女性向け資格なしでも稼げる仕事20選【高卒でも高収入を狙える職業一覧】
お金を稼ぐ女性

「女性が資格なしでも稼げる仕事なんてあるのかな?どんな職業が高収入なのか教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「資格なしでも稼げる仕事を探している女性の方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 女性向け資格なしでも稼げる仕事20選
  2. 女性向け稼げる仕事(資格なし)の特徴
  3. 女性向け稼げる仕事の選び方に迷った時の対処法

結論、女性でも資格なしで稼げる仕事はあります。
なぜなら、女性の活躍できる環境(仕事)が増えているから。

ただし稼げる仕事には必ず「稼げる」理由があります。
さらに資格なしかつ未経験で稼げる仕事なら「裏」があります。

つまり、いい話には必ず光と影があるということです。

資格なしでも稼げる女性におすすめの仕事をタイプ別に詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「女性向け稼げる仕事の選び方に迷った時の対処法もまとめていきます。今まさに資格なしでも稼げる仕事を探している女性の方は、ぜひ参考にしてみてください!」

女性向け資格なしでも稼げる仕事20選

早速女性向け資格なしでも稼げる仕事20選をまとめていきます!

本記事では以下3つのタイプに分けて解説していきます。
(以下クリックすると知りたい情報から読み始められます)

【正社員編】女性向け資格なしでも稼げる仕事10選

まず正社員就業が対象の女性向け資格なしでも稼げる仕事10選についてです。

「正社員」「女性」「資格なし」「稼げる」
これらに該当する適切な仕事を選定するにあたり条件を設定します。

仕事選定の条件

  • 正社員の平均給与以上を稼げる仕事
    (⇒ 国税庁調べから496万円以上の仕事)
  • 女性がなりたい人気の高い仕事
    (⇒ doda調べから仕事満足度が高い仕事)
  • 学歴不問かつ男女関係なく活躍できる仕事

条件に合致した職業が以下の通りです。
順番に職業の仕事内容や特徴など情報をまとめていきます!

【正社員編】女性向け資格なしでも稼げる仕事10選

  1. Webデザイナー
  2. ITエンジニア
  3. 経理
  4. 人事
  5. 研究開発
  6. ゲームクリエイター
  7. Webマーケター
  8. 動画クリエイター
  9. 営業(IT関連)
  10. 編集者

【仕事1】Webデザイナー

まず1つ目の仕事が「Webデザイナー」

デザイン関連の仕事は女性の就業率が4割超え。
専門的・技術的職業従事者の平均も超える女性活躍の職業といえます。
(出典:内閣府「職業における女性の進出」

その中でも特におすすめの仕事が「Webデザイナー」
Webメディアのデザインやデータ分析を担当する女性に人気の仕事。

Webデザイナーをはじめクリエイティブ職は実力主義の世界。
スキル重視型で性差も学歴も関係なく、成果物で評価される仕事です。

つまり、女性に人気かつ資格なしで稼げる仕事の一つだといえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのエージェントサービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならオンラインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事2】ITエンジニア

次に2つ目の仕事が「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなITエンジニアもWebデザイナーと同じく完全実力主義の世界。
男女関係なく、スキル次第で活躍できるフィールドは高みを目指せます。

またスキルと年収が相関する点もエンジニアの魅力の一つです。
(出典:経産省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

つまり、女性が資格なしで稼ぐに最適な仕事だと断言できます。

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事3】経理

3つ目の仕事が「経理」

管理部門の中でも数字・会計のエキスパート。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

また経理の仕事は全産業にとって欠かせない業務。
経理スキルを身につければ、食いっぱぐれないスキルとして活かせます。

さらに収入アップを期待し経理にキャリアチェンジする女性は6割超え。
職種の中でも最も高く、稼げる仕事の一つに認識されていることが分かります。
(出典:エン・ジャパン「キャリアチェンジ」

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事4】人事

4つ目の仕事が「人事」

会社の顔ともいわれる人事のメイン業務は採用活動。
人を採用し、社員の労働環境を改善することがミッションです。

一人前の社員となるよう研修等も行うため、人の成長とともに人事も成長できるやりがいがあります。

またdodaの仕事満足度ランキングでも5位と高評価。
つまり、女性にとって満足度の高い仕事の一つが人事だといえます。

人事の仕事に興味がある、求人紹介を受けたい方は「パソナキャリア」の利用が最もおすすめです。

オリコン顧客満足度にて3年連続1位を獲得。
専任キャリアアドバイザーが面接対策から書類添削まで手厚くフォローしてくれます。

『パソナキャリア』公式ホームページはこちら!
【パソナキャリアの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事5】研究開発

5つ目の仕事が「研究開発」

既存サービスの改良や新商品のリリースに欠かせない研究開発。
研究開発を経て新商品の企画に移るケースも多く製造業などモノづくりには欠かせない仕事です。

また女性研究者の数は、政府の支援もあり年々増加しています。
(出典:科学技術・学術政策研究所「各国・地域の女性研究者」

女性研究者の活躍は経済社会の再生・活発化に繋がるとされています。
つまり、女性の活躍できる環境が研究開発にはあるということです。

大学院卒の方で研究職・研究機関への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

『アカリク転職エージェント』公式ホームページはこちら!
【アカリク転職エージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

院卒以外の方であれば業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用が最もおすすめです。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事6】ゲームクリエイター

6つ目の仕事が「ゲームクリエイター」

ゲーム開発の企画から制作までを担える仕事。
ゲーム好きにとっては天職ともいえる仕事になります。

そんなゲーム業界は男女関係ない実力主義の世界。
実際、ゲーム業界大手の採用状況をみると女性の採用割合は『45%』

男女の扱いはフラットな傾向がみられます。
また女性目線でのマーケティングも強みとして活かされています。

つまり、女性でも資格なしで活躍できる環境がゲーム業界にはあるということです。

ゲームクリエイターに転職したい方は「シリコンスタジオエージェント」の利用がおすすめです。

ゲーム会社の仕事数は2,000件以上と業界最多クラス。
業界最強のマッチング力で未経験でも転職支援を行うおすすめのエージェントサービスです。

『シリコンスタジオエージェント』公式ホームページはこちら!
【シリコンスタジオエージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事7】Webマーケター

7つ目の仕事が「Webマーケター」

Webマーケター最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築までWebを使ったマーケ施策を担います。

そんなWebマーケターは女性の働き方に向いているとの意見が多く見受けられます。

理由の一つが「脳科学の観点からみる親和性」
共感脳を持つ女性ならではの視点でマーケ領域は親和性が高いとされています。
(出典:Wantedly「どうしてWebマーケティングが女性に向いているのか」

つまり、Webマーケターは女性の強みや働き方を活かせる仕事の一つといえます。

Webマーケターの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事8】動画クリエイター

8つ目の仕事が「動画クリエイター」

Web上の動画コンテンツを編集・配信する仕事。
代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な仕事です。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は今後も需要が高まる仕事の一つ。
かつ女性特有の強み(感性)を活かしつつ稼げる仕事の一つだといえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

動画編集の案件は日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」の利用が便利です。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題のオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

就職・転職だけでなく副業やフリーランス転身にも役立つ!
現役クリエイターが教える実践スキルを9コース200講座以上から学び放題のwebスキルスクールです。

\オンライン200以上の講座が学び放題!/
『Cucua』公式ホームページはこちら!

【仕事9】営業(IT関連)

9つ目の仕事が「営業(IT関連)」

企業が誇る商品やサービスの価値を売上に変換する仕事。
すべての産業で営業は必要な仕事で、高いコミュニケーション能力が問われます。

そしてIT関連の営業職の需要は好調です。
(出典:doda「転職市場予測2021下半期 営業」

なぜなら、IT関連のビジネス需要が伸びているから。
求人ニーズも高まり、経験次第で高収入も実現可能性は高いといえます。

営業に転職したい、興味がある方は「いい求人net」の利用がおすすめです。

20代、30代向けの営業職専門の転職支援サービス。
営業経験者や未経験者の方でも経験豊富な専属コンサルタントが徹底サポートしてくれます。

『いい求人net』公式ホームページはこちら!
【いい求人netの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事10】編集者

そして10つ目の仕事が「編集者」

報道・メディア関連に携わる仕事。
具体的にはメディア記事、新聞、出版、雑誌の編集、印刷物の校正など。

時代を先読みする収集能力と感性を活かせる仕事です。
ファッション雑誌などは華やかな業界で女性にも人気の高い仕事だといえます。

求人サイト「リクナビネクスト」を利用すればメディア関連の求人約200件を閲覧可能です。

約5万件の求人情報を常時掲載する利用者数No.1求人サイト。
無料会員登録後には限定求人も閲覧できる業界トップクラスの転職支援サービスになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【フリーランス編】女性向け資格なしでも稼げる仕事5選

次にフリーランスの女性向け資格なしでも稼げる仕事5選についてです。

「フリーランス」「女性」「資格なし」「稼げる」
これらに該当する適切な仕事を選定するにあたり条件を設定。

仕事選定の条件

  • スキル次第で高収入(月50万超)も狙える仕事
  • 女性がなりたい人気の高い仕事
  • 学歴不問かつ男女関係なく活躍できる仕事

条件に合致した職業が以下の通りです。
順番に職業の仕事内容や特徴など情報をまとめていきます!

【フリーランス編】女性向け資格なしでも稼げる仕事5選

  1. フリーランスデザイナー
  2. フリーランスエンジニア
  3. フリーランスコンサル
  4. Webライター
  5. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

【仕事1】フリーランスデザイナー

まず1つ目の仕事が「フリーランスデザイナー」

会社に属さずフリーで活動するデザイナーのこと。
フリーランスデザイナーの需要は年々増加傾向にあります。

なぜなら、コロナ禍で外出が減りEC利用が伸びているから。
(出典:経産省「電子商取引に関する市場調査」

結果EC事業に携わるWebデザイナーの需要も増えています。
実際、フリーランスのWebデザイナーの平均収入は「約600万~800万円」

豊富なスキルや経験を持つデザイナーなら1200万円以上稼いでいる方もいるようです。
(出典:Workship「女性フリーランス10人に聞いた!人気の職業と仕事のリアル」

フリーランスデザイナーの仕事を探すなら「レバテッククリエイター」の利用が最もおすすめです。

常時1,000件以上のデザイン案件を保有するサービス。
利用者満足度は『92.6%』と人気の高いフリーランス向け案件提案サービスです。

『レバテッククリエイター』公式ホームページはこちら!
【レバテッククリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならオンラインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験からWebデザイナーへの転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える転職サポート付きの優れたサービスです。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事2】フリーランスエンジニア

2つ目の仕事が「フリーランスエンジニア」

会社に属さずフリーで活動するエンジニアのこと。
フリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向にあります。
(出典:フリーランススタート「ITフリーランス人材及びITフリーランスエージェントの市場調査を公開」

実際、業界の平均年収は高くMidworks調べで「700~1,000万円」
それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

つまり、女性もスキル次第で活躍できる仕事だといえます。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験者がフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、完全未経験からフリーランス転身は難しいのが実情。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事3】フリーランスコンサル

3つ目の仕事が「フリーランスコンサル」

企業への助言業を務めるのがコンサル。
ファームや事業会社から独立しフリーで活動するのがフリーランスコンサル。

フリーランスコンサルに転身する最大のメリットは働き方の柔軟さ。

フリーランスコンサルの柔軟な働き方

  • 必ずしも常駐が必須ではないため働き方は自由
  • プロジェクト単位で動くため休暇を取りやすい
  • スキルや経験があれば高単価案件の参画も容易にできる

上記だけでなく特にメリットを感じるのは「報酬」

報酬(給与)は在籍時の1.2~2倍がフリーコンサル業界のスタンダード。
(出典:アクシス「ファーム在籍者が意外と知らない「フリーコンサル」のメリット」

なぜこれほどの報酬が得られるのか?
需要が高く、コンサルも会社が存続する限り普遍的な将来性のある仕事だからです。

フリーランスコンサルになるには、まずエージェント登録が必要です。
(コンサル経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
紹介できる案件や福利厚生などのサービスメリットがそれぞれ異なります。

会社員並みの福利厚生やサポート体制が充実しています。
フリーランスに興味がある方、コンサル経験がある方は一度面談してみてはいかがでしょうか。

高額案件多数!フリーランスコンサルへの転身におすすめエージェントサービス3選

【仕事4】Webライター

4つ目の仕事が「Webライター」

Webメディアのライティングを担当する仕事。
発注者の依頼通りにライティングを行います。

最近では主婦など片手間に仕事した人の需要が増加しています。
また案件のジャンルも様々で、内容によって自身の経験を活かすことも可能です。

つまり、未経験からでも始められる人気の仕事の一つ。
Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)の利用がおすすめです。

しかし完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのためにWebビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

【仕事5】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

そして5つ目の仕事が「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」

この配達を請け負うのがUber Eats 配達パートナー。
システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事。

そんなUber Eats 配達パートナーの報酬体系は基本料金+インセンティブ。
(具体的には報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

中には月収100万円も超える強者もいるほど体を動かしながら稼いでいます。
(出典:abema times「ウーバーで最高月収100万超のリアル」

また最近では「可愛すぎるUber Eatsガール」が話題を呼んでいます。
そのため、女性も活躍できる仕事の一つとして認知されつつあるといえます。

これほど稼げる最たる理由は市場の拡大。
日本だけでなく世界的にもデリバリー市場は拡大傾向にあります。
(出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング「フードデリバリーサービスの動向整理」

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

女性でも実践できて資格なしで稼ぎたい方。
フリーランスという形態で副業としても取り組みたい方におすすめです。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

【主婦&完全在宅編】女性向け資格なしでも稼げる仕事5選

そして完全在宅で主婦向け資格なしでも稼げる仕事5選についてです。

「主婦」「女性」「資格なし」「稼げる」
これらに該当する適切な仕事を選定するにあたり条件を設定。

仕事選定の条件

  • 完全在宅で隙間時間にも稼げる仕事
  • 女性がなりたい人気の高い仕事
  • 学歴不問かつ男女関係なく活躍できる仕事

条件に合致した職業が以下の通りです。
順番に職業の仕事内容や特徴など情報をまとめていきます!

【主婦&完全在宅編】女性向け資格なしでも稼げる仕事5選

  1. 在宅コールセンター
  2. ブロガー
  3. ユーチューバー
  4. オンラインアシスタント
  5. シェアリングビジネス

【仕事1】在宅コールセンター

まず1つ目の仕事が「在宅コールセンター」

サービスや商品に関する電話応対がメインの仕事。
電話を受けてパソコンを使って受電内容や商品の説明など行います。

基本コールセンター業務にはマニュアルが完備されています。
未経験からでも始められるため、特別なPCスキルも専門スキルも不要です。

最近では在宅にいながら自由に働けるコールセンターも人気を集めています。
そのコールセンターを探すなら「リクナビネクスト」が特に人気の求人サイトです。

「コールセンター」で調べれば1500件前後の仕事を扱っています。
転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気求人サイトになります。

\利用者数No.1求人サイト/
『リクナビネクスト』公式ホームページはこちら!
【リクナビネクストの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事2】ブロガー

次に2つ目の仕事が「ブロガー」

個人でブログを運営し広告収入を得るビジネス。
完全在宅で、外出することなく一人で仕事を完結させられます。

つまり、1日のスケジュールも自由に設計できる仕事になります。

当ブログ管理人もブロガーの一人。
10年以上のキャリアがありこれまでの累計報酬は600万円を超えています。

なので会社に雇われなくても生活していくことは十分可能。
ブロガーに興味がある方は「アフィリエイトで月1万円稼ぐ方法」をご覧ください。

しかし、自由とはいえ成功するには継続が重要です。
なぜなら、ブログを1年継続する確率は30%、3年にもなれば0.3%に留まるから。
(出典:総務省「ブログの実態に関する調査研究」

すなわち、ブログ運営には継続力が何より問われる仕事だといえます。

さらにブログ運営にWebマーケティングのスキル習得は必須。
一からスキル習得に励みたい方は、Webマーケター養成スクールの受講がおすすめです。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたおすすめマーケター養成スクール3選

【仕事3】ユーチューバー

3つ目の仕事が「ユーチューバー」

動画を撮って編集しYouTube上にアップする人のこと。
収益化の条件をクリアすれば、再生数等に応じて広告収入を得られるビジネス。

また顔出ししなくてもビジネスとして成立します。
声だけ、自然の映像美や風景など企画次第で投稿内容は無限大。

つまり、完全在宅で主婦でも隙間時間に作業することが可能です。

ユーチューバーになるにはまずは動画編集のスキルが必須。
動画編集の仕事でも紹介したオンラインスクール「Cucua(ククア)」の受講が特におすすめです。

関連記事:儲かる仕事おすすめ12選!10年後の未来でも儲かる職業と衰退業界の違いも解説

【仕事4】オンラインアシスタント

4つ目の仕事が「オンラインアシスタント」

オンライン上で業務をサポートする仕事。
家にいながらネットを活用し業務を行うスタイルになります。

自宅が仕事場になるため、理想のライフワークを実現できるメリットがあります。

また仕事の進め方は複数人のチーム制。
協力して仕事をオンライン上で進めるため、短時間からのシフトも可能。

つまり、主婦向けの完全在宅勤務可能な融通の利きやすい仕事だといえます。

バックスタッフ経験者は歓迎される領域です。
(ECサイト運営、HPの作成、イラスト作業も歓迎)

オンラインアシスタントの仕事探しなら「フジ子さん」の利用がおすすめです。

関連記事:オンラインでできる仕事のおすすめ14選と求人の探し方【未経験&在宅可を紹介】

【仕事5】シェアリングビジネス

そして5つ目の仕事が「シェアリングビジネス」

時代はモノの「所有」から「共有」へ。
プラットフォームを介し個人間でモノをシェアする経済活動のことを「シェアリングエコノミー」

インターネットの普及により誕生した新しい経済圏。
シェアリングビジネスはその経済活動の一つに分類される仕事になります。

様々なシェアリングビジネスが誕生する中、おすすめなのは「物置」

家の空きスペースを物置として提供するビジネス。
借りたい人は、置きたい場所を選べばあとは荷物を預けるだけ。

つまり、新しい荷物預かりの仕組みを提供するシェアリングサービスになります。

家の空きスペースを有効活用したい方は「モノオク」から始めましょう

関連記事:【未経験OK】家で出来る仕事人気ベスト10を正社員&主婦向けに徹底調査

女性向け稼げる仕事(資格なし)の特徴

ここまで女性向け資格なしでも稼げる仕事をタイプ別に解説してきました。

仕事に悩む人

「仕事の種類は分かったけど、資格なしで稼げる仕事にはどんな特徴があるのかな?仕事選びの参考にしたい!」

ここでは女性向け稼げる仕事(資格なし)の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】昔に比べて女性でも稼げる仕事の種類は増えている

まず1つ目の特徴が「昔に比べて女性でも稼げる仕事の種類は増えている」

賃金構造基本統計調査をみても男女間の賃金格差は依然として大きいです。

しかし、女性の賃金に焦点を当てれば近年は増加傾向にあり。
理由として女性の総合職採用の割合が高まったことが一つ考えられます。
(出典:大和総研調査季報「SDGs達成に向けた課題と展望」

雇用形態だけでなく社会的な要請も背景としてあります。
実際、今後付加価値の向上に女性の存在は欠かせないという意見が多数挙がっています。

つまり、昔に比べても女性の働く環境は自由度が増しているといえます。
個人のスキルや経験が評価され、その結果高収入につながっていることが分かります。

関連記事:手に職をつけたい女性必見!物を作るものづくり系仕事おすすめ10選

【特徴2】資格なしで稼ぐにはスキル(技術力)習得が必要

次に2つ目の特徴が「資格なしで稼ぐにはスキル(技術力)習得が必要」

本記事の「稼げる仕事」は正社員の平均給与以上と定義しています。

稼げる仕事に就く人は市場価値が高いから稼げます。
市場価値が高いとは、客観的な評価が高い人を指します。

客観的な評価で分かりやすいのが「資格」
ただし、資格なしで稼げる仕事をするには他の市場価値が必要になります。

その稼ぐために必要な市場価値というのが「スキル」
実際、スキルと年収は相関することが経産省より公表されています。

つまり、資格なしで稼ぐにはスキル習得が必須だということ。
スキルがなければ高収入の稼げる仕事に就くことは難しいことを意味します。

関連記事:高収入を狙える仕事がしたい!おすすめ職種15選【正社員&無資格も厳選紹介】

【特徴3】高収入な職業ほど資格や実務経験を有する

3つ目の特徴が「高収入な職業ほど資格や実務経験を有する」

先ほど客観的な評価で明瞭なのが「資格」だと説明しました。

資格があればどれほど市場価値は高くなるのか?
政府公表の賃金構造基本統計調査から高年収順にランキング化してみると、

順位職種平均年収
1位医師1,233万円
2位航空機操縦士1,192万円
3位大学教授1,051万円
4位公認会計士・税理士1,043万円
5位弁護士1,029万円
6位大学准教授862万円
7位記者822万円
8位不動産鑑定士778万円
9位歯科医師757万円
10位大学講師708万円

上位すべての職業は国家資格または学歴が必要な仕事です。
市場価値が高ければ稼げるようになるのはランキングからも明確といえます。

つまり、資格なしで挑戦するにはスキルなど需要の高い技術が必要。
客観的に評価できる市場価値を高めるための努力が稼げる仕事へとつながります。

関連記事:頭を使う仕事でおすすめ職種8選とその理由【もし苦手で向いてない人は転職推奨】

【特徴4】資格なしで稼げるようになるには時間がかかる

4つ目の特徴が「資格なしで稼げるようになるには時間がかかる」

資格を取るまでにも一定の時間がかかります。
これと同じで稼げるようになるまでにも時間はかかります。

実際、スキルが高いエンジニアほど勉強時間は長くなる傾向にあります。
(出典:経産省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

具体的にはどれくらいの時間がかかるのか?
女性に人気の仕事で、未経験から稼げるようになるまでの学習期間を示すと、

仕事(概要)学習期間難易度キャリア
Webライティング
(企業のサイトで執筆)
1か月/すぐに成果出る★★☆☆☆ライター、講師、本の出版
Webデザイン
(企業のサイトデザイン)
3か月くらい★★★☆☆フリーランス
プログラミング
(サービス開発・業務効率化)
半年くらい★★★☆☆エンジニア、講師、フリーランス
ブログ
(サイトを作り広告で稼ぐ)
1か月/成果は半年後★★★★☆ブロガー、ユーチューバー
マーケティング
(コンサル的な仕事)
1年以上★★★★☆起業、フリーランス

(参考:YouTube動画

上記はあくまで目安、スタートラインに立つまでの期間です。
本当の勝負はその後であり、その後も勉強し続けスキルアップの必要はあります。

関連記事:20代女性に人気の仕事ランキングTOP5!おすすめの転職サイトも6つ紹介

【特徴5】資格なしかつ未経験で稼げる仕事には裏がある

そして5つ目の特徴が「資格なしかつ未経験で稼げる仕事には裏がある」

スキルなし、資格なしで未経験可の仕事も当然あります。

ただ稼げるとしたら何かしたら裏があると考えたほうがいいです。
例えば、残業が多い、ワークライフバランスが悪い、ノルマがきついなど。

ノースキルで未経験を募集するということは「人員数」を欲している証拠です。

実際、転職サイトのリクナビネクストで調べても明らかです。
「未経験可」「資格なし」「年収501万円以上」で検索すると目立つのが「反響営業」

求人数の半分以上が営業職の仕事となっています。
営業はノルマ&対面必須で向かない人には苦痛な仕事です。

つまり、迂闊に未経験の仕事に飛びつくのは賢明ではありません。
身につけたいスキルを明確にし、向いてる仕事をしっかり調べたうえで選ぶようにしましょう。

関連記事:【厳選】ノルマのない仕事5選!辛い数字のストレスで辞めたい方必見

女性向け稼げる仕事の選び方に迷った時の対処法

仕事に悩む人

「資格なしで稼げる仕事の特徴は分かったけど、どんな仕事が私には向いてるのかな。。」

「資格なしで稼げる仕事に挑戦したい。」
「でも何から始めたらいいのか分からない。」
「向いてる仕事も何か分からないので困っている。」

そんな方に!ここでは女性向け稼げる仕事の選び方に迷った時の対処法についてご紹介していきます!

【対処法1】まずは副業から始めて試してみる

まずは副業から始めて試してみることをおすすめします。

なぜなら、仕事の向き不向きはやってみないと分からないから。

お試しでやってみて向き不向きを判断するのが賢明です。
そして「副業」から始めるのが、最も手軽かつ堅実な方法だといえます。

転職や就職など「職を変える」となると相当な労力と時間を要します。

しかも職を変えたのに向いてなかったら本末転倒。
再び転職する羽目にもなりかねませんので、まずは副業から始めましょう。

副業で女性に人気の仕事をしてみたい方は「ReWorks(リワークス)の利用がおすすめです。

在宅勤務可能なフルリモート求人を揃える求人サイトNo.1。
フルリモートワークにキャリアチェンジしたい方にも適した転職支援サイトです。

関連記事:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

【対処法2】キャリア選択のプロにアドバイスもらう

そしてキャリア選択のプロにアドバイスもらう方法も有効です。

「副業してもいまいちピンとこない。」
「誰かに相談してアドバイスもらいながらキャリアを明確にしたい!」

「餅は餅屋」という言葉があります。
言葉の通り、悩んだら「その道のプロ」に相談するのが賢明です。

その道のプロとは「キャリアコーチング」

キャリア選択に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法3】転職のプロに就業難易度を確認する

キャリアが明確になり転職活動を意識し始めたら転職のプロに就業難易度を確認するのもよいでしょう。

転職のプロとは「転職エージェント」

あなたの理想のキャリアに沿って求人を紹介してくれます。
求人紹介だけでなく就業難易度や市場動向など分析データももらえます。

本格的に転職活動を始めなくても情報収集の一環で転職エージェントを利用するのもあり。

なりたい自分に近づくための行動は早いに越したことはありません。
将来のキャリアを明確にし、理想の働き方を手に入れられるかはあなた次第です。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:女性向け資格なしで稼げる仕事はあるけど選び方が重要

女性向け資格なしでも稼げる仕事に関する情報をまとめてきました。

改めて女性向け資格なしでも稼げる仕事をまとめると、

女性向け資格なしでも稼げる仕事20選

  1. Webデザイナー
  2. ITエンジニア
  3. 経理
  4. 人事
  5. 研究開発
  6. ゲームクリエイター
  7. Webマーケター
  8. 動画クリエイター
  9. 営業(IT関連)
  10. 編集者
  11. フリーランスデザイナー
  12. フリーランスエンジニア
  13. フリーランスコンサル
  14. Webライター
  15. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  16. 在宅コールセンター
  17. ブロガー
  18. ユーチューバー
  19. オンラインアシスタント
  20. シェアリングビジネス

女性向け資格なしで稼げる仕事はあります。
ただそれ以上に、仕事の選び方が重要になってきます。

なぜなら、稼げるのには理由があるから。
向かない仕事についても稼げない可能性は高いといえます。

つまり、自身の強みと仕事の特徴との相性が合ってはじめて稼げるようになります。

まずは自身の強みや将来のキャリアを明確にしましょう。
明確にすることで自ずと向いてる仕事、やりたい仕事は見えてきます。

将来のキャリア選択に迷ったらプロに相談するのがおすすめです。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選