給料が安いから転職を選ぶのは間違い?【退職理由と収入アップの方法】
落胆する人

「給料があまりに安い・・・転職したいけど、給料が低いから転職するのはあり?退職理由になってる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「現状給料が安く転職を考えている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①給料に不安があって転職する人の割合
②しかし現職に留まり続けた方がリスクあり
③年収アップの最短ルートは「転職」
④収入アップと所得を増やす3つの方法

「あと5万円給料が多かったら生活が豊かになるのに・・・」
現職の給料や年収に不満を抱く方は非常に多くいます。

しかし、ご存知でしょうか。
現職にそのまま留まり続けても人生が豊かになるどころかリスクになってしまう事を。。。

給料に不満があって転職する人の割合から年収アップの方法までエビデンスデータや当ブログ管理人の実体験をもとに情報を解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「今まさに給料や年収の低さに嘆き悲しむ状況であれば、今すぐ読んでみて下さい。何かのお役に立てるかと思います。」

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

給料が安いから転職を選ぶのは間違い?

転職活動中の女子

「給料に不満があって転職を選ぶのは間違い?」

早速この問いに答えていきます。
転職理由の上位内容から実際の転職活動時の退職理由の伝え方など以下順番で解説していきます。

  • 「給料」が転職理由になっている人の割合
  • 転職理由は「給与が低いから」と伝えてもよい?
  • 転職は「やりがい」or「お金」
  • 【体験談】年収アップに成功し変わった事

「給料」が転職理由になっている人の割合

まず「給料」が転職理由になっている人の割合を見ていきたいと思います。

人材紹介サービス大手「doda」が公表する「転職理由ランキング2019」
約10万人もの転職活動を行ったビジネスパーソンのデータから退職するきっかけとなった転職理由の最新ランキングが以下の通りとなっています。

1位:14.7%「他にやりたい仕事がある」
2位:11.0%「給与に不満がある」
3位: 9.7%「会社の将来性が不安」
4位: 8.0%「残業が多い/休日が少ない」
5位: 5.3%「専門知識・技術を習得したい」
6位: 4.2%「幅広い経験・知識を積みたい」
7位: 3.6%「土日祝日に休みたい」
8位: 3.6%「U・Iターンしたい」
9位: 3.5%「業界の先行きが不安」
10位:3.4%「市場価値を上げたい」

給料に関する理由はなんと2位にランクイン。
11%(10万人中1万1000人)もの人が給料の低さや待遇に不満を抱いて退職していった事がデータからも明白ですね。

つまり、給料の不満はあなただけではなく多くの人が抱える悩みという事です。
そして、実際に給料を理由に転職する人も多く、転職に成功しています。

では、ここで気になるのが転職活動時に転職理由を「給与が低いから」と伝えていいのでしょうか?

関連記事:【悲劇】割に合わない仕事は人生の幸福度を下げる話【即転職を推奨】

転職理由は「給与が低いから」と伝えてもよい?

転職活動中の女子

「退職したきっかけは前職の「給与の低さ」にあります。」

転職活動をすでに行っている人であれば気になる情報だと思います。「転職・退職理由の伝え方」

この情報については大手人材紹介サービス「リクナビネクスト」が以下のように回答していますのでご覧ください。

Q.現職の給与が低いので転職…退職理由として言っても平気?
現職の仕事内容には特に不満はないのですが、給与が低いため、転職を考えています。転職先には、この場合、面接等での退職理由を説明する場合に、正直に給与の低さに不満があったので、と説明したほうがいいのでしょうか。
A.問題ありませんが、説明には注意が必要です。
退職理由としては問題ありませんが、ただ単に「給与が低かったので」と伝えるのは、給与面だけに固執していると判断される恐れがあります。説明には注意が必要です。具体的な事例・データを挙げつつ、「業務で成し遂げた実績に給与が見合わなかったので」といった表現で伝えると、自己アピールにもなり、マイナスの印象を与えません。
また、「自分の人生設計と照らし合わせ、収入面でもより上を目指していきたい」といった表現で伝えるというのも一つの手です。

選考で落とされるほどではないが、説明の仕方が重要、とのことです。

伝え方次第で、面接官の受け止め方は異なります。
そのため、「ネガティブな印象」にならないのが伝え方のコツです。

時として面接は、「正直に答える」必要があります。
しかし、全部が全部正直に答えていては選考には進めません。

相手の受け止める印象を考えつつ、言葉を選んだり、説明の最後はポジティブに締めれる文脈になるように心がけましょう。

関連記事:【どこにも採用されない不安と理由】転職が上手く行かない人の特徴と対策3選

転職は「やりがい」or「お金」

転職する時に給料など「お金」を取るか、はたまた仕事の「やりがい」を取るか
悩まれる方も多くいます。

この議論については、私の考えですが「今の現状やケースによる」が答えです。
以下の状況では取るべき選択肢は大きく異なってきます。

  • 「新卒」「第二新卒」「独身」
  • 「結婚を考えている」「既婚者」
  • 「子供がいる既婚者」

あなたがまだ若く、独身で所帯を持っていないのであれば「やりがい」を取るべきです。

一方、すでに結婚していて子供もいる状況であれば「お金」を選択する事をおすすめします。

この転職時に「やりがい」を選ぶべきか、「お金」を選ぶべきかの理由や取るべき行動を以下関連記事で詳しくまとめています。
私の体験談も踏まえてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【体験談】年収アップに成功し変わった事

私は過去に1度転職を経験しています。

転職時の前職年収は500万円。
そして、転職して2年ほど経過し現在の年収は1,200万円まで跳ね上がりました。

転職して年収アップに成功し変わった事を体験談としてご紹介していきます。

まず生活にゆとりが生まれます。

例えば、食費を気にする事がなくなり、外食に出かける頻度も増えました。
また、ジムに通ったり、劇や日本舞踊など休日の過ごし方も経済的豊かさから今まで触れたことのないイベントへ気兼ねなく参加しています。

そして、最もメリットとして感じられるのは、年収の高さや勤め先のグレードによって「個人の信用」も増した点です。

これを実感できたのは家を借りる、もしくは買う時です。

借りる時は、借りる物件によって審査&条件があります。
年収がいくら以上で勤め先がどこなのか?必ず審査時に見られる条件ですが、ほぼほぼパス出来ます。

また、家を買う時もローンは組めます。

給料アップし年収が上がることで最も人の生活でメリットを感じられるのは「信用力」が増す事だと私は実感しました。

また、以下の関連記事では、前職を退職してから転職先に就職するまでの間の話。
さらに、仕事を辞める勇気が出ない原因などについてもまとめています、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:『仕事辞めたら人生楽しすぎ』は事実!【でも準備と対策が必要不可欠】

しかし現職に留まり続けた方がリスクあり

・転職理由の11%が「給与に不満」
・退職理由の説明はポジティブな印象を与えるように説明
・家庭がある人は給料アップに努めるべき

給料の安さに悩み苦しみ転職を選ぶ人はあなただけではありません。

もし、あなたが現職の給料に不満を抱いているのであれば転職は視野に入れた方が良いでしょう。
なぜなら、そのまま現職に留まっても未来がない可能性があるからです。

昇給や手当は企業の規程で定まっている

まず、基本給から給与がアップする方法には大きく分けて

・業績評価から決まる「昇給」
・役職に応じて支給される「手当」

上記に2種類が考えられます。
これらは全て企業が定める就業規則で金額や支給のタイミングが決められています。

つまり、金額が小さければ受け取れる給料も当然ですが小さくなります

大手企業や名だたる企業の場合、昇給は良くて「6,000円」
しかし、私の前職ITベンチャー企業は「2,000円」でした・・・

しかも、新卒入社した年は賞与が支給されず、賞与の額も退職年までずっと給与1か月分相当でした。

また、昇給も賞与もない企業も多く存在します。
そして、残酷な事に昇給や賞与がないのは法的には問題ないのをご存知でしょうか。

Q.10年間勤めていますが昇給も賞与も全くありません。違法では?
新卒で入社した会社では毎年定期昇給があり、賞与も年に2回出ていました。しかし、今の会社は転職して10年になりますが、昇給も賞与も全くありません。これは法律違反ではないでしょうか?
A.法的には問題ありません。
労働基準法では、「賃金は毎月1回以上、一定の期日を定めて」支払わなければならないと定められていますが、昇給や賞与に関する規定はありません。
一方、就業規則等で「○月に毎年昇給する」「○月に年1回賞与を支払う」などと定められていれば、会社にはその義務が発生します。ただ、注意が必要なのは、「会社の業績の著しい低下その他やむを得ない事由がある場合にはこの限りではない」といった但し書きがあるケース。この場合、「やむを得ない事由」があれば、会社は昇給や賞与の支給を行わなくてもよいということになります。勤務先の就業規則がどのようになっているか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

労働基準法では、昇給や賞与に関する規定はないようです。
さらに、企業独自に定めることが出来るため、労働者はそれに従う他方法はありません。

つまり、現職に留まり続ける事が実は給与の面ではリスクになっていると言えます。

関連記事:住宅手当は出ないのが当たり前?【家賃補助のある会社の探し方と転職方法】

業界によって年収の差は歴然

次に別の観点から見るために業界別の年収をご紹介していきます。

以下業種別年収ランキングをご覧ください。

1位 外資系金融(1,315万円)
2位 不動産(751万円)
3位 専門コンサルタント(716万円)
4位 生命保険・損害保険(699万円)
5位 証券・投資銀行(696万円)
※調査対象:2018年4月1日~2019年3月31日の期間中にマイナビ転職に掲載された求人の「モデル年収例」から平均値を算出

1位と2位の差は約600万円弱!
ここでお伝えしたいのは、業界によって年収モデルは大きな差が生まれている点。

つまり、年収の高い業界に転職した方が給料は上がりやすいと言えます。

関連記事:「転職が怖い」から行動しない方が不幸【恐怖を感じる原因と解消法】

年収アップの最短ルートは「転職」

業界によって年収は大きく変動します。
つまり、給料や年収に不満があるのであれば「転職」するのが年収アップの最短ルートです。

転職活動中の女子

「転職する事で年収も給料も上がりやすいのは分かったけど、何をしたらいいの?」

特に転職初心者の方が不安に抱く事。
それが「転職に向けて何をしたらいいか分からない」

闇雲に活動しても無駄に時間が過ぎるだけ。
さらに、内定獲得の為にはコツや準備、面接対策などやることは多岐に渡ります。

それら転職活動のサポートや内定率アップに尽力してくれるサービスがあります。
それが転職のプロと呼ばれる「転職エージェント」

転職エージェントは求職者に向けて、無料で書類の添削から面接対策、求人企業のアドバイスなど手厚いサポートを施してくれます

実際、転職エージェントを利用することで「62.7%」もの人が年収アップに成功したデータがあります。

つまり、転職エージェントの利用が年収アップの最短ルートと断言してもいいでしょう

ただ、今では転職エージェントの数は無数に存在します。
私も過去に10社ほど登録し活動していましたが、以下3社が特におすすめです。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

【今から出来る!】収入アップと所得を増やす3つの方法

転職活動中の女子

「転職も視野に入れているけど、今すぐ出来る収入アップの方法って何かないの?」

ここでは収入アップと所得を増やす3つの方法をご紹介していきます。

【方法1】副業する

今すぐ出来て収入をアップさせる方法の代表格は「副業」

・ライター
・ブログ
・プログラミング
・バイト
・YouTube

副業の種類は今では多岐に渡り存在します。
あなたに合った副業を探してチャレンジしてみて下さい。

私もブログに挑戦し学生の頃から始めてすでに累計報酬600万円を超えてしまいました。

おすすめの副業については以下関連記事で詳しく解説しています。
気になる方、始めてみたい方は参考にしてみてください。

【方法2】節約する

所得を増やしたいならおすすめの方法が「節約」

・水道光熱費の見直し&改善
・ネットやスマホなどインフラの見直し&改善
・家賃(固定費)の見直し&改善
・食費の見直し&改善

現状の費用を見直す事で所得は増やせます。
まずは、家計簿を付けて「費用の見える化」に努めましょう。

見える化によって「無駄な費用」が見えてきます。
使わなくて良いもの、散在して使ってしまったものを徹底的になくし費用を抑える考えです。

家計簿を付けたことがない方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

関連記事:給料安すぎて生活できない!という人の原因は2つ【解決策は転職する事】

【方法3】残業する

収入を増やすもう一つの方法が「残業」

残業手当が支給される企業に限定されますが、手っ取り早い収入を増やす方法です。

残業はしたくない!
そんな方は手当支給の多い会社や大企業を選びましょう。

中小・ベンチャーより大企業の方が給与面でも優遇されます。

まとめ:年収アップのカギは転職活動時の業界選定

記事のポイントをまとめると

・転職理由の11%が「給与に不満」
・現職に留まっていても給与の不満は改善されない
・給料、年収の高い業界に転職する事で悩みは解決される
・転職には転職エージェントの利用が必須
・つまり、転職エージェントを利用することが悩みを解決する最短ルート

給料の安さを不満に思う人は非常に多くいます。

しかし、不満を抱えるだけで行動に移さなければ問題は一向に改善されません。
なぜなら、現職の給与体系は全て就業規則で定められており、頑張っても上限が決まっているからです。

給料の不満を改善したいのであれば「転職」の他方法はありません。
そして、給料や年収の高い業界に転職するのが最もおすすめです。

そのための「転職エージェント」が大きな力となってくれます。

後はあなたの行動次第。
最初の一歩を踏み出す事で望む環境やライフスタイルが待っています。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選