あまり知られていない職業18選【ニッチな仕事・特殊な仕事を紹介】
仕事に悩む人

「あまり知られていない職業って何がある?ニッチな仕事・特殊な仕事、とても興味があるので教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「あまり知られていない仕事・職業に興味がある方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. あまり知られていないニッチな仕事・特殊な仕事18選
  2. あまり知られていない職業に向いてる人の特徴
  3. 天職はまだ見ぬ知られていない仕事を通して出会える偶然の産物

世間一般には見かけない「知られていない仕事」

「こんなことも仕事にできるの?!」
「最近耳にするアレも仕事だったんだ!」

その実態を知るとあなたも興味が湧いてくるかもしれません。

本記事ではニッチな仕事や特殊な仕事といったあまり知られていない職業を詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「あまり知られていない職業に向いてる人の特徴についてもまとめていきます。今まさに知られていない仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください!」

あまり知られていないニッチな仕事・特殊な仕事18選

早速あまり知られていないニッチな仕事・特殊な仕事18選をまとめていきます!

ご紹介する前に、そもそも知られていない仕事とは何を指す職業なのでしょうか?

定義付けすると「世間では広く認知されていない仕事」
有名ではない、一般的ではない仕事ということになります。

さらに当ブログ管理人の勝手な主観を取り除くべく以下客観的な情報を加味して仕事を選定。

これら条件に合致した知られていない仕事が以下の通り。
仕事の内容やニッチな特徴について順番に解説していきます!

あまり知られていない職業18選

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  2. データサイエンティスト
  3. テクニカルライター
  4. スキルシェア
  5. 治験モニター
  6. オンラインアシスタント
  7. ドローンパイロット
  8. ARクリエイター
  9. アノテーション
  10. プロゲーマー
  11. ゲーム実況者
  12. ライバー
  13. インフルエンサー
  14. VRアーティスト
  15. Vtuber
  16. VR作家
  17. タイムチケット
  18. レンタルなんもしない人

【仕事1】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

まず1つ目の仕事が「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」

フードデリバリーサービスの「Uber Eats(ウーバーイーツ)」
東京や関東首都圏では見かける機会が増えましたが、地方ではまだ珍しい仕事。

この配達を請け負うのがUber Eats 配達パートナー。
システム上に注文が入れば店舗に出向き、商品を受け取ってデリバリーするシンプルな仕事。

そんなUber Eats 配達パートナーが関わるデリバリー市場は拡大傾向。
コロナ影響で利用頻度は増え、ますます需要の高まる仕事の一つともいえます。
(出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング「フードデリバリーサービスの動向整理」

Uber Eats 配達パートナーを始めるにはパートナー登録が必要です。

首都圏在住者で体を動かしながら副業として稼ぎたい方。
フリーランスという形態で取り組みたい方におすすめの仕事です。

自転車や原付バイクで注文者の元に料理をお届けするUber Eats 配達パートナー。アプリをオンラインにするだけで好きな時に稼働でき、週単位で収入を得ることが可能です。

【仕事2】データサイエンティスト

あまり知られていない仕事の2つ目は「データサイエンティスト」

データを用いて商品やサービスの開発・改良を担う仕事。
得られたデータの信憑性や活用方法など議論が交わされ商品開発に活かされます。

データサイエンティストもエンジニア職の一つ。
在宅でも収集したデータの統計や考察をしながら仕事を進められます。

そんなデータサイエンティストは世界的にも注目される仕事の一つ。

特にアメリカでは、学生に最も人気のある職業ともいわれるほど。
年収はなんと1200万円と高収入かつ需要の高い仕事として認知されています。
(出典:glassdoor「50 Best Jobs in America for 2021」

一方、日本での認知はいまだ道半ばな状況と言わざるを得ません。。
年間4000人の統計学修士が生まれているアメリカに対し、日本の育成は始まったばかり。
(出典:GLOBE+「米国年4000人、日本ゼロ。データサイエンス修士の落差、日本はどう埋める」

とはいえ、データサイエンティストが広く認知されるのも時間の問題といえそうです。

エンジニア経験者でデータサイエンティストに転職したい方は「レバテックキャリア」で仕事を探すことをおすすめします。

常時1万件以上のエンジニア関連の求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向けの転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
しかし食いっぱぐれない将来性あるスキルがプログラミングであることに間違いありません。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事3】テクニカルライター

3つ目の仕事が「テクニカルライター」

家電の取扱説明書やマニュアルを作成する仕事。
持ちうる専門技術を活かし、文章を書くライター業を指します。

またライティングだけでなく情報収集も行います。
利用者からの質問や受け答えから情報を集めてマニュアルに反映させていきます。

マニュアル作成のスペシャリスト、それがテクニカルライターです。

ライターの仕事探しなら日本最大級の案件数を誇る「クラウドワークス」の利用が最もおすすめです。

仕事発注数は570万件と国内シェアNo.1!
ライターの案件数も常時20万件を超える仕事が扱われています。

【仕事4】スキルシェア

個人のスキルをプラットフォーム上で売り買いする「スキルシェア」

プラットフォームを介し個人間でモノをシェアする経済活動のことを「シェアリングエコノミー」

インターネットの普及により誕生した新しい経済圏。
スキルシェアはその経済活動の一つに分類されるサービスになります。

ただ、スキルシェアの認知度はサービスの中でも低いのが現状。
米国や英国に比べても認知は進んでいないことが実情としてあります。
(出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング「スキルシェアリングサービスの動向整理」

つまり、あまり知られていない仕事の一つといえます。
興味がある方や特定のスキルを持つ方は、ぜひ取り組まれてみてはいかがでしょうか。

スキルがあれば誰でも気軽に始められるのがメリットです。
そして、スキルシェアの活動には「ITプロパートナーズ」の利用が最もおすすめです。

週2~3日から働ける案件や副業案件を多数保有。
働きやすい柔軟案件を紹介するフリーランスエージェントサービスです。

『ITプロパートナーズ』公式ホームページはこちら!
【ITプロパートナーズの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事5】治験モニター

治験のボランティアを行う「治験モニター」

治験モニターには様々な臨床試験があります。
目薬、入院、在宅での水分チェック、認知機能改善などなど。

あくまで臨床試験の目的は「新薬の安全性と有効性を確認すること」

仕事帰りにふらっと参加できる募集もあります。
自身の空いた時間を有効活用して新薬製造に協力してみてはいかがでしょうか。

【仕事6】オンラインアシスタント

オンライン上で業務をサポートする「オンラインアシスタント」

オンライン完結の仕事は急速に増加傾向にあります。
そのうちの一つがオンラインアシスタントと呼ばれる仕事。

家にいながらネットを活用し業務を行うスタイル。
自宅が仕事場になるため、理想のライフワークを実現できるメリットがあります。

オンラインアシスタントの仕事探しなら「フジ子さん」の利用がおすすめです。

管理部門経験者なら誰でもエントリー可能!
短時間からでも仕事可能で、スキマ時間の有効活用にも役立ちます。

【仕事7】ドローンパイロット

ドローンを操縦する「ドローンパイロット」

その名の通り、無人航空機ドローンを操縦する仕事。
主には、空撮や農薬の散布、測量、現場の点検などを行います。

ドローンパイロット専業者は少なく、本業の一部にドローン操縦を行う場合が現状です。
(出典:職業情報提供サイト「ドローンパイロット」

つまり、ドローンパイロットはあまり知られていない仕事の一つといえます。

異業種から転職した方の体験談リクナビネクストで公開されています。
興味がある方、将来ドローンパイロットを目指したい方はぜひご覧ください。

ドローンパイロットの仕事探しなら「リクナビネクスト」の利用が最もおすすめです。

常時5万件を超える様々な求人情報を掲載。
転職者の8割が利用する転職決定数No.1の人気求人サイトになります。

\業界トップクラスの求人数!/
「リクナビネクスト」公式ホームページはコチラ!
【リクナビネクストの口コミ情報が気になる方はコチラをご覧ください】

【仕事8】ARクリエイター

ARを活用した創作物を生み出す「ARクリエイター」

AR(拡張現実)作品を生み出すクリエイター。
同分野で特に世界的ヒットを記録したのが「ポケモンGO」

2016年リリース以降、作品を通してAR技術は日本にも浸透しつつあります。
(出典:映像産業振興機構「AR等のコンテンツ制作技術 活用ガイドライン 2020」

そしてARクリエイターで第一線で活躍するのは青絵氏
日本で唯一スナップチャット公認のARクリエイターとして活動されています。

ARクリエイターなど映像業界に転職したい方は「シリコンスタジオエージェント」の利用がおすすめです。

映像・ゲーム業界の就職・転職に特化した転職エージェント。
大手企業から中小ベンチャーまで幅広いゲーム関連職種の求人が揃っています。

『シリコンスタジオエージェント』公式ホームページはこちら!
【シリコンスタジオエージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事9】アノテーション

AI・機械学習の作業プロセス時に行う「アノテーション」

アノテーションとは?人工知能(AI)モデルの作成、機械学習などを実行する際に必要となる作業プロセスを指します。画像やテキストなどに対して、特定のルールに従ってタグ付けやデータを付与する作業です。

関連記事:生き残る仕事・職業となくなる仕事ランキング50【今後生き残るために必要なのは創造力】

【仕事10】プロゲーマー

eスポーツで注目を集める「プロゲーマー」

一昔前まで娯楽の一つだったゲーム。
今では賞金総額1億円超えのリーグも存在するまでに拡大したeスポーツ。

これらスポーツのプロとして活動するのがプロゲーマーと呼ばれる人たちです。
(出典:ハイテク「プロゲーマー | eスポーツの世界で活躍する新しい仕事」

今では世界だけでなく日本でも白熱を呈するeスポーツ。
それもそのはずJR東日本がエキナカに常設eスポーツ施設を開業するほど人気を集めています。

関連記事:左脳派の特徴から向いてる職業・適職20選【強みを活かす仕事選びが成功のカギ】

【仕事11】ゲーム実況者

YouTube上にゲーム動画を投稿する「ゲーム実況者」

人気ゲームを操作・実況しながら動画を投稿。
YouTube活動を通して収入をえるユーチューバーに一種です。

関連記事:パソコンを使う仕事がしたい!おすすめ職業15選【高収入&未経験可を厳選紹介】

【仕事12】ライブ配信者(ライバー)

視聴者とネットを介してリアルタイムにつながる「ライブ配信者(ライバー)」

ライブ配信サービスを使った生放送するライブ活動の一つ。
スマホ1台から取り組めて、手軽さと気軽に始められるのが人気です。

関連記事:ネットでできる仕事がしたい!おすすめ15選と仕事探しに役立つ求人サイトも紹介

【仕事13】インフルエンサー

特定の分野で影響力を持つ人のことを指す「インフルエンサー」

インスタやTwitterなどのSNS上で影響力を持つ人物。
広告効果が大きく、企業も熱視線をおくる職業の一つとなります。

関連記事:【厳選】どこでもできる仕事10選!全国どこにいても働ける男女共通の職業を紹介

【仕事14】VRアーティスト

VR技術を用いた次世代クリエイター「VRアーティスト」

VRアーティストの第一人者が「せきぐちあいみ氏」
同氏のNFTアートが1300万円で落札されたニュースはつい最近の出来事。

これからますます需要の拡大が見込める注目のアーティストです。

関連記事:オンラインでできる仕事のおすすめ14選と求人の探し方【未経験&在宅可を紹介】

【仕事15】Vtuber(バーチャルYouTuber)

バーチャルとYouTubeの融合「Vtuber(バーチャルYouTuber)」

Vtuberの先駆けとなるのが「キズナアイ
2016年の誕生から現在まで各種メディアで活動中のVtuber。

2021年時点で最も登録者数の多いVtuberとして紹介されています。
そんなVtuber市場も人口は1万人を突破し、広く認知されるのも遠くなさそうです。

関連記事:年収1000万円以上の稼げる仕事ランキングTOP10【男女お金を稼げる職業とは】

【仕事16】VR作家

仮想世界を再現する「VR作家」

2020年12月からサービスの提供が始まった「VR作家モール
作家がVR空間の展示会に作品を出展する新しいショッピングモールの形。

今までハンドメイド作家が主流だった経済活動。
今後は、VR作家の需要拡大にも期待できそうです。

関連記事:人付き合いが苦手な人に向いてる仕事10選【したくないなら無理しないこと】

【仕事17】タイムチケット

個人のチケットを売り買いする「タイムチケット」

タイムチケットは、あなたの時間をチケットにしてシェアできるサービスです。発行したチケットは、あなたが承認したゲスト(購入者)が購入することができます。

つまり、自分の「時間」を売り買いする全く新しいビジネス。
あまり知られていない仕事で、空き時間の活用に便利なサービスだといえます。

関連記事:人を幸せにする仕事とは【人を笑顔に&喜ばせる職種ランキングTOP15】

【仕事18】レンタルなんもしない人

唯一無二の仕事が「レンタルなんもしない人」

テレビ東京でドラマ化もされた話題の仕事。
何もしないことが、結果人を支えることに繋がります。

関連記事:人を助ける仕事がしたい!おすすめ職種28選【人を支える&人を救う仕事ランキング】

あまり知られていない職業に向いてる人の特徴

ここまであまり知られていないニッチな仕事・特殊な仕事をご紹介してきました。

知られていない仕事でも労働市場には必要な仕事が多いです。

なぜなら、労働市場は常に変化・発展を繰り返すから。
新陳代謝を繰り返し市場の活性化、産業イノベーションは生まれています。

そんな化学反応を興す一助となるのが知られていない仕事だといえます。

では、知られていない仕事に向いてる人の特徴は何なのでしょうか?
ここでは仕事の性質から鑑みてあまり知られていない職業に向いてる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】好奇心旺盛な人

まず1つ目の特徴が「好奇心旺盛な人」

あまり知られていない職業とは一般的ではないということ。

一般的ではないから世の中に知られていないということです。
つまり、労働人口も少なく、非常にニッチな産業に分類されます。

そのような未知なる業に興味を示せるのは好奇心が旺盛な証拠。

一般的な仕事を選ばず知られていない仕事に関心を寄せる。
従って、好奇心旺盛な人はあまり知られていない職業に向いているといえます。

関連記事:【ESFPの適職12選】特徴と強みからエンターテイナー型の向いてる仕事・職業を分析

【特徴2】その道の先駆者になりたい人

2つ目の特徴が「その道の先駆者になりたい人」

新しく生まれた仕事の多くは草分け的存在が不在です。

なぜなら、ビジネス創成期にはよくある話だから。
模範となる成功事例が存在しないため、すべてが手探り状態です。

実例を一つ挙げると「ユーチューバー」
今では各種メディアで頻繁に耳にするようになった人気の職業ですね。

そしてユーチューバーの草分け的存在なのが「HIKAKIN」

しかしユーチューバーという言葉がメディア展開され始めたのは2014年頃。
10年前に遡ると当時はユーチューバーもHIKAKINも知られていない仕事の一つでした。
(出典:13歳のハローワーク公式サイト「ユーチューバー(YouTuber)」

つまり、真新しい知られていない仕事を極めれば先駆者になれるチャンスがあるということです。

関連記事:場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】

【特徴3】周囲からの評価を気にしない人

そして3つ目の特徴が「周囲からの評価を気にしない人」

知られていない仕事=有名でない仕事。
仕事選び一つで周囲からの評価はがらりと変わります。

例えば、「会社員」と「フリーター」
周囲からの評価が高いのは当然会社員です。

本人がフリーターを選んでも周囲は冷たい視線を送り続けます。

さらに評価に厳しいのが親。
「親ブロック」という言葉があるほど、仕事選びを注視しています。

ちなみに親が喜ぶ(子供に就かせたい)職業を調べると以下のようになっています。

一言でいえば「誰もが知る無難な仕事」
知られていない仕事とは正反対にあたります。

つまり、知られていない仕事を選べば親は喜ばない可能性が高いということ。

周囲からの評価を気にしない。
ゴーイングマイウェイに突き進める人に向いているといえます。

関連記事:スローライフな生き方を実現する仕事10選【田舎暮らしに最適な仕事探しも解説】

天職はまだ見ぬ知られていない仕事を通して出会える偶然の産物

天職に就くことができた人の大半は、事前に「人生の目的」を決めていなかった。彼らが天職を得たのは、ほとんどが偶然の産物だったのだ。

日本には「17,209種類」もの職業が存在します。
(出典:労働政策研究・研修機構「第4回改訂厚生労働省編職業分類」

国勢調査からも分かる通り、職業の新陳代謝が起きています。
常に新しき仕事が生まれ、古きはなくなる産業サイクルを繰り返しています。

すなわち、知っている仕事なんてごくわずか。
知らない仕事、就いたことのない仕事の方が圧倒的に多いといえます。

そして良いキャリアに偶然は欠かせません。
なぜなら、「キャリアの8割は偶然で決まる」という理論が存在するから。
(これをクランボルツ教授が提唱する「計画的偶発性理論」と呼ぶ)

つまり、天職はまだ見ぬ知られていない仕事を通して出会える偶然の産物だということです。

とはいえ天職が簡単に見つかれば誰も苦労しません。
そこで!仕事選び・仕事探しに迷っている方に向けて。

ここでは今後のキャリアデザインに役立つ方法・サービスをご紹介していきます!

【方法1】仕事選びに迷ったらキャリアコーチに相談

まず1つ目の方法が「仕事選びに迷ったらキャリアコーチに相談する方法」

仕事選びで何より重要な行為は「自己分析」
自己分析から己を知ることが何より優先すべき行動です。

なぜなら、己を知らずして仕事の向き不向きは分かるはずもないから。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
主観ではなく自己を客観的に分析し、理解するのは至難の業です。

そこで役に立つ方法が「プロのキャリアコーチング」

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【方法2】仕事探しに困ったら転職のプロに相談

そして2つ目の方法が「仕事探しに困ったら転職のプロに相談する方法」

・自己分析から将来のキャリア選択が見えてきた。
・具体的に転職活動を始めるも仕事の探し方に困惑。

方向性が見えても行動が具体的でなければ迷いが生じます。

「餅は餅屋」という言葉の通り。
仕事探しの迷いを払しょくするには仕事探しのプロに相談するのが賢明です。

そのプロというのが「転職エージェント」

求職者のキャリアに合わせて的確に求人を紹介してくれます。
また、仕事の紹介だけでなく面接や書類などの選考対策も徹底的にサポート。

将来のキャリア形成の一助となる優れたサービスです。

現在では転職エージェントも多くがリリースされています。
その中でも特に優れたサービスを3社厳選しご紹介します。

登録後、面談を行うだけでも仕事探しの方法とヒントが得られます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:知られていない仕事は好奇心旺盛な人にとっての適職

あまり知られていないニッチな仕事・特殊な仕事に関する情報をまとめてきました。

改めてあまり知られていない職業をまとめると、

あまり知られていない職業18選

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー
  2. データサイエンティスト
  3. テクニカルライター
  4. スキルシェア
  5. 治験モニター
  6. オンラインアシスタント
  7. ドローンパイロット
  8. ARクリエイター
  9. アノテーション
  10. プロゲーマー
  11. ゲーム実況者
  12. ライバー
  13. インフルエンサー
  14. VRアーティスト
  15. Vtuber
  16. VR作家
  17. タイムチケット
  18. レンタルなんもしない人

知られていない仕事は好奇心旺盛な人にとっての適職です。

今回ご紹介した仕事で少しでも興味がある!
気になる仕事がありましたら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

一方、仕事選び・キャリア選択に迷ったらプロに相談することをおすすめします。

仕事選びのプロとは「転職エージェント」
キャリア選択のプロとは「キャリアコーチング」

それぞれアドバイスもらうことで進むべき方向性はみえてきます。
一人で迷うよりプロに相談するだけで、悩みは解消されることが多々あります。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選