女性が輝く仕事をしたい!おすすめ職業10選【女性が活躍する職場とは】
仕事に悩む人

「女性が輝く仕事に就きたい!そのためにどんな働き方や職場を選ぶべき?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「女性が輝く仕事に就きたいと考える方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 女性が輝く仕事とは
  2. 女性が輝く仕事おすすめ10選
  3. 女性が輝く仕事に就くために選ぶべき働き方
  4. 女性が輝くには本人の努力だけでは叶わない現実もあり
  5. 女性が輝くために目指すべき社会のあり方と対策

そもそも、人生は自分の思い通りにはならない。
だからこそ、いかに選択肢を増やせるかが重要です。

そして今、女性に限らず人が輝けるのは誰かに支えられてきたからこそ。

今回は女性が輝くのに適切な仕事をご紹介していきます。
ただそれ以上に、輝くために大事なことを現在の日本社会と絡めて解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「女性が輝く仕事に就くために選ぶべき働き方についてもまとめていきます。今まさに女性が輝く仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください!」

女性が輝く仕事とは

仕事を選定する前に「女性が輝く」とは何なのでしょうか?
政府が設置した「すべての女性が輝く社会づくり本部」によると、

様々な状況に置かれた女性が、自らの希望を実現して輝くことにより、我が国最大の潜在力である「女性の力」が十分に発揮され、我が国社会の活性化につなげるため、すべての女性が輝く社会づくり本部を設置しました。

ポイントは「自らの希望を実現して輝くこと」と「女性の力」
望む環境が揃い、働きやすくなることで女性が輝く社会は形成されると解釈できます。

では、女性にとって具体的に「希望」とは何か?
女性が輝くうえで解決すべき課題は以下のように紹介されています。

  1. 安心して妊娠・出産・子育て・介護をしたい
  2. 職場で活躍したい
  3. 地域で活躍したい、起業したい
  4. 健康で安定した生活をしたい
  5. 安全・安心な暮らしをしたい
  6. 人や情報とつながりたい

女性にフォーカスすると該当するのは「安心して妊娠・出産・子育て・介護をしたい」

働きながらも安心して出産や子育てをしたい。
つまり、多様なライフイベントに対応した環境整備が課題解決には必要だということです。

そして課題解決の一つが「選択肢を増やす」ということ。
これら「したい」を実現できた時、女性が輝く仕事に就けたと結論づけられそうです。

よって、本記事の「女性が輝く仕事」とは「選択肢が多い仕事」と定義し解説していきます。

女性が輝く仕事おすすめ10選

それでは女性が輝く仕事おすすめ10選についてまとめていきます。

まず、おすすめの仕事を選定するにあたり以下条件を設定。

おすすめ仕事の選定条件

  • 女性も男性と平等に活躍できる仕事
    (⇒ 肉体労働ではなく頭脳労働や感情労働の仕事)
  • 性差問わず実力次第で活躍できる仕事
    (⇒ スキル次第で高収入も実現可能な仕事)
  • 仕事と家庭を両立しやすい仕事
    (⇒ 多様な働き方に対応できる仕事)

これらに合致した女性が輝く仕事が以下の通り。
順番に仕事の内容やおすすめのポイントなど解説していきます!

女性が輝く仕事おすすめ10選

  1. Webデザイナー
  2. ITエンジニア
  3. 経理
  4. 企画・マーケティング
  5. 人事
  6. 研究者
  7. ゲームプランナー
  8. フリーランスエンジニア
  9. 動画編集
  10. Webライター

※本記事で紹介する女性が輝く仕事の雇用形態は、1~7が「正社員」、それ以外は「フリーランス」を想定しています。

【仕事1】Webデザイナー

まず1つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「Webデザイナー」

デザイン関連の仕事は女性の就業率が4割超え。
専門的・技術的職業従事者の平均も超える女性活躍の職業といえます。
(出典:内閣府「職業における女性の進出」

その中でも特に人気の職業が「Webデザイナー」
Webメディアのデザインやデータ分析を担当する仕事になります。

Webデザイナーをはじめクリエイティブ職は実力主義の世界。
スキル重視型で性差も学歴も関係なく、成果物で評価される仕事です。

つまり、女性も活躍できる理想的な仕事の一つだといえます。

クリエイティブ職経験者でWebデザイナーに転身したい方は「マイナビクリエイター」で仕事を探すのがおすすめです。

Web関連・クリエイティブ職に特化した転職エージェント。
転職活動で必要なポートフォリオ添削は評判が高いおすすめのエージェントサービスです。

『マイナビクリエイター』公式ホームページはこちら!
【マイナビクリエイターの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

もしWebデザイン未経験の方ならWebデザインスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、未経験から転職・就職は難しいのが現状。
クリエイティブ業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

Webデザインスキル習得に特化したサービス3社を厳選紹介します。
すべて転職サポート付き、スキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

Webデザインのスキル習得に特化!転職サポート付きオンラインスクールおすすめ3選

【仕事2】ITエンジニア

次に2つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「ITエンジニア」

IT関連の情報技術、システム開発を担う仕事。
近年のDXやAI・IoT技術の発展にITエンジニアが大きな役割を担っています。

そんなITエンジニアもWebデザイナーと同じく完全実力主義の世界。
スキルと年収は相関し、男女関係なく活躍できる環境が揃っているといえます。

またITエンジニアをはじめ情報通信業はリモートワークの働き方が最も普及しています。
(出典:総務省「令和元年通信利用動向調査の結果」

つまり、女性が望む多様な働き方を実現できる仕事がITエンジニアになります。

開発経験者でITエンジニア転職を実現したい方は「レバテックキャリア」の利用が最もおすすめです。

常時1万件以上のITエンジニア求人を掲載中。
約77%の利用者が年収アップに成功(270万円UPの実績あり)するITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1。

\エンジニア経験者向け転職エージェント/
『レバテックキャリア』公式ホームページはこちら!
【レバテックキャリアの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

ただ、エンジニア未経験の方であれば転職保証付きプログラミングスクールの受講がおすすめです。

なぜなら、完全未経験からエンジニア転身は難しいのが実情。
IT業界はスキルを持った即戦力を採用する傾向にあるからです。

しかしプログラミングは食いっぱぐれない将来性あるスキル。
さらにスクールでは、同じ目標に向かって切磋琢磨する一生の仲間にも出会えます。

無料カウンセリングから現状把握と今後のキャリア形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

未経験からITエンジニアに転身!転職成功率9割超のおすすめプログラミングスクール3選

【仕事3】経理

3つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「経理」

管理部門の中でも数字・会計のエキスパート。
決算数字から会社の財務状況の把握と経営戦略等を担います。

また経理の仕事は全産業にとって欠かせない業務。
経理スキルを身につければ、食いっぱぐれないスキルとして活かせます。

つまり、経理は女性がキャリアを築くのにマッチした職業といえます。

経理に転身したい方は「MS-Japan」の利用が最もおすすめです。

経理をはじめとする管理部門の転職決定数No.1!
常時4,000件以上の求人を公開する管理部門特化型エージェントです。

「MS-Japan」公式ホームページはこちら!
【MS-Japanの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事4】企画・マーケティング

4つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「企画・マーケティング」

マーケティング最大のミッションは企業の売上拡大。
プロモーション戦略からブランディング構築まで施策を担います。

そんな企画職は女性の働き方に向いているとの意見が多く見受けられます。

理由の一つが「脳科学の観点からみる親和性」
共感脳を持つ女性ならではの視点はマーケ領域と親和性が高いと報告されています。

またWebマーケターの9割近くがリモートで業務を行っています。
(出典:日本マーケティング・リサーチ協会「マーケティング・リサーチ業界におけるリモートワークの実態」

つまり、企画・マーケティングは女性にとって選択肢が多い仕事の一つといえます。

企画・マーケティングの仕事探しなら最多求人数を誇る「リクルートエージェント」の利用がおすすめです。

求人総数は20万件以上&転職支援実績No.1サービス!
転職活動初心者の方でもリクルートエージェントから利用されることをおすすめします。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

未経験からWebマーケターに転職したい方はマーケター養成スクールに通われることをおすすめします。

転職サポート付きで実践的なカリキュラムが人気!
現役マーケターが講師を務め、現場レベルでの即戦力として活躍可能です。

そしてスキルだけでなく切磋琢磨する一生の仲間にも出会える、それがマーケター養成スクール。

無料カウンセリングから仕事の向き不向きも見えてきます。
今後のキャリア選択に活用・相談してみてはいかがでしょうか。

Webマーケスキル習得に特化!転職サポートも付いたマーケター養成スクールおすすめ3選

【仕事5】人事

5つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「人事」

会社の顔ともいわれる人事のメイン業務は採用活動。
人を採用し、社員の労働環境を改善することがミッションです。

一人前の社員となるよう研修等も実施。
社員の成長とともに人事も成長できるやりがいがあります。

またdodaの仕事満足度ランキングでも5位と高評価。
つまり、女性にとって満足度の高い仕事の一つが人事だといえます。

人事の仕事に興味がある方は「リブズキャリア」の利用がおすすめです。

20万人が利用するキャリア女性のための転職支援サービス。
1,500社以上の優良企業と出会える女性専門の転職エージェントです。

【仕事6】研究者

6つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「研究者」

ものづくり(商品開発)に欠かせない研究業務。
女性研究者の活躍促進も進み、手に職をつけられる仕事の一つといえます。

研究者の所属は、研究機関やメーカーなど民間企業で仕事をするケースもあります。

そのため、活躍できるフィールドは広いのもメリットです。
様々な研究開発に携わり、スキルを身につけキャリア選択の幅を広げられます。

大学院卒の方で研究職・研究機関への転職を目指したい方は「アカリク転職エージェント」がおすすめです。

10年以上の転職支援実績と高い書類通過率(50%以上)を実現。
転職ノウハウがナレッジとして活かされている証拠です。

『アカリク転職エージェント』公式ホームページはこちら!
【アカリク転職エージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

院卒以外の方であれば業界トップクラスの求人情報を扱う「リクルートエージェント」の利用が最もおすすめです。

『リクルートエージェント』の公式ホームページはこちら!
【リクルートエージェントの体験談や利用しての感想が気になる方はコチラの体験記事をご覧ください】

【仕事7】ゲームプランナー

7つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「ゲームプランナー」

ゲームプランナーとはその名の通り「ゲームを企画する人」
市場のニーズを捉え、今求められているゲームは何か?を考える仕事です。

またゲームプランナーは未経験者にもおすすめの仕事。
(出典:YouTube動画「2021年も需要が伸びる仕事TOP3」

つまり、男女関係なく活躍できる仕事ということ。
未経験からスキルを積み上げて、活躍の場を広げたい女性におすすめです。

ゲームプランナーに転職したい方は「シリコンスタジオエージェント」の利用がおすすめです。

ゲーム会社の仕事数は2,000件以上と業界最多クラス。
業界最強のマッチング力で未経験でも転職支援を行うおすすめのエージェントサービスです。

『シリコンスタジオエージェント』公式ホームページはこちら!
【シリコンスタジオエージェントの評判が気になる方はコチラの記事をご覧ください】

【仕事8】フリーランスエンジニア

8つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「フリーランスエンジニア」

会社に属さずフリーで活動するエンジニアのこと。
フリーランスエンジニアの人口および市場規模は年々増加傾向にあります。
(出典:フリーランススタート「ITフリーランス人材及びITフリーランスエージェントの市場調査を公開」

実際、業界の平均年収は高くMidworks調べで「700~1,000万円」
それほど需要の高い将来性のある仕事であることは言うまでもありません。

つまり、女性も性差問わずスキル次第で活躍できる仕事だといえます。

フリーランスエンジニアになりたい方はまずエージェント登録から始めましょう。
(エンジニア経験があれば容易にフリーランス転身は可能)

そして登録は1社だけでなく複数社登録が鉄則です。
なぜなら、案件や福利厚生などのサービスメリットはそれぞれ異なるから。

登録後に開発案件の紹介を受けるので、その中から自身のスキルに合った開発に着手できます。

高単価案件多数掲載!フリーランスエンジニアへの転身におすすめエージェントサービス&案件情報サイト3選

ただし開発未経験者がフリーランスエンジニアになるのは難しいです。

なぜなら、完全未経験からフリーランス転身は難しいのが実情。
まずはプログラミングスクールでITスキルを磨くことをおすすめします。

フリーランスなど会社に縛られない生き方を送りたい方にも人気の食いっぱぐれないスキルといえます。

未経験からプログラミングスキル習得!おすすめオンラインスクール3選

【仕事9】動画編集

9つ目の女性が輝くおすすめの仕事は「動画編集」

Web上の動画コンテンツを編集・配信する仕事。
代表的な仕事には、YouTube動画の作成や動画広告の編集など挙げられます。

動画作成にはスキルと経験が求められます。
センスや繊細な表現力といったクリエイティブ要素も必要な仕事。

そんな動画広告の市場規模は年々増加傾向にあります。
特にスマートフォン動画広告の需要は拡大しており、今後も増加が見込まれます。

つまり、動画編集の仕事は今後も需要が高まる仕事の一つ。
かつ女性特有の強み(感性)を活かしつつ稼げる仕事の一つだといえます。
(出典:日本貿易振興機構「女性が活躍する社会へのヒント」

動画編集の案件探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用が特におすすめです。

ただスキルなしではじめても高単価案件の獲得は難しいです。
しっかり経験とスキルを身につければフリーランスとして活動することも可能です。

動画編集を一から学びたい方は話題の未経験者向けWEBスクール「SHElikes(シーライクス)」の受講が特におすすめです。

動画編集をはじめ全27種類の豊富なコースが受け放題!
受講はオンラインだけでなくお洒落な教室(表参道・銀座・名古屋)でもスキルを学べます。

\体験レッスンからの受講申込で初月無料!/
『SHElikes』公式ホームページはこちら!

【仕事10】Webライター

そして最後に女性が輝くおすすめの仕事が「Webライター」

Web上のメディア媒体に記事を寄稿する仕事。
扱うテーマは様々で、目的に沿ってライティングを行います。

WebライターもWebデザイナーと同じくクリエイティブ職。
細部へのこだわりと文章を紡ぐライティングセンスが求められます。

また発注者との取引はすべてオンライン完結。
評価が上がって、報酬単価も上がれば会社員の年収以上の収入も実現可能です。

つまり、多様な働き方に適した選択肢が多い仕事の一つだといえます。

完全未経験からでも始められるので特におすすめです。
Webライターの仕事探しなら「ReWorks(リワークス)」の利用が便利です。

ただ完全未経験から始められるとはいえ、高単価獲得までには時間がかかります。

そのためにWebビジネススキルの習得は必須。
スキル習得には独学でも可能ですが、時間ロスで遠回りとなります。

本気でWebライターとして食べていきたい方はプロに学ぶのが賢明。
実績を出している方に相談しながら進めたほうが、学習速度ははるかに早くなります。

Webビジネスのスキル習得に特化!おすすめオンラインスクール3選

女性が輝く仕事に就くために選ぶべき働き方

ここまで女性が輝く仕事について解説してきました。

「女性が輝く仕事」とは「選択肢が多い仕事」
ライフイベントに対応する仕事を選ぶのがポイントになります。

そして、これらの働き方を積極導入する会社や業界に入るのが賢明。
なぜなら、上図の通り「女性のみ」退出を余儀なくされる実態があるからです。

では女性が輝く仕事に就くために選ぶべき働き方とは何か?
女性活躍の社会・環境が広がる働き方を5つご紹介していきます。

【働き方1】リモートワーク(在宅勤務)

2020年より急速に導入が進む「リモートワーク(在宅勤務)」

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。勤務場所により、大きく、(1)在宅勤務、(2)モバイルワーク、(3)サテライトオフィス勤務に分けられます。テレワークは、社会、企業、労働者のそれぞれに対し、例えば以下のような様々な効果をもたらし得ると考えられています。

テレワークとも呼ばれる「リモートワーク」
説明の通り、場所や時間を有効活用できる柔軟な働き方が最大の特徴です。

そんなリモートワークは女性活躍の一助となっています。
実際、20代女性の半数以上が育児と仕事の両立にメリットを感じると回答。
(出典:総務省「人口減少時代のICTによる持続的成長」

つまり、女性の社会的な活躍促進に有効な働き方の一つといえそうです。

ちなみにリモートワークの導入状況をみると大企業が先行。
場所にとらわれない働き方を希望する方は大企業への転職・就職が賢明といえます。

関連記事:場所を選ばない仕事がしたい!おすすめ職業10選【未経験からの転職方法も解説】

【働き方2】産前産後休業(産休)

母体保護のため出産前後に休暇を取得する「産前産後休業(産休)」

「産前産後休業(産休)」とは、母体保護の見地から認められている休業で、労働基準法で定められています。休業日数は、産前は出産予定日を含む6週間(双子以上は14週間)以内で、出産予定日よりも実際の出産日が後の場合はその差の日数分も産前休業に含まれます。産後は8週間以内です。

関連記事:なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介

【働き方3】育児休業制度(育休)

育児と仕事の両立を図る目的で設けられた「育児休業制度(育休)」

子が1歳(一定の場合は、最長で2歳)に達するまで(父母ともに育児休業を取得する場合は、子が1歳2か月に達するまでの間の1年間<パパ・ママ育休プラス>)、申出により育児休業の取得が可能

女性だけでなく男性も取得できる制度。
会社に申し出ることで養育する期間を休業することが可能です。

関連記事:とにかく休みが多い仕事に転職したい!【探し方とおすすめをランキングで解説】

【働き方4】短時間勤務制度

1日の労働時間は通常より短縮した働き方が「短時間勤務制度」

短時間勤務制度の対象となる労働者は、次のすべてに該当する労働者です。

  1. 3歳に満たない子を養育する労働者であること。
  2. 1日の所定労働時間が6時間以下でないこと。
  3. 日々雇用される者でないこと。
  4. 短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと。
  5. 労使協定により適用除外とされた労働者でないこと。

関連記事:【厳選】時間に縛られない仕事10選!時間に追われない自由な働き方は可能

【働き方5】女性管理職登用

多くの女性を管理職へ登用しようとする試み「女性管理職登用」

ポジティブ・アクションの中でも女性管理職の登用は、会社の姿勢を伝える上でも組織に与えるインパクトの強さからも、中心的かつ重要な取組です。

関連記事:女性向けかっこいい職業20選【女性が憧れる・羨ましい仕事ランキング】

女性が輝くには本人の努力だけでは叶わない現実もあり

多様な働き方に適した制度は増えつつあります。
とはいえ女性が輝くには本人の努力だけでは叶わない現実もあるといえます。

いったいどういうことなのか?
今回は3つの観点(配偶者・会社・政治)から解説していきます。

【現実1】配偶者の理解や育児への参加

まず1つ目の見るべきが「配偶者の理解や育児への参加」

「男尊女卑」という言葉がある通り、いまだ女性の社会進出を認めない配偶者はいます。

さらに、理解ある配偶者でも制度設計は道半ば。
男性の育児休業取得者の割合はわずか『7.48%』
(出典:厚労省「令和元年度雇用均等基本調査」

女性は『83%』と大きな開きがあります。
いまだ男性の育児参加は、積極的でない状況が現実としてあります。

関連記事:手に職をつけたい女性必見!物を作るものづくり系仕事おすすめ10選

【現実2】会社の制度運用が積極的ではない

次に目を向けるべきは「会社の制度運用が積極的ではない」

女性が輝くためには企業努力は必須。
なぜなら、女性の労働力率低下は「企業の問題」だから。

決して「女性の問題」ではありません。

実際、結婚・出産後も仕事を続けたい女性は8割を超えています。
(出典:ユーキャン「「女性が輝く日本」に関する意識調査結果」

にもかかわらず女性の継続就業率は3割未満。
約6割の女性が、出産前後に離職をしている現実があります。
(出典:厚労省「育休取得・職場復帰の状況」

関連記事:人手不足は会社の責任?従業員の責任?【辞めさせてくれない時の対策は2つ】

【現実3】政治の思惑が時代に逆境

そして3つ目の現実が「政治の思惑が時代に逆境」

政府が掲げる「すべての女性が輝く社会づくり
女性の力を活かすべく様々な取組みが進められています。

しかし8割以上の女性が政府に不満を述べています。
なぜなら、日本の労働人口の減少は女性の問題のように扱っているから。

本質的な問題は、女性ではなく社会全体の構造にあり。
もっといえば、仕事ではなくケアする側(育児や介護などのケア労働)にもっと価値を置くべき。
(出典:honto「仕事と家庭は両立できない? 「女性が輝く社会」のウソとホント」

実際、保育園が見つからず就業継続できないとの意見も散見されます。
つまり家庭と仕事の両立は難しく、決して女性が働きやすい・出産後も社会進出しやすい環境とは言い難い。

社会全体が本問題に取り組まなければ、女性が輝く社会づくりなど絵に描いた餅に過ぎないということです。

関連記事:休みが多くて給料がいい仕事20選!女性向けのおすすめや求人の探し方も解説

女性が輝くために目指すべき社会のあり方と対策

問題の本質は「個人が選びたいのに選べない状況」
選択肢が少なく、女性の問題として捉える社会に問題があるといえます。

その証拠に日本のジェンダー・ギャップ指数はG7で最低。
女性にとって働きづらい環境は、いまだ未解決のままなのが実情です。

では女性が輝く仕事に就くためにどうするべきか?

「女性が輝く仕事を準備すること」ではありません。
大事なのは「女性も輝ける社会を築くこと」にあると考えます。

つまり目指すべきは、「女性が輝く仕事」=「多くの選択肢の中から仕事を選べる社会」

そのために今取るべき対策は何か?
女性が輝くために目指すべき社会のあり方と対策についてまとめていきます。

【対策1】築きたいキャリアを明確に設計する

まず「築きたいキャリアを明確に設計する」

  • 将来どんなキャリアを築きたいか。
  • そのために選ぶべき仕事は何か。
  • 身につけるべきスキルや経験は何か。

理想とするキャリアに対して逆算を行います。
どんなキャリアを、いつまでに、どうやって叶えるのか?

ロードマップを明確に設計することで、今後訪れるライフイベントにも準備ができます。

これらキャリア形成には自己分析が必須です。
今までとこれからのキャリアを整理する目的でも必要な手段となります。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対策2】設計したキャリアを叶えられる会社を選ぶ

そして「設計したキャリアを叶えられる会社を選ぶ」

先にも解説した通り、女性の働きやすさは環境に大きく左右されます。

同じ仕事でも会社によって取り組み方に差があります。
そのため、理想のキャリアが叶う会社選びにも慎重になりましょう。

会社選びの際に利用すべきサービスがあります。
それが、求職者の希望に沿って求人を紹介してくれる「転職エージェント」

単なる求人紹介だけでなく会社の内情まで教えてくれます。

  • なぜ今、企業が求人を出すのか。
  • 求める人物像と採用する目的は何か。
  • 女性の就業に積極的で働きやすい環境は揃うか。

直接聞きづらい内容もエージェント経由で確認できます。
効率よく会社を探せる点も転職エージェントを利用するメリットになります。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

まとめ:女性が輝く仕事とは「多くの選択肢の中から仕事を選べる社会」

女性が輝く仕事と女性を取り巻く社会に関する情報をまとめてきました。

改めて女性が輝く仕事をまとめると、

女性が輝く仕事おすすめ10選

  1. Webデザイナー
  2. ITエンジニア
  3. 経理
  4. 企画・マーケティング
  5. 人事
  6. 研究者
  7. ゲームプランナー
  8. フリーランスエンジニア
  9. 動画編集
  10. Webライター

女性が輝く仕事とは「多くの選択肢の中から仕事を選べる社会」

問題の本質は「個人が選びたいのに選べない状況」
選択肢が少なく、女性の問題として捉える社会に問題があるといえます。

そのためにまずは築きたいキャリアを明確に設計しましょう。

キャリアが定まれば進むべき方向性は見えてきます。
もしキャリア選択に迷う時は、コーチングを受けるのも一つの方法。

一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選