給料安すぎて生活できない!という人の原因は2つ【解決策は転職する事】
落胆する人

「給料が安すぎる!このままじゃ生活ができない!この先どうしたらいいの?何か解決策があれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「給料が安すぎて生活できないと嘆く方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

・生活に困る原因を理解する
・支出の見直しで大事なのは「固定費の削減」
・収入を増やす方法が「副業」
・給料を上げる手っ取り早い方法が「転職」

あなたは、給料が安くて生活できないと嘆き続ける人生を送りたいですか?

生活に困ってしまうのには2つの原因があります。
この原因に対する解決策を講じなければ一向に生活の質を上げる事は不可能です。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今すぐ出来る対策から根本的な解決策まで網羅的に解説していきます。また、当ブログ管理人の支出状況も見せつつ具体的な改善策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!」

無料で手厚いサポートが受けられる!転職サイト・転職エージェント3選

給料安すぎて生活できない!という人の原因は2つ

まずはじめに生活に困る人の原因を見ていきます。

原因は以下2つのみです。

・支出が多い
・収入が少ない

あなたは毎月の収支をしっかり把握できてますか?

意外に把握していない人は多い。

経理業務で個人事業主の収支状況を確認する仕事があります。
その中で収入は把握出来ていても支出を細かく記帳できてる事業主は意外にも多いです。
(事業主で把握できてないので一般で考えたらもっと多いはず)

これらの原因を解決できなければ生活苦から脱する事は出来ません。

日本の貧困ラインは『127万円』

現実的なお話をします。
以下厚労省が公表する「貧困率の状況」という資料があります。

2018年の貧困線は『127万円』
簡単に言うと、あなたの現年収が127万円未満なら「給料が安すぎる」と判断しうるラインという事です。

そして、このラインに満たない世帯員の割合を示した「相対貧困率」は『15.4%』
実に100人中15人超が「給料安すぎて生活できない!」状況に陥っている事になります。

ただ、この指標は一部を除いた全都道府県が対象です。
さらに、算出方法が「等価可処分所得」、つまり手取り計算です。

つまり、東京在住の方は『127万円』よりもっと上が貧困ラインに相当する事は念頭に置いておいた方が良いでしょう

まずやるべきは『収支の見える化』

問題を解決するためには、まず原因がどこにあるのか?理解する必要があります。

そのためにもまずやるべきは『収支の見える化』です。

簡単な方法は「家計簿を付ける」
家計簿の最大の目的は『無駄な支出の削減』

会社からの給与明細を見れば収入は分かります。
しかし、支出は自身で何かに記帳しなければ把握する事は困難です。

なので、最大の課題が「支出の把握」にあります。

家計簿を簡単につけるアプリは多く出回っています。
その中でも特に記帳しやすく管理が便利なのが『マネーフォワード ME アプリ

生活できないと嘆く人の多くが、実際どんなものにお金をかけているのか?
支出をまったく把握していない事が原因の一つにあります。

まずは、収支の見える化から原因を把握。
そして、支出と収入の具体的な解決策へと取り組んでいきましょう。

支出の見直しで大事なのは「固定費の削減」

では、ここからは具体的に何をしたらいいのか?
支出と収入を改善する解決策について解説していきます。

まずは『支出』についてです。
タイトルにもある通り支出の見直しで大事なのは「固定費の削減」です。

「変動費」、つまり「食費」や「消耗品費」を節約するのも大事。
しかし、それ以上に大きな支出にまずはメスを入れていくのが経費削減の鉄則です。

なので、毎月大きな額が支出される「固定費」から見直していきましょう。

ここでご紹介するのは、大きな額になりがちかつ見直しやすい以下固定費についてです。

  • 大手携帯キャリアから格安SIMへ乗り換える
  • 賃貸なら家賃を抑える
  • 保険を見直すor解約する

大手携帯キャリアから格安SIMへ乗り換える

あなたは今、どの携帯キャリアを使っていますか?

もし、大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)なら『格安SIM』に乗り換えるだけで大きな節約に貢献出来ます。

私もソフトバンクからワイモバイルの格安SIMに変更した一人。
体験談として携帯使用料の変化(概ね)をまとめます。

【ソフトバンク時代の携帯代】
基本使用料:1,000円
パケット料:5,000円
オプション:1,000円
計:7,000円

電話もほとんどしない(電話したらした分だけ支出に加算)
ウェブも家の無線Wi-Fiを飛ばしていたのでスマホではほとんど調べない。

スマホの使用用途はLINEのみ(ホントに)
これで毎月7,000円の出費でした。

これが、格安SIMに乗り換えるとどのように変化したか?

【格安SIM時代の携帯代】
基本使用料:1,480円
オプション:200円
計:1,680円

乗り換えるだけで5,000円以上の節約に成功

未だに大手携帯キャリアを使用している方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。
以下オンラインで手続き完了すると豪華特典も付いてきます。

賃貸なら家賃を抑える

固定費の中でも特に額が大きいのが「家賃」

住む家の家賃相場は給料の1/3と言われていますよね。
例えば、20万円の給料なら家賃は約7万円までなら生活に困らない水準という事です。

しかし、家賃は何かを我慢すれば簡単に抑えられます。

・最寄り駅からの距離
・会社からの距離
・間取りや階層
・住む街

特に東京であれば街によって家賃相場は大きく変動します。
人気タウンとなればワンルームですら13万円以上する街も存在するほど。

こだわりを捨てれば支出は簡単に抑えられます。

保険を見直すor解約する

加齢や家族構成の変化で加入を検討する「保険」

保険は要は未来へのリスク回避。
不安があるから安心・保障のため商品(保険)に加入します。

しかし、大概は無駄な保険である事をご存知でしょうか。

代表的なのが「生命保険」
独身で会社員であれば保険に頼らなくても支払い能力は十分にあると考えられます。

また、既婚で子供がいる場合は死亡保険の加入は検討して良いかと思います。
万が一の事があった場合に子供に資産を少しでも残せるように配慮は合ってよいでしょう。

他にも加入していたことを忘れて無駄に払い続けるケースもあります。
定期的に現在の加入状況と保険料をリストアップし見直しを行うのが大切です。

収入を増やす方法でおすすめは「副業」

ここからは「収入」の改善策についてまとめていきます。

まず収入を増やす方法でおすすめは「副業」に取り組む事です。

当ブログ管理人も10年近く副業に取り組む兼業会社員です。
ここでは、実践してきた副業の中でも特におすすめの方法を2つご紹介していきます。

もし、会社が副業を禁止してる!という方はコチラをご覧ください。
給料を手っ取り早く上げる方法を詳しくまとめています。

WEBライティング

在宅で誰でも気軽に始められるおすすめの副業が「WEBライティング」

WEBライティングとは、発注者の指定するテーマに沿って記事を書くお仕事。
例えば、育児や医療、転職、ドラマ、体験記事などジャンルは多岐に渡ります。

つまり、あなたの今までの経験が報酬になり得る仕事です。

WEBライティングの仕事の受注は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」を使います

WEBライティングの仕事数は「3,035件」(2020年7月27日調査時点)

報酬は文字単価が基本で平均1記事2,000円前後が相場です。
ただ、中には1記事5,000円など高単価な仕事もあります。

難易度の高いジャンルほど報酬も高く設定されやすくなります。
一度探してみて挑戦できそうなテーマから取り組むのが良いでしょう。

ブログ(アフィリエイト)

当ブログ管理人が最も得意とする副業「ブログ(アフィリエイト)」

ブログのメリットは

・誰でも手軽に始められる
・パソコン1台で在宅で出来る
・頑張り次第で本業以上の収入も可能

副業には様々な種類の仕事があります。
プログラミングやせどり、ポイ活、FXに株式投資などなど。

どのジャンルでも要スキルやリスクがつきまといます。
さらに、得られる報酬にも限界があります。

つまり、手軽に始められる副業は少ないという事です。

しかし、ブログは違います。
ノーリスクでかつ取り組んだだけスキルとなり、報酬も本業以上となり得る。

少しでもブログに興味を持った方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ簡単な方法」をまずはご覧ください。

ブログのアフィリエイトについて網羅的に解説しています。
さらに、簡単に月1万ブログで稼ぐ方法も記述してますので、初心者の方も始めやすい内容となっています。

給料を上げる手っ取り早い方法が「転職」

忙しい人

「支出の見直しや収入を増やす方法は分かったけど、結局給料を上げる方法ってないの??」

ここからは肝心な給料を上げる手っ取り早い方法をまとめていきます。

最初に結論を言うと『転職』です。
転職する事で給料・年収は上がります。

当ブログ管理人も転職前年収500万円から現在1200万円まで飛躍しました。

これも全て転職のおかげです。
ただ、転職といっても「給料を上げるための転職」をしなければ目的は果たせません。

大事なのは以下3つです。

  • 給料の高い業界に転職
  • 転職時に年収交渉をやってもらう
  • 内定率アップにおすすめのサービス

給料の高い業界に転職

悲しいかな業界によって給料は大きく異なります。

これは、人の能力の良し悪しは関係ありません。
同じ能力にも拘らず、給料の高い業界に在籍しているというだけで差が広がってしまう実態があります。

以下データをご覧ください。

例えば「メーカー」の平均年収は『454万円』
最も低い「小売/外食」の平均年収は『351万円』

その差なんと『103万円』
業界が異なるだけで100万円以上の差が広がってしまっています。

これほど差が広がる原因は
・採用時のグレード(職位)と給与
・入社後の給与テーブルの仕組み(どれ位上がるか?)

つまり、入社時点で将来に渡りあなたの給料は決まっているという事。
業界によって給料の高い、低いが存在するという事。

そして、給料を上げたかったら給料の高い業界に転職するのが手っ取り早い方法という事です。

転職時に年収交渉をやってもらう

転職すれば全ての人が年収は上がるとは限りません。
基本的には前職年収をベースに見込み年収が算出されます。

しかし、転職時に年収交渉に応じてくれるサービスがあります。

それが『転職エージェント』

転職希望者本人が企業に対し年収アップは難しい交渉です。
しかし、転職エージェントは何十万人もの転職者を扱ってきたノウハウが蓄積されています。

また、求人企業との信頼関係も構築されています。
無理して労力を費やすより、プロに任せた方が手っ取り早いです。

転職エージェントのサービス利用は全て無料です。
使わない手はありません、情報収集の観点からも登録しておく事をおすすめします。

年収交渉で特におすすめは『リクルートエージェント

内定率アップにおすすめのサービス

内定を獲得出来なければ転職も出来ません。
特に面接は就職活動以来で苦手意識を持つ方も多くいます。

しかし、内定率アップにおすすめのサービスがあります。

それが、先にも登場しましたが『転職エージェント』

転職エージェントを利用する事で内定率アップはアップします(※)
さらに、転職後のアフターフォローも実施されるため、転職前後で多用できる便利なサービスです。

内定率アップには、最初の難所である書類選考。
そして、複数回に渡って実施される面接を乗り越えなければなりません。

特に、面接への対策が不十分で落とされる方も多くいます。
転職エージェントの中には、この面接対策に力を入れるサービスもあります。

私はこれまで10社の転職エージェントを利用してきました。
その中でも特に面接対策などサポートの質が高いと感じた3社を厳選してご紹介します。

3社全て登録しておけば、それぞれのメリットを享受できます。
複数社登録してもまったく問題ありませんので、並行して効率よく転職活動を進めましょう。

面接対策などサポートの質で選ぶならこの3社!

(※)転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】

まとめ:収支の把握が何より重要

給料が安すぎて生活できない原因と解決策をまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

【原因】
・支出が多い
・収入が少ない
【支出の見直し:固定費の削減】
・大手携帯キャリアから格安SIMへ乗り換える
・賃貸なら家賃を抑える
・保険を見直すor解約する
【収入を増やす方法:副業】
・WEBライティング
・ブログ(アフィリエイト)
【給料を上げる方法:転職】
・給料の高い業界に転職
・転職時に年収交渉をやってもらう
・内定率アップにおすすめのサービス

まずは、原因がどこにあるのか?把握する事が先決です。

そして、原因に対する適切な解決策を実施。
根本解決は給料を上げる事にあるため、転職を最終的には考えましょう。

業界を変えるだけで生活の質は上がります。
後はあなたの挑戦次第。勇気を出して最初の一歩を踏み出してみて下さい。

無料で手厚いサポートが受けられる!転職サイト・転職エージェント3選