格が「株取引・トレーダー」

当ブログ管理人も長年株取引を実践し、一つの銘柄で「+200万円以上」の取引益を出しています。

株トレーダーであれば、少額からでも取引可能です。
少ない額でロット数を増やせば、大きな金額を動かす事も可能です。

また、今なら「DMM FX」を新規で口座開設すると以下の通り「20,000円のキャッシュバック」を受ける事が出来ます。

【解決策2】ブログ(アフィリエイト)

会社員の副業としてもおすすめの「ブログ(アフィリエイト)」

当ブログ管理人も現在進行形で実践し、会社員ながら累計報酬は「600万円」を超えました。

ノーリスクで始められるのが最大のメリット。
スキルとセンスで会社員の月収以上を稼ぐことも可能です。

【解決策3】フリーランス

会社員ではなく自由な働き方を望む方は「フリーランス」

フリーランスなら人と関わらなくても自由に仕事を選べます。
自己の裁量によるため、働く場所や環境も選択肢の幅は会社員より遥かに増えます。

悩む女性

「何から始めたらいいか分からない!」

そんな方は、未経験からでも始められる「フリーランスエンジニア」もおすすめです。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめのエージェントサービス&案件情報サイト3選

  • フリーランスエンジニア認知度No.1の『レバテックフリーランス』|平均年収862万円!公開案件数は1万件を超えており高単価案件も多数掲載中。IT・Web求人からハイクラスITエンジニア、クリエイター案件まで幅広く扱う業界トップクラスの案件情報サイト。フリーランスエンジニアを生業にしたい方には必須のサービスです。
  • 15年以上のフリーランス支援実績を誇る『ギークスジョブ』|平均年収840万円以上!高額報酬&安定受注が魅力のITフリーランス専門エージェント。無料のセミナーも開催中でフリーランスエンジニア初心者はまずはギークスジョブのエージェントサービスを利用してフリーランスデビューすることをおすすめします。
  • 正社員並みの保障&福利厚生が魅力の『ミッドワークス』|最大の魅力は「給与保障制度」。月額契約単価の80%を日割りで受取可なので、安心して案件に取り組めるメリットがあります。高単価案件も多数掲載。フリーランスとして生計を立てたい方にはおすすめの案件情報サイトです。

働きたくないから楽な仕事に就きたい時の探し方

働きたくないから楽な仕事に就きたい時の探し方を解説していきます。

楽な仕事に就きたい時の探し方は『リクナビネクスト』を利用する方法です。

「リクナビネクスト」公式ホームページはコチラ!
【リクナビネクストの口コミ情報が気になる方はコチラをご覧ください】

関連記事:【楽な仕事の探し方】未経験でも転職可能な高収入も狙える見つけ方とは

まとめ:働き方は自らの行動で自由に選択可能

もう働きたくない!人と関わりたくない時の解決策に関する情報をまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・働きたくない原因の多くは人間関係
・でも人間関係は転職で解決できるケースが多い
・人と関わりたくない時はフリーランス転身が手っ取り早い
・楽な仕事の探し方は転職サイトを駆使して見つける

無料で手厚いサポートが受けられる!転職サイト・転職エージェント3選