【転職3ヶ月の壁】仕事向いてないから3ヶ月で辞める←甘えではない理由
仕事に悩む人

「入社して3ヶ月、どうしても仕事が向いてない。。短期離職は甘え?その後の転職にも影響するのかな・・・?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「転職・入社後3ヶ月経っても仕事向いてないから辞めるか悩んでいる方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 仕事向いてないから3ヶ月で辞める←甘えではない理由
  2. 転職3ヶ月の壁と呼ばれるほど入社間もない時期は誰もが悩む
  3. 「仕事向いてない」を理由に3ヶ月で辞めた場合の影響と転職対策
  4. しかし3ヶ月は甘えと思わず即転職すべき会社も存在する
  5. 新卒・転職3ヶ月で仕事向いてないから辞めたい時の注意点

悩んでいるのは、あなただけではありません。

仕事には必ず、向き不向きがあります。
そして、向いてない仕事を続けても、ただ苦痛なだけです。

転職をするタイミングに時期は関係ない。
大事なのは、この先どんなキャリアを描きたいか?

3ヶ月など短期離職は甘えではない理由と転職対策について解説していきます。

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「仕事向いてないから3ヶ月で辞めた場合のその後の影響と転職対策についてもまとめています。今まさに辞めようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

仕事向いてないから3ヶ月で辞める←甘えではない理由

疲れた人

「3ヶ月で仕事を辞めたがるのは甘えですか?」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

落胆する人

「本当に仕事が向いていなくて仕事辞めたい新卒3ヶ月目の新人です。接客のない仕事に転職したいです。向いていないから仕事を辞めるというのはアリでしょうか?」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

多くの社会人が仕事向いてないから辞めたいと考え、生活しています。

「3ヶ月という短い在籍のみで離職するのは甘え?」
決してそんなことはなく、辞めるか留まるかは本人次第です。

いまや働き方も労働環境も多様化が進む昨今。
辞めるタイミングに、甘えでもなければ我慢する必要もありません

具体的に仕事向いてないから3ヶ月で辞めるのは甘えではない理由を解説していきます。

【理由1】3ヶ月の短期離職は珍しくないから

まず1つ目の理由が「3ヶ月の短期離職は珍しくないから」

どれくらいの社会人が短期離職を選んでいるのか?
厚労省の「新規学卒者の離職状況」をみると以下のようになります。

新規学卒者の離職状況(平成30年)大卒短大卒高卒中卒
入社1年目に離職した割合11.6%17.9%16.9%35.8%

大卒の場合、約8人に1人(11.6%)が1年以内に離職。
中卒に至っては、約3人に1人(35.8%)が1年以内に離職していることになります。

そして、上記離職状況は今に始まったことではありません。
データが分かる昭和62年から今日まで、ずっと横ばいを推移しています。

つまり、3ヶ月という短期離職は珍しくないということ。
甘えでもなんでもなく、一般的な日本の労働市場のあり方だといえます。

関連記事:「転職=悪いこと」という危険な思い込み【古い考えは捨てて即退職】

【理由2】「第二新卒」という中途枠が準備されているから

次に2つ目の理由が「「第二新卒」という中途枠が準備されているから」

新卒入社で2~3年勤務した後に転職活動をしている人、ないし、新卒入社をせずに卒業後2~3年経過してから就職活動をする人を「第二新卒」と呼ぶのが一般的です。

もはや「第二新卒」という言葉は転職市場では一般的。
それだけ、短期離職をする人が多いことを意味します。

そして第二新卒枠は、短期離職者を見越した採用枠。
雇用環境が認めている証拠で、甘えでもなんでもありません。

特に中小企業など、新卒採用に苦戦する会社の受け皿になっています。

実際、新卒採用より投資効果は高いと提言されています。
(出典:福井商工会議所 「中小企業人材確保対策検討会」

そのため、中途採用はスピード重視で即決採用する傾向が強いです。
つまり、3ヶ月で辞めても積極的に採用する企業は多いことがいえます。

関連記事:第二新卒が転職に不安なのは当たり前【でも転職活動には有利な理由あり】

【理由3】入社後3ヶ月で仕事の向き不向きは見えてくるから

そして3つ目の理由が「入社後3ヶ月で仕事の向き不向きは見えてくるから」

新社会人の研修期間は「平均2.9ヶ月」
(出典:fabcross for エンジニア「新社会人・若手社会人の意識調査」

つまり、入社後3ヶ月間で会社の仕事を一通り経験できる。
言い換えれば、即戦力として見ていないということにもなります。

新社会人だけでなく中途人材も同様です。
試用期間も3ヶ月が一般的で、すべての業種で割合が高くなっています。
(出典:労働政策研究・研修機構「従業員の採用と退職に関する実態調査」

従って、入社後3ヶ月間は「お試し期間」
辞めるかどうかの良い判断材料の一つになるといえます。

関連記事:性格的に合わない仕事は辞めていい3つの理由と対処法【ストレス対策は必須】

転職3ヶ月の壁と呼ばれるほど入社間もない時期は誰もが悩む

上図の通り、入社3ヶ月で転職を意識した割合は『47.2%』
ほぼ半数の新社会人が、入社後早々に転職を検討していることが分かります。

つまり、悩んでいるのはあなただけではありません。
入社3ヶ月だからといって、甘えでも耐える必要もないんです。

転職3ヶ月の壁と呼ばれるほど入社間もない時期は誰もが悩むということです。

そして同調査ですでに2割の人が転職活動中。
キャリア形成は、早い段階から動いた方がメリットは大きいです。

転職活動時は、転職エージェントの利用が最適解です。
なぜなら、一人で悩むより転職のプロに相談した方が早期解決につながるから

転職エージェントに相談して、進むべき道を再設計することを強くおすすめします。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

仕事向いてないと悩む原因の多くは「仕事への適性」

転職するといっても、なぜ仕事に向いてないと悩むのか?
原因が明確にならなければ、動きづらいのも事実としてあります。

3ヶ月といった短期離職を考える原因。
その仕事向いてないと悩む原因の多くは「仕事への適性」

同調査で転職を考え始めたきっかけは「やりがいを感じない」
仕事への適性について悩み、向いてないと感じている人が大半を占めています。

しかし発想を変えれば、向いてないと感じること自体が大きな収穫だといえます。

なぜなら、向いてない仕事の選択肢を減らせるから。
次回の転職活動時に現職(前職)の仕事を選ばなければいいだけのこと。

一度、経験したからこそ分かる仕事への適性。
選択肢が減ることで、向いてる仕事、適職にまた一歩近づけます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

3ヶ月で仕事をマスターするのはほぼ不可能な話

落胆する人

「今の仕事を始めて3ヶ月。全然成長せず、ミスばっかりな自分に嫌気がさします。社員は少人数で、みんなわりとキャリアがある方ばかりです。私はまだ社会人も4年目の20代、、とにかくポンコツすぎて迷惑ばかりかけています。」
引用: Yahoo!知恵袋「職場の悩み」

「仕事3ヶ月目でも慣れない。」
「覚えられないし、失敗・ミスも多い。」
「周囲と比較し自己嫌悪になりがち。」

多くの社会人が、3ヶ月目で仕事に悩んでいます。
しかし、3ヶ月で仕事をマスターするのはほぼ不可能な話

仕事に慣れるのに要する期間は「平均1.6年」という調査結果があります。
また理由でも解説の通り、入社後3ヶ月間は戦力としてみられていません。

つまり、3ヶ月でできないのはいわば当たり前です。

失敗は成功のもと」という言葉もあるほど、失敗も仕事のうち。
気にする必要はまったくなく、仕事の向き不向きに重きを置いて働くのが賢明です。

関連記事:自分に自信がない人に向いてる仕事10選【成功体験が自信を生み出す原動力】

天職は多くを経験することで偶然に巡り合える

天職に就くことができた人の大半は、事前に「人生の目的」を決めていなかった。彼らが天職を得たのは、ほとんどが偶然の産物だったのだ。

つまり、天職は多くを経験することで偶然に巡り合えるということ。

いまや転職が当たり前な時代。
転職で多くを経験し、偶然の中からキャリアは見出せるもの。

ただ、闇雲に転職活動すればいいという話ではありません。
無計画になんとなく転職しても時間の無駄で、履歴書にも傷がつく恐れがあります。

大事なのは「自己分析」から「軸」を明確にしたキャリア設計。
そして、具体的なアクションにつなげることで理想のキャリアは描けます。

とはいえ簡単に、自己分析できれば誰も苦労しません。

なぜなら、自己を客観的に把握するのは至難の業だから。
キャリア設計、自己分析のやり方に不安を覚える人は実は多くいます。

そんな自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

一人で迷うより、プロに相談するだけで早期解決につながります。
無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

「仕事向いてない」を理由に3ヶ月で辞めた場合の影響と転職対策

落ち込む人

「3ヶ月経っても出来ない仕事は向いてないですか?今やめても次の仕事なんて見つかりませんよね?」
引用: Yahoo!知恵袋「転職」

「仕事向いてないとはいえ、すぐに辞めるのはリスクが高い?」
「3ヶ月の短期離職は、その後の転職に影響するのではないか?」

このように悩み、足踏みする人も少なくないです。
特に気になるのは、「仕事向いてない」を理由に3ヶ月で辞めた場合の影響

結論からいえば、短期離職になっても転職はできます。

ただし、離職期間が長引くのはその後の転職に不利になります。
なぜなら、空白期間の長期化は転職に悪影響だと8割以上の人が回答しているから。
(出典:マイナビ転職「3カ月以内に転職するつもりだったのに」

つまり、短期離職したら(する予定なら)早々に転職活動を始めるのが最適解です。

では具体的に、対策として何をすればいいのか?
3ヶ月という短期離職した(する)場合の転職対策についてまとめていきます。

【対策1】一にも二にも面接対策が超重要

まず1つ目の対策が「一にも二にも面接対策が超重要」

3ヶ月などの短期離職から転職する場合、面接時の受け答えが非常に重要です。

なぜなら、伝え方によって合否に大きく影響するから。
ネガティブな理由や面接官が納得できる説明でない限り落ちます。

内定率を上げるためには、必ず応募する企業ごとの面接対策が必要

そして、企業分析や対応する面接官が誰なのか?
事前の情報収集の量と質で勝負は決まるといっても過言ではありません。

面接対策のために、必ず転職エージェントを利用しましょう。

一人での対策では不十分で、かつ時間もかかります。
プロのアドバイスを借りながら、着実に内定に近づけるようにしましょう。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

【対策2】20代、第二新卒は早期に転職活動をはじめる

次に2つ目の対策が「20代、第二新卒は早期に転職活動をはじめる」

すべての年代において、20代が最も転職率は高い傾向にあり。
そしてコロナ禍でも「転職に積極的になった」割合は約4割と増加傾向にあります。
(出典:マイナビ「転職動向調査2021年版」

とはいえ、空白期間が長引くと転職は不利にはたらきます。
20代の転職市場は活発とはいえ、早期に転職活動を始めるに越したことはありません

転職活動を行い際には20代向けの転職エージェントを利用しましょう。

20代の転職市場に強いエージェントがアドバイスしてくれます。
理想のキャリアに沿った求人紹介と、年収交渉まで一貫したサポートを提供してくれます。

無料で手厚いサポートが受けられる!20代若手におすすめの就職エージェント3選

【対策3】30代以上はキャリアの棚卸しをしっかり行う

そして3つ目の対策が「30代以上はキャリアの棚卸しをしっかり行う」

30代は20代と違い、即戦力採用が主流です。
つまり、職務経歴や実務経験で採用の合否が決まるということ

面接時に今までの経験を説明できるようキャリアの棚卸しが必須です。

  • キャリアの棚卸しのやり方が分からない
  • 面接でアピールできるような実務経験がない
  • 仕事上の強みや客観的に理解するのが難しい

キャリアの棚卸しといっても、簡単にはできません。
何度もトレーニングを重ねることで、アピールの質は向上していきます。

そして、転職トレーニングに役立つのが「キャリアコーチング」

キャリア相談から具体的なアクションプランまで提示。
ロードマップを示してくれることで、迷いなく対策に専念できます。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

しかし3ヶ月は甘えと思わず即転職すべき会社も存在する

ここまで短期離職は甘えではない理由と転職対策について解説してきました。

しかし3ヶ月は甘えと思わず即転職すべき会社も存在します。

それがパワハラを行う会社・職場。
一言でいえば、劣悪な労働環境下で強制するブラック企業。

実際、パワハラで苦しみ3ヶ月で辞めた人の声も多く散見されます。

落ち込む人

「今でも忘れません。入社初日、直属の上司が役員に呼び出され、説教されて会議室から2時間出てこなかったんです。このせいで退社時間が大幅に遅れて。モチベーションは下がりました。ひょっとしたらブラック企業なのかと感じていました」
引用: PRESIDENT「転職後3カ月でうつ病になった29歳の事情」

厚労省調べでパワハラの相談件数は年々増加しています。

パワハラによって、ストレスを感じる原因になっています。
結果、うつ病を発症し社会活動ができなくなるリスクもはらみます。

パワハラが横行するブラック企業からは早急に逃げましょう。

万が一、3ヶ月退職を認めないやばい会社だった場合。
無理せず退職代行サービスを利用して辞めることをおすすめします。

退職の意志は労働者の権利によって保護されています。
上司に説明できない、伝える勇気がない、といった方も簡単に退職を代行してくれます。

労働組合or弁護士が対応!安心のおすすめ退職代行サービス3選

新卒・転職3ヶ月で仕事向いてないから辞めたい時の注意点

最後に新卒・転職3ヶ月で仕事向いてないから辞めたい時の注意点についてまとめていきます。

【注意点1】必ず転職活動を行ってから退職する

まず1つ目の注意点が「必ず転職活動を行ってから退職する」

「会社に在籍しながら転職活動を行った」という方は『63%』
半数以上の社会人が、経済的・身体的理由から在職中に転職活動を実施しています。

つまり、内定が出てから辞めるのが多数派。
一般的な転職の流れであり、個人的にもおすすめの手順です。

内定が出るまでは転職活動に専念しましょう。
転職エージェントを活用すれば、効率よく内定獲得に近づきます。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

【注意点2】仕事ではなく自分を軸で職は選ぶ

次に2つ目の注意点が「仕事ではなく自分を軸で職は選ぶ」

疲れた女性

「向いていない仕事を続けることに意味はありますか?」
引用: Yahoo!知恵袋「この仕事教えて」

仕事には必ず向き不向きがある。
向いてる仕事に就ければ誰もが幸せになれるでしょう。

しかし、そんなに甘くはありません。
向いてる仕事なんて簡単には見つからず、楽でもありません。

だからこそキャリアの軸を持つことが最優先事項。
そのために、自己分析の実施からキャリアの棚卸しが重要になります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【注意点3】とりあえず3ヶ月間は仕事に励む

3つ目の注意点が「とりあえず3ヶ月間は仕事に励む」

とくに不安を感じるのは入社後1か月間。
(出典:doda「転職1カ月、「職場に溶け込む」ためにしたい5つのこと」

でも3ヶ月後には約半数の人が不安も解消。
(出典:リクナビNEXT「転職したけど新しい職場に馴染めない」

在職中はしっかり仕事のメリット、デメリットを把握しておきましょう。

関連記事:なってよかった職業ランキングTOP10!男性・女性が就いてよかった仕事を厳選紹介

【注意点4】突然の退職は避けて適切に手続きを行う

4つ目の注意点が「突然の退職は避けて適切に手続きを行う」

適切に退職手続きを行わなければリスクもあります。
特に注意すべきが、以下のケースで損害賠償請求を受ける可能性があるということ。

  • 有期雇用で期間内に一方的に退職してしまった場合
  • 引き継ぎをせず退職した場合
  • 退職するとき、他の従業員に転職の勧誘や引き抜きをした場合
  • 研修・留学を経験後、短期間で辞めた場合
  • 入社後、すぐに退職した場合
  • 無断欠勤により出社を拒否する場合
  • 何らかのトラブルを起こし、そのまま出社せず退職した場合

バックレや退職の意思表示なく長期間の無断欠勤は危険です。

でも、辞めたくても辞められない。

  • 上司と話すことを想像しただけで手が震える。
  • 退職報告はなんて伝えたらいいか分からない。
  • 会社に出勤すること自体、難しい。
  • 職場の人間に会うのが億劫。

上記のような追い込まれている方。
そんな方は、退職代行に依頼し辞めることをおすすめします。

労働組合or弁護士が対応!安心のおすすめ退職代行サービス3選

退職代行サービスについて詳しく確認したい方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:労働組合の退職代行SARABAユニオンが話題【特徴やサービスを比較】

【注意点5】ブラック企業の見分け方を身につけておく

そして最後に注意点が「ブラック企業の見分け方を身につけておく」

ブラック企業の見分け方は以下の通りです。

入社しないほうがいい会社の特徴10個

  1. 年間休日数が明らかに少ない
  2. 採用人数が異常に多い
  3. 長期間求人を出している
  4. 求人記載の抽象的な文言に注意
  5. ハローワークに掲載される求人
  6. 口コミサイトからの情報
  7. 職場の人間や知人からの情報
  8. 面接官や人事の対応が悪い
  9. 社内の雰囲気に活気がない
  10. 創業間もない会社

詳しくは「入社しないほうがいい会社の特徴」をご覧ください。

そして、ブラック企業に就職・転職を避ける対処法があります。
それが「ブラック企業の求人を徹底排除した転職エージェントを利用する方法

掲載する企業は、厳正な審査を潜り抜けたホワイト企業。
自信をもって紹介できる企業のみを取り扱う高品質の転職支援サービスです。

ブラック企業を徹底排除!おすすめ転職エージェント3選

まとめ:仕事向いてないなら3ヶ月で辞めても問題なし

仕事向いてないから3ヶ月で辞める(転職3ヶ月の壁)情報をまとめてきました。

改めて、仕事向いてないから3ヶ月で辞めるのは甘えではない理由をまとめると、

仕事向いてないから3ヶ月で辞めるのは甘えではない理由

  1. 3ヶ月の短期離職は珍しくないから
  2. 「第二新卒」という中途枠が準備されているから
  3. 入社後3ヶ月で仕事の向き不向きは見えてくるから

仕事向いてないなら3ヶ月で辞めても問題なしです。

退職引き留めにあったとしても。
即日退職連絡可能な退職代行サービスもあり安心です。

労働組合or弁護士が対応!安心のおすすめ退職代行サービス3選

とはいえ、向いてる仕事が分からず転職もできない方。
そんな将来のキャリア形成に悩む方は、キャリアのプロに相談するのもおすすめです。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選