一点集中型の人に向いてる適職10選【求人の探し方と向いてない仕事も解説】
パソコンを操作する人

「昔から“一点集中型”と呼ばれているけど適職、一つのことに集中できる仕事はありますか?向いてない仕事も分かれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「一点集中型に向いてる適職を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 一点集中型の特徴から適職を分析
  2. 一点集中型の人に向いてる適職10選
  3. 一点集中型に向いてる適職の探し方
  4. 一点集中型の人に向いてない仕事の特徴

男性脳とも呼ばれる「一点集中型」

ことビジネスにおいて一点集中は強み。
なぜなら、飛躍的な成長に「選択と集中」は欠かせないからです。
(出典:アリババジャパン「あれこれ手を広げない、やることを絞る(一点集中)」

その一方で向いてない仕事もあります。
強みと弱みの両面を理解したうえで適職を選ぶのが賢明だといえます。

一点集中型の人に向いてる適職と向いてない仕事の特徴まで詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「一点集中型に向いてる適職、一つのことに集中できる仕事の探し方もまとめていきます。周囲から一点集中型と呼ばれ適職を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

一点集中型の特徴から適職を分析

「一点集中型」とは何なのでしょうか?
はじめに一点集中型の特徴から適職を分析していきます。

まず一点集中型の意義素を調べてみると、

複数の物事の中から特定の物事を選んで、それに注意を向けること

まさに「選択と集中」の典型例ともいえます。
対義語には同時進行や分散といった拡散の意味が込められています。

さらに一点集中型の性格特徴を、診断テストを用いて分析。
得られた結果から長所と短所を解析すると、以下の特性が見えてきます。

長所短所
一点集中型 ・集中力が高い
・判断力が高い
・ケジメがある
・主張を曲げずに貫く
・言動に一貫性がある
・ひとつの仕事を最後まで行う
・融通が効かない
・柔軟性がない
・思い込みが強い
・視野が狭くなりやすい
・しばしば協調性に欠ける
・共感能力が低くなりがち

これらの分析から一点集中型の人に向いてる仕事の種類は以下のようになります。

  • 抽象的ではなく具体的な仕事
  • ジェネラリストではなくスペシャリスト
  • 専門スキルを活かし最後まで完遂させる仕事

器用貧乏ではなく多芸は無芸といったところでしょうか。
これらに合致した一点集中型の人に向いてる適職を次章にまとめていきます!

一点集中型の人に向いてる適職10選

ここから一点集中型の人に向いてる適職10選をまとめていきます!

分析の結果から向いてる適職は以下の通りとなります。
これら一点集中型の人に向いてる適職の仕事内容や特徴を順番に解説していきます。

一点集中型の人に向いてる適職10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. Webライター
  5. 動画クリエイター
  6. 製造系エンジニア
  7. 研究員
  8. ゲームクリエイター
  9. ブロガー
  10. 寿司職人

【仕事1】ITエンジニア

まず1つ目の向いてる仕事が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム基盤を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の急速な進歩は、ITエンジニアが産業をけん引。

すなわちITエンジニアは、重要な産業に携わる需要の高い必要不可欠な人材だといえます。

さらにエンジニアは完全実力主義の世界。
学歴関係なく、スキルさえあれば活躍できる仕事です。
(出典:日経クロステック「スキルレベルの学歴差は小さい」

つまり、一点集中型の人に相応しい適職といえます。
一つのことに集中できる仕事を選ぶなら、まずはITエンジニアを目指すとよいでしょう。

そんなITエンジニアに転職したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事2】Webデザイナー

2つ目の向いてる仕事が「Webデザイナー」

クリエイティブ職の定番ともいえる職業。
Webメディアのデザインやデータ分析を担当します。

Webデザイナーもエンジニアと同じく実力主義の世界。
スキル重視型で学歴関係なく成果物で評価される仕事です。

ちなみにWebデザイナーは女性に人気で制作現場も女性が多い印象。
(出典:手に職をつけたい女性必見!物を作るものづくり系仕事おすすめ10選

クリエイティブ職で食べていきたい一点集中型の方におすすめの仕事です。

そしてWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削や関連サービスは評判が高いおすすめのサービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならオンラインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

また、スキルを習得すればフリーランスとしての活動も可能です。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事3】経理

3つ目の向いてる仕事が「経理」

管理部門の中でも数字・会計のエキスパート。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

つまり、ジェネラリストではなくスペシャリスト向きの仕事です。

経理に求められるのは強力なコミット力。
使命感と責任感なくして経理の仕事は務まりません。

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事4】Webライター

4つ目の向いてる仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

WebライターもWebデザイナーと同じくクリエイティブ職。
高い集中力と最後までやり遂げる粘り強さが素質として求められます。

つまり、一点集中型には向いてる(一つのことに集中できる)仕事の一つといえます。

また発注者との取引はすべてオンライン完結。
評価が上がって、報酬単価が上がれば会社員の年収以上の収入も実現可能です。

完全未経験からでも始められるのが特におすすめです。
Webライターの仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用がおすすめです。

しかし完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのためにWebビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事5】動画クリエイター

5つ目の向いてる仕事が「動画クリエイター」

Web上の動画コンテンツを編集・配信する仕事。
代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

動画作成にはスキルと経験が求められます。
最後までやり遂げる持続力と高い集中力も必要な仕事です。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。
(出典:サイバーエージェント「2020年国内動画広告の市場調査」

つまり、動画編集の仕事は今後も需要が高まる仕事の一つ。
動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』公式ホームページはこちら!

【仕事6】製造系エンジニア

6つ目の向いてる仕事が「製造系エンジニア」

「ものづくりエンジニア」とも呼ばれる仕事。
具体的には自動車や半導体、IoTなど製造業に携わるエンジニアになります。

職種は生産技術や生産管理などの技術職が主。
高い技術力とやり遂げる責任感が人材には求められます。

つまり、一点集中型には適職といえる仕事です。
細かな技術が求められ、繊細かつクリエイティブな素質も求められます。

技術経験者で製造系エンジニアへの転職希望なら「メイテックネクスト」の利用が最もおすすめです。

製造系エンジニアの転職サポート実績No.1。
求人情報は常時10,000件を超え大手企業からベンチャーまで幅広く扱う転職支援サービスです。

『メイテックネクスト』公式ホームページはこちら!
【メイテックネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事7】研究員

7つ目の向いてる仕事が「研究員」

企業(製造やメーカー)の商品開発や教育機関に携わる仕事。
日夜新商品の開発や既存商品のアップデート・マイナーチェンジを担います。

また新商品開発にあたってはトレンドの収集も必須。
世の中の消費者ニーズの汲み取り・分析を行うのも重要な業務の一つです。

つまり、専門スキルを活かしたスペシャリスト(一点集中型)に向いてる仕事といえます。

大学院卒の方で研究員への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」の利用が最もおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)
研究員向けの転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

『アカリク転職エージェント』公式ホームページはこちら!
【アカリク転職エージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

院卒以外の方であれば業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用が最もおすすめです。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事8】ゲームクリエイター

8つ目の向いてる仕事が「ゲームクリエイター」

ゲームクリエイターとは主に以下の職種を指します。
「ゲームエンジニア」「ゲームプランナー」「シナリオライター」「サウンドクリエイター」

ゲーム開発の企画から制作までを担える仕事。
つまり、好きを仕事にできる人気の職種の一つになります。

最近では先端技術の発達でARやVRの活用が主流に。
最先端の技術を取り入れながら、顧客に夢と希望を与えるのも重要なミッションの一つです。

ゲームクリエイターに転職したい方は「シリコンスタジオエージェント」の利用がおすすめです。

ゲーム会社の仕事数は2,000件以上と業界最多クラス。
業界最強のマッチング力で未経験でも転職支援を行うおすすめのエージェントサービスです。

『シリコンスタジオエージェント』公式ホームページはこちら!
【シリコンスタジオエージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事9】ブロガー

9つ目の向いてる仕事が「ブロガー」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅で、外出することなく一人で仕事を完結させられます。

つまり、1日のスケジュールも自由に設計できる仕事になります。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は600万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能。
ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、自由とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログを1年継続する確率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるから。
(出典:総務省「ブログの実態に関する調査研究」

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事10】寿司職人

10つ目の向いてる仕事が「寿司職人」

「飯炊き三年握り八年」
そんな長い歳月をかけて修行する寿司職人。

有名寿司店に就職すれば握ることさえ教えてはくれません。
(板前の握る姿を見て業を盗む時代が残っています)

そんな集中力と飽きない探求心が寿司職人には必要な素質。
つまり、一点集中型で何にもぶれない一貫性を持つ人材が向いているといえます。

関連記事:海外に行ける仕事がしたい!おすすめ職業15選【海外勤務を実現する方法と注意点】

一点集中型に向いてる適職の探し方

ここまで一点集中型の人に向いてる適職を解説してきました。

仕事に悩む人

「一点集中型の適職は分かったけど、どうやって探せばいい?仕事の探し方も教えてほしい!」

ここでは一点集中型に向いてる適職の探し方についてもご紹介していきます。

【探し方1】自己分析から強みを客観的に把握

まず行うべきは「自己分析から強みを客観的に把握」

日本には「17,209種類」もの職業があると公表されています。
つまり、適職に巡り合えない確率のほうがはるかに高いことが分かります。

仕事の向き不向きを一つずつ調べるのが現実的ではありません。
まずは、己の強み・得意なことを客観的に把握することが優先事項です。

仕事できる人は自分が勝てる場所(仕事)を常に選んでいます。
強みを活かせる仕事を選んだほうが適職に出会える確率は上がります。
(参考:仕事できない人ほど非効率な生き方を選びがちな話【勝てる場所を選ぶのが正解】

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【探し方2】仕事選びはその道のプロに相談が賢明

そして「仕事選びはその道のプロに相談が賢明」

自己分析から強みが把握できれば強みを活かせる仕事を探しましょう。

仕事を探す際にも闇雲に求人を見ても非効率。
あなたのキャリアを客観的に評価し適切に求人紹介するサービス利用が賢明です。

そのサービスというのが転職のプロ「転職エージェント」です。

転職エージェントの役割は求人の紹介だけではありません。
内定獲得に向けた対策(面接、書類)やセミナー開催など多彩なコンテンツが準備されています。

これらサービスの利用はすべて無料。
登録者には一切の費用がかからずに内定獲得まで利用出来ます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
転ばぬ先の杖としても転職エージェントを使い倒してください。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【探し方3】情報をもとに転職サイトを使って探す

自力で探したい方には「情報をもとに転職サイトを使って探す」

  • 「キャリアコーチングに頼るのも億劫になる。」
  • 「転職エージェントに紹介されずとも自力で求人を探したい。」

なかには上記のような人もいます。
そんな方は、自力で探せる転職サイトの利用は向いています。

特におすすめの転職サイトは「リクナビネクスト

業界最大級の求人情報を保有し常時5万件を掲載。
大手リクルートグループが運営する転職決定数No.1の転職サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

一点集中型の人に向いてない仕事の特徴

  • 一点集中型の人に向いてる適職
  • 適職の探し方と自己分析のやり方

一点集中型の適職について情報をまとめてきました。

適職があれば向かない仕事もあります。
それは、一点集中型の長所や強みを活かせない仕事。

仕事の向き不向きを理解しはじめて天職に近づきます。

どんな仕事が一点集中型には向かないのか?
具体的に一点集中型の人に向いてない仕事の特徴を解説していきます。

【特徴1】マルチタスクになりがちな仕事

まず1つ目の特徴が「マルチタスクになりがちな仕事」

マルチタスクとは複数の作業を同時に行うこと。
対になる意味には、シングルタスクと呼ばれる方法があります。

そして、一点集中型の短所に融通の利かなさや柔軟性への懸念が挙げられます。

一つのことをやり遂げることに強みを持つ一点集中型。
柔軟さが問われるマルチタスクという進め方には全く不向きといえます。

つまり、一つのことに集中するシングルタスクが一点集中型には向いています。

ちなみに生産性の観点からみてもシングルタスクの方が効果的。
マルチタスクをやめた瞬間、生産性は10倍になったという報告もあるほどです。
(出典: リクナビNEXT「生産性10倍に?!「シングルタスク」に切り替える方法」

マルチタスクになりがちな仕事は以下の通り。
一点集中型にとってこれら仕事の選択は避けるのが無難です。

マルチタスクになりがちな仕事

  • 事務職
  • ディレクター
  • マーケティング

関連記事:仕事でミスが多いから辞めたい?なら転職が正解【理由とミスばかり連発する原因】

【特徴2】コミュニケーションを生業とする仕事

次なる特徴は「コミュニケーションを生業とする仕事」

「男性脳=シングルタスク」、「女性脳=マルチタスク」
このように脳科学的にも男女の行動には違いがあるとされています。

違いが生まれた背景には、人間の進化が絡むと心理学者は説きます。

男性の主な仕事が猟に出かけることだった頃。男性が狩りに成功するためには、一つの獲物に集中しなければなりせんよね。あちらこちらに注意がそれては、獲物に逃げられてしまいます。また、女性の場合は育児をしながら、掃除や洗濯などの家事をしなければなりません。同時にしなければならない仕事が、女性たちにはたくさんあったわけです。

つまり、目的脳が男性で共感脳が女性。
女性のほうがコミュニケーションは得意だといえます。

一点集中型になりがちな男性は目的重視型。
コミュニケーションを生業としない環境において力を発揮します。

コミュニケーションを生業とする仕事とは以下の通り。
一点集中型にとってこれら仕事の選択は避けるのが無難です。

コミュニケーションを生業とする仕事

  • 営業
  • 接客・販売
  • お笑い芸人

関連記事:接客業に向いてない人の特徴5選【辞めたいほど辛いストレスなら即転職】

【特徴3】自由度が低くペースを乱される仕事

そして3つ目の特徴が「自由度が低くペースを乱される仕事」

一点集中型の強みは「高い集中力」

他にはない最後までやり抜く突破力が強みです。
強みを活かせる環境に身を置くことが一点集中型の適職だといえます。

ただ集中力を発揮できるのには、一部で生まれ持った特性も関係しています。

それはADHDやアスペルガー症候群などの「発達障害」
発達障害には、興味のある事に対して人並み以上に集中を持続させることが示唆されています。
(出典:リクルートワークス研究所「職場における発達障害グレーゾーン研究会」

つまり、集中力を阻害しうる環境は向かないということです。

自由度が低くペースを乱される仕事とは以下の通り。
一点集中型にとってこれら仕事の選択は避けるのが無難です。

自由度が低くペースを乱される仕事

  • 保育士
  • 教師・教育者
  • 看護師・介護士

関連記事:【ADHDの天職】ADHDで転職はやめとけ!その理由と向いてる仕事の見つけ方

まとめ:一点集中型の人に向いてる適職=一つのことに集中できる仕事

一点集中型の人に向いてる適職と仕事の探し方に関する情報をまとめてきました。

改めて一点集中型の人に向いてる適職をまとめると、

一点集中型の人に向いてる適職10選

  1. ITエンジニア
  2. Webデザイナー
  3. 経理
  4. Webライター
  5. 動画クリエイター
  6. 製造系エンジニア
  7. 研究員
  8. ゲームクリエイター
  9. ブロガー
  10. 寿司職人

「一点集中型の人に向いてる適職」は「一つのことに集中できる仕事」

仕事選びで迷ったらプロのキャリアコーチングがおすすめ。
自己分析から自己の強みと向いてる適職を把握することが可能です。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

効率よく求人紹介&選考対策に取り組みたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)