転勤のない仕事の探し方とおすすめ職業5選【転勤の目的と多い業界の特徴】
落胆する人

「転勤のない仕事に就きたい!探し方やおすすめの職業ってあるかな?転勤によるライフスタイルへの影響はもう避けたい。」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「転勤のない仕事の探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①転勤のない仕事の探し方
②転勤のない仕事でおすすめ職業5選
③そもそもなぜ会社は転勤させるのか
④転勤のリスクを回避する対処法

当ブログ管理人も転勤(都会から田舎へ単身赴任)の経験があります。

だからこそ分かる。
転勤ほど辛く、苦しいライフスタイルの変化はありません!

家族や恋人のため、または転勤族を辞めたい。
そんな方々に転勤のない仕事の簡単な探し方とおすすめの職業をエビデンスを用いて詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「転勤ほど影響力の大きい社内イベントはありません。下手したら家庭不和も招きます。なぜ社員に転勤を指示するのか?転勤の目的や多い業界の特徴まで網羅的にご紹介していきます。ぜひ参考にしてください!」

転勤のない仕事の探し方

早速転勤のない仕事の探し方を解説していきます。

結論をまず述べると「転職サイト」を使って探していきます。
数ある転職サイトの中でも特におすすめの転職サイトは「リクナビネクスト

『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

なぜ、リクナビネクストがおすすめなのか?
他転職サイトとの比較から分かるリクナビネクストの強みや利用するメリットまでまとめていきます。

転職サイト比較表

まず転職サイト比較表をまとめます。

今回比較する他の転職サイトは以下5つのサービス。

・doda
・キャリアカーバー
・ビズリーチ
・Re就活
・type転職エージェント

大手から特定の領域に特化するサイトまで幅広く選定。

そして、比較する情報は「公開求人数」「転勤なしの求人数(※1,2)」「転勤なしの求人のうち上場企業の数(※3)」「転職サイトのジャンル」「特徴・強み」

上記の条件のもと比較表を以下作成しました。
(2020年10月1日調査時点の内容)

求人サイト比較表公開求人数転勤なしうち上場ジャンル特徴・強み
リクナビネクスト44,344件6,011件
(13.6%)
755件
(12.6%)
総合型転職者の約8割が利用の転職決定数No.1
doda60,665件6,122件
(10.1%)
498件
(8.1%)
総合型圧倒的求人数(非公開含め約10万件)
キャリアカーバー54,214件356件
(0.7%)
23件
(6.5%)
ハイクラス
特化型
完全無料のハイクラス転職サイト
ビズリーチ41,656件368件
(0.9%)
1件
(0.3%)
ハイクラス
特化型
国内最大級のハイクラス転職サイト
Re就活8,425件438件
(5.2%)
19件
(4.3%)
20代特化型20代が選ぶ転職サイトNo.1
type転職8,263件6件
(0.1%)
0件
(0.0%)
総合型リクナビNEXTエージェントランキング2位

(※1)サイト内のキーワード検索および働き方から選択した求人数
(※2)括弧内は「公開求人数」で割った求人保有割合
(※3)括弧内は「転勤なし求人数」で割った求人保有割合

比較情報から分かる強み・特徴

上記の比較情報から分かるリクナビネクストの強み・特徴は「転勤なしの求人割合は業界トップクラス」

リクナビネクストの転勤なし求人数は「6,011件」
同じく大手のdodaが「6,122件」と僅かにdodaに軍配が上がる結果に。

しかし、注目すべきは求人保有割合。
リクナビネクストが「13.6%」と転職サイトの中でも特に多い割合を示しています。

つまり、掲載される求人の中から「転勤なし求人」を最も探しやすい転職サイトと言えます。

\限定求人が約85%!/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

さらに上場企業の求人情報も多い

さらに、リクナビネクストは転勤なし求人のうち上場企業の求人情報も業界最多を誇ります。

リクナビネクストの求人数は「755件」
ハイクラス特化型で有名なキャリアカーバーでも「23件」に留まる結果に。

つまり、転勤なし求人の数や割合だけでなく「質」についても充実していることが分かります。

\転職決定数No.1!/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

信頼と実績を積み上げるリクナビネクスト

『転職者の約8割が利用の転職決定数No.1』
それが、リクルートグループ運営の「リクナビネクスト」

さらに、利用者数は916万人(※)を突破し毎月増加傾向にあります。

実績だけでなく転職希望者に信頼される業界トップクラスの転職サイトになります。

\利用者満足度No.1!/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

(※)引用元:転職ならリクナビネクスト

転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリットについてです。

利用する最大のメリットは「マイペースに自身の希望に沿った求人が探せる点」

転職活動でまず始めるべきは「求人探し」
求人を探す方法には、転職サイト利用以外に「転職エージェント」や「ハローワーク」「直接応募」などが挙げられます。

ただ、転職エージェントは対人コミュニケーションが必須。
マイペースに求人探しや転職活動を進められないケースがあります。

ハローワークは求人の質に問題があります。
(なぜなら、無料で求人を掲載できるため、質の低い企業が集まりやすい)

さらに、直接応募は非効率です。
探す手間、応募する手間、やり取りの手間を考えると相当な労力が必要です。

一方、転職サイトは「希望に沿った求人」を「的確」かつ「短時間に」「自身のペースで」探し当てることが可能です。

「これから本格的に転職活動を始めたい方」だけでなく「とりあえず始めてみたい方」にもおすすめの手段です。

『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

転勤のない仕事でおすすめ業界5選

ここからは転勤のない仕事でおすすめ業界をご紹介していきます!

まず、おすすめの選定方法についてですが、以下条件のもと選びました。

転勤のない仕事でおすすめ業界の選定方法


①:主観的情報(感想や口コミ)は一切用いない
②:客観的情報(求人情報)のみ用いて選定
③:②の求人情報は業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント「リクルートエージェント」が公開する求人情報(96,328件)から選定
④:選定方法は「転勤なし求人(44,686件)」が多い上位5位をおすすめ業界としてランキング化

上記の条件に従って選定したおすすめ業界5選が以下の通りです。

順位業界求人数求人保有割合※
1位IT・通信14,999件33.6%
2位WEB・インターネット10,725件24.0%
3位不動産・建築7,590件17.0%
4位コンサルティング4,761件10.7%
5位機械・電気4,369件9.8%

※転勤なし求人数で割った割合

転勤のないor少ない業界の特徴

ランキングから特におすすめは「IT・通信業界」
転勤なしの求人数は「約15,000件(33.6%)」と業界最多の結果となりました。

次いで2位は「WEB・インターネット業界」で「10,725件(24.0%)」
保有割合が20%を超えるのは「IT・通信」と「WEB・インターネット」業界のみ。

これらのランキングから転勤のないor少ない業界の特徴は人員を全国に配置しなくてもサービス提供が可能な点が挙げられます。

IT・通信やインターネットがその最たる業界です。
サービスを提供する上で、リアル店舗を持たず、全国展開の必要性もありません。

また、従業員は本社機能に集約させるだけで完結できるサービスがほとんどです。
そのため、ランキング上位の業界は、転勤のない仕事が多い事がうかがえます。

おすすめの職種は「エンジニア」

そして、IT・WEB関連の仕事でおすすめの職種は「エンジニア」
全国を飛び回る営業職や店舗異動の多いサービス業と違い、転勤も少なく本社で開発業務に専念できます。

エンジニア職に転職したい方は転職エージェント「レバテックキャリア」が最もおすすめです。

常時1万件以上のエンジニア関連の求人を保有。
エンジニア経験者であれば利用者のうち約60%が年収アップも実現しています。

『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

一方で転勤の多い仕事・業界の特徴

一方で転勤の多い仕事・業界の特徴は何があるのでしょうか?

まず、転勤の多い仕事を同じくリクルートエージェントの求人情報から算定すると意外な答えが見えてきました。

それは「人材業界」です。

求人情報公開求人数転勤なし求人数差分
人材業界13,941件(14.5%)4,141件(9.3%)9,800件(-5.2%)
IT・通信業界28,782件(29.9%)14,999件(33.6%)13,783件(+3.7%)
WEB・インターネット業界16,062件(16.7%)10,725件(24.0%)5,337件(+7.3%)

人材業界の転勤なし求人数は「4,141件」
転勤なし求人割合に対する公開求人割合は『5.2%』と業界の中でも最も減少しています。

参考までに転勤なしの求人が多い「IT・通信」「WEB・インターネット」は、割合がプラスに転じてます。

つまり、転勤なしの求人の方が公開求人全体で見ても少ない事になります。

なぜ、人材業界はこれほど転勤なしの求人が少ないのか?
求人内容を調べてみると「全国勤務の営業職」を募集する求人が多く見受けられます。

さらに、最近では人材業界最大手のパソナグループが地方創生の一環で本社機能を兵庫県淡路島に移転。

対人ビジネスは全国に人員を配置しなくては成り立たないビジネスです。
機動的な配置転換も余儀なくされ、“会社とともにある”思想がなければやりがいすら見出すのは難しいでしょう。

関連記事:【営業職が辛い】辞めたいほど向いてない時に取るべき行動は転職一択

そもそもなぜ会社は転勤させるのか

転勤のない仕事と多い仕事の業界についてまとめてきました。

ここで気になるのは、そもそもなぜ会社は転勤させるのかということ。

転勤の目的や辞令に対する拒否の可否。
そして、私自身の転勤体験談と転勤の強いてのメリットも解説していきます。

転勤の目的とは

転勤の目的について見ておきたいと思います。

「独立行政法人 労働政策研究」から以下の「企業における転勤の実態に関する調査」で公表されています。

1位:66.4%「社員の人材育成」
2位:57.1%「社員の処遇・適材適所」
3位:53.4%「組織運営上の人事ローテーションの結果」
4位:50.6%「組織の活性化・社員への刺激」
5位:42.9%「事業拡大・新規拠点立ち上げに伴う欠員補充」
6位:41.2%「幹部の選抜・育成」
7位:32.5%「組織としての一体化・連携の強化」

最も多い目的が「社員の人材育成」で「66.4%」
次いで「社員の処遇・適材適所」で「57.1%」と並びますが、どれを見ても会社の都合のように思えますね。

つまり、会社のサービス拡充、売上拡大を戦略的に実行すべく従業員の配置転換(人事戦略)が行われているのです。

決して、従業員のために転勤が行われている訳ではありません。
中小企業以上に大企業の方が突然転勤を命じるケースがあります。

関連記事:大企業が合わない人の特徴10選【安定を好まない人は向いてない!】

転勤を命じられたら拒否できない?

そして、最も気になるのが転勤を命じられたら拒否できないのかどうか。

結論から述べると「基本的にはできない」が答えです。
その理由は、企業が有する権利「人事権」にあります。

「人事権」は、最も広義には、労働者を企業組織の構成員として受け入れ、組織のなかで活用し、組織から放逐する一切の権限を指す。より狭義には、「人事権」とは、採用、配置、異動、人事考課、昇進、昇格、降格、求職、解雇など、企業組織における労働者の地位の変動や処遇に関する使用者の決定権限を指していると考えられる。

つまり、労働者の転勤の是非は企業組織に法定権限があるということになります。

ただし、人事権の「権利濫用」と判断されるケースもあります。
厚労省が公表する以下過去に行われた裁判例でも明らかとなっています。

転勤命令について、業務上の必要性がない場合又は業務上の必要性がある場合であっても、他の不当な動機・目的から転勤命令がなされたとき、もしくは転勤命令が労働者に対し通常受け入れるべき程度を著しく超える不利益を負わせるものであるときには、当該転勤命令は権利の濫用になる。(最高裁第二小法廷 昭和 61 年7月 14 日判決)

動機が不明確かつ労働者の生活を侵害する行為は、人事権の乱用にみなされます。

が、しかし総じて転勤命令が下されたら従う他ありません。
なぜなら、日本企業特有の「日本的雇用システム」を尊重する背景が根付いているからです。

配置転換(転勤)に関する判例は他にも多数挙がっています。
(直近だと2019年に起きたカネカ問題「育休明けの転勤命令」が記憶に新しい)

それほど、労働者と企業間での問題が多発しており、折り合いがつかない無理やりな指示が多いということになります。

関連記事:地方から都会に転職・就職は難しい?【注意点と5つの具体的行動】

【体験談】転勤ほど辛く困難に感じる辞令はない

※転勤ほど辛く困難に感じる辞令はありません。
当ブログ管理人も転勤(単身赴任)の経験があります。

非常に辛く、心細い思いもしました。
もし、あなたも結婚していて単身赴任という扱いで転勤になった場合。

離婚危機に追いやられる可能性も高まります。
詳しくは以下関連記事で体験談と情報をまとめています、ご覧ください。

また、私だけでなく世論も転勤に対して困難を感じる会社員は多いです。

【現在の会社での転勤経験に照らして困難に感じること(正社員5,827人を調査)】

転勤で困難に感じることがあるかを調べて調査結果。
「ある」と答えた項目ごとの割合は以下の通りです。

29.3%:「結婚しづらい」
32.4%:「子供を持ちづらい」
53.2%:「育児がしづらい」
65.8%:「進学期の子供の教育が難しい」
68.1%:「持ち家を所有しづらい」
75.1%:「介護がしづらい」
※「そう思う」と「ややそう思う」の合計

介護など今までできていたことが出来なくなる物理的問題が特に影響は大きいです。

さらに、見知らぬ土地に転勤となった場合。
親族や知り合いもいなければ育児は非常にしづらくなります。

あらゆる理由・ライフスタイルで男女ともに転勤への配慮を求める社会人は多いことがうかがえます。

関連記事:勤務地が不満で転職したいあなたに【対処法と具体的な解決行動3選】

転勤のメリットは人間関係(環境)のリセット

では、転勤は悪なのか?メリットは全くないのか?
強いて転勤のメリットを挙げるなら「人間関係(環境)のリセットが可能」

・馬の合わない上司
・劣悪な職場環境
・やりがいのない仕事

これらのネガティブな環境をリセットすることが可能です。
新しい環境でリスタートできれば努力次第で自身の理想とする環境が築けます。

他にも転勤は幹部候補を育てる目的で現場経験を積ませる目的もあります。
さらに、転勤を受け入れることで年収がアップするケースもあります。

独身で転勤によって地方勤務になっても何ら問題ない。
そんな方はかえって好都合な場合もあるため、臨機応変に対応するのが得策といえます。

関連記事:職場の人間関係で孤立し毎日が怖いあなたに【原因と4つの対処法】

転勤のリスクを回避する対処法は「会社選び」にあり

落ち込む人

「住む場所は自分で選びたい!転勤に振り回されない働き方がしたい!」

転勤は良くも悪くも人生を一変させる重大イベント。
人のライフスタイルをがらりと変える強力な威力を有します。

断固として転勤を拒否したい方、避けたい方。
このような方々に転勤のリスクを回避する対処法を解説します。

結論は「転勤に寛容な会社を選ぶ」ことです。

例えば、
・勤務エリアを限定する「地域限定社員制度」
・希望する勤務地での就労を認める「希望勤務地制度」

さらに、SOMPOひまわり生命による画期的な取り組みもある。
ライフスタイルの変化(出産・育児・病気等)で転居を伴う転勤が出来ない時に2回まで免除する制度「転居転勤免除制度」

以上のように転勤に寛容な会社を選べば転勤のリスクは未然に防げます。

そのためにも会社選びは重要になってきます。
そして、会社選びの時に役立つサービスが「転職エージェント」

あなたのライフスタイルに合わせて希望に沿った求人(企業)を紹介してくれます

転職エージェントは現在まで多くのサービスがリリースされています。
私も転職活動時に10社ほど利用しましたが、その中でも特に質の高いサービスを受けられる3社を厳選しご紹介します。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選

まとめ:転勤のない仕事は必ず見つかる!

転勤のない仕事の探し方とおすすめ職業について情報をまとめてきました。

記事のポイントをまとめると

・転勤のない仕事は転職サイトを使って探す
・転職サイトの中でもリクナビネクストがおすすめ
・転勤のない仕事でおすすめ業界は「IT・通信」
・一方でおすすめしない業界は「人材」
・転勤のリスクを回避する対処法は「転勤に寛容な会社を選ぶこと」

「転勤」は人の人生に大きな変化をもたらす大イベントです。

良くも悪くも影響を受けます。
そして、辞令が出て転勤になったら基本的には拒否出来ません。

しかし、私自身の体験談でも綴りましたが、結婚していて新婚や子供がいる家族は転勤に対して慎重に考えましょう。

状況によっては離婚危機のリスクも高まります。
その後の家族関係にも大きな影響さえ与えてしまいます。

そのような状況にならないための仕事選び・会社選びは重要です。
転勤のない仕事は転職サイトを使えば、必ず見つかります。

転勤のリスクを未然に防ぎ、好条件の企業を見つけるためにも常に求人のチェックは賢い行動と言えます。

『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】