性格的に合わない仕事は辞めていい3つの理由と対処法【ストレス対策は必須】
仕事に悩む人

「性格的に合わない仕事だから辞めたい。。でも仕事が合わないから辞めるのは、甘えなのかな?」

こんな疑問、悩みに答えます。

このブログでは「性格的に合わない仕事を辞めようか迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

  1. 性格的に合わない仕事は辞めていい3つの理由
  2. 仕事が性格的に合わないまま続ければストレスの原因になる
  3. 性格的に合わない仕事への対処法6選(ストレス対策)

「性格と仕事で求められる性格の相性が良いほど、年収に良い影響を与える」

上記は2018年掲載の論文にて公表された研究結果です。
要は個人の性格と仕事の性格には、深い関係性があるということ。

結論、性格的に合わない仕事なら辞めたほうが自分のためになります。

性格が合わないのに仕事を続けるのはデメリットが大きいです。
本記事では性格的に合わない仕事は辞めていい理由と対処法について詳しく解説していきます!

たかひろ@現役経理マンたかひろ@現役経理マン

「仕事が合わないまま続ければストレスの原因にもなりえます。今まさに性格的に合わない仕事を辞めようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!」

性格的に合わない仕事は辞めていい3つの理由

「仕事(会社)辞めたい」と思った人の割合は『98%』

キャリアデザインセンターの調査で明らかに。
それほど多くの社会人が、仕事に不満を抱いていることが分かりますね。

先に結論を述べた通り、性格的に合わない仕事なら辞めたほうが自分のためになります。

なぜ仕事を辞めていいのでしょうか?
具体的な性格的に合わない仕事は辞めていい3つの理由を順番に解説していきます。

  • 【理由1】仕事には必ず向き不向きがあるから
  • 【理由2】性格的に合わないことで辞めても甘えではないから
  • 【理由3】石の上にも三年はもはや時代遅れの考え方だから

【理由1】仕事には必ず向き不向きがあるから

まず1つ目の理由が「仕事には必ず向き不向きがあるから」

あなたは、日本にどれほどの仕事があるかご存知でしょうか。

答えは「17,209種類」あると公表されています。
とても多くの仕事によって経済は回っていることが分かります。

言い換えれば、一つの仕事に固執するのはキャリア形成において機会損失ともいえます。

なぜなら、向いてる仕事(天職)は偶然によって決まるから。
「キャリアの8割は偶然で決まる」という理論があるほど天職は偶然の賜物。

実際、『73.8%』もの人が転職は成功と感じている結果もあります。

つまり、仕事に向かないなら向いてる仕事を選ぶのが賢明。
様々な仕事・会社を経験する中で「性格的に合う仕事」は巡り合えるようになります。

関連記事:いい会社と悪い会社の見分け方とは【転職成功に欠かせない7つの条件】

【理由2】性格的に合わないことで辞めても甘えではないから

2つ目の理由が「性格的に合わないことで辞めても甘えではないから」

仕事を辞める、辞めないの話になると決まって、

「性格の不一致で辞めるのは甘えでは?」
「仕事を辞めるのは会社に対する裏切り行為では?」

いまだに「仕事が合わないから辞める=甘え」
と、とらえてしまい踏み出せないでいる人は多くいます。

実際、約3割の人が転職活動に罪悪感を感じていたという結果もあります。

ただ蓋を開けてみたら、3年以内に辞めた人の合計は『66.4%』にも上っています。

【「初めて入社した会社を辞めたのは、入社何年目の時でしたか?」】

つまり、仕事を辞めることなど躊躇するに値しない。
いまや「大転職時代」とも呼ばれるほど転職はスタンダードな時代です。

「仕事を辞める=甘え」と捉えて、成長機会を逃すほどリスクなことはありません。

関連記事:転職・退職は裏切り行為にあたる?【結論:裏切り者と言われる筋合いなし】

【理由3】石の上にも三年はもはや時代遅れの考え方だから

そして3つ目の理由が「石の上にも三年はもはや時代遅れの考え方だから」

個人の思想だけでなく周りの意見でも、

「仕事を辞めるなんてもったいない!」
「仕事は少なくとも3年間は続けるべき!」

多くはこの「石の上にも三年」説を信じてやみません。
定説を人に押し付け、辞める人を引き止めることに必死になります。

実際、「3年」という期間には根拠もあるようです。

能力を身につけるには、努力を積み重ねて一定の閾値に達することが必要。閾値を超える前に努力を怠ったり、転職などで別の仕事に移ってしまったりすると、それまで培ってきた能力がどんどん衰えてしまうとされているからです。

しかし、今では昔に比べても変化が早い時代です。
環境は大きく変化し、3年かかったサイクルも短いスパンで得られることは多々あります。

そんな環境下でいまだに「石の上にも三年」と唱えるのは時代遅れも甚だしい。

大事なのは「年数」ではありません。
どれだけ価値あるスキルを磨けるかどうかの「密度」にかかっています。

そして、仕事における個人の成長ドライバーは「相性」

仕事における相性とは「何をするのか」と「誰とどう働くのか」の2つの要素に、自分の能力や適性を掛け合わせたものです。「誰と働くのか」の一要素ですら、上記のように相性による影響は大きい。いわんや、全体における相性の影響度はとてつもないものになるのではないでしょうか。

つまり、ただ同じことを繰り返すのではなく変化すること。
性格特性を認識したうえで、相性のよい環境を探しだすことが何より重要だといえます。

関連記事:「週5日も働きたくない!」なら働き方を見直してみては?【多様な働き方も紹介】

仕事が性格的に合わないまま続ければストレスの原因になる

ここまで性格的に合わない仕事は辞めていい理由を解説してきました。

結論、性格的に合わないのに続けてもデメリットでしかありません。
ただしばしば、仕事が合わなくても続けるメリットがあると説く人もいます。

仕事が合わなくても続けるメリット

  • 忍耐力が身につく(精神論)
  • 仕事が楽しくなる(不確実)
  • 仕事に慣れてくる(曖昧性)

一ついえるのは「可能性」より「限界」をまずは知るのが大事。

年数を重ねたからといってスキルが身につくとは限りません。
天職は偶然の産物で、多くの仕事に触れることで開眼するといえます。

しかし、それ以上に気を付けるべきは「心身への影響」
限界を知らなければ知らず知らずのうちに身を滅ぼす結果を招きます。

実際、仕事が性格的に合わないまま続ければストレスの原因になることが研究結果からも明らかになっています。

さらに性格特性が内向的な人ほど仕事が合わなくても離職をしにくい傾向も示されています。
(出典:経済分析「認知能力・非認知能力スコアを用いた人材活用」

つまり、性格的に合わないまま仕事続けてもストレスを抱え続ける末路が待っています。

一時の感情だけで仕事を辞めるのは危険

とはいえ、一時の感情だけで仕事を辞めるのは危険です。

なぜなら、辞めて転職しても再び辞める可能性が高いから。
感情的になって冷静さを失えば、正常な判断もできなくなります。

退職決断の前に、一度立ち止まって客観視してみましょう。

  • なぜ、辞めたいと考えたのか?
  • 辞めることで問題の解決に繋がるのか?
  • 辞める以外の選択肢も考えたかどうか?

辞める目的を明確にし、先々のキャリアを見据えたうえで判断を下しましょう。

関連記事:会社が辛くて逃げたいなら逃げてもいい【理由と大事なのは逃げ方を知ること】

固定マインドセットと成長マインドセット

一時の感情で退職判断するのは危険ですが、放置もリスクです。
そんな時は、性格的に合わない仕事と向き合う2つのマインドセットをご紹介します。

それが「固定マインドセットと成長マインドセット」

  • 固定マインドセットとは「本当の自分というものがどこかにあり、自分の使命や生きる目的は決まっていてどこかにあるという考え方」
  • 成長マインドセットとは「生きる目的としては今はしたいこともあるけれど、それは変わっていくものだし、人生における目標というものは将来においては変わっていくものだから今はまだ分からないもので、それでも、人は努力して自分を変えていくことが大事なわけで人の成長は自分の行動によって変わるものだという考え方」

人間は常に変化し続ける生き物です。

「自分はどのように変わっていくのか。」
自己との対話を重ねて、自己理解を深めることが重要だといえます。

関連記事:もう何もしたくないし仕事も疲れた←これって怠け?【原因と対処法】

ストレスなく仕事を辞める方法を知るのも大事

逃げ道を自ら作っておくことも大切です。
なぜなら、選択肢の少なさもストレスの原因となるからです。

そのためにストレスなく仕事を辞める方法を知るのも大事
性格的に合わない仕事をストレスなく辞める方法が「退職代行サービス」

大手メディアにも取り上げられる話題のサービス。
一切のストレスを感じず、現職から離脱したい方は以下サービス比較表を参考にしてみてください。

退職代行
サービス比較表
サービス内容特徴特典
退職代行Jobs ・24時間365日即日対応 ・顧問弁護士指導の適正業務実施 ・顧問弁護士監修 退職届テンプレート
・業務引継書テンプレート
・転職/求人サイト一覧
・次の人生を手に入れるWebセミナー
・その他利用特典多数
退職代行SARABA ・相談回数無制限
・電話回数無制限
・24時間対応
・職歴関係なし
・即日退職可能
・労働組合が運営
・累計利用者数1万人突破
・行政書士監修の退職届プレゼン
・成功率98%の有給消化サポート
・無料転職サポート付き
弁護士法人みやび ・24時間無料相談
(LINE、メール)
・即日円満退社可能
・全国どこからでも利用可
・以下の各種請求も交渉可
→有給消化
→残業代
→退職金
→未払い給与
・頼れる弁護士がフルサポート
退職代行ニコイチ ・LINE無料相談
・即日退職可能
・全国対応
・有給消化サポート
・正社員もバイトも料金一律
・2ヵ月間アフターフォロー付
・退職代行実績14年 ・退職届テンプレート
・転職サポート付き
退職代行EXIT ・相談回数無制限
・電話回数無制限
・即日対応
・ネクストサポート
・日本初の退職代行サービス
・メディア掲載実績業界No.1
・転職サポートあり

退職代行サービスの内容について詳しく知りたい方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:労働組合の退職代行SARABAユニオンが話題【特徴やサービスを比較】

性格的に合わない仕事への対処法6選(ストレス対策)

ここまでの情報をまとめると、

  • 個人の性格と仕事の性格には深い関係性がある
  • 辞めることは甘えではなく仕事には必ず向き不向きがある
  • 性格的に合わないまま仕事を続けてもストレスの原因となる

以上のことから、性格的に合わない仕事は辞めるべき結論に至ります。

とはいえ、辞めるといってもどうすればいいのか。
具体的な行動や手段が分からなければ、次への一歩も踏み出せません。

ここではストレス対策にも役立つ性格的に合わない仕事への対処法6選をご紹介していきます!

【対処法1】自己分析から仕事の向き不向きを分析する

まず1つ目の対処法が「自己分析から仕事の向き不向きを分析する」

一人で考えを巡らせても仕事の向き不向きは分かりません。
なぜなら、知見も経験もなく比較対象も少ない状態での検討は無意味だから。

第三者からの客観的なアドバイスを入れることで世界は広がります。
さらにスキルの棚卸しをすることで、面接時のアピール材料にもなります。

ただ気づいていないだけで別の会社でも活きるスキルや経験は必ずあります。

つまり、自己分析は仕事を選ぶうえで必須の作業。
そしてプロのキャリアコーチングに相談しながら進めるのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うよりプロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります。

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選

【対処法2】転職のプロに相談し仕事選びの気付きを得る

2つ目の対処法が「転職のプロに相談し仕事選びの気付きを得る」

「餅は餅屋」ということわざの通り。
不安な時、悩む時はその道のプロに相談するのが賢明です。

転職のプロというのが「転職エージェント」のこと。

転職エージェントのサービスは求人紹介だけではありません。
求人を出す企業の内情や会社代表の素顔までこと細かく把握しています。

  • なぜ今、求人を出すのか?その目的は?
  • 社内の雰囲気や事業への積極性はポジティブか?
  • どんな人材を求めていて、キャリアプランを準備しているのか?

気になる点は会社に聞かずともに転職エージェントが答えてくれます。

気になる会社があればまず転職エージェントに問合せましょう。
今すぐ転職!と考えていなくても情報収集の観点でも転職エージェントは有効です。

無料で手厚いサポートが受けられる!おすすめ転職エージェント3選(Web面談実施中)

転職エージェントの利用が初めての方は以下関連記事もご覧ください。

関連記事:転職活動初心者なら転職エージェント利用は必須【理由と疑問に回答】
関連記事:転職エージェントは複数使うべきか?【何社掛け持ちがベストか理由も解説】

【対処法3】仕事の合う・合わないを副業から試してみる

3つ目の対処法が「仕事の合う・合わないを副業から試してみる」

「今すぐ転職は考えてはいない。」
「とはいえ、様々な仕事を経験してみたい!」

このような方は副業から始めることをおすすめします。

仮に副業禁止の会社であれば辞めるのが賢明。
いまや副業元年と呼ばれるほど、副業解禁の流れは積極的です。

つまり、世の中の風潮と逆境する会社は紛れもなくやばい会社
留まってもデメリットでしかなく成長機会を奪われる可能性は高いといえます。

副業に挑戦したい方は、以下の案件探しサービスがおすすめです。

副業にもおすすめ!案件探しサービスおすすめ3選

関連記事:「副業禁止はおかしい?」は正しい疑問【理由と給料安いくせに副業禁止への対策】

【対処法4】仕事だけ変えたいなら異動希望を申し出る

4つ目の対処法が「仕事だけ変えたいなら異動希望を申し出る」

「会社は好きだけど仕事が性格的に合わない。」

このような方は社内転職がおすすめです。
つまり、異動希望を出して別部署へ移る方法です。

環境を変えるのも成長マインドセットの考え方の一つ。
会社に留まりたい場合は「社内転職(異動)」を選択するのも賢明な行動です。

関連記事:異動希望は通らないのが当り前?理由と部署異動したい時の伝え方と書き方

【対処法5】なぜ性格的に合わないと感じるのか紙に書きだす

5つ目の対処法が「なぜ性格的に合わないと感じるのか紙に書きだす」

最大の目的は「原因を客観視すること」
紙に書きだし可視化することで客観的に評価しやすくなります。

仕事の業績評価でも客観的評価は重要視されます。
なぜなら、主観による曖昧さを回避することができるから。
(出典:CORE「人事考課と公正性 ・客観性」

つまり、冷静な判断に有効だということ。
一時の感情に流されることなく英断することが可能です。

紙に書き出しても客観視しづらい方は「自己診断」も有効です。
設問に答えるだけで、興味・関心のある分野を探すことができます。

関連記事:メンタルが弱い人に向いてる仕事12選【特徴と続かない原因から適職へ転職】

【対処法6】自分の性格特性を認識し理解して仕事に活用する

6つ目の対処法が「自分の性格特性を認識し理解して仕事に活用する」

冒頭でも述べた通り、個人の性格と仕事の性格には深い関係性があります。

なので性格的に合わない仕事は必ず存在します。
ミスマッチを防ぐためにもまずは己の性格を知るのが大切です。

その性格特性(性格スキル)を知る一つの方法が「ビッグ・ファイブ」

人の性格スキルを客観的に評価する性格診断。
性格スキルにかかわる5つの特性を示した分類法になります。

ちなみに、職業と相関が強い性格スキルは「真面目さ」
真面目さが仕事の成果に正の相関を示すことは研究結果で明らかとなっています。

関連記事:なぜ「仕事したくない」と感じるのか【5つの原因から前に進む対処法を解説】

まとめ:仕事が性格的に合わないのに続けるのはデメリット

性格的に合わない仕事は辞めていい理由と対処法をまとめてきました。

改めて、性格的に合わない仕事は辞めていい理由をまとめると、

性格的に合わない仕事は辞めていい3つの理由

  1. 仕事には必ず向き不向きがあるから
  2. 性格的に合わないことで辞めても甘えではないから
  3. 石の上にも三年はもはや時代遅れの考え方だから

仕事が性格的に合わないのに続けるのはデメリットです。
早々に自己理解を深め、仕事の向き不向きを分析しましょう。

その最たる有効な手段が「自己分析」
己の強みや性格スキルを客観視することで向き不向きは見えてきます。

とはいえ自己分析のやり方に不安を覚える方は多い。
なぜなら、自己を客観的に分析し理解するのは至難の業だから。

自己分析のやり方に不安を覚える方は、プロのキャリアコーチングに相談するのが賢明です。

自己分析に迷ったらまずは気軽に相談をおすすめします。
一人で迷うより、プロに相談するだけで悩みは解消されることが多々あります

無料相談だけでも非常に有益なアドバイスがもらえて、心のモヤモヤは軽くなります。

自己分析に役立つ!プロによるキャリアコーチングサービスおすすめ3選