【INFPの適職12選】特徴と強みからINFP型の向いてる仕事・職業を分析
疲れた女性

「MBTIの診断結果が『INFP型』だったんだけど適職はある??「適職ない」と情報を見かけるけど、向いてる仕事はないの?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは、「MBTIでINFP型と診断され適職を探している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

①INFPの特徴と強みから向いてる仕事を解説
②【INFPの適職12選】強みを活かす働き方
③INFPの弱みから向かない仕事とは

“仲介者型”とも呼ばれるMBTIのタイプの一つ「INFP」

MBTIを調べたことがある方ならご存知の方も多いはず。
それは、INFPが「社会不適合」や「生きづらい」などネガティブワードで頻繁に検索されていることを。

しかし、INFPにも強みがあります。
強みや特徴を活かした適職や向いてる仕事は必ずあります。

INFP型の特徴と強みから適職の紹介だけでなく弱みから向かない仕事も詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「INFPとしての働き方、輝ける場所を模索している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

INFPの特徴と強みから向いてる仕事を解説

まずINFPの特徴と強みから向いてる仕事を解説していきます。

INFPの意味と特徴

最初に基本情報もかねてINFPの意味と特徴をまとめます。

INFPとはMBTI診断結果の一つ。
内向 (Introverted)、直観 (Intuitive)、感情 (Feeling)、知覚的態度 (Perceiving) の頭文字を取った4文字(INFP)で表現されています。

MBTIで用いられる4つの心理的側面を表す軸と2つの極の関係性については以下図が分かりやすいです。

・E.外向 or I.内向(エネルギーの方向)
・S.感覚 or N.直観(知覚の方法)
・T.思考 or F.感情(判断の方法)
・J.判断的態度 or P.知覚的態度(外界との接し方)

4×2=16通りのタイプを性格診断できるのが「MBTI」
心理学の3大巨頭「ユング」が提唱するタイプ論をもとに研究開発された心理検査となります。

そして、INFPの特徴(タイプ)は「仲介者型」

仲介者型は一般的に繊細で思いやりがあり情け深いので、周りの人を癒やす存在であることが多いでしょう。何をするにも独創的で嘘偽りない姿勢で取り組み、締め切りが柔軟な仕事を好みます。自分の中に深い意味や真実を見つけることに興味があり、社会の期待に応えるよりも、自分自身に正直でありたいと考えています。しかし他人を批判することはなく、誰もが自分の道を見つけ、それに従うべきだと信じています。

利他主義で繊細な批判を好まないタイプ。
でもどこか抜けていて理想に走りがちなクリエイティブ気質の持ち主といえます。

関連記事:HSPに向いてる仕事36選【長所を活かした適職の探し方と働き方を解説】

MBTIの4つの指標から特徴を分析

次にMBTIの4つの指標を用いて特徴を分析していきます。

INFPは4つの指標の頭文字を取って表現されています。
それぞれの表す要素は異なり、掛け合わせることで「INFP型」独自の特徴を導きだすことが可能です。

それでは、4つの指標の意味と要素を以下の通りまとめます。
(参考情報として極にあたる「ESTJ型」も記載します。)

【INFP型】 I.内向 N.直観 F.感情 P.知覚的態度
要素 ・大勢より少数
・一人の時間が必要
・趣味に凝る
・心の内面を意識
・理想主義者
・現在より将来
・大局観で抽象的
・ひらめきを重視
・感情的
・影響を受けやすい
・好きか嫌いか
・周囲の反応が気になる
・マイペース
・計画が苦手
・フレキシブル
・優柔不断
【ESTJ型】 E.外向 S.直感 T.思考 J.判断的態度
要素 ・少数より大勢
・仲間との時間が必要
・進んで人と関わる
・周囲との関係を意識
・現実主義者
・未来より現在
・局部的で具体的
・経験を重視
・論理的
・意志が強い
・正しいかどうか
・結論の正否が気になる
・規律正しい
・期限を守る
・物事に白黒つける
・決断が得意

上記の要素から導き出せるINFPの特徴は、

・ひらめきで得た概念や仮設を感情で判断する繊細な理想主義者(Fi)
・自身の価値観を優先し他者の価値観も同様に尊重する共感力の高さ(Fi)
・思いやりはあるもマイペースで集団生活が苦手なため勘違いされやすい(Fi)
・好奇心旺盛で物事の捉え方は大局的かつ関連性を見つけ出すのが得意(Ne)
・過去の悲観的な体験を思い出し一人内省し苦しむ(Si)
・時に客観的事実を受け入れられず非論理的になりがち(Te)

独創的かつ共感力の高さは強みとして活きそうです。
しかし、その行動には周りから理解しがたい部分もあり違った捉え方をされるのが欠点ともいえます。

ちなみにESTJのタイプは伝統と秩序を遵守する「幹部型」
人や物事を管理する能力に長けてリーダーシップの才能の持ち主です。

関連記事:内向的で仕事が辛い原因はたった1つ【内向型人間に向いてる適職15選】

INFPの強みは「利他の精神」

そして、INFPの強みについてです。

MBTI診断を無料で行える「16Personalities」において、INFPの強みを以下のように表しています。

・Thoughtful(思いやり)
・Generous(寛大な)
・Open-Minded(偏見のない)
・Creative(独創性)
・Passionate(情熱的)
・Loyal to Their Values(価値観に忠実)

上記の強みに共通するのは「他者への尊重」
つまり、「利他の精神」がINFPは他のタイプにない強みといえそうです。

関連記事:人のためになる仕事がしたい!【誰かの役に立つ仕事ランキングTOP10】

向いてる仕事を4つに分類

ここまでのINFPの特徴をまとめると、

・INFPの特徴は周りの人を癒やす「仲介者型」
・直感的かつ感情的な1人の時間が必要な「理想主義者」
・強みは他者への尊重を表す「利他の精神」
・強みを形成する根源的な素質は「独創性や共感能力の高さ」

つまり、向いてる仕事を4つに分類されます。

①クリエイティブな仕事
②メディアを介した伝える仕事
③カウンセリングを施す仕事
④ヘルスケアに携わる仕事

これらの向いてる仕事に適した具体的な職種(適職)を次章にまとめていきます!

【INFPの適職12選】強みを活かす働き方

早速INFPの強みを活かす働き方が実現可能な適職を12個解説していきます!

①クリエイティブな仕事3選

クリエイティブな仕事3選は以下の通りです。

【適職1】デザイナー

「デザイナー」

【適職2】ライター

「ライター」

【適職3】映画編集

「映画編集」

②メディアを介した伝える仕事3選

メディアを介した伝える仕事3選は以下の通りです。

【適職4】編集者

「編集者」

【適職5】翻訳者

「翻訳者」

【適職6】フォトグラファー

「フォトグラファー」

③カウンセリングを施す仕事3選

カウンセリングを施す仕事3選は以下の通りです。

【適職7】カウンセラー

「カウンセラー」

【適職8】婚活アドバイザー

「婚活アドバイザー」

【適職9】理学療法士

「理学療法士」

④ヘルスケアに携わる仕事3選

ヘルスケアに携わる仕事3選は以下の通りです。

【適職10】看護師

「看護師」

【適職11】マッサージ師

「マッサージ師」

【適職12】ヨガインストラクター

「ヨガインストラクター」

INFPの弱みから向かない仕事とは

ここまでINFPの特徴や強みから適職を解説してきました。

強みがあれば弱みもあります。
適職に就くためには弱みもしっかり理解しておく必要があります。

ここからはINFPの弱みから向かない仕事もまとめていきいます。

INFPの弱みは「非現実的」

まず、INFPの弱みについてです。

強み同様に「16Personalities」からINFPの弱みを調べると以下のように表しています。

・Overly Idealistic(過度に理想主義的)
・Self-Critical(自己批判)
・Impractical(実用的ではない)
・Emotionally Driven(感情的に動かされる)
・Conflict-Averse(対立-嫌悪)
・Difficult to Get to Know(知るのが難しい)

特に注意すべきは「理想主義過ぎる点」
つまり、非現実的で理想とのギャップにしばしば失望する恐れがあります。

また、仕事においても理想を追い求めすぎて内容は実用的ではない可能性があります。
それも全て論理的(T)ではなく感情的(F)に物事を判断しているのが原因の一つになります。

従って、会社や社会の中で生きていくためにも自己の弱みを把握するのは重要です。

INFPに向かない仕事は「秩序やルールに従い論理的に動く仕事」

よって、INFPに向かない仕事は以下の通りです。

・営業職
・弁護士
・裁判官
・警察官
・公認会計士
・コンサルティング
・経理や財務など数字を扱う管理部門

上記、向かない仕事に共通するのは、
・秩序やルールに従うこと
・根拠に基づいて論理的に物事を判断すること

つまり、自由度の低い「お堅い仕事」はINFPには向きません。

関連記事:【営業職が辛い】辞めたいほど向いてない時に取るべき行動は転職一択

INFPが仕事できないといわれる理由

弱みから向かない仕事をまとめてきましたが、INFPが仕事できないといわれる理由は何なのでしょうか?

MBTIの特徴でも触れましたが心理的側面から考えたいと思います。

INFPの主な機能は「Fi」
⇒「内向的感情(Fi)」が心理機能を強く支配します。

内向的感情とは何か?先の特徴を改めて記述すると、

・ひらめきで得た概念や仮設を感情で判断する繊細な理想主義者(Fi)
・自身の価値観を優先し他者の価値観も同様に尊重する共感力の高さ(Fi)
・思いやりはあるもマイペースで集団生活が苦手なため勘違いされやすい(Fi)

理想が高すぎて周りに理解されない。
描いた理想も実行性に乏しい内容のため無能だと思われがち。

つまり、「勘違いされやすい言動が多い」=「仕事ができない」
と周りから思われてしまっていることが原因として考えられます。

自身の行動や言動を今一度冷静になって見つめ直す必要があります。
そのためにも4番目の機能にあたる劣等機能の「Te(外向的思考)」を意識することが大切です。

関連記事:【無能ではない】INFPは社会不適合?嫌われる性格?生きづらい3つの理由と生き方

まとめ:他者への共感と独創性がINFPの強みであり適職

INFPの適職を特徴と強みから情報をまとめてきました。

改めて、INFP型の適職をまとめると

①クリエイティブな仕事
②メディアを介した伝える仕事
③カウンセリングを施す仕事
④ヘルスケアに携わる仕事

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選